PHPの求人・案件一覧

PHPのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

66.5万円

中央値単価

65万円

最高単価

200万円

最低単価

20万円

PHPのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
PHPのフリーランス求人・案件の平均単価は66.5万円、中央値単価は65万円、最高単価は200万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
PHPのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

PHPのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

PHPのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとat-engineerが845件、レバテックフリーランスが737件、ギークスジョブが371件、FREE-DAが304件、テクフリが272件、スキルコネクトが178件、フォスターフリーランスが170件、TechStockが155件、PE-BANKが133件、Midworksが114件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
PHPのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはat-engineer、レバテックフリーランス、ギークスジョブであることがわかります。
PHPのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はat-engineer、レバテックフリーランス、ギークスジョブを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

PHPのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

PHPのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が5440件、大阪府が269件、神奈川県が118件、福岡県が90件、埼玉県が46件、広島県が35件、兵庫県が33件、愛知県が19件、京都府が18件、北海道が15件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
PHPのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
PHPのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

PHPのフリーランス求人・案件数の推移

PHPの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2020年9月が2607件、2020年10月が2786件となっています。PHPのフリーランス求人・案件数は前月と比較し大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)

PHPのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

PHPのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2020年9月が66.6万円、2020年10月が66.5万円となっています。PHPのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

PHPのフリーランス求人・案件について

PHPについて
■PHPの歴史
PHPの正式名称は「PHP: Hypertext Preprocessor」です。
1995年にRasmus Lerdorf(ラスマス・ラードフ)氏により「Personal HomePage Tools」という名前で公開されました。
元々はネットワーク上に置かれているRasmus Lerdorf(ラスマス・ラードフ)氏の履歴書のアクセス解析をするためのものでC言語で書かれたCGI(Common Gateway Interface)用ツール群でした。
その後、Rasmus氏はAndi Gutmans(アンディ・ガトマンズ)氏とZeev Suraski(ゼーブ・スラスキー)氏と共同で、PHP初期版を改良した新しい言語の開発に着手しリリースされたものが現在PHPのベースとなっています。
2004年7月にリリースされたPHP5系のセキュリティ対応は2018年に終了し、現在、最新のPHPのバージョンはPHP7です。
PHP7は2015年12月にリリースされました。
内部エンジンをZend Engine 3としたPHP7は前バージョンのPHPと比較すると、データ構造の改善などにより性能が向上ています。

PHP7はFacebookが開発した「HHVM(HipHop Virtual Machine)」用プログラミング言語「Hack」と同等のパフォーマンスが出ると言われています。
このHackの影響により、引数のタイプヒンティングでスカラー型が指定できるなどPHPの言語仕様も拡張されています。
ますます進化するPHPの新バージョンを常に把握しておくことは、PHPをメインの開発言語に持つフリーランスエンジニアとして大切なことです。
PHPは、GitHubPullRequestの2020年第2期の統計にて第8位を獲得している人気のある開発言語です。

PHPの特徴を具体的に見ていきましょう。
PHPの特徴として、動作確認が簡単であること、WebアプリやWebサービスに特化したプログラミング言語であること、オブジェクト指向にも対応していること、PHP公式マニュアルや参考書、記事が充実していること、Webサーバー上で動作すること、難しい構文が他プログラミング言語を比較して少なく初心者でも比較的学習しやすいこと、PHPフレームワーク(Laravel、CakePHP、CodeIgniter、FuelPHP、Phalcon、Symfony、Yii、Zend Framework)が豊富であることなどが挙げられます。
しかし、PHPはプログラミング言語での仕様が緩いため、コードを記述する人によって記述内容のバラつきが出やすいプログラミング言語でもあります。そのため、PHPを用いてチームで開発を行った場合、メンテナンス性が悪くなる場合も有り得ます。また、セキュリティ的に脆弱なシステムになりやすいことも有り得ます。

