Next.jsの求人・案件一覧

Next.jsのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

76.5万円

中央値単価

75万円

最高単価

120万円

最低単価

60万円

全79件中1-50件を表示中

全79件中1-50件を表示中

Next.jsのフリーランス案件に関するよくある質問

Next.jsのフリーランス案件は高単価ですか?

Next.jsのフリーランス案件の最高単価は120万円で、平均単価は76.5万円です。 Next.jsのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は912~1,440万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のNext.jsの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるNext.jsのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Next.jsのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Next.jsの募集中フリーランス案件数は38件、累計掲載案件は79件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のNext.jsのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Next.jsのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Next.jsの募集中リモート案件数は35件、累計掲載案件は63件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるNext.jsのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Next.jsのフレームワーク別募集中案件数推移

Next.jsのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年3月がJavaScript4,775件/React1,859件/TypeScript876件/Rust12件、2022年4月がJavaScript3,904件/React1,647件/TypeScript813件/Rust11件、2022年5月がJavaScript3,787件/React1,786件/TypeScript960件/Rust16件、2022年6月がJavaScript4,368件/React2,137件/TypeScript951件/Rust11件、2022年7月がJavaScript4,721件/React2,183件/TypeScript910件/Rust14件、2022年8月がJavaScript3,245件/React1,774件/TypeScript815件/Rust40件となっています。
Next.jsのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しJavaScriptは1476件(-32%)の大幅な減少、Reactは409件(-19%)の大幅な減少、TypeScriptは95件(-11%)の大幅な減少、Rustは26件(185%)の大幅な増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年08月)

Next.jsのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Next.jsのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが16件、テックリーチが12件、レバテックフリーランスが8件、TechStockが1件、プロマチが1件、テックビズフリーランスが1件、Aegis(イージス)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年08月)
Next.jsのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、テックリーチ、レバテックフリーランスであることがわかります。
Next.jsのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、テックリーチ、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Next.jsのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Next.jsのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが16件、レバテックフリーランスが6件、テックリーチが2件、TechStockが1件、プロマチが1件、テックビズフリーランスが1件、Aegis(イージス)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年08月)
Next.jsのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、テックリーチであることがわかります。
Next.jsのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、テックリーチを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Next.jsのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Next.jsのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとフリエンが81万円、レバテックフリーランスが80万円、TechStockが80万円、テックリーチが76.3万円、レバテッククリエイターが73.1万円、プロマチが70万円、Aegis(イージス)が65万円、テックビズフリーランスが64万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年08月)
月額単価の高いNext.jsのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはフリエン、レバテックフリーランス、TechStockであることがわかります。
Next.jsのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はフリエン、レバテックフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Next.jsのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Next.jsのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が8件、週3日が1件、週4日が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年08月)
Next.jsのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるNext.jsのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Next.jsのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Next.jsのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が26件、埼玉県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年08月)
Next.jsのフリーランス求人・案件数は東京都、埼玉県に最も集中している事がわかります。
Next.jsのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、埼玉県あたりが良いでしょう。

Next.jsのフリーランス求人・案件数の推移

Next.jsの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年8月が30件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年08月)

Next.jsのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Next.jsの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年8月が30件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年08月)

Next.jsのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Next.jsのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年8月が75.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年08月)

Next.jsのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Next.jsのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年8月が907.4万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年08月)

Next.jsの常駐案件・リモートワーク案件割合

Next.jsの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が30件(85.7%)、常駐案件が5件(14.3%)となっており、Next.jsフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

Next.jsのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Next.jsのフリーランス求人・案件について

Next.jsのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
Next.jsのフリーランス求人・案件の平均単価は76.5万円、中央値単価は75万円、最高単価は120万円、最低単価は60万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年08月)

Next.jsのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Next.js経験1年未満:38万円前後 (年収450万円)
・Next.js経験1年~2年:45万円前後 (年収540万円)
・Next.js経験2年~3年:64万円前後 (年収765万円)
・Next.js経験3年~5年:75万円前後 (年収900万円)
・Next.js経験5年以上:90万円前後 (年収1080万円)

Next.jsについて
Next.jsとはReactをベースに開発されたReactフレームワークです。
Next.jsはReactで最も人気のあるフレームワークであり、2016年10月に最初のリリースが行われ、2022年7月時点では12.2.0が最新バージョンです。
Next.jsの特徴としてバックエンドとフロントエンドが同じサーバで動くことやサーバサイドレンダリングが使えることをはじめとし、Router機能が搭載されていることなどが挙げられます。

上記にいくつか特徴を挙げましたが、Next.jsを使うことによりサイトの初期表示が早いかつSEOにも強いため、ReactベースのWebアプリケーションの機能性を効果的に向上させることができます。
Next.jsは大規模なWebサイト構築やWebアプリ開発、業務システム開発に適しています。
Next.jsはNetflix、GitHub、Uber、Starbucks、Ticketmaster、Hatena、メルカリ、SQUARE ENIXなど優良企業に活用されています。

