PHPの求人・案件一覧

PHPのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

66.8万円

中央値単価

68万円

最高単価

200万円

最低単価

20万円

PHPのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

PHPのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

PHPのフリーランス求人・案件について

PHPについて
■PHP求人・案件の給与・単価金額相場について
PHP案件は給与・単価金額は他のプログラミング言語と比べて非常に幅が広いです。
PHP案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~90万円程度です。
最も多いゾーンとしては1人月で60~80万円です。
フリーランスエンジニアとしてPHP開発未経験で参画可能な案件は非常に稀です。
PHP案件の平均単価は66.9万円、中央値単価は65万円、最高単価は200万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年5月)

PHP案件は参画する商流によって単価が大きく左右されます。
商流に介在する企業が増える事で手数料(中間マージン)が増えるため、10~20万単価が変動することもしばしばあります。
可能な限り浅い商流で上流から参画可能なPHP案件を探すことが、高単価のPHP案件に参画するコツと言えるでしょう。

PHP案件の単価を決定する要因としては、
・PHP自体での開発経験年数
・案件発注元の企業と同様のビジネスモデルの企業での開発経験がある
・案件発注元の企業と同様の開発環境やフレームワークの経験がある
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に通常と比べて比較的高単価での受注が可能になる場合が多いです。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではPHPのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに応募することができます。ぜひ一度フリーランススタートでPHP案件の仕事探しをしてみてください。


■PHP求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域について
PHP案件数を分析すると東京都4634件、大阪府113件、神奈川県108件、福岡県73件、埼玉県43件、広島県28件、兵庫県17件、愛知県13件、千葉県7件、北海道6件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年5月)
PHPは東京・神奈川・埼玉を中心に関東エリアに最もフリーランス向け案件が集中している事がわかります。
その他の地域では、関西は大阪や兵庫、東海は名古屋、中国は広島、九州は福岡、北海道などの各地方都市にPHP案件があります。

フリーランスエンジニアとしてPHPの仕事に携わるには東京・神奈川・大阪・福岡あたりが良いでしょう。


■PHPの市場動向やニーズについて
PHPは、他のプログラミング言語と比較して、習得までの難易度が低く、日本語で書かれたドキュメントや技術ブログも多いため、プログラミング初心者でも比較的短期間で開発を行うことができるようになるという点が挙げられます。
ホームページやECサイトの開発をはじめ、SNSサービスやソーシャルゲームのサーバーサイドの開発言語としても採用されているケースが多いです。
習得難易度は低いものの、PHPエンジニアの市場ニーズはとても大きく、WEB業界のベンチャー企業を中心に多くの案件募集があります。
PHPエンジニアは日本国内に約20万人いると言われており、PHP案件も豊富です。
募集をする企業が多いため、業務内容や労働環境、受注単価などがご自身の希望どおりになりやすいこともPHP案件に携わるメリットといえます。
近年、Ruby、Python、Go言語などの開発言語を採用する企業が増えてきましたが、2018~2019年にかけてLaravelの人気が出てきたこともあり、PHPを開発言語に採用されるケースが再び増えてきました。PHPニーズはまだまだ存在していると言えます。


■PHPの開発に関して
PHPはWebシステムを開発する際に採用されることが多い開発言語になります。
LAMPと呼ばれるLinux、Apache、MySQL、PHPという開発環境にになることが最も多いです。
人気の高いフレームワークとしてはLaravel、CakePHP、CodeIgniter、Zend Framework、Symfony、Phalcon、Slim、FuelPHP、BEAR.Sunday、Yiiが挙げられます。

PHPはECサイト、SNSなどのWebサービスやソーシャルゲーム業界での開発に用いられ、特にスタートアップ、ベンチャー、中堅企業など、開発をスピーディーに行いたい企業で採用されることが多い言語です。
PHPはスタートアップなどでお仕事をしたいフリーランスエンジニアにとっておすすめの開発言語と言えるでしょう。

またPHPはスクリプト言語ですのでRuby、Python、Perlを始めとする他のスクリプト言語への応用がしやすく、PHP経験者のチームでRubyで新システムを構築するという機会も少なくありません。
業務に携わりながらも、スキルチェンジが可能になることはフリーランスエンジニアとして、仕事選びをする際の大きな魅力の一つと言えるかもしれません。


