コンサルタントの求人・案件一覧

コンサルタントのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

84.9万円

中央値単価

75万円

最高単価

240万円

最低単価

10万円

全22735件中1-50件を表示中

全22735件中1-50件を表示中

コンサルタントのフリーランス案件に関するよくある質問

コンサルタントのフリーランス案件は高単価ですか?

コンサルタントのフリーランス案件の最高単価は240万円で、平均単価は84.9万円です。 コンサルタントのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は1,008~2,880万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のコンサルタントの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるコンサルタントのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

コンサルタントのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

コンサルタントの募集中フリーランス案件数は1,176件、累計掲載案件は22,735件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のコンサルタントのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

コンサルタントのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

コンサルタントの募集中リモート案件数は599件、累計掲載案件は4,406件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるコンサルタントのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

コンサルタントのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

コンサルタントのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとハイパフォコンサルが3838件、レバテックフリーランスが1673件、TechStockが1190件、パーソルクロステクノロジーが845件、Midworksが350件、レバテッククリエイターが338件、テックビズフリーランスが267件、HiPro Tech(ハイプロテック)が167件、PE-BANKが153件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が136件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)
コンサルタントのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、レバテックフリーランス、TechStockであることがわかります。
コンサルタントのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、レバテックフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

コンサルタントのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

コンサルタントのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが95件、パーソルクロステクノロジーが46件、テックビズフリーランスが21件、レバテッククリエイターが16件、ハイパフォコンサルが14件、HiPro Tech(ハイプロテック)が9件、Midworksが5件、TechStockが4件、PE-BANKが4件、プロエンジニア(ProEngineer)が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)
コンサルタントのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、パーソルクロステクノロジー、テックビズフリーランスであることがわかります。
コンサルタントのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、パーソルクロステクノロジー、テックビズフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

コンサルタントのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

コンサルタントのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析すると KICK ZA ISSUEが200万円、カジトルフリーランスが157.5万円、DYMテックが140万円、Relance(リランス)が133.3万円、ハイパフォコンサルが131.7万円、indecoが115.8万円、バチグマが115.5万円、TechStockが115.1万円、テックリーチが109万円、株式会社mijicaが105万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)
月額単価の高いコンサルタントのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントは KICK ZA ISSUE、カジトルフリーランス、DYMテックであることがわかります。
コンサルタントのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方は KICK ZA ISSUE、カジトルフリーランス、DYMテックを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

コンサルタントのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

コンサルタントのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が2940件、週4日が1029件、週3日が795件、週2日が354件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)
コンサルタントのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるコンサルタントのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

コンサルタントのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

コンサルタントのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が11321件、神奈川県が647件、大阪府が393件、愛知県が199件、埼玉県が157件、千葉県が149件、兵庫県が75件、京都府が62件、福岡県が33件、広島県が30件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)
コンサルタントのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
コンサルタントのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

コンサルタントのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

コンサルタントのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとSAPが3346件、Javaが1975件、PHPが1038件、Excelが478件、Oracleが379件、Windowsが369件、C#が333件、JavaScriptが332件、SQLが326件、Rubyが277件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)
SAP、Java、PHPのスキルを求めているコンサルタントのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
SAP、Java、PHPの開発経験があるフリーランスはコンサルタントのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

コンサルタントのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

コンサルタントのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとR言語が135.5万円、SAPが116.1万円、PowerPointが112.0万円、UMLが108.4万円、Force.comが103.3万円、Herokuが102.0万円、CircleCIが100.0万円、Firebaseが100.0万円、ReactNativeが98.0万円、Redmineが96.1万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)
高単価案件を求めているフリーランスはコンサルタントのR言語、SAP、PowerPointの求人・案件に参画すると良いでしょう。

コンサルタントのフリーランス求人・案件数の推移

コンサルタントの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2023年1月が782件、2023年2月が1217件、2023年3月が731件、2023年4月が654件、2023年5月が685件、2023年6月が1162件となっています。コンサルタントのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、477件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)

コンサルタントのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

コンサルタントの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2023年1月が464件、2023年2月が796件、2023年3月が409件、2023年4月が392件、2023年5月が387件、2023年6月が608件となっています。コンサルタントのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、221件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)

コンサルタントのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

コンサルタントのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2023年1月が81.6万円、2023年2月が81.4万円、2023年3月が81.2万円、2023年4月が81.6万円、2023年5月が81.6万円、2023年6月が84.9万円となっています。コンサルタントのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し3.3万円上昇し、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)

コンサルタントのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

コンサルタントのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2023年1月が979.2万円、2023年2月が976.4万円、2023年3月が974.6万円、2023年4月が978.8万円、2023年5月が979.1万円、2023年6月が1018.6万円となっています。コンサルタントのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し39.5万円上昇し、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)

コンサルタントの常駐案件・リモートワーク案件割合

コンサルタントの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が419件(50%)、常駐案件が419件(50%)となっており、コンサルタントフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

コンサルタントのフリーランス求人・案件について

コンサルタントのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
コンサルタントのフリーランス求人・案件の平均単価は84.9万円、中央値単価は75万円、最高単価は240万円、最低単価は10万円です。(※フリーランススタート調べ/2023年06月)

コンサルタントは、ITを切り口にして顧客の経営やビジネスに関するコンサルテーションをする仕事です。
ITコンサルタントとSEの違いについてお伝えすると、コンサルタントはより顧客の経営・ビジネス目標達成に焦点を置いて、経営課題解決に向けた現状分析・問題定義・改善案など顧客ニーズに適した技術・システムを提案することです。一方SEの業務は、経営課題の改善案を実際にシステムの要件定義や設計を実行することです。仕事の流れとして、コンサルとSEが一緒になり業務をこなしていくことも間々あります。

コンサルティングファームでの活躍が多くあります。組織形態はソリューション別スペシャリスト・業界別スペシャリストをミックスさせたマトリックス形態をとっていることが多くあり、色々な業界の企業に対して、ERP・CRM・IT戦略・SCMなどのソリューションを提供します。

コンサルタントは、もちろんITに関する専門知識が必要です。また論理的思考・提案力が要求され、実際にコンサルティングを行う時は、顧客のビジネスや経営・業務に関する理解力も高いレベルが必要な職業です。
さらにコンサルタントは、構築プロジェクト・システム導入で上流工程をメインに行う職業である為、より上流工程でのキャリアチェンジをしたいSEの方々にとっては適しています。実際にPM・SEからコンサルタントにキャリアチェンジしている方は多いのも事実です。

ただし、コンサルタントは高い専門知識が要求される為、特定分野での専門的な能力を持っている方のほうが、より転職し易いです。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではフリーランスコンサルタント求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでフリーランスコンサルタント求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■フリーランスコンサルタント求人・案件動向
コンサルタントはITを切り口にして顧客の経営やビジネスに関するコンサルテーションをする仕事です。
フリーランスコンサルタント求人・案件において、代表的な求人・案件を説明します。

IT戦略コンサルタント
IT戦略コンサルタントは、企業のCIOが抱える問題など、企業の経営レベルのIT関連課題についてアドバイスを行います。
ITを「企業価値の向上を具現化するための1つのツール」と位置づけ、経営戦略に沿ったIT戦略と、実現に向けた年度計画、中期計画の策定を、多岐に渡る顧客プロジェクトで支援していきます。
さらに、IT投資における費用対効果の最大化、IT導入・活用の促進、システムアーキテクチャの課題など、IT統治に関して専門性を発揮します。

ERPコンサルタント
ERPコンサルタントは、ITシステムを使って、社内の各種業務を効率化することを行います。
会社の業種や業務内容によって必要なシステムに違いはあります。主なシステムは顧客管理、財務会計管理、営業支援、マーケティング管理などが挙げられます。
ERPコンサルタントは、会社が抱える経営課題を深く分析し、これを解決することが求められます。
課題解決に必要なITシステムの要件を定義し、設計から開発までのプロジェクトをマネジメントする役割を担います。
ERPコンサルタントに近い仕事として、SAPコンサルタントがあります。
SAPはSAP社が提供しているERPパッケージです。SAPコンサルタントはSAPを専門に扱っているコンサルタントです。

CRMコンサルタント
CRMコンサルタントは顧客管理システムの導入支援というサービスの提供を通して、クライアントの成長や収益拡大を支援することが仕事です。主なCRMシステムはSalesforce Sales Cloud、Sunergy!、Zoho CRMなど挙げられます。

SCMコンサルタント
SCM(サプライチェーン)コンサルタントはクライアント企業のコスト削減や売上の増加をSCM戦略の視点から行う仕事です。SCM管理システムをクライアントに提案し、システム導入から運用までを行います。
また、SCM管理を行う上で必要な人材調達やシステム選定、チーム管理なども行います。

SAPコンサルタント
SAPコンサルタントは、特定の業務領域に対する業務知識、ソリューション、パッケージ知識などを有したコンサルタントです。SAPシステムを新しく入れる際の導入前の業務分析や改善提案から導入支援・コンサル、導入後の業務改善を担当します。


