PHPのフリーランス求人・案件一覧

PHP求人・案件の月額単価相場

平均単価

68.2万円

中央値単価

65.0万円

最高単価

190万円

最低単価

25万円

PHP求人・案件のエージェント別公開案件数

PHP求人・案件の都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

PHPの求人・案件について

PHPについて
■PHP求人・案件の給与・単価金額相場について
PHP案件は給与・単価金額は他のプログラミング言語と比べて非常に幅が広いです。
PHP案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~90万円程度です。
最も多いゾーンとしては1人月で65~85万円です。
フリーランスエンジニアとしてPHP開発未経験で参画可能な案件は非常に稀です。
PHP案件の平均単価は67.2万円、中央値単価は70万円、最高単価は200万円、最低単価は5万円です。(※フリーランススタート調べ/2019年2月)

PHP案件は参画する商流によって単価が大きく左右されます。
商流に介在する企業が増える事で手数料(中間マージン)が増えるため、10~20万単価が変動することもしばしばあります。
可能な限り浅い商流で上流から参画可能な案件を探すことが、高単価のPHP案件に参画するコツと言えるでしょう。

PHP案件の単価を決定する要因としては、
・PHP自体での開発経験年数
・案件発注元の企業と同様のビジネスモデルの企業での開発経験がある
・案件発注元の企業と同様の開発環境やフレームワークの経験がある
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に通常と比べて比較的高単価での受注が可能になる場合が多いです。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではPHPのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに応募することができます。ぜひ一度フリーランススタートでPHP案件の仕事探しをしてみてください。


■PHP求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域について
PHP案件数を分析すると東京都3287件、大阪府191件、神奈川県84件、兵庫県52件、埼玉県25件、福岡県16件、茨城県6件、千葉県6件、愛知県5件となっています。(※フリーランススタート調べ/2019年2月)
PHPは東京・神奈川・埼玉を中心に関東エリアに最もフリーランス向け案件が集中している事がわかります。
その他の地域では、関西は大阪や兵庫、東海は名古屋、九州は福岡などの各地方都市にPHP案件があります。

フリーランスエンジニアとしてPHPの仕事に携わるには東京・神奈川・大阪・兵庫あたりが良いでしょう。

■PHPの市場動向やニーズについて
PHPは、他のプログラミング言語と比較して、習得までの難易度が低く、日本語で書かれたドキュメントや技術ブログも多いため、プログラミング初心者でも比較的短期間で開発を行うことができるようになるという点が挙げられます。
ホームページやECサイトの開発をはじめ、SNSサービスやソーシャルゲームのサーバーサイドの開発言語としても採用されているケースが多いです。
習得難易度は低いものの、PHPエンジニアの市場ニーズはとても大きく、WEB業界のベンチャー企業を中心に多くの案件募集があります。
PHPエンジニアは日本国内に約20万人いると言われており、PHP案件も豊富です。
募集をする企業が多いため、業務内容や労働環境、受注単価などがご自身の希望どおりになりやすいこともPHP案件に携わるメリットといえます。
近年、Ruby、Python、Go言語などの開発言語を採用する企業が増えていますが、それでもPHPニーズはまだまだ存在していると言えます。


■PHPの開発に関して
PHPはWebシステムを開発する際に採用されることが多い開発言語になります。
LAMPと呼ばれるLinux、Apache、MySQL、PHPという開発環境にになることが最も多いです。
人気の高いフレームワークとしてはLaravel、CakePHP、CodeIgniter、Zend Framework、Symfony、Phalcon、Slim、FuelPHP、BEAR.Sunday、Yiiが挙げられます。

ECサイト、SNSなどのWebサービスやソーシャルゲーム業界での開発に用いられ、特にスタートアップ、ベンチャー、中堅企業など、開発をスピーディーに行いたい企業で採用されることが多い言語です。
スタートアップなどでお仕事をしたいフリーランスエンジニアにはおすすめです。

またPHPはスクリプト言語ですのでRuby、Python、Perlを始めとする他のスクリプト言語への応用がしやすく、PHP経験者のチームでRubyで新システムを構築するという機会も少なくありません。
業務に携わりながらも、スキルチェンジが可能になることはフリーランスエンジニアとして、仕事選びをする際の大きな魅力の一つと言えるかもしれません。


■PHPの歴史
PHPの正式名称は「PHP: Hypertext Preprocessor」です。
1995年にRasmus Lerdorf(ラスマス・ラードフ)氏により「Personal HomePage Tools」という名前で公開されました。
元々はネットワーク上に置かれているRasmus Lerdorf(ラスマス・ラードフ)氏の履歴書のアクセス解析をするためのものでC言語で書かれたCGI(Common Gateway Interface)用ツール群でした。
その後、Rasmus氏はAndi Gutmans(アンディ・ガトマンズ)氏とZeev Suraski(ゼーブ・スラスキー)氏と共同で、PHP初期版を改良した新しい言語の開発に着手しリリースされたものが現在PHPのベースとなっています。
2004年7月にリリースされたPHP5系のセキュリティ対応は2018年に終了し、現在、最新のPHPのバージョンはPHP7です。
PHP7は2015年12月にリリースされました。内部エンジンをZend Engine 3としたPHP 7は前バージョンのPHPと比較すると、データ構造の改善などにより性能が向上ています。

PHP7はFacebookが開発した「HHVM(HipHop Virtual Machine)」用プログラミング言語「Hack」と同等のパフォーマンスが出ると言われています。
このHackの影響により、引数のタイプヒンティングでスカラー型が指定できるなどPHPの言語仕様も拡張されています。
ますます進化するPHPの新バージョンを常に把握しておくことは、PHPをメインの開発言語に持つフリーランスエンジニアとして大切なことです。


■PHPの資格について
一般社団法人PHP技術者認定機構が運営するPHP技術者認定試験という資格があります。
フリーランスで活躍するPHPエンジニアは資格を取得する事で、自身の経歴書に記載し、クライアントとの面談時にアピールすることができます。


全6619件中1-10件を表示中

全6619件中1-10件を表示中