TypeScriptの求人・案件一覧

TypeScriptのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

72.1万円

中央値単価

75万円

最高単価

900万円

最低単価

12万円

全6780件中1-50件を表示中

全6780件中1-50件を表示中

TypeScriptのフリーランス案件に関するよくある質問

TypeScriptのフリーランス案件は高単価ですか?

TypeScriptのフリーランス案件の最高単価は900万円で、平均単価は72.1万円です。 TypeScriptのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は864~10,800万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のTypeScriptの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるTypeScriptのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

TypeScriptのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

TypeScriptの募集中フリーランス案件数は1,555件、累計掲載案件は6,780件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のTypeScriptのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

TypeScriptのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

TypeScriptの募集中リモート案件数は831件、累計掲載案件は3,580件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるTypeScriptのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

TypeScriptのフレームワークの公開案件数

TypeScriptのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとJavaScriptが39746件、Reactが19334件、Vue.jsが12509件、AngularJSが647件、NuxtJSが226件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
JavaScript、React、Vue.jsはTypeScriptの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
TypeScriptの技術を有するフリーランスの方はJavaScript、React、Vue.jsを中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

TypeScriptのフレームワークの月額平均単価

TypeScriptのフレームワークの月額平均単価を分析するとReactが73.8万円、NuxtJSが71.9万円、Vue.jsが71万円、JavaScriptが70.5万円、AngularJSが69万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
React、NuxtJS、Vue.jsはTypeScriptのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
TypeScriptの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はReact、NuxtJS、Vue.jsなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

TypeScriptのフレームワークの月額最高単価

TypeScriptのフレームワークの月額最高単価を分析するとReactが900万円、JavaScriptが200万円、AngularJSが200万円、Vue.jsが140万円、NuxtJSが110万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
React、JavaScript、AngularJSはTypeScriptのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
TypeScriptのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはReact、JavaScript、AngularJSなどのフレームワークがおすすめです。

TypeScriptのフレームワーク別募集中案件数推移

TypeScriptのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年5月がJavaScript3,787件/React1,786件/Vue.js991件/AngularJS85件/NuxtJS18件、2022年6月がJavaScript4,368件/React2,137件/Vue.js1,138件/AngularJS112件/NuxtJS21件、2022年7月がJavaScript4,721件/React2,183件/Vue.js1,444件/AngularJS120件/NuxtJS27件、2022年8月がJavaScript3,245件/React1,774件/Vue.js1,006件/AngularJS88件/NuxtJS29件、2022年9月がJavaScript4,506件/React2,382件/Vue.js1,373件/AngularJS111件/NuxtJS35件、2022年10月がJavaScript4,502件/React2,453件/Vue.js1,355件/AngularJS118件/NuxtJS55件となっています。
TypeScriptのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しJavaScriptは4件(-1%)の減少、Reactは71件(2%)の増加、Vue.jsは18件(-2%)の減少、AngularJSは7件(6%)の大幅な増加、NuxtJSは20件(57%)の大幅な増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

TypeScriptのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

TypeScriptのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが2238件、レバテックフリーランスが460件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が454件、1 on 1 Freelanceが411件、テックビズフリーランスが220件、Midworksが206件、パーソルテクノロジースタッフが140件、テックリーチが119件、TechStockが113件、HiPro Tech(ハイプロテック)が94件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
TypeScriptのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
TypeScriptのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

TypeScriptのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

TypeScriptのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが351件、1 on 1 Freelanceが66件、Midworksが40件、レバテックフリーランスが32件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が27件、meetX FREELANCEが19件、テックリーチが14件、パーソルテクノロジースタッフが13件、TechStockが8件、キャリアプラスが8件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
TypeScriptのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、1 on 1 Freelance、Midworksであることがわかります。
TypeScriptのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、1 on 1 Freelance、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

TypeScriptのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

TypeScriptのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとFindy Freelance(ファインディフリーランス)が104.3万円、ハイパフォコンサルが97.5万円、Tech Choiceが96万円、株式会社mijicaが87.5万円、エイジレスが85万円、キャリアプラスが83.7万円、FREE-DAが83.6万円、meetX FREELANCEが82.4万円、HiPro Tech(ハイプロテック)が82万円、TechStockが80.3万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
月額単価の高いTypeScriptのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはFindy Freelance(ファインディフリーランス)、ハイパフォコンサル、Tech Choiceであることがわかります。
TypeScriptのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はFindy Freelance(ファインディフリーランス)、ハイパフォコンサル、Tech Choiceを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

TypeScriptのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

TypeScriptのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が2368件、週4日が875件、週3日が655件、週2日が81件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
TypeScriptのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるTypeScriptのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

TypeScriptのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

TypeScriptのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が4333件、大阪府が229件、福岡県が107件、京都府が86件、石川県が69件、神奈川県が63件、愛知県が42件、埼玉県が40件、北海道が26件、福島県が13件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
TypeScriptのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、福岡県に最も集中している事がわかります。
TypeScriptのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、福岡県あたりが良いでしょう。

TypeScriptのフリーランス求人・案件数の推移

TypeScriptの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年5月が960件、2022年6月が951件、2022年7月が910件、2022年8月が815件、2022年9月が1117件、2022年10月が1465件となっています。TypeScriptのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、348件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

TypeScriptのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

TypeScriptの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年5月が436件、2022年6月が414件、2022年7月が552件、2022年8月が629件、2022年9月が718件、2022年10月が828件となっています。TypeScriptのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、110件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

TypeScriptのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

TypeScriptのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年5月が82.3万円、2022年6月が72.9万円、2022年7月が72.9万円、2022年8月が73.0万円、2022年10月が72.9万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

TypeScriptのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

TypeScriptのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年5月が988.0万円、2022年6月が874.2万円、2022年7月が874.6万円、2022年8月が875.7万円、2022年10月が874.4万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

TypeScriptの常駐案件・リモートワーク案件割合

TypeScriptの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が828件(67.5%)、常駐案件が398件(32.5%)となっており、TypeScriptフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

TypeScriptのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

TypeScriptのフリーランス求人・案件について

TypeScriptのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
TypeScriptのフリーランス求人・案件の平均単価は72.1万円、中央値単価は75万円、最高単価は900万円、最低単価は12万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

TypeScriptのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・TypeScript経験1年未満:38万円前後 (年収450万円)
・TypeScript経験1年~2年:45万円前後 (年収540万円)
・TypeScript経験2年~3年:64万円前後 (年収765万円)
・TypeScript経験3年~5年:75万円前後 (年収900万円)
・TypeScript経験5年以上:90万円前後 (年収1080万円)

TypeScriptは、Microsoft社によって開発され、メンテナンスされているフリーでオープンソースのプログラミング言語です。もともと、TypeScriptはマイクロソフトやその外部の顧客たちの間で、JavaScriptで大規模アプリケーション開発をする上での欠点を補うために開発されました。
JavaScriptを拡張して開発されたものですが、JavaScriptとは異なり静的型付けのクラスベースオブジェクト指向言語です。
TypeScriptをコンパイルすると、JavaScriptのコードに変換されるためJavaScriptが動く環境であればすぐに使うことができます。JavaScriptのライブラリなども使用可能で互換性は非常に高いです。
なお、2017年にGoogle社内の標準開発言語としてTypeScriptが承認され、世界的に注目を浴びるようになりました。Googleが開発しているJavaScriptフレームワークのAngularもTypeScriptでの開発を推奨しています。今後、JavaScriptに代替としての需要が拡大していく可能性がある2019年度急成長中のプログラミング言語です。
TypeScriptでの開発が推奨されているフレームワークはAngularです。またVue.jsやNest(NestJS)、CurveballなどのフレームワークでもTypeScriptを使用することができます。

TypeScriptフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・実務でTypeScriptを利用した経験
・JavaScriptの開発経験
・Angular、Vue.js、Nest(NestJS)、Curveballなどフレームワークを利用した開発経験
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