PHPはLaravel、CakePHP、CodeIgniter、FuelPHP、Phalcon、Symfony、Yii、Zend Frameworkとフレームワークが豊富です。
PHPを学習する上でLaravelやCakePHPの習得に挑戦しましょう。
PHPのフリーランス求人・案件の多くは特にPHP(プログラミング言語)スキルの他にLaravelやCakePHPを要求されることが多いです。
そのため、PHP(プログラミング言語)スキルと同時にLaravelやCakePHPの習得をしておくとエンジニアとして活躍出来る仕事の幅が広がります。

PHPを活用しているプロダクトはFacebook、Slack、Wikipedia、Yahoo! Japan、ぐるなび、CAMPFIRE、ココナラ、Hootsuiteなどです。

PHPはSNSやECサイトなどのWebサービス開発やWebアプリ開発など、様々な分野に適しています。


PHPフリーランス求人・案件は参画する商流によって単価が大きく左右されます。
商流に介在する企業が増える事で手数料(中間マージン)が増えるため、10~20万単価が変動することもしばしばあります。
可能な限り浅い商流で上流から参画可能なPHPフリーランス求人・案件を探すことが、高単価のPHPフリーランス求人・案件に参画するコツと言えるでしょう。

PHPフリーランス求人・案件の単価を決定する要因としては、
・PHP自体での開発(実務)経験年数
・案件発注元の企業と同様のビジネスモデルの企業での開発経験がある
・案件発注元の企業と同様の開発環境やフレームワークの経験がある
・要件定義、機能定義、構成管理、計画立案など上流工程の実務経験/知識
・チームリーダーやPM(プロジェクトマネージャー)の実務経験
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に通常と比べて比較的高単価でPHPフリーランス求人・案件が受注できる場合が多いです。

フリーランスエンジニア専門の求人・案件一括検索サイト フリーランススタートではPHPのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに応募することができます。ぜひ一度フリーランススタートでPHPのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■PHPの開発に関して
PHPはWebシステムを開発する際に採用されることが多い開発言語になります。
LAMPと呼ばれるLinux、Apache、MySQL、PHP/Perl/Pythonという開発環境になることが最も多いです。
PHPの人気の高いフレームワークはLaravel、CakePHP、CodeIgniter、Zend Framework、Symfony、Phalcon、Slim、FuelPHP、BEAR.Sunday、Yiiがあります。

PHPはスクリプト言語であるため、JavaScript、Ruby、Python、Perlを始めとする他のスクリプト言語への応用がしやすく、PHP経験者のチームでRuby、JavaScriptで新システムを構築するという機会も少なくありません。
業務に携わりながらも、スキルチェンジが可能になることはフリーランスエンジニアとして、求人・案件の選択をする際の大きな魅力の1つと言えるかもしれません。


■PHPフリーランス求人・案件動向
PHPはPHPフレームワークが充実してたり、コード記述量が少なく比較的習得が簡単であるなどの特徴も持っている、人気のプログラミング言語です。
PHPのフリーランス求人・案件において、代表的な求人・案件を説明します。

・小規模のWebサイト開発PHPフリーランス求人・案件
社内にエンジニアが在籍していない小規模な企業のホームページやサービスの運用でシステムを開発するケースが多いです。
服装はその企業の社風により私服の場合とビジネスカジュアルやスーツの場合どちらもあります。
WordPressを用いたPHPのWebサイト開発も多く、週2~3日など常駐ではないフリーランス求人・案件や在宅・リモートワーク可能なフリーランス求人・案件が比較的多い傾向です。
週2~3日や在宅・リモートワークでの参画となるため、その分単価も低めですが、複数のフリーランス求人・案件を並行で掛け持つことで収入を最大化させることが出来ます。

