フリーランスのIT求人・案件一覧

フリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

66.5万円

中央値単価

64万円

最高単価

320万円

最低単価

3万円

全195939件中1-30件を表示中

全195939件中1-30件を表示中

フリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

フリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが13692件、TechStockが12064件、エンジニアルーム(Engineer Room)が7114件、techtreeが6786件、at-engineerが6118件、ハイパフォコンサルが5990件、テクフリが5554件、Midworksが4128件、ギークスジョブが3189件、フォスターフリーランスが3179件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
フリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、TechStock、エンジニアルーム(Engineer Room)であることがわかります。
フリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、TechStock、エンジニアルーム(Engineer Room)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

フリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

フリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが507件、テクフリが356件、TechStockが266件、Midworksが263件、ハイパフォコンサルが256件、エンジニアルーム(Engineer Room)が234件、フォスターフリーランスが129件、レバテッククリエイターが101件、PE-BANKが91件、at-engineerが85件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
フリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、テクフリ、TechStockであることがわかります。
フリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、テクフリ、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

フリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

フリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとアンツビズシェアが134万円、ハイパフォコンサルが119.8万円、PMO NAVIが110.5万円、DYMテックが100万円、Relance(リランス)が98.7万円、F-consultが96.3万円、techtreeが92.5万円、センターネットが90万円、スマートソーシャルが90万円、BIGDATA NAVIが83.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
月額単価の高いフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはアンツビズシェア、ハイパフォコンサル、PMO NAVIであることがわかります。
フリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はアンツビズシェア、ハイパフォコンサル、PMO NAVIを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

フリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

フリーランス求人・案件数を分析すると東京都が87665件、大阪府が7078件、神奈川県が4875件、福岡県が1453件、埼玉県が1054件、千葉県が830件、兵庫県が764件、愛知県が615件、広島県が465件、北海道が462件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
フリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
フリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

フリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

フリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとJavaが26203件、PHPが13554件、JavaScriptが7396件、C#が5022件、Rubyが4659件、SAPが4473件、VB.NETが4460件、SQLが4435件、Pythonが4427件、Androidが4093件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
Java、PHP、JavaScriptのスキルを求めているフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Java、PHP、JavaScriptの開発経験があるフリーランスはフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

フリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

フリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとSciPyが135.0万円、Solrが129.2万円、Treasure Dataが127.0万円、NetSuiteが110.7万円、SAPが110.3万円、Cassandraが105.0万円、CodePipelineが101.7万円、Dynamics CRMが95.0万円、Juliaが90.0万円、Terraformが88.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
高単価案件を求めているフリーランスはSciPy、Solr、Treasure Dataの求人・案件に参画すると良いでしょう。

フリーランススタートを見ているフリーランスの年代

20代27.1%
30代32.7%
40代23.1%
50代12.8%

フリーランススタートをみているフリーランスの年齢を分析すると20代が27.1%、30代が32.7%、40代が23.1%、50代が12.8%となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
フリーランススタートは様々な年代のフリーランスに対応した豊富なフリーランス求人・案件を取り扱っています。20~50代まで全ての年代のフリーランスの仕事探しに向いていると言えます。

フリーランススタートを見ているフリーランスのスキル

フリーランススタートをみているフリーランスエンジニアのスキルを分析するとJavaScriptが8.8%、PHPが5.4%、Javaが5.3%、HTML5が4.9%、Pythonが4.2%、Oracleが2.9%、SQLが2.9%、C#が2.7%、VBAが2.5%、C言語が2.3%となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
フリーランススタートにはJavaScript、PHP、Javaなどの開発スキルを持ったフリーランスエンジニアが興味/関心を持っていることがわかります。
フリーランススタートがJavaScript、PHP、Javaなどのフリーランス求人・案件を豊富に公開していることにより、このフリーランスエンジニア属性に繋がっていると言えるでしょう。

