Blenderの求人・案件一覧

Blenderのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

62.9万円

中央値単価

65万円

最高単価

80万円

最低単価

30万円

全305件中1-50件を表示中

全305件中1-50件を表示中

Blenderのフリーランス案件に関するよくある質問

Blenderのフリーランス案件は高単価ですか?

Blenderのフリーランス案件の最高単価は80万円で、平均単価は62.9万円です。 Blenderのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は744~960万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のBlenderの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるBlenderのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Blenderのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Blenderの募集中フリーランス案件数は13件、累計掲載案件は305件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のBlenderのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Blenderのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Blenderの募集中リモート案件数は4件、累計掲載案件は55件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるBlenderのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Blenderのフレームワークの公開案件数

Blenderのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとMayaが15632件、Unityが9742件、After Effectsが3095件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Maya、Unity、After EffectsはBlenderの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
Blenderの技術を有するフリーランスの方はMaya、Unity、After Effectsを中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

Blenderのフレームワークの月額平均単価

Blenderのフレームワークの月額平均単価を分析するとUnityが69.8万円、Mayaが61.6万円、After Effectsが56.1万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Unity、Maya、After EffectsはBlenderのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
Blenderの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はUnity、Maya、After Effectsなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

Blenderのフレームワークの月額最高単価

Blenderのフレームワークの月額最高単価を分析するとUnityが135万円、Mayaが120万円、After Effectsが80万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Unity、Maya、After EffectsはBlenderのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
Blenderのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはUnity、Maya、After Effectsなどのフレームワークがおすすめです。

Blenderのフレームワーク別募集中案件数推移

Blenderのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年7月がUnity859件/Maya298件/After Effects47件、2022年8月がUnity680件/Maya275件/After Effects35件、2022年9月がUnity804件/Maya288件/After Effects52件、2022年10月がUnity803件/Maya271件/After Effects46件、2022年11月がUnity1,081件/Maya353件/After Effects60件、2022年12月がUnity957件/Maya412件/After Effects85件となっています。
Blenderのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しUnityは124件(-12%)の大幅な減少、Mayaは59件(16%)の大幅な増加、After Effectsは25件(41%)の大幅な増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Blenderのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Blenderのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが285件、FLEXY(フレキシー)が2件、PE-BANKが1件、DYMテックが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Blenderのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、FLEXY(フレキシー)、PE-BANKであることがわかります。
Blenderのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、FLEXY(フレキシー)、PE-BANKを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Blenderのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Blenderのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが61件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Blenderのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイターであることがわかります。
Blenderのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Blenderのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Blenderのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとPE-BANKが80万円、FLEXY(フレキシー)が64万円、レバテッククリエイターが63万円、DYMテックが55万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
月額単価の高いBlenderのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはPE-BANK、FLEXY(フレキシー)、レバテッククリエイターであることがわかります。
Blenderのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はPE-BANK、FLEXY(フレキシー)、レバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Blenderのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Blenderのフリーランス求人・案件数を分析すると週3日が14件、週4日が14件、週5日が14件、週2日が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Blenderのフリーランス求人・案件は週3日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるBlenderのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Blenderのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Blenderのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が246件、神奈川県が21件、愛知県が19件、兵庫県が9件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Blenderのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、愛知県に最も集中している事がわかります。
Blenderのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、愛知県あたりが良いでしょう。

Blenderのフリーランス求人・案件数の推移

Blenderの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が6件、2022年8月が7件、2022年9月が8件、2022年10月が7件、2022年11月が14件、2022年12月が13件となっています。Blenderのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Blenderのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Blenderの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年8月が1件、2022年9月が1件、2022年10月が1件、2022年11月が4件、2022年12月が4件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Blenderのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Blenderのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年7月が62.1万円、2022年8月が63.9万円、2022年10月が64.7万円、2022年11月が65.0万円、2022年12月が64.0万円となっています。Blenderのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し1.0万円下降し、下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Blenderのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Blenderのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年7月が745.7万円、2022年8月が767.1万円、2022年10月が776.7万円、2022年11月が779.4万円、2022年12月が768.0万円となっています。Blenderのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し11.4万円下降し、下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Blenderの常駐案件・リモートワーク案件割合