フリーランスコンサルタント求人・案件の単価を決定する要因は、

・コンサルタント自体の経験年数
・上流工程から下流工程までシステム開発経験年数
・参画する求人・案件の業界知識/知見
・チームマネジメント経験の有無
・開発経験の知識
・英語スキル

などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に通常と比べて比較的高単価での受注が可能になる場合が多いです。


■コンサルタントのリモート・在宅求人・案件について
フリーランスコンサルタント求人・案件は常駐求人・案件よりもリモートワーク求人・案件が多いです。
以前は常駐求人・案件が多かったのですが、コロナをきっかけに常駐よりもリモートワークでの求人・案件が増加しています。
なお、リモートワーク求人・案件が多いものの、コンサルタントでの実務経験や上流工程での開発経験、チームマネジメントなどの経験が無いコンサルタントは、リモート・在宅求人・案件を見つけることは難しいでしょう。


■コンサルタントでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について
コンサルタントにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。
コンサルタントの週2日、週3日フリーランス求人・案件は数多く存在します。
2018年に副業解禁以降、本業の傍ら複業としてフリーランスのコンサルタントとして活動する方も年々増加しており、相対的にフリーランスコンサルタント求人・案件数が増加しています。

週2日、週3日でも月収120万円など100万円を超える、高単価なフリーランスコンサルタント案件・求人が多いです。
週2日、週3日稼働は複数のフリーランスコンサルタント求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトや領域に携わることができます。
フリーランスのコンサルタントとして開発スキル向上に繋がったり常駐求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

フリーランスコンサルタントとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■フリーランスコンサルタント求人・案件に参画するために必要なスキルについて
フリーランスコンサルタントとして必要スキルを身につけ、幅広くフリーランス求人・案件に参画できるようにしましょう。

・コミュニケーション能力
フリーランスコンサルタントは、クライアントとのコミュニケーションを円滑に行うために、高いコミュニケーション能力が求められます。特に、複雑な問題や専門用語をわかりやすく説明することができることが重要です。

・問題解決能力
フリーランスコンサルタントは、クライアントが抱える課題や問題を解決するために活動します。そのため、問題解決能力が必要となります。具体的には、問題を正確に特定し、効果的な解決策を提供する能力が求められます。

・プロジェクト管理能力
フリーランスコンサルタントは、プロジェクトの進捗状況を管理し、スケジュール通りに成果を出すことが求められます。プロジェクト管理能力があることで、クライアントに対して信頼を得ることができます。

・業界知識
フリーランスコンサルタントは、クライアントの業界やビジネスについて深い知識を持っていることが求められます。特に、トレンドや競合状況についての情報を常に収集し、最新の情報を提供することが重要です。

・分析能力
フリーランスコンサルタントは、データを収集し、分析することが必要です。分析能力があることで、クライアントに対して正確な情報を提供することができます。また、課題や問題を深く理解し、解決策を提案するためにも重要なスキルとなります。

・チームワーク能力
フリーランスコンサルタントは、チームで活動することが多いため、チームワーク能力が求められます。特に、チーム内での役割分担やコミュニケーションを円滑に行うことが重要です。

・ITスキル
フリーランスコンサルタントとして顧客の要望に沿った課題解決を提案するために、コンピューターやソフトウェアなど、ITに関する広範な知識が欠かせません。

コンサルタントとして開発などのITスキルがあることがベストですが、それらが無くてもITの使用リスクやコストに関する知識は重要です。
クライアントの課題を解決するために適切なIT手段は何かを正確に判断するために、理論的な裏付けを伴ってリスクとコストを把握していなければなりません。

IT技術に関する正確な知識を持っていなければ、クライアントが抱えている課題を的確に指摘できず、課題解決まで導けないでしょう。
また、IT関連の技術の最新トレンドにも精通している必要があります。
クライアントとの会話で登場した際に適切な評価を行えるように、メリットとデメリットを把握していなければなりません。
コンサルタントはITのスペシャリストとしての活躍をクライアントから常に期待されているので、知らないといったことがないようにしましょう。

なお、上記にフリーランスコンサルタントの必要スキルをお伝えしましたが、上記に紹介したスキルを出来るだけ多く持っていることが、フリーランス求人・案件に参画を簡単にするだけでなく、高単価(稼げる)フリーランス求人・案件に参画できる近道ということを知っておきましょう。


