Vue.jsの求人・案件一覧

Vue.jsのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

72.7万円

中央値単価

70万円

最高単価

165万円

最低単価

20万円

全12651件中1-50件を表示中

全12651件中1-50件を表示中

Vue.jsのフリーランス案件に関するよくある質問

Vue.jsのフリーランス案件は高単価ですか?

Vue.jsのフリーランス案件の最高単価は165万円で、平均単価は72.7万円です。 Vue.jsのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は864~1,980万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のVue.jsの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるVue.jsのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Vue.jsのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Vue.jsの募集中フリーランス案件数は974件、累計掲載案件は12,651件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のVue.jsのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Vue.jsのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Vue.jsの募集中リモート案件数は427件、累計掲載案件は6,530件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるVue.jsのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Vue.jsのフレームワーク別募集中案件数推移

Vue.jsのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2023年12月がJavaScript8,831件、2024年1月がJavaScript7,513件、2024年2月がJavaScript9,458件、2024年3月がJavaScript11,714件、2024年4月がJavaScript10,162件、2024年5月がJavaScript8,985件となっています。
Vue.jsのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しJavaScriptは1177件(-12%)の大幅な減少となっています。
(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Vue.jsのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Vue.jsのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが2846件、レバテッククリエイターが1103件、テックビズフリーランスが1051件、テックリーチが535件、ギークスジョブが438件、プロエンジニア(ProEngineer)が345件、アットエンジニアが330件、Midworksが302件、TechStockが258件、PE-BANKが252件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Vue.jsのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、レバテッククリエイター、テックビズフリーランスであることがわかります。
Vue.jsのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、レバテッククリエイター、テックビズフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Vue.jsのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Vue.jsのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとMidworksが250件、レバテッククリエイターが150件、プロエンジニア(ProEngineer)が51件、テックビズフリーランスが25件、ギークスジョブが19件、IT@JOBが12件、PE-BANKが5件、テックリーチが4件、エンジニアルーム(Engineer Room)が3件、案件ユートピアが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Vue.jsのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはMidworks、レバテッククリエイター、プロエンジニア(ProEngineer)であることがわかります。
Vue.jsのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はMidworks、レバテッククリエイター、プロエンジニア(ProEngineer)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Vue.jsのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Vue.jsのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが115万円、GEEK JOB フリーランスが111万円、DYMテックが100万円、meetX FREELANCEが95万円、案件ユートピアが90.2万円、HiPro Tech(ハイプロテック)が87.5万円、Relance(リランス)が86万円、ギークスジョブが85.6万円、プロエンジニア(ProEngineer)が83.1万円、1 on 1 Freelanceが81.8万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
月額単価の高いVue.jsのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、GEEK JOB フリーランス、DYMテックであることがわかります。
Vue.jsのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、GEEK JOB フリーランス、DYMテックを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Vue.jsのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Vue.jsのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が5579件、週4日が1643件、週3日が1201件、週2日が230件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Vue.jsのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるVue.jsのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Vue.jsのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Vue.jsのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が7832件、大阪府が543件、福岡県が288件、兵庫県が158件、神奈川県が145件、埼玉県が135件、愛知県が106件、群馬県が30件、京都府が28件、北海道が27件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Vue.jsのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、福岡県に最も集中している事がわかります。
Vue.jsのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、福岡県あたりが良いでしょう。

Vue.jsのフリーランス求人・案件数の推移

Vue.jsの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が2537件、2024年1月が2026件、2024年2月が2454件、2024年3月が3089件、2024年4月が2417件、2024年5月が2502件となっています。Vue.jsのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、85件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Vue.jsのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Vue.jsの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が1129件、2024年1月が964件、2024年2月が1327件、2024年3月が1522件、2024年4月が1348件、2024年5月が1184件となっています。Vue.jsのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、164件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Vue.jsのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Vue.jsのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2023年12月が72.5万円、2024年1月が72.3万円、2024年2月が72.4万円、2024年3月が72.5万円、2024年4月が72.7万円、2024年5月が72.7万円となっています。Vue.jsのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Vue.jsのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Vue.jsのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2023年12月が869.5万円、2024年1月が867.9万円、2024年2月が868.3万円、2024年3月が869.8万円、2024年4月が872.5万円、2024年5月が872.1万円となっています。Vue.jsのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.4万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Vue.jsの常駐案件・リモートワーク案件割合

