Reactの求人・案件一覧

Reactのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

70.6万円

中央値単価

75万円

最高単価

200万円

最低単価

20万円

全14712件中1-50件を表示中

全14712件中1-50件を表示中

Reactのフリーランス案件に関するよくある質問

Reactのフリーランス案件は高単価ですか?

Reactのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は70.6万円です。 Reactのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は840~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のReactの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるReactのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Reactのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Reactの募集中フリーランス案件数は1,814件、累計掲載案件は14,712件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のReactのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Reactのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Reactの募集中リモート案件数は954件、累計掲載案件は6,823件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるReactのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Reactのフレームワーク別募集中案件数推移

Reactのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年4月がJavaScript3,904件、2022年5月がJavaScript3,787件、2022年6月がJavaScript4,368件、2022年7月がJavaScript4,721件、2022年8月がJavaScript3,245件、2022年9月がJavaScript4,506件となっています。
Reactのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しJavaScriptは1261件(38%)の大幅な増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Reactのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Reactのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが5013件、レバテックフリーランスが856件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が789件、Midworksが552件、テックビズフリーランスが437件、techtreeが357件、1 on 1 Freelanceが337件、TechStockが245件、テックリーチが235件、FLEXY(フレキシー)が196件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Reactのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
Reactのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Reactのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Reactのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが661件、1 on 1 Freelanceが191件、Midworksが84件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が79件、レバテックフリーランスが70件、テックビズフリーランスが64件、パーソルテクノロジースタッフが19件、テックリーチが17件、ギークスジョブが16件、Aegis(イージス)が16件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Reactのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、1 on 1 Freelance、Midworksであることがわかります。
Reactのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、1 on 1 Freelance、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Reactのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Reactのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが106.9万円、Findy Freelance(ファインディフリーランス)が102.7万円、Tech Choiceが99.4万円、エイジレスが96.3万円、株式会社mijicaが90万円、ギークスジョブが85.6万円、キャリアプラスが82.9万円、フリーランスのミカタが82.7万円、techtreeが82.5万円、フィジオが82万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
月額単価の高いReactのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、Findy Freelance(ファインディフリーランス)、Tech Choiceであることがわかります。
Reactのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、Findy Freelance(ファインディフリーランス)、Tech Choiceを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Reactのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Reactのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が4022件、週4日が1615件、週3日が1204件、週2日が190件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Reactのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるReactのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Reactのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Reactのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が9403件、大阪府が500件、福岡県が240件、兵庫県が139件、神奈川県が126件、愛知県が92件、宮城県が63件、埼玉県が57件、京都府が42件、千葉県が40件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Reactのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、福岡県に最も集中している事がわかります。
Reactのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、福岡県あたりが良いでしょう。

Reactのフリーランス求人・案件数の推移

Reactの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年4月が1647件、2022年5月が1786件、2022年6月が2137件、2022年7月が2183件、2022年8月が1774件、2022年9月が2382件となっています。Reactのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、608件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Reactのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Reactの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年4月が661件、2022年5月が828件、2022年6月が882件、2022年7月が1258件、2022年8月が1340件、2022年9月が1414件となっています。Reactのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、74件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Reactのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Reactのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年4月が78.7万円、2022年5月が80.0万円、2022年6月が70.8万円、2022年7月が70.8万円、2022年8月が70.8万円、2022年9月が71.0万円となっています。Reactのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Reactのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Reactのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年4月が944.4万円、2022年5月が960.4万円、2022年6月が849.8万円、2022年7月が849.8万円、2022年8月が849.7万円、2022年9月が851.4万円となっています。Reactのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し1.7万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Reactの常駐案件・リモートワーク案件割合

Reactの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1302件(59.4%)、常駐案件が889件(40.6%)となっており、Reactフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

Reactのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Reactのフリーランス求人・案件について

Reactのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
Reactのフリーランス求人・案件の平均単価は70.6万円、中央値単価は75万円、最高単価は200万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Reactのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・React経験1年未満:38万円前後 (年収450万円)
・React経験1年~2年:45万円前後 (年収540万円)
・React経験2年~3年:64万円前後 (年収765万円)
・React経験3年~5年:75万円前後 (年収900万円)
・React経験5年以上:90万円前後 (年収1080万円)

