Tornadoの求人・案件一覧

Tornadoのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

90.0万円

中央値単価

90万円

最高単価

90万円

最低単価

90万円

Tornadoのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Tornadoのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Tornadoのフリーランス求人・案件について

Tornadoについて
TornadoはPythonで記述されたスケーラブルでノンブロッキングなWebサーバ/Webフレームワークです。
Tornadoは他のPythonのWebフレームワークとは大きく異なります。
TornadoはPythonで作られたWebフレームワークで、非同期通信を行うライブラリであること、シンプルで高速で開発可能であることなどの特徴があります。
非同期通信とは、ネットワークで接続されているサーバーとアプリケーションが同期を取らずに通信を行う方式です。リクエストを送信してからレスポンスが来るまでの間に他の処理が実行できるというメリットがあります。また、TornadoはWSGIに基づいていないことも特徴の1つです。
WSGI(Web Server Gateway Interface)は、PythonでWebサーバーとWebアプリケーションを接続するためのインタフェースを指します。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではTornadoのフリーランス求人・案件が掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでTornado求人・案件の仕事探しをしてみてください。


Tornado求人・案件の単価を決定する要因は、
・Djangoやbottle、Flaskでの開発経験年数
・大規模システム開発や運用保守経験年数
・Pythonでの開発経験
・サーバーやデータベース知識・経験年数
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。


■Tornadoの市場動向やニーズについて
Tornadoは主に銀行・証券・保険、Webサービス、通信などの幅広い業界で需要があるスキルの1つです。
主にWebアプリ開発、基幹システム開発、運用保守、改修の求人・案件が多くあります。また多く求人・案件がTornadoの他にPythonでの開発言語スキル、Djangoやbottle、Flaskなどのフレームワーク、サーバーやデータベースの知識や開発経験等のスキルを活用します。
今後急速に変わり続けていくIT市場に対してPythonでの開発経験、Webアプリ開発、基幹システム開発で必要になるDjangoやbottle、FlaskなどのPythonフレームワーク、サーバーやデータベースなど、様々なスキルを習得しておくのも武器になるでしょう。