Vue.jsの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1185件(60.3%)、常駐案件が779件(39.7%)となっており、Vue.jsフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

Vue.jsのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Vue.jsのフリーランス求人・案件について

Vue.jsのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
Vue.jsのフリーランス求人・案件の平均単価は72.7万円、中央値単価は70万円、最高単価は165万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Vue.jsのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Vue.js経験1年未満:35万円前後 (年収420万円)
・Vue.js経験1年~2年:42万円前後 (年収504万円)
・Vue.js経験2年~3年:60万円前後 (年収714万円)
・Vue.js経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・Vue.js経験5年以上:84万円前後 (年収1008万円)

Vue.jsについて
Vue.jsはUIを構築するためのオープンソースのJavaScriptフレームワークです。
MVVMフレームワークではView・Model・ ViewModel の3つでアプリケーションを構築します。
主にVue.jsはシンプルを追求しています。MVVMを採用している有名なフレームワークとして、他にKnockout.jsがあります。Vue.jsはKnockout.jsより理解しやすくシンプルなAPIを提供してます。またVue.jsのいくつかのAPIはAngularJSからの影響も受けています。特にVue.jsは双方向データバインディングを実現することに特化しており、とてもシンプルにわかりやすく記述することが出来ます。
機能はAngularJSやKnockout.jsより少ないですが、そのシンプルゆえ学習コストも低く、簡単にフレームワークを習得できます。
さらに他のライブラリと組み合わせるのがとても簡単で、例えばVue.jsにはURLのルーティングを行う機能がありませんが、ルーティング機能を実現したい場合にはpage.jsやDirectorを使うことで可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではVue.jsのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでVue.js求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Vue.jsを活用するメリット

Vue.jsを活用するメリットをご説明します。
Vue.jsにはどのようなメリットがあるのかしっかり理解しましょう。

・軽量性
Vue.jsを活用するメリットとして軽量性であることが挙げられます。Vue.jsは、他の主要なフレームワークに比べてファイルサイズが小さく、高速なパフォーマンスを実現しています。これにより、Vue.js案件やVue.js副業での開発効率が向上します。

・学習のしやすさ
Vue.jsを活用するメリットとして学習のしやすさが挙げられます。Vue.jsはシンプルな構造であり、HTML、CSS、JavaScriptの基本的な知識があれば容易に習得することができます。Vue.jsフリーランスやVue.js求人に応募する際、短期間でスキルを身に付けることが可能です。

・豊富なプラグインとコミュニティ
Vue.jsを活用するメリットとして、豊富なプラグインと活発なコミュニティが挙げられます。Vue.jsでは数多くのプラグインが提供されており、簡単に機能追加ができます。また、世界中の開発者が参加するコミュニティが活発で、情報交換やサポートが容易に得られます。


■Vue.jsを活用するデメリット

Vue.jsを活用するデメリットをご説明します。
Vue.jsの習得を検討しているフリーランスエンジニアの方などは参考にしてみましょう。

・大規模プロジェクトへの適用性
Vue.jsを活用するデメリットとして、大規模プロジェクトへの適用性が挙げられます。Vue.jsはシンプルな構造のため、大規模なプロジェクトでは他のフレームワークに比べて管理が難しくなることがあります。

・プラグインやライブラリの選択肢
Vue.jsはReactやAngularと比較すると、まだ新しいフレームワークであるため、利用可能なプラグインやライブラリの選択肢が限られている場合があります。これにより、必要な機能を追加する際に適切なプラグインやライブラリが見つからず、開発が難航することがあります。

・公式ドキュメントの質
Vue.jsを活用するデメリットとして、公式ドキュメントの質が挙げられます。Vue.jsの公式ドキュメントは充実していますが、一部に英語のままの箇所や未翻訳の部分が存在し、理解が難しい場合があります。このため、Vue.jsの習得を検討しているフリーランスエンジニアやVue.js案件に取り組む際に、ドキュメントを読む際に若干の不便が生じることがあります。


■Vue.jsフリーランスエンジニアが参画できるフリーランス求人・案件の種類

・Webアプリ開発求人・案件
Vue.jsフリーランスエンジニアとして、Webアプリ開発求人・案件はVue.jsフリーランス求人・案件の中でも携わることが多いでしょう。Vue.jsは柔軟性と拡張性が高いフロントエンドフレームワークであるため、企業規模や業界を問わず、様々なWebアプリ開発に活用されています。