Reactについて
Reactは2015年にFacebook社が開発したJavaScriptのライブラリです。
ReactはReact.jsやReactJSとも呼ばれることがあります。
Reactはよくフレームワークと間違われることが多いですが、Viewの一部機能を提供するコンポーネントのためライブラリです。従ってAngular.js・Backbone.jsと一緒に使用可能です。

Reactではコンポーネントなどの仮想DOMを通してUIを構築出来ます。仮想DOMはJavaScriptオブジェクトとしてDOMツリーのようなものを保持しておき、データを変更する場合に関連するオブジェクトの差分を計算し、実際のDOMへの再レンダリングを最小限にする仕組みです。
またReactには拡張性があり、フレームワーク・他ライブラリとのインターフェースを可能にするフックを提供し、Ajax等の機能と連携が出来ます。

他にも、React Nativeを使用するとJavaScriptのみを利用してネイティブモバイルアプリを構築でき、Reactと同じデザインを使用しており、宣言的なコンポーネントから豊富なモバイルUIが作成可能です。
Reactのフリーランス求人・案件はデザイナー・iOS/Androidアプリ開発・システム開発等が多くあります。

・React自体での開発経験年数
・JavaScriptの開発経験年数
・大規模なチームでの開発経験
・React開発やフロントエンド開発周辺で頻繁に使用するスキル
・参画するフリーランス求人・案件の商流
・チームリーダーやチームマネジメント経験
・要件定義、機能定義、構成管理、計画立案など上流工程の実務経験/知識

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではReactのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでReactのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Reactフリーランス求人・案件動向
Reactは2015年にFacebook社が開発したJavaScriptのライブラリで、世界的に人気があります。
そこでReactフリーランス求人・案件において、代表的な求人・案件を説明します。

・Webサービスやシステム開発
Reactフリーランス求人・案件ではJavaScriptを使った開発やJavaScriptの周辺スキルを活用することが一番多いでしょう。
そのためJavaScriptが得意としているある程度の開発はReactフリーランス求人・案件も得意となります。
その中で、SaaS開発、Webアプリ開発、ECサイト開発などWebサービスやシステム開発のReactフリーランス求人・案件があります。

高単価を獲得する場合、JavaScript、TypeScript、Ruby、PHP、Python、Java、Go言語など複数のプログラミング言語スキルやインフラ関連の開発スキルを求められることが多いでしょう。


・スマホアプリ開発
Reactフリーランス求人・案件はスマホアプリ開発もあります。
Reactフリーランス求人・案件に参画する場合、React単体だけのスキルセットよりもNode.jsやReact Native、JavaScript、Swift、Kotlin、FlutterなどJavaScriptにおけるスマホアプリ開発で必要な開発スキルが必須です。

スマホアプリは入れ替わりや流行りが激しく日々スマホアプリ開発が行われているため、相対的にReactを必要とするスマホアプリ開発のフリーランス求人・案件も増加していく可能性が高いでしょう。


■Reactフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況
Reactはデザイナーなどのクリエイティブ関連やiOS/Androidアプリ開発・システム開発に活用されているJavaScriptのライブラリです。

デザイナーなどのクリエイティブ関連やiOS/Androidアプリ開発・システム開発など、多くの現場において徐々にリモートワークや在宅・持ち帰りのReactフリーランス求人・案件が増えています。

今後、Reactを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していく可能性が高いでしょう。その理由として、現在世界中で蔓延しているコロナの影響が挙げられるでしょう。

さらにSlack、Chatwork、Box、Zoom、Evernote、Google Workspace、Google Hangoutsなど生産性を維持できるようなサービスの登場や5Gの導入によりネット環境がある程度どこでもつながることなど、IT業界全体の技術的進歩のおかげでリモートワーク・在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件が増加しているとも推測できるでしょう。

Reactフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、業務系システム開発やWebアプリ開発を探してみることをおすすめします。


■Reactでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について
Reactにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

Reactの週2日、週3日フリーランス求人・案件は他フレームワークやライブラリと比較して多く存在します。
2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にReactフリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

