TypeScriptの求人・案件一覧

TypeScriptのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

75.1万円

中央値単価

75万円

最高単価

202万円

最低単価

10万円

全14413件中1-50件を表示中

全14413件中1-50件を表示中

TypeScriptのフリーランス案件に関するよくある質問

TypeScriptのフリーランス案件は高単価ですか?

TypeScriptのフリーランス案件の最高単価は202万円で、平均単価は75.1万円です。 TypeScriptのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は900~2,424万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のTypeScriptの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるTypeScriptのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

TypeScriptのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

TypeScriptの募集中フリーランス案件数は3,491件、累計掲載案件は14,413件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のTypeScriptのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

TypeScriptのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

TypeScriptの募集中リモート案件数は1,578件、累計掲載案件は8,014件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるTypeScriptのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

TypeScriptのフレームワークの公開案件数

TypeScriptのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとJavaScriptが81678件、Reactが45567件、Vue.jsが23658件、AngularJSが4062件、NuxtJSが1677件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)
JavaScript、React、Vue.jsはTypeScriptの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
TypeScriptの技術を有するフリーランスの方はJavaScript、React、Vue.jsを中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

TypeScriptのフレームワークの月額平均単価

TypeScriptのフレームワークの月額平均単価を分析するとReactが77.1万円、Vue.jsが75.2万円、JavaScriptが74.8万円、NuxtJSが74.7万円、AngularJSが73.1万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)
React、Vue.js、JavaScriptはTypeScriptのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
TypeScriptの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はReact、Vue.js、JavaScriptなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

TypeScriptのフレームワークの月額最高単価

TypeScriptのフレームワークの月額最高単価を分析するとReactが200万円、JavaScriptが200万円、Vue.jsが180万円、NuxtJSが125万円、AngularJSが110万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)
React、JavaScript、Vue.jsはTypeScriptのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
TypeScriptのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはReact、JavaScript、Vue.jsなどのフレームワークがおすすめです。

TypeScriptのフレームワーク別募集中案件数推移

TypeScriptのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2023年9月がJavaScript6,835件/React4,237件/Vue.js1,827件/AngularJS506件/NuxtJS276件、2023年10月がJavaScript7,412件/React4,344件/Vue.js2,083件/AngularJS555件/NuxtJS331件、2023年11月がJavaScript7,197件/React4,155件/Vue.js1,998件/AngularJS519件/NuxtJS336件、2023年12月がJavaScript8,831件/React5,301件/Vue.js2,537件/AngularJS696件/NuxtJS432件、2024年1月がJavaScript7,513件/React4,532件/Vue.js2,026件/AngularJS618件/NuxtJS436件、2024年2月がJavaScript9,458件/React5,964件/Vue.js2,454件/AngularJS776件/NuxtJS542件となっています。
TypeScriptのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しJavaScriptは1945件(25%)の大幅な増加、Reactは1432件(31%)の大幅な増加、Vue.jsは428件(21%)の大幅な増加、AngularJSは158件(25%)の大幅な増加、NuxtJSは106件(24%)の大幅な増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2024年02月)

TypeScriptのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

TypeScriptのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが3487件、テックビズフリーランスが1872件、Midworksが794件、レバテッククリエイターが699件、テックリーチが532件、ギークスジョブが505件、プロエンジニア(ProEngineer)が423件、パーソルクロステクノロジーが387件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が324件、HiPro Tech(ハイプロテック)が230件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)
TypeScriptのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、テックビズフリーランス、Midworksであることがわかります。
TypeScriptのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、テックビズフリーランス、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

TypeScriptのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

TypeScriptのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが409件、テックリーチが272件、テックビズフリーランスが185件、プロエンジニア(ProEngineer)が104件、Midworksが66件、レバテックフリーランスが45件、パーソルクロステクノロジーが18件、ギークスジョブが17件、FREE-DAが15件、案件ユートピアが15件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)
TypeScriptのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、テックリーチ、テックビズフリーランスであることがわかります。
TypeScriptのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、テックリーチ、テックビズフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

TypeScriptのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

TypeScriptのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが100万円、1 on 1 Freelanceが92.4万円、HiPro Tech(ハイプロテック)が92.1万円、バチグマが90万円、ギークスジョブが89.3万円、ビズリンクが86.1万円、Pro-Assignが85.5万円、TechStockが83万円、Relance(リランス)が82.7万円、案件ユートピアが82.7万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)
月額単価の高いTypeScriptのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、1 on 1 Freelance、HiPro Tech(ハイプロテック)であることがわかります。
TypeScriptのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、1 on 1 Freelance、HiPro Tech(ハイプロテック)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

TypeScriptのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

TypeScriptのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が6086件、週4日が1960件、週3日が1497件、週2日が219件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)
TypeScriptのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるTypeScriptのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

TypeScriptのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

TypeScriptのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が8181件、大阪府が507件、福岡県が208件、神奈川県が148件、埼玉県が100件、愛知県が90件、京都府が46件、兵庫県が29件、北海道が27件、広島県が26件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)
TypeScriptのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、福岡県に最も集中している事がわかります。
TypeScriptのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、福岡県あたりが良いでしょう。

TypeScriptのフリーランス求人・案件数の推移

TypeScriptの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2023年9月が2269件、2023年10月が2585件、2023年11月が2489件、2023年12月が3330件、2024年1月が3095件、2024年2月が3734件となっています。TypeScriptのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、639件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)

TypeScriptのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

TypeScriptの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2023年9月が1489件、2023年10月が1520件、2023年11月が1574件、2023年12月が1670件、2024年1月が1678件、2024年2月が2194件となっています。TypeScriptのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、516件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)

TypeScriptのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

TypeScriptのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2023年9月が75.0万円、2023年10月が74.9万円、2023年11月が75.0万円、2023年12月が75.2万円、2024年1月が75.2万円、2024年2月が75.2万円となっています。TypeScriptのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)

TypeScriptのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

TypeScriptのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2023年9月が900.1万円、2023年10月が899.0万円、2023年11月が899.4万円、2023年12月が902.4万円、2024年1月が902.3万円、2024年2月が902.0万円となっています。TypeScriptのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.3万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)

TypeScriptの常駐案件・リモートワーク案件割合

TypeScriptの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が2218件(61.4%)、常駐案件が1392件(38.6%)となっており、TypeScriptフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

TypeScriptのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

TypeScriptのフリーランス求人・案件について

TypeScriptのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
TypeScriptのフリーランス求人・案件の平均単価は75.1万円、中央値単価は75万円、最高単価は202万円、最低単価は10万円です。(※フリーランススタート調べ/2024年02月)

TypeScriptのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・TypeScript経験1年未満:38万円前後 (年収450万円)
・TypeScript経験1年~2年:45万円前後 (年収540万円)
・TypeScript経験2年~3年:64万円前後 (年収765万円)
・TypeScript経験3年~5年:75万円前後 (年収900万円)
・TypeScript経験5年以上:90万円前後 (年収1080万円)

TypeScriptは、Microsoft社によって開発され、メンテナンスされているフリーでオープンソースのプログラミング言語です。もともと、TypeScriptはマイクロソフトやその外部の顧客たちの間で、JavaScriptで大規模アプリケーション開発をする上での欠点を補うために開発されました。

JavaScriptを拡張して開発されたものですが、JavaScriptとは異なり静的型付けのクラスベースオブジェクト指向言語です。
TypeScriptをコンパイルすると、JavaScriptのコードに変換されるためJavaScriptが動く環境であればすぐに使うことができます。JavaScriptのライブラリなども使用可能で互換性は非常に高いです。

なお、2017年にGoogle社内の標準開発言語としてTypeScriptが承認され、世界的に注目を浴びるようになりました。Googleが開発しているJavaScriptフレームワークのAngularもTypeScriptでの開発を推奨しています。今後、JavaScriptに代替としての需要が拡大していく可能性がある2019年度急成長中のプログラミング言語です。
TypeScriptでの開発が推奨されているフレームワークはAngularです。またVue.jsやNest(NestJS)、CurveballなどのフレームワークでもTypeScriptを使用することができます。

TypeScriptフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・実務でTypeScriptを利用した経験
・JavaScriptの開発経験
・Angular、Vue.js、Nest(NestJS)、Curveballなどフレームワークを利用した開発経験
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

また商流に介在する企業が増える事で手数料(中間マージン)が増えるため、10~20万単価が変動することもしばしばあります。
可能な限り浅い商流で上流から参画可能なフリーランス求人・案件を探すことが、高単価のTypeScriptフリーランス求人・案件に参画するコツと言えるでしょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではTypeScriptのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでTypeScriptフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■TypeScriptを活用するメリット
TypeScriptを活用するメリットをご説明します。
TypeScriptにはどのようなメリットがあるのかしっかり理解しましょう。


・JavaScriptとの互換性が高い
TypeScriptを活用するメリットとしてJavaScriptとの互換性が高いことが挙げられます。
TypeScriptはJavaScriptをの上位互換であるため、JavaScriptとの互換性が高くJavaScriptの開発環境や実行環境があれば、TypeScriptを楽に導入できます。


・エラーやバグを未然に防げる
TypeScriptを活用するメリットとしてエラーやバグを未然に防げることが挙げられます。
TypeScriptは静的型付け言語であるため、変数のデータ型をソースコード内で宣言可能です。
コンパイル実行時に宣言した型と割り当てた値の型が異なる場合はコンパイルエラーとなるため、エラーを未然に防げます。

・JavaScriptよりシンプルな構文
TypeScriptを活用するメリットとしてJavaScriptよりシンプルな構文であることが挙げられます。
TypeScript ではクラスを作れるため、JavaScriptと比較して可読性も高く記述しやすいです。


・豊富な情報量
TypeScriptを活用するメリットとして豊富な情報量であることが挙げられます。
TypeScript関連の不明点やスキルを向上させた場合、インターネットで検索すると数多くの情報が出てきます。さらに日本語での情報量が多く有益な情報を簡単に得ることができます。


・JavaScriptを習得している場合は学習コストが低い
TypeScriptを活用するメリットとしてJavaScriptを習得している場合は学習コストが低いことが挙げられます。TypeScriptはJavaScriptの上位互換であるため、JavaScriptを普段使っている方はTypeScriptの習得も比較的簡単にできるでしょう。


・TypeScriptフリーランス求人・案件が豊富
TypeScriptを活用するメリットとしてTypeScriptフリーランス求人・案件が豊富であることが挙げられます。
TypeScriptは上記理由により多くのWeb開発などに活用されており、TypeScriptフリーランス求人・案件が豊富です。TypeScriptフリーランス求人・案件数が多いとその分案件に参画できる可能性も高まります。


■TypeScriptを活用するデメリット
TypeScriptを活用するデメリットをご説明します。
TypeScriptの習得を検討しているフリーランスエンジニアの方などは参考にしてみましょう。


・情報量が多くない
TypeScriptを活用するデメリットとして情報量が多くないことが挙げられます。
TypeScriptは2012年リリースであり、プログラミング言語の中では比較的新しいプログラミング言語です。
そのため、JavaScriptやJavaなど他プログラミング言語と比較してインターネットなどで調べても情報が少ない傾向があります。また、TypeScriptを学習するにあたって、他の言語と比較すると日本語で読める記事が不十分であることもデメリットと言えるでしょう。


・学習コストがかかる
TypeScriptを活用するデメリットとして学習コストがかかることが挙げられます。
TypeScriptは型の強制以外にも多くの機能が搭載されておりJavaScriptよりもコーディングにおける制約が多くクラスの作り方やデータ型の設定方法など、学習することが多いです。
JavaScriptを習得している/実務で使っている方以外の方は学習コストが一定時間かかるでしょう。


■TypeScriptのリモート・在宅求人・案件について
TypeScriptのフリーランス求人・案件は、リモート・在宅求人・案件のほうが常駐求人・案件よりも多い傾向にあります。TypeScriptのリモート・在宅求人・案件が多い大きな要因として、2019年より蔓延しているコロナが影響しています。