・SPA開発求人・案件
Vue.jsフリーランスエンジニアとして、SPA開発求人・案件に携わることができるでしょう。Vue.jsはコンポーネント指向であり、リアクティブなデータバインディングが特徴で、SPAの開発が容易になります。これにより、ユーザーに快適なインターフェースを提供するWebアプリケーション開発が可能です。

・PWA開発求人・案件
Vue.jsフリーランスエンジニアとして、PWA開発求人・案件に携わることができるでしょう。Vue.jsを用いた開発において、PWA(プログレッシブウェブアプリ)を実装することで、ネイティブアプリに近い高品質なユーザーエクスペリエンスを提供することができます。また、インターネット接続が不安定な状況でも動作するアプリケーションを開発することが可能です。

・CMS開発求人・案件
Vue.jsフリーランスエンジニアとして、CMS開発求人・案件に携わることができるでしょう。Vue.jsのコンポーネントベースの開発スタイルは、CMSのカスタムテンプレートやプラグイン開発に適しています。このため、ウェブサイトやブログ、Eコマースプラットフォームなどのコンテンツ管理システムを構築する際にVue.jsが活用されることがあります。

・データビジュアライゼーション求人・案件
Vue.jsフリーランスエンジニアとして、データビジュアライゼーション求人・案件に携わることができるでしょう。Vue.jsはデータ駆動型のフロントエンドフレームワークであり、データの視覚化に適したライブラリとの組み合わせが容易です。そのため、ダッシュボードやレポート、インタラクティブなチャートなど、データビジュアライゼーションに関連する開発案件でVue.jsが活用されることがあります。

・ハイブリッドアプリ開発求人・案件
Vue.jsフリーランスエンジニアとして、ハイブリッドアプリ開発求人・案件に携わることができるでしょう。Vue.jsはCordovaやIonicなどのハイブリッドアプリ開発フレームワークとの組み合わせが容易で、iOSとAndroidの両方で動作するハイブリッドアプリの開発に適しています。また、開発速度の向上やコスト削減が期待できるため、企業がハイブリッドアプリ開発案件でVue.jsを選択することがあります。


■Vue.jsフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅状況

Vue.jsは、Webアプリケーション開発やSPA開発、データビジュアライゼーション案件、ハイブリッドアプリ開発など幅広く活用されているフロントエンドフレームワークです。

Vue.jsを用いたWebアプリケーション開発、SPA開発、データビジュアライゼーション案件、ハイブリッドアプリ開発などのフリーランス求人・案件では、リモートワークや在宅・持ち帰りが比較的容易で、多くの現場で増えています。ただし、セキュリティや機密情報保持が重要なプロジェクトでは、リモートワークや在宅・持ち帰りが制限されることもあります。

今後、Vue.jsを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化はさらに増加していくことが予想されます。その理由として、新型コロナウイルスの影響やテクノロジーの発展が挙げられます。Slack、Chatwork、Zoom、Google Hangouts、Boxなどのクラウド技術や5Gの普及により、リモートワーク・在宅・持ち帰りでも円滑にプロジェクトを進める環境が整っています。

Vue.jsフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、Webアプリケーション開発、SPA開発、データビジュアライゼーション案件、ハイブリッドアプリ開発などの分野を検討してみることをおすすめします。


■Vue.jsでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について

Vue.jsにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

Vue.jsの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在し、副業解禁以降、Vue.jsフリーランス求人・案件数が徐々に増加している傾向があります。

週2日、週3日稼働でも、月額単価100万円以上の高単価なVue.jsフリーランス案件・求人が多数あります。複数のVue.jsフリーランス求人・案件に参加できることで、さまざまなプロジェクトやサービス開発に携わり、多様なエンジニアとコミュニケーションを取ることが可能です。これにより、Vue.jsエンジニアとして開発スキルの向上や、常駐求人・案件と比較してより多くの開発実績・経験を積むことができます。

Vue.jsエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参加したい方や、より豊富な開発実績・経験を積みたい方は、週2日、週3日のフリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■Vue.jsフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

Vue.jsフリーランスエンジニアにとって、高収入を獲得するため必要なスキルを解説していきます。

・プログラミング言語スキル
Vue.jsフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、Vue.js自体の開発経験、フロント開発やサーバーサイド開発経験やその周辺で必要になる開発知識/スキルです。

