Go言語の求人・案件一覧

Go言語のフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

71.3万円

中央値単価

80万円

最高単価

200万円

最低単価

21万円

全4463件中1-50件を表示中

全4463件中1-50件を表示中

Go言語のフリーランス案件に関するよくある質問

Go言語のフリーランス案件は高単価ですか?

Go言語のフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は71.3万円です。 Go言語のフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は852~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のGo言語の経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるGo言語のフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Go言語のフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Go言語の募集中フリーランス案件数は806件、累計掲載案件は4,463件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のGo言語のフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Go言語のフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Go言語の募集中リモート案件数は370件、累計掲載案件は1,676件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるGo言語のフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Go言語のフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Go言語のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとランサーズエージェント(Lancers Agent)が426件、レバテックフリーランスが425件、キャリアプラスが326件、techtreeが240件、Midworksが220件、アットエンジニアが126件、TechStockが111件、テックビズフリーランスが100件、マノア・リノが64件、FLEXY(フレキシー)が64件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
Go言語のフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはランサーズエージェント(Lancers Agent)、レバテックフリーランス、キャリアプラスであることがわかります。
Go言語のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はランサーズエージェント(Lancers Agent)、レバテックフリーランス、キャリアプラスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Go言語のフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Go言語のフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとMidworksが31件、レバテックフリーランスが19件、1 on 1 Freelanceが14件、マノア・リノが6件、meetX FREELANCEが5件、キャリアプラスが4件、ビースタイル バリューテクノロジーズが4件、パーソルテクノロジースタッフが4件、TechStockが3件、techtreeが3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
Go言語のフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはMidworks、レバテックフリーランス、1 on 1 Freelanceであることがわかります。
Go言語のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はMidworks、レバテックフリーランス、1 on 1 Freelanceを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Go言語のフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Go言語のフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとFindy Freelance(ファインディフリーランス)が110.3万円、ハイパフォコンサルが100.5万円、techtreeが98.9万円、Relance(リランス)が97.1万円、エイジレスが90万円、レバテッククリエイターが90万円、meetX FREELANCEが87万円、FREE-DAが86.6万円、アットエンジニアが86.6万円、Tech Choiceが86万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
月額単価の高いGo言語のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはFindy Freelance(ファインディフリーランス)、ハイパフォコンサル、techtreeであることがわかります。
Go言語のフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はFindy Freelance(ファインディフリーランス)、ハイパフォコンサル、techtreeを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Go言語のフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Go言語のフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が1821件、週4日が733件、週3日が563件、週2日が79件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
Go言語のフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるGo言語のフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Go言語のフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Go言語のフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が3058件、神奈川県が43件、大阪府が28件、福岡県が16件、埼玉県が10件、愛知県が7件、広島県が6件、秋田県が4件、京都府が4件、千葉県が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
Go言語のフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
Go言語のフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

Go言語のフリーランス求人・案件数の推移

Go言語の募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年5月が969件、2022年6月が1020件、2022年7月が1088件、2022年8月が584件、2022年9月が690件、2022年10月が684件となっています。Go言語のフリーランス求人・案件数は前月と比較し、6件減少しており、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

Go言語のリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Go言語の募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年5月が347件、2022年6月が339件、2022年7月が597件、2022年8月が389件、2022年9月が390件、2022年10月が364件となっています。Go言語のリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、26件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

Go言語のフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Go言語のフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年5月が86.1万円、2022年6月が72.9万円、2022年7月が72.9万円、2022年8月が72.7万円、2022年9月が72.7万円、2022年10月が72.9万円となっています。Go言語のフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.2万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

Go言語のフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Go言語のフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年5月が1032.7万円、2022年6月が875.4万円、2022年7月が875.3万円、2022年8月が872.7万円、2022年9月が872.3万円、2022年10月が874.6万円となっています。Go言語のフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し2.3万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

Go言語の常駐案件・リモートワーク案件割合

Go言語の募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が364件(54.7%)、常駐案件が301件(45.3%)となっており、Go言語フリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

Go言語のフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Go言語のフリーランス求人・案件について

Go言語のフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~90万円程度です。
Go言語のフリーランス求人・案件の平均単価は71.3万円、中央値単価は80万円、最高単価は200万円、最低単価は21万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