主にTypeScriptを用いたWebページ制作、Webアプリ開発、スマホアプリ開発、ゲーム開発などのフリーランス求人・案件がリモート・在宅できるフリーランス求人・案件です。
TypeScriptスキルを活用してリモート・在宅求人・案件での参画を希望しているエンジニアは探してみましょう。
なお、TypeScriptスキルを実務で活用したことがないエンジニアは、リモート・在宅求人・案件を見つけることは難しいでしょう。
常駐でTypeScript開発を数年ほど経験し、徐々にリモート・在宅求人・案件に切り替えるようにしましょう。


■TypeScriptでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について
TypeScriptにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

TypeScriptの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在します。
また、2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にTypeScriptフリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

週2日、週3日でも月収100万円を超える、高単価なTypeScriptフリーランス案件・求人が多数あります。
週2日、週3日稼働は複数のTypeScriptフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトやサービス開発に携われたり、多種多様なエンジニアとコミュニケーションを取れます。
TypeScriptエンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

TypeScriptエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■TypeScriptフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて
TypeScriptフリーランスエンジニアとして必要スキルを身につけ、幅広くフリーランス求人・案件に参画できるようにしましょう。

・TypeScriptを中心としたフロントエンド開発周辺での経験や知識
TypeScriptフリーランスエンジニアとして、TypeScriptを中心としたフロントエンド開発周辺での経験や知識はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。

TypeScriptフリーランスエンジニアとしてフロントエンド開発の場合、TypeScript以外にJavaScript、HTML/CSS、jQuery、Sass、PHPなどフロント開発知識が必要になります。
その他TypeScriptフレームワークやライブラリ(Angular.js、React、Vue.js、NuxtJS)などの経験やPhotoShop、Illustrator、Sketch、Dreamweaver、Adobe XDなどのデザインツールの知識があるとより良いでしょう。


・UI/UXの理解
TypeScriptフリーランスエンジニアとして、UI/UXの理解はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。
Webサービスの一般化やスマホが個人所有となった現代において、ユーザーが求めるWebサービスのレベルが上がっています。そのため、多様なUXを想定したUIの設計が必要になります。

TypeScriptフリーランスエンジニアとしてUI/UX設計に柔軟に対応し、ボタンの設置場所、色、文字の入れ方、Webサイト目的の達成の容易性などを改善を加えることにより、Webサイトのコンバージョン率を向上できます。常にユーザー目線になりマーケティング思考を持ってシステム開発することでより重宝される(稼げる)TypeScriptフリーランスエンジニアになれるでしょう。

・マネジメント経験
TypeScriptフリーランスエンジニアとして、マネジメント経験はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。
システム開発の現場にはPMまたはPLがいるところが多いでしょう。顧客のニーズを踏まえたうえで開発するシステムを決定し、システム開発に必要な人員数や予算を設定することがPMの仕事です。
PLは開発などのプロジェクトを遂行する際、現場責任者の立場で参画します。

PMやPLなどマネジメント経験があるTypeScriptフリーランスエンジニアは、そのためチーム全体を俯瞰して開発を遂行できるスキルや統率力があると判断されます。
そのため参画できるフリーランス求人・案件の幅が広がり、高単価(稼げる)フリーランス求人・案件にも参画しやすくなります。

・上流工程の実務経験
TypeScriptフリーランスエンジニアとして、上流工程の実務経験はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。
一般的なサービス/システム開発には要件分析、要件定義、設計、実装、テスト、保守・運用の工程があり、要件分析から設計までが上流工程となります。
上流工程はシステムやサービス開発において仕様やコスト、期間を決定する大切な工程です。

上流工程がしっかりできていないと、開発工程での遅延や開発コストの増大、運用後のシステムトラブルなど様々な問題を引き起こす可能性が高いです。
上流工程の実務経験があることによりTypeScriptフリーランスエンジニアとして、参画できるフリーランス求人・案件の幅が広がり、高単価(稼げる)フリーランス求人・案件も参画しやすくなります。

なお、上記にTypeScriptフリーランスエンジニアの必要スキルをお伝えしましたが、上記に紹介した必要スキルを出来るだけ多く持っていることが、フリーランス求人・案件に参画を簡単にするだけでなく、高単価(稼げる)フリーランス求人・案件に参画できる近道ということを知っておきましょう。