フリーランススタートを見ているフリーランスの職種

1サーバーサイド24.2%
2フロントエンド24.0%
3コンサル9.0%
4データベース8.9%
5インフラ8.4%
6アプリ7.9%
7ディレクター7.7%
8デザイナー6.3%
9ネットワーク3.7%

フリーランススタートをみているフリーランスの職種を分析するとサーバーサイドが24.2%、フロントエンドが24%、コンサルが9%、データベースが8.9%、インフラが8.4%、アプリが7.9%、ディレクターが7.7%、デザイナーが6.3%、ネットワークが3.7%となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)
フリーランススタートにはサーバーサイド、フロントエンド、コンサルなど幅広いフリーランス職種の方が興味/関心を持っていることがわかります。
フリーランススタートは特にサーバーサイド、フロントエンド、コンサルなどのフリーランス職種を希望/検討しているフリーランスにとっておすすめのフリーランスエンジニア専門の求人・案件一括検索サイトと言えるでしょう。

フリーランス求人・案件数の推移

募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年1月が28548件、2021年2月が25903件、2021年3月が29023件、2021年4月が25593件、2021年5月が14598件、2021年6月が26020件となっています。フリーランス求人・案件数は前月と比較し、11422件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)

フリーランス求人・案件の平均単価の推移

フリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年1月が66.2万円、2021年2月が66.6万円、2021年3月が66.7万円、2021年4月が66.8万円、2021年5月が66.9万円、2021年6月が67.0万円となっています。フリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)

フリーランス求人・案件の想定年収の推移

フリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年1月が793.8万円、2021年2月が799.7万円、2021年3月が800.0万円、2021年4月が802.0万円、2021年5月が803.2万円、2021年6月が803.8万円となっています。フリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.6万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)

常駐案件・リモートワーク案件割合

募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が3543件(13.3%)、常駐案件が23035件(86.7%)となっており、フリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

フリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

フリーランス求人・案件について

フリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、54~74万円程度です。
フリーランス求人・案件の平均単価は66.5万円、中央値単価は64万円、最高単価は320万円、最低単価は3万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年06月)

フリーランスは、会社や組織に所属することなく、個人で仕事を請け負う働き方や働いている人を指します。
フリーランスは、単発の仕事ごとに契約を結ぶ形態となっています。実際には毎回契約を締結するのではなく、一度に長期間の契約を結び、その中で案件ごとの発注書を受け取って業務を開始するケースもあります。クライアントの要望によっては、守秘義務契約の締結することもあります。
フリーランスは、主にエンジニアやWebデザイナー、イラストレーター、コンサルタントなどIT関連の仕事をしている人が近年増加傾向にあります。
フリーランスは自分の経験や専門技術等を活かして個人で仕事を請け負う方であれば職種に関係なく、誰でも名乗ることができます。

フリーランスの語源について説明します。
フリーランスを英語で記述するとFreelanceです。直訳するとFreeは「自由な」でありLanceは「槍」という意味です。
フリーランスの語源は中世まで遡ります。中世のヨーロッパでは戦争が頻発しており、王や貴族はその都度傭兵団と契約して軍隊を送っていたようです。当時の主力兵であった槍騎兵(lancer)は歩兵を連れていることが多かったため、契約時には1戦闘単位を槍の本数で数えていたといわれています。
敵国と契約していない軍隊はフリーランス(freelance)と呼ばれ、当時は戦闘単位や兵士を指していたフリーランサーが、現在では会社や組織に所属することなく、個人で仕事を請け負うことを意味するようになっています。

フリーランスとして活躍出来る代表的な職種と仕事内容について説明します。

フリーランスのシステムエンジニア(SE)
システムエンジニア(SE)は、システム開発のすべての工程に関わる仕事です。案件の内容により若干異なりますが、主な仕事は顧客からのヒアリングをもとに、システム設計を行うことです。最終的にシステムが問題なく稼働するかを確認し、顧客へ納品します。