Vue.jsフリーランスエンジニアとしてVue.js(プログラミング言語)以外にもJavaScript、HTML/CSS、React、Angularなど、他プログラミング言語を習得しておくと良いでしょう。
Vue.js開発周辺で頻繁に用いられるスキルを多く持ち合わせておくと希少性の高いVue.jsフリーランスエンジニアとして企業側に評価されやすいでしょう。

例えばVuex、Vue Router、Nuxt.jsなどのVue.js周辺ライブラリ・フレームワークを使用した実務経験/知識、Node.js、Express.js、MongoDBなどバックエンド開発で用いられる実務経験/知識、Webpack、Babel、ESLintなどのツールを用いた実務経験/知識、Docker、Git、CI/CDパイプラインの構築などのミドルウェア関連の実務経験/知識、Windows、UNIX、iOS、AndroidなどのOS知識、AWS、Azureを用いた実務経験/知識などがあります。

またSlack、GitHub、Jira、Trelloなどのツールの使用経験や知識があるとより歓迎されます。
さらにVue.jsフリーランスエンジニアとしてその他、チームリーダーやPM(プロジェクトマネージャー)など上流工程での経験、チームマネジメント経験があることが望ましいでしょう。

・論理的思考力
Vue.jsフリーランスエンジニアとして活躍をするにあたって必要になるスキルは、論理的思考力です。
ここでいう論理的思考力とは様々な種類の情報を重要度や意味によって分類したり、情報同士の間に「全体と部分」や「原因と結果」などの関係を見いだしたりする「構造化」の能力を指します。

この論理的思考力はVue.jsフリーランスエンジニアにとって、必要ではなく、システム開発を行うエンジニア全てに必要なスキルになります。
システム構造は、順序立てられており設計するために論理的な考え方が必要です。

つまりシステム開発において、システム間の関係を把握したり、効率的な実行フローを考察したりすることは大切なことです。
そのため、Vue.jsフリーランスエンジニアとして論理的思考力は必要なスキルになるのです。

・コミュニケーションスキル
Vue.jsフリーランスエンジニアにとって年収アップに必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。
Vue.jsフリーランスエンジニアは、他エンジニアやチームリーダー、PM(プロジェクトマネージャー)とのコミュニケーションが大切な職業です。つまり開発チームに所属しながら、協調して働くことが求められます。

Vue.jsフリーランスエンジニアとして、年収アップを望むのであればコミュニケーションスキルを向上させることが必要です。

・上流工程の実務経験
Vue.jsフリーランスエンジニアとして、上流工程の実務経験はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。
一般的なシステム/サービス開発には、要件分析、要件定義、設計、実装、テスト、保守・運用といった工程があります。そのなかでも要件分析から設計までが上流工程です。

上流工程はシステムやサービス開発において仕様やコスト、期間を決定する大切な工程です。上流工程がしっかりできていないと、開発工程での遅延や開発コストの増大、運用後のシステムトラブルなど様々な問題を引き起こす可能性が高いです。
上流工程の実務経験があることによりVue.jsフリーランスエンジニアとして、参画できるフリーランス求人・案件の幅が広がり、高単価(稼げる)フリーランス求人・案件も参画しやすくなります。


■Vue.jsフリーランスエンジニアとして開発経験年数別のアドバイス

✔開発経験1年未満のVue.jsフリーランスエンジニア
開発経験1年未満のVue.jsフリーランスエンジニアは、Vue.jsの基本概念や構文を理解することが重要です。また、HTML/CSS、JavaScriptなどのクライアントサイドのプログラミング言語やマークアップ言語も同時に学習しましょう。

Vue.jsに関するドキュメントやチュートリアルを読んだり、オンライン学習サービスを利用して質問をしたりすることで、効果的に学習が進められます。

✔開発経験1〜4年のVue.jsフリーランスエンジニア
開発経験1〜4年のVue.jsフリーランスエンジニアは、Vue.jsを使った実際のプロジェクトを作成し、その中でコンポーネントの設計や状態管理、ルーティングなどの技術を習得しましょう。また、Vue.jsのエコシステムにおける主要なライブラリやツール(Vuex、Vue Router、Nuxt.js等)を学習し、実践的な知識を身に付けることが重要です。