Go言語のフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Go言語経験1年未満:40万円前後 (年収480万円)
・Go言語経験1年~2年:48万円前後 (年収576万円)
・Go言語経験2年~3年:68万円前後 (年収816万円)
・Go言語経験3年~5年:80万円前後 (年収960万円)
・Go言語経験5年以上:96万円前後 (年収1152万円)

Go言語(Golang)について
Go言語(Golang)は、2009年にGoogleから公開されたオープンソースのプログラミング言語です。C言語を参考にして開発され、シンプルに開発できる、コンパイルが高速、同期処理が容易などの特徴を持っています。

Go言語(Golang)は新しいモノ好きのエンジニアの要望などを受けて、APIなど一部機能の開発に用いられることが多いです。
国内でもサイバーエージェント、LINE、カヤック、メルカリ、Gunosyなどの勢いのある企業がサービスの1部にGoを利用している様です。

2018年ごろはGo言語(Golang)自体もまだプログラミング言語として新しく、Go言語(Golang)に知見のあるエンジニアが少ない事からメインでシステム開発に採用されることはあまりありませんでした。
2019年に入り、徐々にメインのシステムでもGo言語(Golang)を採用するケースが増えてきました。
PHPやPythonで作られたシステムをGo言語(Golang)にリプレイスすることで、PHPやPythonに比べて10倍以上、速度改善されたケースなども徐々に事例として出てきています。
まだまだ発展途上ではありますが、Googleの開発したプログラミング言語のため、今後の動向に注目しておく必要があります。

Go言語(Golang)フリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・実務でGo言語(Golang)を利用した経験
・他のWeb系言語の開発経験
・コミュニケーション能力

などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。
まだまだ新しい開発言語のため、Go言語(Golang)単体での知見の多さに加えて、その他に何ができるのかという部分がポイントになりそうです。
その他にも、ご自身のもつGo言語(Golang)の知見を他の開発メンバーに伝えるような役割になることも多く、開発業務をこなす場合と比べて、より円滑なコミュニケーションが求められるでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではGo言語(Golang)のフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに応募することができます。ぜひ一度フリーランススタートでGo言語(Golang)フリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Go言語(Golang)のフレームワーク
Go言語(Golang)のフレームワークは、Echo、Revel、Gin、Beego、Goji、irisがあります。
気に入っている/興味や関心があるGo言語(Golang)フレームワークは積極的に活用していきましょう。

Go言語(Golang)のフレームワークを紹介する前にフレームワークについて解説します。
フレームワークは、プログラミングにおいて、特定のOSのためのアプリケーション標準構造を実装することに使用されるライブラリやクラスの集合体を指します。
Go言語(Golang)フレームワークを使うことにより短期間で効率良く開発を行うことができ、かつコスト削減やバグ減少なども効果もあります。


・Echo
Echoは、軽量フレームワークのGo言語(Golang)フレームワークです。
RESTAPI向けのため、RESTの原則に沿った形で設計されたAPIを持っていることやJavaのSwingに近い、シンプルな構造で、開発しやすいことが特徴です。公式ドキュメントが充実しているため、他Go言語(Golang)フレームワークと比較して習得しやすいでしょう。

Echoは、小規模~中規模Webアプリケーション開発に向いています。


・Gin
Ginは、Go言語(Golang)のWebアプリケーションの中では初期から開発されているGo言語フレームワークです。
軽量でHTTPルーターのレスポンスが速く、Martiniの40倍という特長があります。また、プロダクション利用実績も多いです。

日本語のドキュメントがなく、独学でも習得は難しいです。


・Revel
Revelは、MVCを採用したGo言語(Golang)のフルスタックフレームワークです。
Echoよりもコミュニティが活発なGo言語フレームワークで、自動的にコンパイルを実行できたり、devモードの実行で簡単にデバック可能であるなどの特長があります。

Revelは、大規模なWebアプリケーション開発に向いています。
Viewに関する情報が少なく、Viewに特化したWebシステム開発にはあまり適していません。
Go言語(Golang)フレームワークにはGinやMartiniなどお酒の名前が多いですが、Revelは酒盛りという意味があるそうです。


・Beego
Beegoは、簡単にWebアプリ開発が出来るフルスタックのGo言語(Golang)フレームワークです。

MVCタイプのフレームワークであり、API・Webアプリケーション・バックエンドサービスなどを高速に開発出来ることや充実したドキュメントがあることが特長です。
Beegoはモジュール化されているため、ORMをThird party製に変更することも容易にできることも特長です。