また週2日、週3日でも月収100万円など、常駐(週5日)稼働と同単価のReactフリーランス案件・求人も存在します。週2日、週3日フリーランス求人・案件はデザイナーなどのクリエイティブ関連やiOS/Androidアプリ開発・システム開発など常駐(週5日)のフリーランス求人・案件と変わりなく様々なものがあります。

週2日、週3日フリーランス求人・案件に参画することによって、複数のReactフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトやサービス開発に携われたり、多種多様なエンジニアやプロジェクトマネージャーなどとコミュニケーションを取れます。
Reactフリーランスエンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐のフリーランス求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

Reactフリーランスエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方やより豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■Reactフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて
Reactフリーランスエンジニアとして必要スキルを身につけ、幅広くフリーランス求人・案件に参画できるようにしましょう。

・サーバーサイド・フロントエンド開発を含むReact開発周辺での経験や知識
Reactフリーランスエンジニアとして、サーバーサイド・フロントエンド開発を含むReact開発周辺での経験や知識はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。

Reactフリーランスエンジニアとしてフロントエンド開発の場合、React以外にHTML/CSS、JavaScript、jQuery、PHP、WordPressなどフロント開発知識が必要になります。
その他JavaScriptフレームワーク(Angular.js、React.js、Vue.js)などの経験やPhotoShop、Illustrator、Sketch、Figma、Adobe XDなどのデザインツールの知識があるとより良いでしょう。

Reactフリーランスエンジニアとしてサーバーサイド開発の場合、TypeScript、Java、Ruby、PHP、Python、Go言語などプログラミング言語を用いた開発知識が必要になります。
その他、JavaScriptフレームワーク(Node.js)の経験やSQLのパフォーマンスチューニングの経験、サーバー関連知識があるとより良いでしょう。


・UI/UXの理解
Reactフリーランスエンジニアとして、UI/UXの理解はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。
世界的に様々なWebサービスを誰でも体験できるようになった現代において、ユーザーのWebサービスに対する顧客満足度の閾値が年々高まっています。そのため、多様なUXを想定した、UIの設計が必要になります。

Reactフリーランスエンジニアとして、UI/UX設計に柔軟に対応し、ボタンの設置場所、色、文字の入れ方、Webサイト目的の達成の容易性などを改善を加えることにより、開発したサービスやシステムの目的を高めることができます。
常にユーザー側の視点かつ、マーケティング思考を持ち、開発することでより重宝される(稼げる)Reactフリーランスエンジニアになれるでしょう。


・上流工程の実務経験
Reactフリーランスエンジニアとして、上流工程の実務経験はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。
一般的なサービス/システム開発には要件分析、要件定義、設計、実装、テスト、保守・運用といった工程があります。そのなかでも要件分析から設計までが上流工程です。

上流工程はサービス/システム開発において仕様やコスト、期間を決定する大切な工程です。上流工程を固めていないと、開発工程での遅延や開発コストの増大、運用後のシステムトラブルなど様々な問題を引き起こす可能性が高まります。
上流工程の実務経験があることによりReactフリーランスエンジニアとして、参画できるフリーランス求人・案件の幅が広がり、高単価(稼げる)フリーランス求人・案件も参画しやすくなります。

なお、Reactフリーランスエンジニアの必要スキルをこれまでお伝えしましたが、上記に紹介したスキルを複数持っていることにより、フリーランス求人・案件に参画しやすくなります。
さらにReactフリーランスエンジニアとして、高単価(稼げる)フリーランス求人・案件に参画できる可能性が高められます。


・マネジメント経験
Reactフリーランスエンジニアとして、マネジメント経験はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。
システム開発の現場にはPMまたはPLがいるところが多いでしょう。顧客のニーズを踏まえたうえで開発するシステムを決定し、システム開発に必要な人員数や、予算を設定することがPMの仕事です。
PLは開発などのプロジェクトを遂行する際、現場責任者の立場で参画します。

PMやPLなどマネジメント経験があるReactフリーランスエンジニアは、そのためチーム全体を俯瞰して開発を遂行できるスキルや統率力があると判断されます。
そのため参画できるフリーランス求人・案件の幅が広がり、高単価フリーランス求人・案件にも参画しやすくなります。