■フリーランスコンサルタント求人・案件参画するために役立つ資格について
コンサルタントには、国家資格と民間資格があります。
コンサルタント求人・案件の獲得に役立つ2つの資格をご紹介します。

・中小企業診断士試験
中小企業診断士試験は、独立行政法人中小企業基盤整備機構が実施する国家資格試験です。試験は、年に2回実施され、実施期間は3日間です。試験内容は、筆記試験と面接試験の2つからなり、それぞれ1日ずつ行われます。筆記試験は、経営学、法律、財務・会計、情報処理、統計学の5科目で構成されており、基本的な知識や能力を問われます。
中小企業診断士試験は、合格率が比較的低い試験として知られており、十分な準備と勉強が必要です。コンサルタントとして活躍するために取得しておいて損のない資格となります。

・ITストラテジスト試験
ITストラテジスト試験は、経済産業省が管轄、IPAが実施する国家試験です。ITを活用した事業戦略の策定から提案、推進までを担う高度IT人材を選抜する試験です。
試験内容はシステム戦略や企画、開発まで幅広く出題され合格率は15%程度です。
高難易度の資格ですが、コンサルタントとして活躍する幅を広げられる可能性があるため、取得をおすすめする資格です。


・プロジェクトマネージャ試験
プロジェクトマネージャ(PM)試験とは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する「情報処理技術者試験」の中で、プロジェクトマネジメントに特化した公的資格試験です。
プロジェクトマネージャ試験を取得することにより、マネジメントスキル、管理スキル、問題解決・分析スキルが身につけられるため、フリーランスのコンサルタントとして活動する場合取得しておいて損のない資格です。


・ITサービスマネージャ試験
ITサービスマネージャ試験は、情報処理技術者試験の一種であり、最高難易度であるレベルの4となっています。
ITサービスマネージャ試験に合格すると、顧客のITサービスを安全に提供するために必要な技術を持っているシステム運用・保守における指揮者として、認められます。
試験ではシステム運用・保守の基礎に関することから、情報セキュリティやシステム障害時の対応、顧客の要望に基づいたソフトウェア・ハードウェアの導入方法、などに関する知識が総合的に求められます。
コンサルタントとして持っておきたい知識であるため、興味/関心のある方は取得してみることをおすすめします。


コンサルタント関連の資格を習得することは良いことですが、フリーランスコンサルタント求人・案件に参画するという目的を失わないようにしましょう。
コンサルタントに関連するマネジメントなどのスキルを資格を取得することによって、証明することは可能ですが、一番重要視すべきことは、コンサルタントの実務経験や参画する業界の知識や知見などコンサルタント周辺で必要なスキルを保有していることです。
そのためコンサルタントの資格はある程度実務経験がある方、時間的に余裕がある方にとっておすすめします。

フリーランスのコンサルタントとして、実務未経験にも関わらずコンサルタント関連の資格の取得を最優先事項にすることはやめておきましょう。
どうしてもコンサルタント関連の資格の取得を希望している方は、まず行動するのではなく、様々な情報を見て、自分で熟考した上で行動に移すようにしましょう。


■フリーランスコンサルタント求人・案件の探し方
フリーランスコンサルタントとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
フリーランスコンサルタントとして独立したけど、他フリーランスコンサルタントがどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。

・フリーランスエージェントの活用
フリーランスコンサルタントとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
フリーランスエージェントに在職している専門コーディネーターが、スキルや業界経験など要望に最適なフリーランス求人・案件探しを手厚くサポートしてくれます。

フリーランスコンサルタントとして、コンサルタントスキルの開発経験が浅い方から10年以上コンサル経験がある方まで、非常に幅広いフリーランスコンサルタント層の方が活用しています。

フリーランス求人・案件探しを効率良く行いたい方や継続的にフリーランス求人・案件に参画をしたい方など登録しておくべきでしょう。
また、フリーランスエージェントによっては正社員と同様の保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。
フリーランスコンサルタントだからこそ、万が一働けなくなった場合や保険が必要になる場合を想定し、保険や福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。


・SNSを含むオンラインを活用
フリーランスコンサルタントとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSやWebサイトを自分で開設しオンライン上に経歴や実績を公開しておくことで、個人や企業から直接フリーランス求人・案件を受け取れる可能性もあります。

特にTwitterを開設し、即戦力になり得るフリーランスコンサルタントを探している企業は近年多くなってきました。
経歴や開発実績を公開していることにより、SNSを活用している企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力や希望に見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれる可能性もあるでしょう。