・ソーシャルゲーム開発PHPフリーランス求人・案件
ゲーム系の会社が社内でシステムを開発するケースが多いです。
服装は基本的に私服で自由な現場が多いです。
ゲーム開発の場合、開発スピードや処理速度が求められます。そのため、エンジニアを比較的集めやすくかつPHPの処理速度が速いなどの理由により、PHPを活用するケースもあります。
現在はソーシャルゲームを1つ作るのに億単位の予算をかけることが多く、大手企業に案件が集約しています。小規模なゲーム会社の案件はあまりありません。

・大規模Webシステム開発PHPフリーランス求人・案件
事業会社が社内でシステムを開発するケースが多いです。
服装はその事業会社の社風により私服の場合とビジネスカジュアル、スーツの場合があります。
インターネット業界・スタートアップ界隈でも、ECサービスのサーバサイド開発や法人向けのクラウドサービス事業(SaaS)などの案件でPHPが利用されます。
その他、不動産、医療、教育、建築などの業界のWebシステムや労務、人事など業務系システム開発でPHPが活用されています。


■PHPのリモート・在宅求人・案件について
PHPのフリーランス求人・案件は、リモート・在宅求人・案件は多少あります。

PHPを用いたWebサービス開発やWebアプリ開発現場の案件はリモートワーク・在宅可能な企業が多数あり、特にスタートアップなどの企業が多い傾向にあります。
PHPスキルを活用してリモート・在宅のフリーランス求人・案件での参画を希望しているエンジニアは探してみましょう。
なお、PHPスキルを実務で活用したことがないエンジニアは、リモート・在宅のフリーランス求人・案件を見つけることは難しいでしょう。
そのため、実務未経験のエンジニアはまず、常駐でPHP開発を数年ほど経験し、リモート・在宅のフリーランス求人・案件に切り替えられる準備をしておきましょう。
これからPHPのプログラミング言語学習を開始しようとしている方は、まずPHPというプログラミング言語を学習するため、プログラミングスクールやオンラインで学習できるサービスを検討してみましょう。


■PHPフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

PHPエンジニアにとって、高収入を獲得するため必要なスキルを解説していきます。

・プログラミング言語スキル
PHPフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、PHP自体の開発経験、フロント開発やサーバーサイド開発経験やその周辺で必要になる開発知識/スキルです。
PHPエンジニアとしてPHP(プログラミング言語)以外にもJava、Python、Ruby、Perl、JavaScript、HTML/CSSなど、他プログラミング言語を習得しておくと良いでしょう。
PHP開発周辺で頻繁に用いられるスキルを多く持ち合わせておくと希少性の高いPHPエンジニアとして企業側に評価されやすいでしょう。
例えばLaravel、CakePHP、CodeIgniter、Zend Framework、などのPHPフレームワークを使用した実務経験/知識、WordPress、jQuery、Photoshop/Ilustratorなどフロント開発で用いられる実務経験/知識、LAMP(Linux・Apache・MySQL・PHP)環境を用いた実務経験/知識、Docker、Git、Redis、CentOS、Oracleなどのミドルウェア関連の実務経験/知識、Windows、UNIX、iOS、AndroidなどのOS知識、AWS、Azureを用いた実務経験/知識などがあります。
また、Slack、Github、Redmine、Backlogなどのツールの使用経験や知識があるとより歓迎されます。
さらにPHPエンジニアとしてその他、チームリーダーやPM(プロジェクトマネージャー)など上流工程での経験、チームマネジメント経験があることが望ましいでしょう。

・論理的思考力
PHPエンジニアとして活躍をするにあたって必要になるスキルは、論理的思考力です。
ここでいう論理的思考力とは様々な種類の情報を重要度や意味によって分類したり、情報同士の間に「全体と部分」や「原因と結果」などの関係を見いだしたりする「構造化」の能力を指します。
この論理的思考力はPHPエンジニアにとって、必要ではなく、システム開発を行うエンジニア全てに必要なスキルになります。
システム構造は、順序立てられており設計するために論理的な考え方が必要です。
つまりシステム開発において、システム間の関係を把握したり、効率的な実行フローを考察したりすることは大切なことです。
そのため、PHPエンジニアとして論理的思考力は必要なスキルになるのです。