■TypeScriptフリーランス求人・案件動向
TypeScriptはフロントやサーバーサイド開発両方出来る特徴も持っていたり、人気のプログラミング言語です。
TypeScriptのフリーランス求人・案件において、代表的な求人・案件を説明します。

・Webサイト開発
TypeScriptは、世界中のWebサイトで活用されています。
TypeScript以外にも、HTML/CSS、jQuery、PHP、WordPressを組み合わせて、ユーザビリティが高く売上が最大化されるWebサイトを作成します。

TypeScriptはWebサイト開発で使用するため、その周辺で関わっているフロントエンドエンジニア、マークアップエンジニア、Webデザイナー、Webディレクターなどが必要とするスキルです。


・スマホゲーム&スマホアプリ開発
TypeScriptは、スマホが世界的に普及してきたことによりWebサイト開発以外にも使われています。
主にスマホゲームやスマホアプリ開発などスマホ市場でTypeScript案件が増えています。

FlutterやReact Nativeなどを使用したTypeScriptフリーランス求人・案件が増えています。
TypeScriptエンジニアとして、スマホゲームやスマホアプリ開発に興味/関心があるのであれば、挑戦してみることをおすすめします。


・Webシステム開発
TypeScriptはWebアプリ開発、SaaS開発、ECサイト開発などできます。
フリーランス求人・案件によっては、高単価を獲得できるものもあります。

しかし高単価を獲得する場合、TypeScript以外にもRuby、PHP、Pythonなど複数のプログラミング言語スキルやReact、Vue.js、AngularJSなどのフレームワークスキル、ミドルウェアやインフラ周りのシステム開発周辺スキルを求められることがほとんどです。

TypeScriptフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、

・TypeScript自体での開発経験年数
・NuxtJS、Vue.js、React、React Native、AngularJSなどのフレームワークを用いた経験
・TypeScriptをスクラッチで書いた経験がある
・サービスの規模開発
・マネジメント経験や上流工程の実務経験有無

などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に通常と比べて高単価での受注が可能になる場合が多いです。


■TypeScriptのフレームワーク
TypeScriptのフレームワークはNuxtJS、Vue.js、React、AngularJSとJavaScriptでのフレームワークと同様です。
気に入っている/興味や関心があるTypeScriptフレームワークは積極的に活用していきましょう。

TypeScriptのフレームワークを紹介する前にフレームワークについて解説します。
フレームワークは、プログラミングにおいて、特定のOSのためのアプリケーション標準構造を実装することに使用されるライブラリやクラスの集合体を指します。
TypeScriptフレームワークを使うことにより短期間で効率良く開発を行うことができ、かつコスト削減やバグ減少なども効果もあります。


・React
Reactは2015年3月に登場し、Facebookで開発されたJavaScriptライブラリです。またReactをフレームワークと称されることも多いです。ReactはReact.jsやReact.JSと呼称されることもあります。

Reactの特徴としてMVCのViewに特化して、状態を保持するUIコンポーネントを簡単に作成できます。Reactはレンダリングが高速、管理がラク、見やすい設計であり、かつカスタマイズ性も長けており、大規模なアプリケーション開発に適しています。

その他Reactは高速で動作するため、SPAが十分動作可能なライブラリという特徴もあります。
ReactはFacebook、Instagram、Airbnb、Atomなどで採用されています。


・AngularJS
AngularJSは、Googleと個人や企業のコミュニティにより開発されているTypeScriptベースのフレームワークです。

AngularJSの特長は、複数のコンポーネントとしてWebアプリケーションを組み立てるコンポーネント指向で、機能単位で実装を分離が簡単であることなどが挙げられます。
AngularJSは、サーバーと連携する機能もあり、Webアプリ開発はおおよそ何でも可能です。
特にシステムの管理画面系アプリケーションやページ数が多くないWebアプリケーションに向いているでしょう。