また、SNSの活用はフリーランスエージェントのように仲介手数料が発生せず、無料で使えます。そのためその分フリーランスコンサルタントの方に単価を還元してくれる企業もあるでしょう。

多角的に自分(フリーランスコンサルタントとして)の存在を発信し、フリーランス求人・案件を受注できる幅を広げましょう。


・知人など人脈を活用
フリーランスコンサルタントとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
知人や友人、前職の同僚も含め、フリーランスコンサルタントとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを伝えておけば、有益なフリーランス求人・案件情報を提供してくれる可能性は高まるでしょう。

知人や友人、前職の同僚などからフリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントのように仲介手数料が掛からないため、比較的高単価で参画できる可能性があったり、場合によっては即日参画できるでしょう。

ただし、知人や友人、前職の同僚の方から紹介されたフリーランス求人・案件ですので、ある程度の責任が伴います。そのため、誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。


・クラウドソーシングサービスの活用
フリーランスコンサルタントとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
代表的なクラウドソーシングサービスはクラウドワークスやランサーズ、ココナラ、ビザスク、Expert360などあります。

フリーランスコンサルタントとして、自分のコンサルスキルを登録するだけでコンサルタントを活用したフリーランス求人・案件を探せたり応募して参画できます。
自分の開発スキルに合ったもしくは希望するフリーランス求人・案件を探すことができ、ステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。

ただし、単発かつ短期での仕事が豊富であり、高単価フリーランス求人・案件はあまりないため、半年や1年以上などの中長期的なフリーランス求人・案件への参画を検討している方や素早く稼ぎたいと考えているフリーランスコンサルタントはあまりおすすめしません。

経験を積みたいもしくは実績をどんどん積んでいきたい比較的経験の浅いフリーランスコンサルタントには適しているでしょう。


■フリーランスコンサルタントは稼げないの?
当該ページ上部にて表示されている「フリーランスコンサルタント求人・案件 月額単価相場」をご覧いただくとわかりますが、平均単価や中央値単価は75万円以上と高い単価です。そのためフリーランスコンサルタントとして稼げないことはありません。

しかし、最低でもコンサル経験やPM/PMO経験1年以上や「フリーランスコンサルタント求人・案件に参画するために必要なスキル」でお伝えしたスキルが備わっていない方はフリーランスコンサルタントとして平均単価や中央値単価を稼ぐことはできないでしょう。

その理由として、フリーランスを含むコンサルタントを採用している企業は即戦力を求めているためです。フリーランスコンサルタントは正社員で勤めているコンサルタントよりも稼げている方が多いですが、実力主義の市場です。

コンサル経験の豊富なフリーランスコンサルタントの方でも、常に変化する市場動向を定期的にキャッチアップしたり、最新スキルやトレンドスキルを自ら習得したりと継続的に努力を怠るとすぐに稼げなくなるでしょう。

稼げるフリーランスコンサルタントになるため、まず以下のことを実践しましょう。

・開発経験などの実績を積み上げる
フリーランスコンサルタントとして稼ぐためには開発経験などの実績を積み上げましょう。
特にフリーランス市場は実力主義であるため、実績を積み上げなければフリーランス求人・案件を獲得する土台には上がることができません。
将来的にどのようなフリーランス求人・案件に参画したいのかを設定し、その開発案件で必要になるであろう実績を積んでいきましょう。
また、目標がまだ定まっていないフリーランスコンサルタントの方は、最初のうちは報酬単価の低い簡単な仕事でも、とにかくやってみて経験や実績を積んでいきましょう。

・スキルアップを行う
フリーランスコンサルタントとして稼ぐためにはスキルアップを行いましょう。
前述した通り、フリーランスコンサルタントは常にスキルアップを目指し、経験を積んだりスキルを磨いています。
特に市場動向がわかるや業界知識が得られるサイトの活用は重要です。
またフリーランスコンサルタントとして、勉強会や交流会に参加し人脈を作ることもスキルアップの1つです。自分だけでは解決できない課題がある際に聞いたり、有益な情報を共有し合ったりできます。

稼げるフリーランスコンサルタントを目指すのであれば、スキルアップは重要な要素です。


■コンサルタントの将来性や需要
コンサルタントは、フリーランス需要の高い職種です。
コンサルタントは、近年IoTやAI技術の進化により、経営方針や新人教育の在り方が変化しつつあります。コンサルタントは特に戦略系・IT系・業務系の大規模プロジェクトの導入コンサルを中心に需要が高まっている事が理由です。
コンサルタントの求人・案件は増加し、コンサルタントの需要が高まる事が予想されます。