■Reactのフリーランス求人・案件の探し方
Reactフリーランスエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
Reactフリーランスエンジニアとして独立したけど、他Reactフリーランスエンジニアの人がどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。

・フリーランスエージェントの活用
Reactフリーランスエンジニアとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。フリーランスエージェントに在職している専門コーディネーターが、開発スキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを手厚くサポートしてくれます。

Reactフリーランスエンジニアとして、Reactスキルの開発経験が浅い方からReactはもちろんのこと、JavaScriptやフロントエンド周辺の開発まで多様な開発に長年携わっているベテランの方まで、非常に幅広いフリーランスエンジニア層の方が活用しています。

フリーランス求人・案件探しを効率良く行いたい方や継続的にフリーランス求人・案件に参画をしたい方など登録しておくべきでしょう。
また、フリーランスエージェントによってはフリーランス向けの保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。

Reactフリーランスエンジニアだからこそ、万が一働けなくなった場合や保険が必要になる場合を想定し、保険や福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。


・クラウドソーシングサービスの活用
Reactフリーランスエンジニアとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
代表的なクラウドソーシングサービスはクラウドワークスやランサーズ、ココナラ、タイムチケットなどです。

Reactフリーランスエンジニアとして、自分の開発スキルを登録するだけでReactを活用したフリーランス求人・案件を探せたり応募して参画できます。
Reactなど自分の開発スキルに見合うフリーランス求人・案件を探すことができ、ステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。

ただし、フリーランス求人・案件数は少なく、高単価かつ1年以上など中長期のフリーランス求人・案件は非常に少ないです。
単発での仕事が豊富ですので、経験を積みたいReactフリーランスエンジニアまたは実績をどんどん積んでいきたい比較的経験の浅いReactフリーランスエンジニアには適しているでしょう。


・知人など人脈を活用
Reactフリーランスエンジニアとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
前職がエンジニアとして働いている方や知人や友人がいる場合、Reactフリーランスエンジニアとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを伝えておけば、有益な情報をくれる可能性はあるでしょう。

前職の同僚や知人や友人などよりReactフリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントでは取られていた仲介手数料が一切掛からないため、高単価で参画できる可能性があったり、数日で受注できる場合もあり得るでしょう。
ただし前職の同僚や知人や友人から紹介されたフリーランス求人・案件のため、ある程度の責任が伴います。悪い印象を与えないように誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。


・SNSを含むオンラインを活用
ReactフリーランスエンジニアとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSやWebサイトを自分で開設しオンライン上に経歴や実績、ポートフォリオを公開しておくことで、企業から直接フリーランス求人・案件を受け取れる可能性もあります。
現在ではTwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを開設し、そこから即戦力になりそうなReactフリーランスエンジニアを探している企業は非常に多いです。
経歴や実績、ポートフォリオを公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力や希望に見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれる可能性もあるでしょう。
Reactフリーランスエンジニアとして多角的にReactスキルや開発実績を発信し、フリーランス求人・案件を受注できる幅を広げましょう。

■React習得難易度・勉強方法について
Reactは2021Developer Surveyの発表によるとこの年で最も使われたWebフレームワークはjQueryを超えてReactとの結果が出ています。
また、その言語や技術を使った開発はしていないが、言語や技術を使った開発に興味を示している開発者(66,202人)の割合として最も多くを占めていたのはReactとの結果が出ています。

Reactはさらに日本だけでなく海外でも人気のあるJavaScriptのライブラリです。
ReactはJavaScriptを習得したエンジニアやフロントエンドエンジニアが習得すべきライブラリでしょう。

Reactは宣言的であること(可読性が高いこと)やコンポーネント指向であること、一度の学習で何度でも書けることというコンセプトがあります。
ReactはJavaScriptを習得しているフリーランスを含むエンジニアの場合、比較的習得難易度が低いでしょう。しかし、JavaScriptを習得または理解していないフリーランスを含むエンジニアの場合、習得難易度は高いでしょう。その理由として、ReactにはJavaScriptの理解が必須であることやコンポーネントの分け方が難しいことなどが挙げられます。