Blenderの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が4件(30.8%)、常駐案件が9件(69.2%)となっており、Blenderフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Blenderのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Blenderのフリーランス求人・案件について

Blenderのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
Blenderのフリーランス求人・案件の平均単価は62.9万円、中央値単価は65万円、最高単価は80万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Blenderのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Blender経験1年未満:33万円前後 (年収390万円)
・Blender経験1年~2年:39万円前後 (年収468万円)
・Blender経験2年~3年:55万円前後 (年収663万円)
・Blender経験3年~5年:65万円前後 (年収780万円)
・Blender経験5年以上:78万円前後 (年収936万円)

Blenderについて
Blenderとは、Blender Foundationが開発しているオープンソースの統合型3DCG製作、2Dアニメーション製作、VFX向けデジタル合成、動画編集ソフトウェアです。
誰でも無料で使用できるだけでなく、さらに本格的な機能が豊富です。Mayaなどの商用ハイエンドクラスと同等の実力を備えていています。Blenderの現在のバージョンは3.1.2です。
GoogleやEpic Games、Microsoft、NVIDIA、AMDなども開発資金の支援を行っており、今後より注目され得るソフトウェアの一つです。

Blenderは以下のような特徴が挙げられます。

・オープンソース
・MacOS、Linux、UNIX、Windowsとマルチプラットフォーム対応
・高機能かつ機能を豊富に搭載
・日本語対応
・開発を頻繁に実施
・Unityとの連携可能

高機能と先述していますが、モデリング、テクスチャマッピング、ライティング、アニメーション、モーショントラッキング、シミレーション(物理演算)、ノード編集(マテリアル、コンポジット)、スクリプト編集(Python)、動画編集、レンダリング(エンコード)など他にも様々な機能が備わっています。
ただし、豊富な機能故に覚えることが多いことや操作やUIが他とは異なるため、直感で使いこなすことは難しくある程度の勉強が必要でしょう。

BlenderはよくMayaと比較されることが多いですが、未経験者はBlenderの習得をおすすめします。
Mayaはライセンス契約が高額であるため、初期投資が高くその点Blenderは無償であるためBlenderの方が適しているでしょう。

BlenderはARやVRなどのコンテンツは作成できず、それらを作成したい場合は「Unreal Engine」などを活用しましょう。

Blenderフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・Blenderでの業務経験年数
・3DCGや2DCGでの業務経験年数
・大規模なソーシャルゲームの開発経験

などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではBlenderのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでBlenderフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Blenderの市場動向やニーズについて
Blenderが使われるCG市場について見ていきましょう。
株式会社グローバルインフォメーションが発表した市場調査レポート「バーチャルプロダクションの世界市場 - 業界分析と予測:2020年~2026年」において、バーチャルプロダクションの市場規模は、2020年~2026年にCAGR14.3%で成長し、2026年には31億米ドルに達すると予測されています。
また、同社の市場調査レポート「3Dマッピング・モデリング市場:世界の業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会・将来予測 (2021年~2026年)」によると3Dマッピング・モデリング市場は、2020年に47億9,000万米ドルの規模に達しています。
3Dマッピング・モデリング市場は、2021年から2026年の間に17.51%の年平均成長率で推移し、2026年には126億米ドルに達すると予測されています。

上記Blenderが活用される市場動向を見てみると、成長産業ということがわかります。
近年5Gが本格的に導入されていることやAI(人工知能)やIoT、メタバースなどCGが活用される分野の急成長などに伴いBlenderフリーランス求人・案件の増加が予想され、Blenderを活用するクリエイティブ人材の需要はますます増加していくでしょう。