・コミュニケーションスキル
PHPエンジニアにとって年収アップに必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。
PHPエンジニアは、他エンジニアやチームリーダー、PM(プロジェクトマネージャー)とのコミュニケーションが大切な職業です。つまり開発チームに所属しながら、協調して働くことが求められます。
PHPエンジニアとして、年収アップを望むのであればコミュニケーションスキルを向上させることが必要です。


■PHPエンジニアにおすすめの資格について

PHPエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

・PHP技術者認定試験
PHP技術者認定試験は、一般社団法人 PHP技術者認定機構が運営する民間資格です。
試験の難易度は、初級、上級(準上級)、認定ウィザードの3種類があります。
PHPの基礎知識から、実用的なPHPの知識まで幅広く知識を身に付けることができます。
PHPエンジニアとして転職を検討している方には、PHPの知識を持っている証明に繋がるため、おすすめの資格です。
初級の場合勉強時間は、実務経験2年目のPHPエンジニアが約10時間の試験勉強で合格出来る内容とのことです。
上級(準上級)の場合勉強時間は、実務経験5年目のPHPエンジニアが約50時間の試験対策で合格出来る内容とのことです。
PHP技術者認定ウィザードは上級試験でスコア90点(90%)以上を取得した方が、所定の文章(500文字以上)を提出し、承認された場合、認定ウィザードとするという規定があります。そのため取得はやや難関です。

・ORACLE MASTER(オラクルマスター)
ORACLE MASTER(オラクルマスター)は、日本オラクル社が公式に運営する「Oracle Database」シリーズを扱う技術力を認定する資格です。
Oracle製品は日本国内のリレーショナルデータベース管理ソフトウェア(RDBMS)市場において約半数となる49.9%のシェアを占めており、22年連続首位です。
ORACLE MASTER(オラクルマスター)を取得しておくことによりデータベース技術の証明やRDBとSQLスキルの知識が身に付いたり、スキルを保有している証明として使用出来るため、PHPエンジニアとして、取得しておいて損のない資格でしょう。

・データベーススペシャリスト試験(DB)
データベーススペシャリスト試験(DB)は、(IPA)情報処理推進機構が運営する資格で、高度情報処理技術者試験に紐づく国家試験です。データベースの企画、要件定義、開発、運用保守の知識と実践的なスキルが身に付く試験です。
データベーススペシャリスト試験(DB)は、国家試験ですので、特定のデータベース製品に依存した機能や特定製品のみでしか使えないSQLなどは出題されません。特定のデータベース製品から離れた試験のため、その分業務分析が多く出題され、システムアーキテクト試験レベルの業務知識が必要になります。
PHPエンジニアを含むエンジニアとしてデータベースの知識と実践的なスキルを身に付けることが出来るためおすすめの資格です。
また、今後のIT業界は、フロントからバックエンドまで実務経験があるエンジニア、つまりフルスタックエンジニアが活躍出来る環境が増加してくるでしょう。
そのため、PHPエンジニアとして、データベーススキルを持っておくことをおすすめします。


PHPスキルは、資格を取得することによって、スキル証明をすることは可能ですが、フリーランス求人・案件参画において一番重要視すべきことは、PHPの実務経験やPHPを活用したシステム開発周辺で必要な開発スキルを保有していることです。
そのためPHP関連の資格は時間的に余裕がある方に特におすすめします。
PHPエンジニアとして実務未経験の場合、まず実務経験が積めるよう積極的に行動してみましょう。


■PHP習得難易度・勉強方法について
PHPは、2020年5月、TIOBEのランキングで8位と、比較的人気のあり1年前の同様のランキングよりも1つ順位を上げている言語です。
PHPはさらに日本だけでなく海外でも非常に人気のある言語です。
PHPは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては、比較的習得しやすくおすすめ出来る言語です。
エンジニアとして活躍できるレベルを目指すのであれば、個人差はありますが約200時間から300時間程度必要になります。
PHPはスクリプト言語であり構文が理解しやすいこと、サンプルコードが豊富にあること、情報を豊富に取り入れることが出来ることなどの理由が挙げられます。