■PHPの歴史
PHPの正式名称は「PHP: Hypertext Preprocessor」です。
1995年にRasmus Lerdorf(ラスマス・ラードフ)氏により「Personal HomePage Tools」という名前で公開されました。
元々はネットワーク上に置かれているRasmus Lerdorf(ラスマス・ラードフ)氏の履歴書のアクセス解析をするためのものでC言語で書かれたCGI(Common Gateway Interface)用ツール群でした。
その後、Rasmus氏はAndi Gutmans(アンディ・ガトマンズ)氏とZeev Suraski(ゼーブ・スラスキー)氏と共同で、PHP初期版を改良した新しい言語の開発に着手しリリースされたものが現在PHPのベースとなっています。
2004年7月にリリースされたPHP5系のセキュリティ対応は2018年に終了し、現在、最新のPHPのバージョンはPHP7です。
PHP7は2015年12月にリリースされました。内部エンジンをZend Engine 3としたPHP 7は前バージョンのPHPと比較すると、データ構造の改善などにより性能が向上ています。

PHP7はFacebookが開発した「HHVM(HipHop Virtual Machine)」用プログラミング言語「Hack」と同等のパフォーマンスが出ると言われています。
このHackの影響により、引数のタイプヒンティングでスカラー型が指定できるなどPHPの言語仕様も拡張されています。
ますます進化するPHPの新バージョンを常に把握しておくことは、PHPをメインの開発言語に持つフリーランスエンジニアとして大切なことです。


■PHPの資格について
一般社団法人PHP技術者認定機構が運営するPHP技術者認定試験という資格があります。
フリーランスで活躍するPHPエンジニアは資格を取得する事で、自身の経歴書に記載し、クライアントとの面談時にアピールすることができます。


■PHP習得難易度・勉強方法について
PHPは、2020年5月、TIOBEのランキングで8位と、比較的人気のあり1年前の同様のランキングよりも1つ順位を上げている言語です。
PHPはさらに日本だけでなく海外でも非常に人気のある言語です。
PHPは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては、比較的習得しやすくおすすめ出来る言語です。
エンジニアとして活躍できるレベルを目指すのであれば、個人差はありますが約200時間から300時間程度必要になります。
PHPはスクリプト言語であり構文が理解しやすいこと、サンプルコードが豊富にあること、情報を豊富に取り入れることが出来ることなどの理由が挙げられます。

PHPの学習についてもう少し具体的に説明すると、
PHPはスクリプト言語という種類のプログラム言語で、プログラムを書いたらその場で即実行でき、結果を素早く見ることが出来ます。PHPで記述したプログラムがどのように動作するのかを即座に把握しやすiOSです。また、構文を理解しやすいです。文字列なのか、整数なのか、型指定の制約が緩いため楽に変数定義ができるのです。そのため学習しやすいと言えるでしょう。
サンプルコードが多く、簡単なコードであれば、検索すればすぐに探すことが出来るため独学でも比較的学びやすいでしょう。

PHP学習コストについて、他プログラミング言語と比較して多少必要である可能性もありますが、習得しやすいでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でPHPを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
しかし、PHPはWebアプリ開発に多く利用されることが多いため、HTTPリクエスト、CookieやSession、データベース、セキュリティなどのWebアプリ開発に必要な知識を学習する必要があることやPHPから影響を受けたLaravel、CakePHP、Symfony、Phalcon、Slimなど多数のフレームワークが多数あり、情報が非常に多過ぎることなどを考慮すると、最初に学ぶプログラミング言語としては習得に時間が多少かかってしまう可能性もあります。
上述のことを総合的に考慮すると、PHP習得に関して初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては比較的習得しやすいためおすすめ出来る言語です。

なお、PHP習得を希望するエンジニアは、まず周辺でPHPに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみると良いでしょう。

PHPは求人・案件数も他言語と比較して、非常に豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他プログラミング言語の習得も比較的習得しやすくなるでしょう。
特にWordPress、Hack、CoffeeScript、C言語などの開発スキルはPHP習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■PHP求人・案件を見つけやすいフリーランスエージェントについて
PHPのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析してみるとフリエンが2349件、at-engineerが823件、A-STARが502件、レバテックフリーランスが426件、ギークスジョブが370件、フューチャリズムが304件、FREE-DAが303件、グッドワークスエンジニアが287件、テクフリが229件、フォスターフリーランスが163件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年5月)
PHPフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはフリエン、at-engineer、A-STARであることがわかります。
PHP求人・案件を希望しているフリーランスの方はフリエン、at-engineer、A-STARを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

全8433件中1-10件を表示中

全8433件中1-10件を表示中