HTMLの求人・案件一覧

HTMLのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

57.7万円

中央値単価

55万円

最高単価

190万円

最低単価

1万円

全6341件中1-50件を表示中

全6341件中1-50件を表示中

HTMLのフリーランス案件に関するよくある質問

HTMLのフリーランス案件は高単価ですか?

HTMLのフリーランス案件の最高単価は190万円で、平均単価は57.7万円です。 HTMLのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は684~2,280万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のHTMLの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるHTMLのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

HTMLのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

HTMLの募集中フリーランス案件数は179件、累計掲載案件は6,341件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のHTMLのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

HTMLのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

HTMLの募集中リモート案件数は47件、累計掲載案件は2,004件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるHTMLのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

HTMLのフレームワークの公開案件数

HTMLのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとCSSが17214件、PhoneGapが11件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
CSS、PhoneGapはHTMLの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
HTMLの技術を有するフリーランスの方はCSS、PhoneGapを中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

HTMLのフレームワークの月額平均単価

HTMLのフレームワークの月額平均単価を分析するとCSSが64万円、PhoneGapが60万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
CSS、PhoneGapはHTMLのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
HTMLの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はCSS、PhoneGapなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

HTMLのフレームワークの月額最高単価

HTMLのフレームワークの月額最高単価を分析するとCSSが130万円、PhoneGapが60万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
CSS、PhoneGapはHTMLのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
HTMLのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはCSS、PhoneGapなどのフレームワークがおすすめです。

HTMLのフレームワーク別募集中案件数推移

HTMLのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2023年12月がCSS464件/PhoneGap2件、2024年1月がCSS512件/PhoneGap2件、2024年2月がCSS732件/PhoneGap0件、2024年3月がCSS1,097件/PhoneGap2件、2024年4月がCSS1,055件/PhoneGap0件、2024年5月がCSS440件/PhoneGap2件となっています。
HTMLのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しCSSは615件(-59%)の大幅な減少、PhoneGapは2件(0%)の増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

HTMLのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

HTMLのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが954件、レバテックフリーランスが499件、SEES(シーズ)が208件、techtreeが164件、テックビズフリーランスが160件、テックリーチが114件、ギークスジョブが109件、アットエンジニアが87件、エンジニアルーム(Engineer Room)が80件、HiPro Tech(ハイプロテック)が78件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
HTMLのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、SEES(シーズ)であることがわかります。
HTMLのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、SEES(シーズ)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

HTMLのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

HTMLのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが70件、Relance(リランス)が4件、プロエンジニア(ProEngineer)が3件、テックビズフリーランスが2件、パーソルクロステクノロジー(フリーランス)が2件、SEES(シーズ)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
HTMLのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、Relance(リランス)、プロエンジニア(ProEngineer)であることがわかります。
HTMLのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、Relance(リランス)、プロエンジニア(ProEngineer)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

HTMLのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

HTMLのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとパーソルクロステクノロジー(フリーランス)が95万円、ハイパフォコンサルが93.9万円、1 on 1 Freelanceが87.8万円、アットエンジニアが79.5万円、techtreeが77万円、Relance(リランス)が76.1万円、TechStockが74.4万円、DYMテックが71.7万円、indecoが71万円、サンプルAgが70万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
月額単価の高いHTMLのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはパーソルクロステクノロジー(フリーランス)、ハイパフォコンサル、1 on 1 Freelanceであることがわかります。
HTMLのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はパーソルクロステクノロジー(フリーランス)、ハイパフォコンサル、1 on 1 Freelanceを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

HTMLのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

HTMLのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が2529件、週4日が1258件、週3日が950件、週2日が140件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
HTMLのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるHTMLのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

HTMLのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

HTMLのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が4342件、大阪府が156件、福岡県が103件、神奈川県が87件、兵庫県が84件、京都府が35件、群馬県が29件、千葉県が17件、埼玉県が14件、北海道が13件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
HTMLのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、福岡県に最も集中している事がわかります。
HTMLのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、福岡県あたりが良いでしょう。

HTMLのフリーランス求人・案件数の推移

HTMLの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が461件、2024年1月が552件、2024年2月が828件、2024年3月が1189件、2024年4月が1224件、2024年5月が477件となっています。HTMLのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、747件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

HTMLのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

HTMLの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が142件、2024年1月が156件、2024年2月が289件、2024年3月が389件、2024年4月が411件、2024年5月が124件となっています。HTMLのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、287件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

HTMLのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

HTMLのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2023年12月が55.5万円、2024年1月が54.3万円、2024年2月が54.6万円、2024年3月が54.8万円、2024年4月が57.6万円、2024年5月が57.7万円となっています。HTMLのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

HTMLのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

HTMLのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2023年12月が666.2万円、2024年1月が652.2万円、2024年2月が654.8万円、2024年3月が657.2万円、2024年4月が691.6万円、2024年5月が692.4万円となっています。HTMLのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.8万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

HTMLの常駐案件・リモートワーク案件割合

HTMLの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が124件(28.5%)、常駐案件が311件(71.5%)となっており、HTMLフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

HTMLのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

HTMLのフリーランス求人・案件について

HTMLのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、45~65万円程度です。
HTMLのフリーランス求人・案件の平均単価は57.7万円、中央値単価は55万円、最高単価は190万円、最低単価は1万円です。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

HTMLのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・HTML経験1年未満:28万円前後 (年収330万円)
・HTML経験1年~2年:33万円前後 (年収396万円)
・HTML経験2年~3年:47万円前後 (年収561万円)
・HTML経験3年~5年:55万円前後 (年収660万円)
・HTML経験5年以上:66万円前後 (年収792万円)

HTMLについて

HTMLとはページのレイアウトを作成するためのマークアップ言語です。
HTMLはアプリの開発やホームページ・Webサイトの作成に利用されます。
HTML単体で利用されることは少なく、HTMLで作成したページに装飾を施すCSSやHTMLで作成したページに動きをつけるJavaScriptなどと併用することが一般的です。
HTMLコーダーを募集する案件ではデザイン要件も含まれるものも多く、近年デザインの重要性が高まっているインターネット業界では今後もニーズは高いでしょう。

HTML自体は非常にシンプルでカンタンなため、デザイナーやディレクターでも記述できる人が多いことが低単価の理由でしょう。
ですが、UI/UXのデザインもできるHTMLコーダー、JavaScriptを使いこなせるHTMLコーダー、SEOの知見があり最適な内部施策を提案できるHTMLコーダーなど、HTMLの知識に+αなにかのスキルを持つとその市場価値は急上昇します。

HTMLで今後も仕事を受注していきたいフリーランスエンジニアの方は+αの知識を身に付けることを意識しましょう。

HTML案件の単価を決定する要因は、
・HTMLの開発経験年数
・これまで作成したサイトの実績
・CSSやJavaScriptの利用経験
・デザインの知見
・SEOの内部施策の知見
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではHTMLのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでHTML求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■HTMLフリーランスエンジニアとして携わることができるフリーランス求人・案件例

・Webサイト制作求人・案件
HTMLフリーランスエンジニアとして、Webサイト制作求人・案件はHTMLフリーランス求人・案件の中でも携わることが多いでしょう。HTMLはWebページの構造を表現するマークアップ言語であり、Webサイト制作において必須のスキルです。さまざまな業界でWebサイト制作が求められるため、HTMLスキルを活用した多岐に渡る案件が存在します。

・ランディングページ制作求人・案件
HTMLフリーランスエンジニアとして、ランディングページ制作求人・案件に携わることができるでしょう。ランディングページは、広告やSEO対策を通じてユーザーが最初に訪れるページであり、コンバージョン率向上に大きく寄与します。HTMLを活用して、効果的なデザインや構成のランディングページを制作するスキルが求められます。

・レスポンシブデザイン対応求人・案件
HTMLフリーランスエンジニアとして、レスポンシブデザイン対応の求人・案件に携わることができるでしょう。レスポンシブデザインは、ウェブサイトの表示をデバイスの画面サイズに応じて最適化する技術です。HTMLで構造化されたウェブページに対し、CSSを用いて適切なスタイルを適用し、デバイス間での表示最適化を実現します。

・メールテンプレート制作求人・案件
HTMLフリーランスエンジニアとして、メールテンプレート制作求人・案件に携わることができるでしょう。メールマーケティングにおいて効果的なデザインやレイアウトのHTMLメールテンプレートを制作するスキルが求められます。各メールクライアントに対応したコーディングが必要となるため、HTMLの知識が重要です。

・CMS導入・カスタマイズ求人・案件
HTMLフリーランスエンジニアとして、CMS導入・カスタマイズ求人・案件に携わることができるでしょう。CMS(コンテンツ管理システム)は、ウェブサイトのコンテンツを効率的に管理・運用するためのシステムです。WordPressやDrupalなどのCMSを導入し、HTMLを用いてテーマやプラグインのカスタマイズを行うスキルが求められます。CMS導入・カスタマイズ案件では、HTMLの他にもCSSやJavaScriptの知識も重要となります。