Nuxt.jsとの違い
Next.jsと類似したNuxt.jsというフロントエンドアプリケーションのフレームワークがあります。
Nuxt.jsもNext.js同様SSRを可能にするJavaScriptフレームワークであり、サーバサイドでレンダリングが必要な際に導入するのが一般的です。
Next.jsはReactというViewライブラリで構築され、Nuxt.jsはというViewライブラリで構築する点が異なる点です。

Next.jsフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、

・Next.jsの開発経験
・JavaScript、TypeScript、Rustの開発経験
・小〜大規模まで様々な規模での開発経験
・JavaScript、TypeScript、Rust開発周辺で頻繁に使用するスキル
・参画するフリーランス求人・案件の商流
・チームリーダーやチームマネジメント経験
・JavaScriptフレームワークやライブラリの利用経験

可能な限り浅い商流で上流から参画可能なNext.jsフリーランス求人・案件を探すことが、高単価のNext.jsフリーランス求人・案件に参画するコツです。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではNext.jsのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでNext.jsのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Next.jsフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況
Next.jsは大規模なWebサイト構築やWebアプリ開発、業務システム開発に活用されているReactフレームワークです。

Next.jsを用いた大規模なWebサイト構築やWebアプリ開発、業務システム開発など、多くの現場において徐々にリモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件が増えています。
今後、Next.jsを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していく可能性が高いでしょう。
その理由として、現在世界中で蔓延しているコロナの影響が挙げられるでしょう。

さらにSlack、Chatwork、Zoom、Google Hangouts、Boxなどのクラウド技術の発達や5Gの到来など、IT業界全体の技術的進歩のおかげでリモートワーク・在宅・持ち帰りをしても自宅で仕事が出来る環境が整っていることも理由の1つとして挙げられるでしょう。

Next.jsフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、大規模なWebサイト構築やWebアプリ開発、業務システム開発を探してみることをおすすめします。


■Next.jsでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について
Next.jsにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

Next.jsの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在します。
また、2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にNext.jsフリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

また週2日、週3日でも月収100万円を超える高単価なNext.jsフリーランス案件・求人も増えています。
複数のNext.jsフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトやサービス開発に携われたり、多種多様なエンジニアとコミュニケーションを取れます。
Next.jsエンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐フリーランス求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

Next.jsエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■Next.js習得難易度・勉強方法について
Next.jsの人気について日本はもちろんのこと、世界で年々注目されているフレームワークの1つです。
Next.jsはJavaScript、TypeScript、Rust習得者がフレームワークを習得する際、比較的習得しやすく、特にReactを習得しているフリーランスエンジニアであれば習得難易度は低いでしょう。
Next.jsは一般的なフルスタックフレームワークと異なり、フレームワーク特有の書き方が少ないためです。
また、Next.jsは近年人気が加熱しているフレームワークであり、数年前と比較し日本語の情報も多くなっています。Next.jsフリーランス求人・案件は年々増加しているため、JavaScriptやTypeScript、Rustフリーランスエンジニアとして習得すべきフレームワークとして検討してみても良いでしょう。

Next.jsを始めとするフレームワークやプログラミング言語を学習するにあたって、Next.jsに関する参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かることを念頭に置いておきましょう。

なお、Next.js習得を希望するフリーランスエンジニアは、まず周辺でNext.jsに精通したフリーランスエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、JavaScriptやTypeScript、Rustから習得してみる、Next.js関連の記事を読んでみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。


■Next.jsの市場動向やニーズについて
Next.jsの需要は今後も拡大していくことが予想されます。
Next.jsの人気について日本はもちろんのこと、世界で年々注目されているReactをベースに開発されたReactフレームワークです。

Next.jsは大規模なWebサイト構築やWebアプリ開発、業務システム開発など幅広く活用できるフレームワークでありNext.jsフリーランス求人・案件も増加傾向です。
また、Next.jsはNetflix、GitHub、Uber、Starbucks、Ticketmasterなど世界的優良企業の大規模なWebサイトに活用されています。

年々ニーズが増しており、かつ学習コストも比較的低いことから、Next.jsフリーランスエンジニアの求人・案件に携わりたいJavaScriptやTypeScript、RustフリーランスエンジニアはNext.jsを習得しておいて損はないでしょう。
重宝されるフリーランスエンジニアになるためニーズや市場のトレンドを抑えることは重要ですが、IT業界は日々新しい技術が開発されていますので、Next.jsを含む開発スキルに関して定期的にアップデートを行うことをおすすめします。