・Vue.js
Vue.jsはEvan Youさんが開発したUI構築のためのJavaScriptフレームワークです。AngularJSやReactと比較してフレームワークの規模が小さく、学習コストが低いため多くのエンジニアに重宝されています。
Vue.jsは、MVVMを採用しレンダリングが高速かつ、ファイルサイズが軽量などの特長があります。
Vue.jsはパフォーマンスの良さからSPA開発で使用されることが多く、DeNAやGMOペパボなど企業のWebサイトなどで採用されています。

・NuxtJS
NuxtJSはモダンなWebアプリケーションを作成するVue.jsがベースになったJavaScriptフレームワークです。
NuxtJSは、UIなどフロントエンド向けのフレームワークであるVue.jsに対し、UI以外の部分でWebアプリケーション開発に必要な機能が最初から組み込まれています。
NuxtJSの特徴として、Universalモード、SPAモード、Generateモードの3つのモードで柔軟にサイトを設計できること、学習コストがあまり掛からないことなどが挙げられます。
近年注目されてつつあるフレームワークでもあり、TypeScriptフリーランスエンジニアは習得を検討してみることをおすすめします。


■TypeScript習得難易度・勉強方法について
TypeScriptの人気について日本はもちろんのこと、世界で年々注目されている開発言語です。
TypeScriptは、GitHubPullRequestにて2019年1月~3月統計にて第7位であり、3年前は10位という結果が出ています。
TypeScriptは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては習得しやすい言語ですが、JavaScriptよりは習得難易度が高いでしょう。
TypeScriptはJavaScriptと比較して短く読みやすいコードが記述できること、Visual Studioで開発出来ることなどが習得しやすいメリットです。
しかしTypeScriptは、近年人気が出ていた開発言語であるため日本語の情報が少なく学習しづらいというデメリットがあります。
TypeScriptは基本的にJavaScriptに準拠しているためJavaScriptの知識があれば可読性は高い言語です。
JavaScriptは初心者でも習得しやすい開発言語であるため、JavaScriptを習得した後TypeScriptを習得する順番の方が良いでしょう。

TypeScript学習時間や学習コストについて、PHPやRubyなど他プログラミング言語と比較して時間が掛かる可能性もありますが、習得しやすいでしょう。
TypeScriptはAngular、Vue.js、Nest(NestJS)、Curveballなどのフレームワークを使用するフリーランス求人・案件が多数あります。
そのため、TypeScript自体の仕組みやAngular、Vue.js、Nest(NestJS)、Curveballなどのフレームワークを学習する時間が必要であり、最初に学ぶプログラミング言語としては習得に時間が多少かかってしまう可能性があります。
近年、オンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でTypeScriptを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
TypeScriptを始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、TypeScriptに関する参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かります。

TypeScript習得難易度や学習コスト、学習時間などを考慮すると、TypeScript習得に関して初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては習得しやすい言語ですが、JavaScriptよりは習得難易度が高いでしょう。

なお、TypeScript習得を希望するエンジニアは、まず周辺でTypeScriptに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、JavaScriptから習得してみる、TypeScript関連の記事を読んでみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。

TypeScriptはWebアプリ開発、Webシステム開発、スマホアプリ開発、人工知能(AI)関連開発、IoT関連開発などフリーランス求人・案件数も他言語と比較して、非常に豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するでしょう。
特にJavaScript、CoffeeScript、C言語などのプログラミング言語はTypeScript習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■JavaScriptフリーランス求人・案件参画するために役立つ資格について
JavaScriptには、国家資格と民間資格があります。
JavaScript求人・案件の獲得に役立つ1つの資格をご紹介します。

・CIW JavaScript スペシャリスト
CIW JavaScriptスペシャリストは国家資格であり、世界で認められている資格です。受験料はおよそ150米ドルであり、JavaScript以外にもPerlやHTML5の資格も存在しています。
JavaScriptを使って仕事ができることを証明する資格となりますので、自分の能力をアピールしやすくなるでしょう。

TypeScriptの資格取得は良いことですが、TypeScriptの求人や案件への参加という目標を見失わないように注意しましょう。
TypeScriptのスキルは資格取得によって証明できますが、最も重要なことは、TypeScriptの実務経験やTypeScript開発で必要になる周辺技術に関する開発スキルを持っていることです。
そのため、TypeScriptの資格は実務経験がある程度ある方や時間に余裕がある方におすすめできます。
実務未経験でありながら、TypeScriptエンジニアとして資格取得を最優先に考えることは控えましょう。
絶対にTypeScript関連の資格取得を望んでいる方は、すぐに行動するのではなく、様々な情報を調べて自分で考えた上で行動を開始することが大切です。