・eコマースサイト制作求人・案件
HTMLフリーランスエンジニアとして、eコマースサイト制作求人・案件に携わることができるでしょう。eコマースサイトは、オンラインショッピングやサービス提供を行うウェブサイトであり、HTMLを用いて商品ページやカート機能などの実装が求められます。さらに、ユーザビリティやアクセシビリティに配慮したコーディングが重要です。

これらのHTMLフリーランス求人・案件に携わることで、HTMLスキルを活用して多様なプロジェクトに参画することが可能です。


■HTMLを使うメリットについて

HTMLを活用するメリットをご説明します。
HTMLにはどのようなメリットがあるのかしっかり理解しましょう。

・アクセシビリティ
HTMLを活用するメリットとしてアクセシビリティの向上であることが挙げられます。HTMLはウェブの基本言語であり、デバイスやブラウザに依存せず、構造化されたマークアップを用いることで情報が正しく伝わるためです。

・SEO対策
HTMLを活用するメリットとして、SEO対策がしやすいことが挙げられます。適切なHTMLタグを使用することで、Google Chromeなどの検索エンジンがコンテンツを理解しやすくなり検索上位に表示される可能性が高まります。

・学習の容易さ
HTMLを活用するメリットとして、学習が容易であることが挙げられます。HTMLはシンプルな構造であり、初心者でも短期間で基本的な知識を身につけることができます。


■HTMLを使うデメリットについて

HTMLを活用するデメリットをご説明します。
HTMLの習得を検討しているフリーランスエンジニアの方などは参考にしてみましょう。

・機能制限
HTMLを活用するデメリットとして、機能が制限されていることが挙げられます。HTMLはマークアップ言語であり、動的な処理や複雑な計算を実行することはできません。そのため、JavaScriptやCSSなど他の技術を組み合わせる必要があります。

・デザインの制約
HTMLを活用するデメリットとして、デザインに制約があることが挙げられます。HTMLだけでは、モダンなデザインやレスポンシブデザインを実現することが難しいため、CSSやJavaScriptといった他の技術と組み合わせる必要があります。

・保守性の問題
HTMLを活用するデメリットとして、保守性が低いことが挙げられます。大規模なWebサイトでは、HTMLコードが複雑になり、修正や追加が困難になることがあります。この問題を解決するためには、テンプレートエンジンやフレームワークの導入が助けとなります。

まとめると、HTMLはアクセシビリティの向上、SEO対策がしやすい、学習の容易さといったメリットがありますが、機能制限、デザインの制約、保守性の問題といったデメリットも存在します。フリーランスエンジニアやWeb開発者は、これらのメリット・デメリットを総合的に考慮し、HTMLを適切に活用することが重要です。



■HTMLのフレームワークについて

HTMLのフレームワークは、BootStrap、Foundation、UIKitなどがあります。
HTMLのフレームワークを紹介する前にフレームワークについて解説します。
フレームワークは、ボタンやフォーム、レイアウトなどWebページの実装に必要なコンポーネントや機能が詰まったライブラリのようなものです。
HTMLはフレームワークを使うことにより短期間で効率良く開発を行うことができ、かつコスト削減やバグ減少なども効果もあります。

・Bootstrap
BootStrapは、Twitterが開発したエンジニアやデザイナーなど利用者数が多いCSSフレームワークです。
しかしBootStrapを活用すると、他Webサイトと類似したデザインとなってしまいHPやLPにBootStrapを使う機会はあまり多くありません。
BootstrapのHPは以外でも、MongoDBなどOSSのHPでもBootstrapが採用されています。

Bootstrapの特長として、レスポンシブルデザインに対応していること、デスクトップやスマートフォン、タブレット端末と表示の調整が可能であることなどが挙げられます。
Bootstrapは、テンプレートやプラグインも充実しており、Web上で数多く公開されていることもあり、欲しいデザインの場合そのテンプレートのライセンスを確認の上で流用出来ます。
少ない工数で見栄えの良いデザインにしたい方、多様なデバイスに合ったデザインを実現したい方などにおすすめのフレームワークです。