フリーランスのプログラマー
プログラマーは、コンピューターを動かすJava、PHP、Ruby、Python、Swift、Kotlinなどのプログラム言語を用いて、様々なシステムやソフトウェアを開発を行うエンジニアです。
プログラマーが活躍出来るジャンルはWeb系、ゲーム系、組み込み/制御系、業務系アプリ系、社内システム系、設備制御系、オープン、オンライン系、汎用系、通信系などがあります。

フリーランスのライター
ライターは、出版社や広告代理店、編集プロダクション、Webメディア運営会社などから依頼を受けて、雑誌やWebサイトといった媒体に掲載される記事をライティングすることが仕事です。ライティング業務以外にも、依頼元との打ち合わせ、現場での取材、文章校正の検討、文字校正、原稿提出後の修正作業、入稿など、記事が掲載されるまでの全工程を担当します。
なおライターにもいくつか種類があり、取材した内容をまとめるルポライター、著者から話を聞き取り、著者に代わって書籍の原稿を執筆するブックライター、商品やサービスの購入意欲を上げる宣伝文を執筆するコピーライターなどがあります。

フリーランスのデザイナー
デザイナーは、製品やポスター、雑誌書籍の表紙、レイアウトなど、様々な物のデザインを手がける仕事です。
デザイナーもいくつか種類があります。
WebサイトのデザインするWebデザイナー、ポスターや雑誌の広告、フライヤー、商品のパッケージなど、主に印刷物をデザインするグラフィックデザイナー、Webサイトの制作に関わる職種であり、ユーザーにとって使い心地の良いシステム・ビジュアルをデザインするUI・UXデザイナーなどがあります。

フリーランスのイラストレーター
イラストレーターは、書籍や雑誌、Webなどに視覚的な印象を与える挿し絵や、文章の説明に添えてわかりやすく伝える図解などを作成する仕事です。
イラストの対象はさまざまで、ゲームなどのキャラクターや本の挿絵、広告関連のポスター、チラシ、雑誌など多くの分野があります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト フリーランススタートではフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■フリーランスの市場動向やニーズについて
フリーランスのニーズが増加することが予想されます。
フリーランスの人口は2015年が913万人、2019年が1,034万人であるという結果がランサーズの『フリーランス実態調査2020年版』で明らかになっています。
フリーランス人口1,034万人の内訳です。
・自由業系フリーワーカーが56万人(5%)
・自営業系独立オーナーが289万人(28%)
・副業系すきまワーカーが409万人(40%)
・複業系パラレルワーカーが281万人(27%)

フリーランスの人口1,034万人は、日本の労働人口6628万人(労働力調査(基本集計) 2020年(令和2年)4月分結果)のデータを考慮すると、約1/6に相当します。

フリーランスのニーズが増加する理由として、クラウドソーシングサービスにより個人が単独で出来る仕事が増えており、誰でも簡単に始めることが出来ること、働き方改革で副業が可能になりフリーランスや副業という新しい働き方が選択可能になったこと、Slack、Google Drive、Chatwork、ZoomなどIT技術が発達し労働環境が改善したことにより、効率よく働け、自分の自由な時間が増えたことなど挙げられるでしょう。
また、フリーランスを一年以内に開始した人の数が2019年は287万人、2020年は312万人と、8%増加している結果がランサーズの『フリーランス実態調査2020年版』の調査により出ています。
上記理由や結果を考慮するとフリーランスの人口は今後も増加していくでしょう。
また、フリーランスエンジニアに絞って考えていくと、やはりフリーランス全体のニーズが増加していくことと同じく、ニーズが増加していくでしょう。
IT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点よりITエンジニアは人材不足が陥る可能性が高いです。2030年までに最大で79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があります。
そのため、フリーランス向けの求人・案件数も相対的に増加していくことが予想され、フリーランスエンジニアのニーズは増加するでしょう。
また2020年現在、数多くのフリーランスエージェントが存在することもフリーランスエンジニアのニーズが増加している要因の1つと言えるでしょう。

結果としてフリーランス全体やフリーランスエンジニアのニーズは増加していくでしょう。