■TypeScriptフリーランス求人・案件の見つけ方
TypeScriptフリーランスエンジニアになったけれど、他のTypeScriptフリーランスエンジニアがどのようにして求人や案件を見つけているのか気になる方は、この記事が役立ちます。


・フリーランスエージェントを利用する
TypeScriptフリーランスエンジニアとして、フリーランスエージェントを通じてフリーランス求人や案件を見つけましょう。
フリーランスエージェントに所属する専門のコーディネーターが、開発スキルや希望条件に合った求人や案件を丁寧にサポートしてくれます。

経験豊富なTypeScriptフリーランスエンジニアから初心者まで、幅広い層がフリーランスエージェントを利用しています。

フリーランス求人や案件を効率的に探したい方や、長期間にわたって案件に取り組みたい方は、フリーランスエージェントに登録しておくことをお勧めします。
また、一部のエージェントでは、正社員並みの保険加入や確定申告のサポート、技術向上のための勉強会や定期的な交流会など、充実した福利厚生が用意されています。
TypeScriptフリーランスエンジニアとして、もし働けなくなったり保険が必要になったりした場合を考慮して、充実した保険や福利厚生を提供するフリーランスエージェントを選びましょう。


・オンラインプラットフォームを利用
TypeScriptフリーランスエンジニアとして、SNSやオンラインプラットフォームを利用してフリーランスの仕事やプロジェクトを見つけましょう。
Twitter、Facebook、LinkedInなどのSNSや自身のウェブサイトを作成し、オンライン上で経歴や実績、ポートフォリオを公開することで、個人や企業から直接フリーランスの仕事やプロジェクトのオファーが来ることがあります。

特にTwitterでは、最近TypeScriptフリーランスエンジニアを探している企業が増えています。
経歴や開発実績、ポートフォリオを公開していることで、SNSを利用している企業の採用担当者が事前にあなたを評価し、自分のスキルや希望に合ったフリーランスの仕事やプロジェクトを紹介してくれることがあります。

さらに、SNSの利用はフリーランスエージェントとは異なり、仲介手数料がかからず無料で使えます。そのため、その分TypeScriptフリーランスエンジニアに報酬が還元されることがあります。
自分(TypeScriptフリーランスエンジニア)の存在を多角的にアピールし、フリーランスの仕事やプロジェクトを得るチャンスを増やしましょう。


・繋がりを使って求人情報を得る
TypeScriptフリーランスエンジニアとして、知人や人脈を活用してフリーランスの仕事やプロジェクトを見つけましょう。
友人、知人、以前の職場の同僚などに、TypeScriptフリーランスエンジニアとして独立しており、フリーランスの仕事を探していることを周知しておくと、役に立つ情報がもらえることがあります。

知人や友人、前職の同僚からフリーランスの仕事やプロジェクトの紹介を受けられると、エージェントを介さず、仲介手数料がかからないため、比較的高い報酬で参加できる可能性があります。また、場合によってはすぐに参加できることもあります。

ただし、紹介されたフリーランスの仕事やプロジェクトは知人や友人、前職の同僚からの紹介であるため責任が伴います。そのため誠実に取り組み、他人の期待に応えられるよう注意しましょう。


・クラウドソーシングサービスを利用した活動
TypeScriptフリーランスエンジニアとして、クラウドソーシングプラットフォームを使ってフリーランスの仕事やプロジェクトを見つけましょう。
主要なクラウドソーシングプラットフォームには、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラ、タイムチケットなどがあります。

TypeScriptフリーランスエンジニアとして、自身のスキルセットを登録することで、TypeScriptを使用したフリーランスの仕事やプロジェクトを検索し、応募して参加できます。
自分のスキルに適合する、または希望するフリーランスの仕事やプロジェクトを見つけることができ、スキルアップにつながる可能性があるため、非常に魅力的です。