・Fundation
Foundationは、カスタマイズ性の高いCSSフレームワークです。
Foundationはカスタマイズ性の高く、効率良くWeb制作を行えます。
Foundationはカスタマイズの自由度が高く、学習する労力が掛かります。FacebookやMozilla、Yahoo!などが採用しています。
Foundationは、経験が浅い方から実力・経験共にあるエンジニアの方まで、幅広く活用できるフレームワークです。

・UIkit
UIkitは、軽量でカスタマイズ性の高いCSSフレームワークです。
UIKitはインテリジェントな印象のデザインであり、見た目がすっきりとしたWebページを制作可能です。また機能も非常に充実しており、WordPressテーマで採用されています。
UIkitを使用したことがない方は一度使用することをおすすめします。


■HTMLフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況

HTMLは、Webページ制作、ECサイト制作、ゲームデザイン、Webサイト制作などで使用されるマークアップ言語です。

HTMLを用いたWebページ制作、ECサイト制作、ゲームデザイン、Webサイト制作など、多くの現場において徐々にリモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件が増えています。

今後、HTMLを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していく可能性が高いでしょう。
その理由として、現在世界中で蔓延しているコロナの影響やリモートワーク・在宅ワークでも作業が可能な点が挙げられるでしょう。

さらにSlack、Chatwork、Zoom、Google Hangouts、Boxなどのクラウド技術の発達や5Gの到来など、IT業界全体の技術的進歩のおかげでリモートワーク・在宅・持ち帰りをしても自宅で仕事が出来る環境が整っていることも理由の1つとして挙げられるでしょう。

HTMLフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい方、是非探してみてはいかがでしょうか。


■HTMLでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について

HTMLにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

HTMLの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在します。

週2日、週3日でも月収70万円や80万円を超える、高単価なHTMLフリーランス案件・求人が多いです。
週2日、週3日稼働は、複数のHTMLフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトやサービス開発に携われたり、多種多様なエンジニアとコミュニケーションを取れます。
HTMLエンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

HTMLエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■HTMLフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

HTMLフリーランスエンジニアにとって、高収入を獲得するため必要なスキルを解説していきます。

・開発言語スキル
HTMLフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとして、HTML自体の開発経験、CSSやJavaScriptを使ったフロントエンド開発の実務経験があります。また、モバイルファーストやレスポンシブデザインに対応した実装が求められることが多いため、これらの知識も重要です。

HTMLフリーランスエンジニアとして、他のプログラミング言語(PHP、Python、Rubyなど)やフレームワーク(React、Angular、Vue.jsなど)を習得しておくと、より多様な案件に対応できます。また、WordPressやDrupalなどのCMSや、Shopify、Magentoなどのeコマースプラットフォームの実務経験も重要です。

・SEO対策スキル
HTMLフリーランス求人・案件では、SEO対策が重要となることが多いため、適切なメタタグの設定や構造化データの実装、アクセシビリティに配慮したマークアップなど、SEOに関する知識を持つことが求められます。これにより検索クエリで上位表示されることが期待できます。

・コミュニケーションスキル
HTMLフリーランスエンジニアは、デザイナーやプロジェクトマネージャー、バックエンドエンジニアと連携して働くことが多いため、円滑なコミュニケーションが必要です。効果的なフィードバックや問題解決のためのコミュニケーション能力を向上させることが重要です。

・バージョン管理ツールの利用スキル
HTMLフリーランスエンジニアとして、GitやSubversionなどのバージョン管理ツールを使いこなす能力が求められます。これにより、複数の開発者との共同作業が円滑に行え、コードの管理が効率的になります。

・パフォーマンス最適化スキル
HTMLフリーランス求人・案件で求められるスキルの一つに、Webページのパフォーマンス最適化があります。画像最適化やキャッシュ設定、CSSやJavaScriptの最小化・結合、非同期読み込みなど、ページの読み込み速度を向上させる方法を理解し、実践できることが望ましいです。

・UI/UXデザインスキル
HTMLフリーランスエンジニアは、ユーザーにとって使いやすく魅力的なインターフェースを実現するために、UI/UXデザインの知識や実践スキルが求められることがあります。ユーザーフローの設計や情報アーキテクチャの構築、プロトタイプ作成など、ユーザーエクスペリエンスを向上させる方法を習得することが重要です。

・プロジェクト管理スキル
フリーランスエンジニアとして、自分でスケジュール管理やタスク管理を行う必要があります。また、一部の案件ではプロジェクトマネージャーとしての役割も求められることがあるため、プロジェクト管理のスキルを身に付けることが有利です。プロジェクト管理ツール(Trello、Asana、JIRAなど)の使い方や、アジャイル開発手法(Scrum、Kanbanなど)の理解も役立ちます。