PHPの学習についてもう少し具体的に説明すると、
PHPはスクリプト言語という種類のプログラム言語で、プログラムを書いたらその場で即実行でき、結果を素早く見ることが出来ます。PHPで記述したプログラムがどのように動作するのかを即座に把握しやすiOSです。また、構文を理解しやすいです。文字列なのか、整数なのか、型指定の制約が緩いため楽に変数定義ができるのです。そのため学習しやすいと言えるでしょう。
サンプルコードが多く、簡単なコードであれば、検索すればすぐに探すことが出来るため独学でも比較的学びやすいでしょう。

PHP学習コストについて、他プログラミング言語と比較して多少必要である可能性もありますが、習得しやすいでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でPHPを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
しかし、PHPはWebアプリ開発に多く利用されることが多いため、HTTPリクエスト、CookieやSession、データベース、セキュリティなどのWebアプリ開発に必要な知識を学習する必要があることやPHPから影響を受けたLaravel、CakePHP、Symfony、Phalcon、Slimなど多数のフレームワークが多数あり、情報が非常に多過ぎることなどを考慮すると、最初に学ぶプログラミング言語としては習得に時間が多少かかってしまう可能性もあります。
上述のことを総合的に考慮すると、PHP習得に関して初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては比較的習得しやすいためおすすめ出来る言語です。

なお、PHP習得を希望するエンジニアは、まず周辺でPHPに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみると良いでしょう。

PHPは求人・案件数も他言語と比較して、非常に豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他プログラミング言語の習得も比較的習得しやすくなるでしょう。
特にWordPress、Hack、CoffeeScript、C言語などの開発スキルはPHP習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■PHPの市場動向やニーズについて
PHPの市場動向やニーズは今後も安泰である可能性が高いでしょう。
PHPのニーズが安泰な理由として、
PHPは、GitHubPullRequestの2020年第2期の統計にて第8位を獲得している人気のある開発言語です。
またPHPは、他のプログラミング言語と比較して、習得までの難易度が低く、日本語で書かれたドキュメントや技術ブログも多いため、プログラミング初心者でも比較的短期間で開発を行うことができるようになるという点が挙げられます。

ホームページやECサイトの開発をはじめ、SNSサービスやソーシャルゲームのサーバーサイドの開発言語としても採用されているケースが多いです。
PHP(プログラミング言語)の習得難易度は低いものの、PHPエンジニアの市場ニーズはとても大きく、Web業界のベンチャー企業を中心にフリーランス求人・案件の募集が多くあります。
PHPエンジニアは日本国内に約20万人いると言われており、PHPフリーランス求人・案件も豊富です。
PHPスキルを持っているエンジニアの募集をする企業が多いため、業務内容や労働環境、受注単価などがご自身の希望通りになりやすいこともPHPフリーランス求人・案件に携わるメリットといえます。
近年、JavaScript、Ruby、Python、Go言語などの開発言語を採用する企業が増えてきましたが、2018~2019年にかけてLaravelの人気が出てきたこともあり、PHPを開発言語に採用されるケースが再び増えてきました。
PHPニーズはまだまだ存在していると言えます。

その他IT業界を観察しPHPの市場動向やニーズがあるかどうか見ていきましょう。
AI(人工知能)、IoT、ビッグデータ、ブロックチェーン、xR、5GなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点より、PHPエンジニアを含むITエンジニアは人材不足に陥る可能性が高いです。2030年まで最大で79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があるとも言われています。
上記理由により、PHPエンジニアのニーズも安泰であると言えるでしょう。

全9573件中1-30件を表示中

全9573件中1-30件を表示中