ただし、一回限りの短期間の仕事が多く、高額報酬のフリーランスの仕事やプロジェクトは少ないため、半年や1年以上の長期間のフリーランスの仕事やプロジェクトを探している人や、すぐに収入を得たいと考えているTypeScriptフリーランスエンジニアにはおすすめしません。

経験を重ねたい、または実績を積み上げたいと考えている比較的経験が浅いTypeScriptフリーランスエンジニアには適した選択でしょう。


■TypeScriptフリーランスエンジニアは収入が低いのか?
このページで示されている「TypeScriptのフリーランス求人・案件 月額単価相場」を確認していただくと分かりますが、平均単価や中央値単価は75万円以上と高額です。
そのため、TypeScriptフリーランスエンジニアが稼げないわけではありません。

ただし、開発経験が1年以上あることや、「TypeScriptフリーランス求人・案件に参加するために必要なスキル」で説明したスキルを持っていない場合、TypeScriptフリーランスエンジニアとして平均単価や中央値単価を得ることは難しいでしょう。

その理由は、TypeScriptフリーランスエンジニアを含むフリーランスエンジニアを雇用している企業が即戦力を望んでいるからです。フリーランスエンジニアは正社員エンジニアに比べて高収入を得ている人が多いですが、実力が評価される市場です。

TypeScript開発経験が豊富なフリーランスエンジニアでも、常に進化する市場状況を定期的に把握したり、最新のスキルやトレンドに沿ったスキルを自主的に習得しなければ、すぐに収入が減る可能性があります。
収入を得られるTypeScriptフリーランスエンジニアになるために、以下のアクションを実施しましょう。


・実績を重ねることで経験を積む
TypeScriptフリーランスエンジニアとして収入を増やすためには、開発経験や実績を積み重ねましょう。
特にフリーランスの世界では実力が重視されるため、実績を築かなければフリーランスエンジニアの仕事やプロジェクトを獲得する基盤ができません。
今後どのようなフリーランスエンジニアの仕事やプロジェクトに取り組みたいかを明確にし、その開発プロジェクトで必要とされる実績を積んでいきましょう。
また、目標がまだ定まっていないフリーランスエンジニアは、最初は報酬が低くても簡単なタスクから始めて、経験や実績を積んでいくことが重要です。


・スキルを向上させる
TypeScriptフリーランスエンジニアとして収入を増やすためには、スキルを向上させましょう。
前述のように、フリーランスエンジニアは常にスキルを磨き、技術を向上させている必要があります。
特に技術関連のWebサイトやITニュースサイトを読むことや、オンラインで学べるWebサイトを活用することが重要です。
さらにTypeScriptフリーランスエンジニアとして、勉強会や交流イベントに参加し、人脈を築くこともスキル向上の一環です。自分だけでは解決できない問題があった際に相談したり、有益な情報を互いに共有できます。

収入を得られるTypeScriptフリーランスエンジニアを目指すためには、スキルの向上が欠かせません。


■TypeScriptの市場動向やニーズについて
TypeScriptの需要は今後も拡大していくことが予想されます。
TypeScriptの人気について日本はもちろんのこと、世界で年々注目されている開発言語です。

TypeScriptは、GitHubPullRequestにて2022年第4期の統計にて第6位であり、6年前は10位という結果が出ています。
TypeScriptは上記のことから世界で人気のある言語ということがわかります。

TypeScriptはWebアプリ開発、Webシステム開発、スマホアプリ開発など幅広く活用することができ、フリーランス求人・案件も増加傾向にあります。
TypeScriptはGoogle、Microsoftなど世界の優良企業で活用されています。

年々ニーズが増しており、簡単に動作させることができ、学習コストが低いことから、これからWeb系フリーランス求人・案件に携わりたいフリーランスエンジニアは学習しておいて損はないでしょう。
TypeScriptはAngularJS、Vue.js、NestJSなど人気のフレームワークがあり、それらを用いて開発することも多いです。TypeScriptを含む開発言語で活用されるフレームワークはトレンドの移り変わりが非常に早いです。
そのため常に最新のTypeScript動向を追いかけて行く必要があるでしょう。