React学習コストや学習時間について、JavaScriptの理解有無により大幅に異なります。
そのため、Reactを活用したフリーランス求人・案件に参画したい場合、まずJavaScriptの習得を目指しましょう。
またJavaScriptを習得しており、その上でライブラリやフレームワークの習得を目指しているフリーランスを含むエンジニアの方は、ぜひReact習得をおすすめします。

JavaScriptフリーランス求人・案件の中でもReactを活用するフリーランス求人・案件が約40%以上占めていることや高単価で参画できるReactフリーランス求人・案件が他フレームワークやライブラリよりも多いためです。
さらに徐々にReactを活用したJavaScriptフリーランス求人・案件も増加しており、Reactは習得しておいて損はないJavaScriptライブラリです。

学習方法について、近年オンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でReactを始めとするプログラミング言語を学習出来ます。オンライン学習を例に挙げると「Udemy」「ドットインストール」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
Reactを学習するにあたって、オンライン学習費用や複数のReactの参考書など、ある一定の学習コストは必要です。

React習得を希望する場合、まず周辺でReactに精通したフリーランスを含むエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Reactについての記事を読んでみる、など自ら行動をしてみると良いでしょう。

Reactはデザイナー・iOS/Androidアプリ開発・システム開発などを様々なフリーランス求人・案件があります。そのため、Reactを習得するとフリーランスエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他ライブラリやフレームワークの習得にも役に立つこともあるでしょう。


■Reactフリーランス求人・案件における未経験(初心者)エンジニアの参画について
実務未経験(初心者)のフリーランスエンジニアがReactフリーランス求人・案件に参画できる確率は極めて低く、さらに未経験(初心者)でもOKと記載しているReactフリーランス求人・案件も基本的にないでしょう。

フリーランスエンジニアを採用している企業は基本的に即戦力を期待しています。
そのため、最低でもReactでの実務経験1〜2年以上もしくはJavaScriptでの開発経験やフロントエンド開発経験が求められます。
また、プログラミングスクールやオンライン学習サイトでReactを学習している社会人や大学生などの学生も、Reactのフリーランス求人・案件を獲得することは、困難であることを念頭に置いておきましょう。

Reactフリーランスエンジニアの世界は実力主義に近く、実力や経験、今までの実績によってフリーランス求人・案件に参画できる難易度が異なります。さらに高単価Reactフリーランス求人・案件の場合はより、実績や経験業務を重点的に見られるでしょう。

Reactフリーランスエンジニアを目指している社会人や大学生などの学生は、実務経験をまず積み、実績や経験を蓄えましょう。

■Reactの市場動向やニーズについて
ReactのニーズはWebサービス/システム開発やスマホアプリ開発に活用されていることから、短期的にみてニーズが増加してくるでしょう。
また、中・長期的にみて、ニーズがなくなることはないでしょう。
Reactのニーズが安泰な理由としては、JavaScriptで頻繁に活用されていることやMeta(旧Facebook)やInstagram、Netflixなど世界的優良サービスにかつようされていることなどが挙げられます。

JavaScriptのニーズが安泰な理由をマクロ視点から分析してみましょう。
まず、スマートキャンプによるSaaS市場の動向をまとめた最新レポート「SaaS業界レポート2021」の調査では、国内SaaS市場はCAGR約13%を維持しており、2025年にはSaaS市場規模は2020年度実績の約2倍となる1兆5,000億円規模まで成長が見込まれています。

2022年3月、REPORTOCEANが発表したSaaS市場のレポートによると、2021年のSaaSの世界市場規模は1,441億7,000万米ドル。サービスとしてのソフトウェア(SaaS)の世界市場規模は、2022年から2030年までの予測期間において、CAGR18.83%で成長し、2030年には7031億9000万米ドルに達すると予測されます。

最後に、IT業界全体を分析してみると、AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT、ブロックチェーン、xR、5Gなどによる飛躍的なIT領域の拡大が見込まれています。

上記Reactが関連する開発の市場分析や世界的優良企業においてReactが使用されていることなどを考慮すると、Reactは短期的な視点から見て、ニーズは拡大していくでしょう。さらに、中・長期的に見て、ニーズが無くなることはないでしょう。
これからWeb系のフリーランス求人・案件に携わりたいフリーランスエンジニアはReactを習得しておいて損はないでしょう。