・Goji
Gojiは、Net/httpとの互換性があるGo言語(Golang)フレームワークです。

GojiのパフォーマンスはGinの次に速く、ミドルウェアも揃っており、比較的バランスの良いフレームワークです。
Gojiは小規模~中規模Webアプリケーション開発に向いています。


・iris
irisは、ベンチマーク最速のGo言語(Golang)フレームワークです。

irisは、Webサーバやデスクトップ・スマートフォン・ラズベリーパイなどで高速パフォーマンスを発揮することが特長です。
また、Go言語(Golang)フレームワークの中でも豊富なドキュメントがあります。
コストをかけず学習出来ることも特長の1つです。


Go言語(Golang)フレームワークを選ぶときの注意点
Go言語(Golang)は新しいプログラミング言語です。他プログラミング言語と比較してまだ発展途上であり、人気(頻繁に使用される)フレームワークの入れ替わりも激しいです。
そのため、常に市場動向や海外のエンジニアメディアなどを確認しておきましょう。


■Go言語(Golang)での週2日、週3日フリーランス求人・案件について
Go言語(Golang)における週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

Go言語(Golang)の週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在します。
また、2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にGo言語(Golang)フリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

Go言語(Golang)の相場単価が他プログラミング言語よりも高いこともあり、週2日、週3日でも月収70万円など、高単価なGo言語(Golang)フリーランス案件・求人が多いです。
週2日、週3日稼働は、複数のGo言語(Golang)フリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトやサービス開発に携われたり、多種多様なエンジニアとコミュニケーションを取れます。
Go言語(Golang)エンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

Go言語(Golang)エンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■Go言語(Golang)習得難易度・勉強方法について
Go言語(Golang)は、2020年5月、TIOBEのランキングで12位であり、昨年の19位と比較して上がっていることから年々人気が出てきている言語です。
Go言語(Golang)はさらに日本だけでなく海外でも人気のある言語です。
Go言語(Golang)は初心者や最初に学ぶプログラミング言語としてあまりおすすめできない言語です。
Go言語(Golang)は記述ルールが非常に厳格であること、静的型付け言語であること、JavaやC言語などのプログラミング言語と構文が類似していることなどの理由により非常に難易度が高いプログラミング言語です。
しかし、Go言語(Golang)はシンプルな構造になっているため、JavaやC言語と比較して、習得難易度は低いです。

Go言語(Golang)の学習時間や学習コストについて、JavaやC言語よりも時間が掛からず習得できるでしょう。
Go言語(Golang)の習得時間について個人差は大きくありますが、Go言語(Golang)を習得するためにはある程度の時間が掛かることを事前に覚えておきましょう。
近年、オンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でGo言語(Golang)を始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
Go言語(Golang)を始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、Go言語(Golang)に関する参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かります。

Go言語(Golang)習得難易度や学習コスト、学習時間などを考慮すると、習得に関して初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来ません。
Go言語(Golang)はJavaやC言語習得者であれば、比較的簡単に習得出来るでしょう。

なお、Go言語(Golang)習得を希望するエンジニアは、まず周辺でGo言語(Golang)に精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Go言語(Golang)関連の記事を読んでみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。

Go言語(Golang)はWebアプリ開発、Webシステム開発、ビッグデータ開発、スマホアプリ開発、PaaS開発、人工知能(AI)開発など、フリーランス求人・案件数も他言語と比較して、非常に豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するでしょう。
特にJavaやC言語などのプログラミング言語はGo言語(Golang)習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■Go言語(Golang)の市場動向やニーズについて
Go言語(Golang)はまだ新しく、APIや一部機能の開発に用いられることが多いです。
Go言語(Golang)エンジニア自体へのニーズというよりは、Go言語(Golang)に興味をもつくらい学習意欲のあるエンジニアやGo言語(Golang)に携わりたい他言語の開発経験があるエンジニアにニーズがある印象です。
JavaやC++などの開発経験があり、意欲的にGo言語(Golang)を学びたいエンジニアなどにフリーランス求人・案件を積極発注している企業もあります。

Googleが開発した開発言語ということもあり、これからもGo言語(Golang)はメジャーな言語になっていく可能性はあります。