フリーランスエージェントのキーマンが考えるフリーランスとして活躍できる人材とは!フリエン編

2019.10.30

こんちには!元フリーランスエージェントのキャリアコンサルタントです。

今回は、フリーランスエンジニア向け案件・求人サイト「フリエン」を運営するアン・コンサルティング株式会社で登録エンジニアさんたちの希望案件のご紹介やサポートを行っているコンサルタント梅津文香様にインタビューしてきましたのでご紹介します。

<目次>
1.コンサルタントのお仕事について
2.フリエンのフリーランスエンジニアについて
3.インタビューまとめ

 

 

 

1.コンサルタントのお仕事について


まずは今担当されているお仕事を教えてください!

フリエンのインタビュー
フリエンのインタビュー

梅津さん:

よろしくお願いします!

私は、コンサルティング事業部でリーダーをしています。担当は、応募いただいたエンジニアさんと面談(カウンセリング)を行い希望条件やスキルを基に案件のご紹介、クライアントさんとの面談調整、条件折衝、参画後のサポートなどを行っています。

 

 

面談(カウンセリング)内容を教えてください!

梅津さん:

弊社では、まず事前にいただいた経歴書(スキルシート)や希望条件をチェックしたうえでご来社(一部出張面談やSkype面談など)いただき登録面談を実施します。

これまでの経歴やスキルを確認するとともに、単価や参画エリアなどのご希望をヒヤリングします。更にこの後「どのようなキャリアプランを描いているか」などをお伺いし、その点も含めてご希望に合った案件をご紹介しています。

 

 

 

2.フリエンのフリーランスエンジニアについて


御社ではどのようなフリーランスエンジニアさんが活躍していますか?

フリエンのインタビュー
フリエンのインタビュー

梅津さん:

弊社のエンジニアさんはフリーランスになったばかりのエンジニアさんからフリーランスエンジニア歴の長い方までと年齢層は幅広いですね。

スキルやポジションもフロントエンドからサーバサイド、PMOからPMまで幅広いエンジニアさんに活躍いただいているというのが弊社の特徴だと思います。

 

 

フリーランスを始めるタイミングはいつがおすすめですか?やっぱりスキルがついてからが良いのでしょうか?

梅津さん:

思い立ったが吉日だと思います。(笑)

ただ、新卒からだったり転職のタイミングだったりとフリーランスになることを検討するタイミングはエンジニアさんそれぞれなんですが、はじめて「フリーランス」という働き方を選択するときには、保険のことや税金(確定申告)のことなどをある程度先に調べておくことをおすすめします。

特に正社員で働いているエンジニアさんの場合、納税だったりのさまざまな処理を会社がやっていますので自身でやらないといけないことがこれくらい増えるということを事前に知っておいた方がギャップは少ないと思います。

 

 


3.インタビューのまとめ


今回はフリエンを運営するアン・コンサルティング株式会社の梅津さんにお話をお伺いしました。
思い立ったが吉日というのが印象的で、フリーランスが気になる方は日々情報のキャッチアップを行うことがとても重要なのだと思いました。
逆に言えば日々情報キャッチアップができる方がフリーランス向きなのかもしれませんね。

 

これからもどんどんフリーランスエージェントのキーマンにお話をお伺いしていこうと思います。

 

フリエンに話を聞いてみたい方はこちら⇛
 

twitterでシェア
facebookでシェア
facebookでシェア