これらのスキルを身に付けることで、HTMLフリーランスエンジニアとして多様な求人・案件に参画でき、高収入を得られる可能性が高まります。


■HTMLのフリーランス求人・案件の探し方

HTMLフリーランスエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
HTMLフリーランスエンジニアとして独立したけど、他のHTMLフリーランスエンジニアがどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。

・フリーランスエージェントの活用
HTMLフリーランスエンジニアとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
フリーランスエージェントに在籍している専門コーディネーターが、開発スキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを手厚くサポートしてくれます。

HTMLフリーランスエンジニアとして、HTMLスキルの開発経験が浅い方から10年以上開発スキルがあるベテランの方まで、非常に幅広いフリーランスエンジニア層の方が活用しています。

フリーランス求人・案件探しを効率良く行いたい方や継続的にフリーランス求人・案件に参画をしたい方など登録しておくべきでしょう。
また、フリーランスエージェントによっては正社員と同様の保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。

HTMLフリーランスエンジニアだからこそ、万が一働けなくなった場合や保険が必要になる場合を想定し、保険や福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。

・クラウドソーシングサービスの活用
HTMLフリーランスエンジニアとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。代表的なクラウドソーシングサービスはクラウドワークスやランサーズ、ココナラ、タイムチケットなどあります。

HTMLフリーランスエンジニアとして、自分の開発スキルを登録するだけでHTMLを活用したフリーランス求人・案件を探せたり応募して参画できます。
自分の開発スキルに合ったもしくは希望するフリーランス求人・案件を探すことができ、ステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。

ただし、高単価フリーランス求人・案件はほとんどなく、また単発での仕事が豊富であるため半年や1年以上などの中長期的なフリーランス求人・案件への参画を検討している方はあまりおすすめしません。
経験を積みたいもしくは実績をどんどん積んでいきたい比較的経験の浅いHTMLフリーランスエンジニアには適しているでしょう。

・SNSを含むオンラインを活用
HTMLフリーランスエンジニアとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSやWebサイトを自分で開設しオンライン上に経歴や実績、ポートフォリオを公開しておくことで、個人や企業から直接フリーランス求人・案件を受け取れる可能性もあります。

現在ではTwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを開設し、そこから即戦力になりそうなHTMLフリーランスエンジニアを探している企業は非常に多いです。
経歴や実績、ポートフォリオを公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力や希望に見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれる可能性もあるでしょう。

多角的に自分(HTMLフリーランスエンジニアとして)の存在を発信し、フリーランス求人・案件を受注できる幅を広げましょう。

・知人など人脈を活用
HTMLフリーランスエンジニアとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
知人や友人、前職がエンジニアとして働いている方の場合は前職の同僚も含め、HTMLフリーランスエンジニアとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを伝えておけば、有益な情報をくれる可能性は高まるでしょう。

知人や友人、前職の同僚などからフリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントのように仲介手数料が掛からないため、比較的高単価で参画できる可能性があったり、場合によっては即日参画できるでしょう。
ただし、知人や友人、前職の同僚の方から紹介されたフリーランス求人・案件ですので、ある程度の責任が伴います。そのため、誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。


■HTMLエンジニアにおすすめの資格について

HTMLエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

・HTMLプロフェッショナル認定試験
HTMLプロフェッショナル認定試験は、特定非営利活動法人LPI-Japanが実施しているHTML、CSS3、JavaScriptなどマークアップに関する技術と知識を認定する資格です。

HTMLプロフェッショナル認定試験は、Level.1とLevel.2があります。
Level1:マルチデバイスに対応したWebコンテンツ制作における基礎
Level2:システム連携と最新のマルチメディア技術に対応したWebアプリやコンテンツ開発・設計

HTMLプロフェッショナル認定試験の資格を取得することにより、特にフロンドサイドのWebシステムやアプリケーション開発などの分野でを活かすことができます。
また、Webサイト開発スキルを保有している証明に繋がります。


・Webクリエイター能力認定試験
Webクリエイター能力認定試験とは、Webページやサイトを構築するための専門知識や実務的な技術を評価し認定する民間資格です。
Webクリエイター能力認定試験は、Webページ制作におけるHTMLのコーディングスキルとデザインスキルを評価する試験で、実戦で活用できることも学習できるなどの特長があります。

認定基準にはエキスパートとスタンダードの2種類あります。
Webクリエイター能力認定試験を取得することにより、Web制作に関する知識や技能などの実力が証明できます。
そのためHTMLエンジニアやWebクリエイターのスキルを保有しているアピールに繋がります。


■HTMLフリーランスエンジニアは稼げないの?

