PythonのITフリーランス求人・案件相場

Python求人・案件の月額単価相場

平均単価

73.1万円

中央値単価

75.0万円

最高単価

165万円

最低単価

12万円

Python求人・案件のエージェント別公開案件数

Python求人・案件の都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Pythonの求人・案件について

Pythonについて
Pythonはグイド・ヴァンロッサム氏が開発したオープンソースのスクリプト言語です。
汎用性が高くソースコードを短く記述可能なため、「読みやすさ」が魅力です。
Pythonでよく利用されているフレームワークはCherryPy・Bottle・Tornado・Flask・Djangoなどが挙げられます。

海外ではGoogleやFacebookをはじめとする多くの企業でWebシステム開発に採用されている開発言語です。
国内ではJava、PHP、Rubyに比べ、PythonをWebシステムの開発に採用している企業が少ない印象です。
しかし、今後ビッグデータ解析、機械学習、AI(人工知能)を様々なビジネスに応用する機会が増えるにつれて、Pythonを採用する企業は増えることが予想されます。

ビッグデータ解析、機械学習、AI(人工知能)などの盛り上がりを考えるとPythonはますます注目すべき言語と言えます。
2018年から2019年にかけてPython求人・案件数は大幅に増加しています。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではPythonのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでPython求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Python求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域について
Python案件数を分析すると東京都661件、神奈川県18件、大阪府13件、埼玉県7件、千葉県4件、福岡
県3件、愛知県2件、京都県2件、兵庫県2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2019年2月)
Pythonは東京・神奈川・埼玉を中心とした関東エリアや大阪・兵庫・京都の関西エリアに最もフリーランス向け案件が集中している事がわかります。
その他の地域では、東海は名古屋、九州は福岡などの各地方都市にPython案件があります。
フリーランスエンジニアとしてPythonの仕事に携わるには東京・神奈川・大阪あたりが良いでしょう。


■Python求人・案件の給与・単価金額相場について
Python案件の給与・単価金額は他のプログラミング言語と比べて非常に高単価です。
Python案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安
を週5常駐で月140~180時間とした場合に、70~90万円程度です。
フリーランスエンジニアとしてPython開発未経験で参画可能な案件はPHPなどのスクリプト言語の経験者を除いて非常に稀です。
Python案件の平均単価は73.1万円、中央値単価は75万円、最高単価は150万円、最低単価は12万円です。(※フリーランススタート調べ/2019年2月)

Python案件の単価を決定する要因は、
・実務でPythonを利用した経験
・他のWeb系言語の開発経験
・人工知能・ビッグデータ解析・機械学習の知見や興味
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

また商流に介在する企業が増える事で手数料(中間マージン)が増えるため、10~20万単価が変動することもしばしばあります。
可能な限り浅い商流で上流から参画可能な案件を探すことが、高単価のPython案件に参画するコツと言えるでしょう。


■Pythonの市場動向やニーズについて
人工知能・ビッグデータ解析・機械学習の盛り上がりとともにPythonエンジニアのニーズはどんどん増えています。
国内ではWebシステムの開発よりは、ビックデータの分析や人工知能・機械学習のためにPythonエンジニアを募集していることが多いです。
これから様々な業界で人工知能・ビッグデータ解析・機械学習の活用は進みます。
それに伴いますますPython案件は増加し、Pythonエンジニアのニーズが増すことが予想されます。

1261 件中 1 ~ 10 件を表示中
1261 件中 1 ~ 10 件を表示中