また商流に介在する企業が増える事で手数料(中間マージン)が増えるため、10~20万単価が変動することもしばしばあります。
可能な限り浅い商流で上流から参画可能なフリーランス求人・案件を探すことが、高単価のTypeScriptフリーランス求人・案件に参画するコツと言えるでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではTypeScriptのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでTypeScriptフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■TypeScript習得難易度・勉強方法について
TypeScriptの人気について日本はもちろんのこと、世界で年々注目されている開発言語です。
TypeScriptは、GitHubPullRequestにて2019年1月~3月統計にて第7位であり、3年前は10位という結果が出ています。
TypeScriptは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては習得しやすい言語ですが、JavaScriptよりは習得難易度が高いでしょう。
TypeScriptはJavaScriptと比較して短く読みやすいコードが記述できること、Visual Studioで開発出来ることなどが習得しやすいメリットです。
しかしTypeScriptは、近年人気が出ていた開発言語であるため日本語の情報が少なく学習しづらいというデメリットがあります。
TypeScriptは基本的にJavaScriptに準拠しているためJavaScriptの知識があれば可読性は高い言語です。
JavaScriptは初心者でも習得しやすい開発言語であるため、JavaScriptを習得した後TypeScriptを習得する順番の方が良いでしょう。

TypeScript学習時間や学習コストについて、PHPやRubyなど他プログラミング言語と比較して時間が掛かる可能性もありますが、習得しやすいでしょう。
TypeScriptはAngular、Vue.js、Nest(NestJS)、Curveballなどのフレームワークを使用するフリーランス求人・案件が多数あります。
そのため、TypeScript自体の仕組みやAngular、Vue.js、Nest(NestJS)、Curveballなどのフレームワークを学習する時間が必要であり、最初に学ぶプログラミング言語としては習得に時間が多少かかってしまう可能性があります。
近年、オンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でTypeScriptを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
TypeScriptを始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、TypeScriptに関する参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かります。

TypeScript習得難易度や学習コスト、学習時間などを考慮すると、TypeScript習得に関して初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては習得しやすい言語ですが、JavaScriptよりは習得難易度が高いでしょう。

なお、TypeScript習得を希望するエンジニアは、まず周辺でTypeScriptに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、JavaScriptから習得してみる、TypeScript関連の記事を読んでみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。

TypeScriptはWebアプリ開発、Webシステム開発、スマホアプリ開発、人工知能(AI)関連開発、IoT関連開発などフリーランス求人・案件数も他言語と比較して、非常に豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するでしょう。
特にJavaScript、CoffeeScript、C言語などのプログラミング言語はTypeScript習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■TypeScriptの市場動向やニーズについて
TypeScriptの需要は今後も拡大していくことが予想されます。
TypeScriptの人気について日本はもちろんのこと、世界で年々注目されている開発言語です。
TypeScriptは、GitHubPullRequestにて2019年1月~3月統計にて第7位であり、3年前は10位という結果が出ています。
TypeScriptは上記のことから世界で人気のある言語ということがわかります。

TypeScriptはWebアプリ開発、Webシステム開発、スマホアプリ開発、人工知能(AI)関連開発、IoT関連開発など幅広く活用することができ、フリーランス求人・案件も増加傾向にあります。
TypeScriptはGoogle、Microsoft、BMW、VMWareなど世界の優良企業で活用されています。

年々ニーズが増しており、簡単に動作させることができ、学習コストが低いことから、これからWeb系フリーランス求人・案件に携わりたいフリーランスエンジニアは学習しておいて損はないでしょう。
TypeScriptはAngular、Vue.js、NestJS、Curveballなど人気のフレームワークがあり、それらを用いて開発することも多いです。TypeScriptを含む開発言語で活用されるフレームワークはトレンドの移り変わりが非常に早いです。
そのため常に最新のTypeScript動向を追いかけて行く必要があるでしょう。