このページに表示されている「HTMLフリーランス求人・案件 月額単価相場」をご覧いただくとわかりますが、平均単価や中央値単価は55万円以上と比較的高い単価です。
そのため、HTMLフリーランスエンジニアとして稼げないことはありません。

しかし、最低でも開発経験1年以上や「HTMLフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキル」でお伝えしたスキルが備わっていない方はHTMLフリーランスエンジニアとして平均単価や中央値単価を稼ぐことはできないでしょう。

その理由として、HTMLフリーランスエンジニアを含むフリーランスエンジニアを採用している企業は即戦力を求めているためです。フリーランスエンジニアは正社員エンジニアよりも稼げている方が多いですが、実力主義の市場です。

HTML開発経験の豊富なフリーランスエンジニアの方でも、常に変化する市場動向を定期的にキャッチアップしたり、最新スキルやトレンドスキルを自ら習得したりと継続的に努力を怠ると中長期的には稼げなくなるでしょう。

稼げるHTMLフリーランスエンジニアになるため、まず以下のことを実践しましょう。

・スキルアップを行う
HTMLフリーランスエンジニアとして稼ぐためにはスキルアップを行いましょう。
前述した通り、フリーランスエンジニアは常にスキルアップを目指し、技術を磨いています。

特に技術系サイトやITニュースサイトの閲覧、オンライン学習できるWebサイトの活用は重要です。
また、HTMLフリーランスエンジニアとして、勉強会や交流会に参加し人脈を作ることもスキルアップの1つです。自分だけでは解決できない課題がある際に聞いたり、有益な情報を共有し合ったりできます。

高単価案件にはよく使われているHTMLのフレームワークやHTML関連スキルがあるはずです。
そのため、より効率よく高単価を獲得する方法は単価が高い案件の共通項を見つけると良いでしょう。稼げるHTMLフリーランスエンジニアを目指すのであれば、スキルアップは重要な要素です。

・開発経験などの実績を積み上げる
HTMLフリーランスエンジニアとして稼ぐためには開発経験などの実績を積み上げましょう。
特にフリーランス市場は実力主義であるため、実績を積み上げないと、フリーランス求人・案件を獲得する土台には上がれません。

将来的にどのようなフリーランス求人・案件に参画したいのかを設定し、その開発案件で必要になるであろう実績を積んでいきましょう。
また、目標がまだ定まっていないフリーランスエンジニアの方は、最初のうちは報酬単価の低い簡単な仕事でも、とにかくやってみて経験や実績を積んでいきましょう。


■HTML習得難易度・勉強方法について
HTML自体は非常にシンプルでカンタンなため、プログラミングを学習したことのない初心者でも比較的短期間である程度習得出来ます。
HTMLは初心者や最初に学ぶ開発言語としては、おすすめ出来る言語です。

HTMLは非常にシンプルなコードであること、タグを使って記述するだけで、ブラウザで簡単に表現できること、Webページの仕組みを理解できること、日本語の情報を豊富に取り入れることが出来ることなどの理由が挙げられます。

HTML学習コストについて、他プログラミング言語と比較してかからないでしょう。しかし、HTMLは同時にCSSも学習/習得する必要があるため、学習時間は一定数掛かります。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でHTMLを始めとする開発言語を学習することが出来ます。
オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Udemy(ユーデミー)」「Progate(プロゲート)」など多種多様なサービスがあります。
上述のことを総合的に考慮すると、HTML習得に関して初心者や最初に学ぶ開発言語としておすすめ出来る言語です。
特にWebサイトの仕組みを理解したい方やまずは開発言語に触れてみようなどを考えている方が良いでしょう。


■HTMLの市場動向やニーズについて
HTMLは小規模な案件が多いことから、フリーランス市場に数の多く存在する案件です。
簡単なLPの制作など、その規模の小ささゆえに在宅での仕事やリモートワークが許可されるケースもあります。

インターネット業界に関わらず、非常に幅広い業界でニーズがあるため、常に募集がある状態です。
持ち帰り案件やリモート案件の受注を目指す方はまずは常駐し、信頼を勝ち得たあとに持ち帰り・リモートなどに契約形態を変更することも可能な非常に魅力的な言語と言えるでしょう。