実際にプロジェクトを作成し、第三者のフィードバックをもらうことで、Vue.jsフリーランスエンジニアとしてのスキルが向上します。

✔開発経験5年以上のVue.jsフリーランスエンジニア
開発経験5年以上のVue.jsフリーランスエンジニアは、Vue.jsのソースコードを解析し、バグの修正や新機能の開発に取り組むことで、さらなるスキル向上が期待できます。また、Vue.jsコミュニティに積極的に参加し、情報共有やコードのレビューを行うことで、自身の知識や経験を他のエンジニアと共有しましょう。

さらに、Vue.jsフリーランスエンジニアとして高単価の求人・案件に挑戦するためには、他のフレームワークや技術(React、Angular、TypeScript等)も学習し、幅広い知識を身に付けることが重要です。また、自身の知識や経験を他のVue.jsフリーランスエンジニアに教えることで、さらなるスキル向上が期待できます。


■Vue.jsのフリーランス求人・案件の探し方

Vue.jsフリーランスエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
Vue.jsフリーランスエンジニアとして独立したけど、他Vue.jsフリーランスエンジニアの人がどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。

・フリーランスエージェントの活用
Vue.jsフリーランスエンジニアとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
フリーランスエージェントに在籍している専門コーディネーターが、開発スキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを手厚くサポートしてくれます。

Vue.jsフリーランスエンジニアとして、Vue.jsスキルの開発経験が浅い方から10年以上開発スキルがあるベテランの方まで、非常に幅広いフリーランスエンジニア層の方が活用しています。

フリーランス求人・案件探しを効率良く行いたい方や継続的にフリーランス求人・案件に参画をしたい方など登録しておくべきでしょう。
また、フリーランスエージェントによっては正社員と同様の保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。

Vue.jsフリーランスエンジニアだからこそ、万が一働けなくなった場合や保険が必要になる場合を想定し、保険や福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。

・クラウドソーシングサービスの活用
Vue.jsフリーランスエンジニアとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。代表的なクラウドソーシングサービスはクラウドワークスやランサーズ、ココナラ、タイムチケットなどあります。

Vue.jsフリーランスエンジニアとして、自分の開発スキルを登録するだけでVue.jsを活用したフリーランス求人・案件を探せたり応募して参画できます。
自分の開発スキルに合ったもしくは希望するフリーランス求人・案件を探すことができ、ステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。

ただし、高単価フリーランス求人・案件はほとんどなく、また単発での仕事が豊富であるため半年や1年以上などの中長期的なフリーランス求人・案件への参画を検討している方はあまりおすすめしません。
経験を積みたいもしくは実績を構築したいと考えている/計画している比較的実務経験の浅いVue.jsフリーランスエンジニアには適しているでしょう。

・SNSを含むオンラインを活用
Vue.jsフリーランスエンジニアとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSやWebサイトを自分で開設しオンライン上に経歴や実績、ポートフォリオを公開しておくことで、個人や企業から直接フリーランス求人・案件を受け取れる可能性もあります。

現在ではTwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを開設し、そこから即戦力になりそうなVue.jsフリーランスエンジニアを探している企業は非常に多いです。
経歴や実績、ポートフォリオを公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力や希望に見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれる可能性もあるでしょう。

多角的に自分(Vue.jsフリーランスエンジニアとして)の存在を発信し、フリーランス求人・案件を受注できる幅を広げましょう。

・知人など人脈を活用
Vue.jsフリーランスエンジニアとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
知人や友人、前職がエンジニアとして働いている方の場合は前職の同僚も含め、Vue.jsフリーランスエンジニアとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを伝えておけば、有益な情報をくれる可能性は高まるでしょう。

知人や友人、前職の同僚などからフリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントのように仲介手数料が掛からないため、比較的高単価で参画できる可能性があったり、場合によっては即日参画できるでしょう。
ただし知人や友人、前職の同僚の方から紹介されたフリーランス求人・案件ですので、ある程度の責任が伴います。そのため、誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。


■Vue.jsフリーランスエンジニアは稼げないの?

このページにて表示されている「Vue.jsのフリーランス求人・案件 月額単価相場」をご覧いただくとわかりますが、平均単価や中央値単価は70万円以上と比較的高い単価です。
そのためVue.jsフリーランスエンジニアとして稼げないことはありません。

しかし、最低でも開発経験1年以上や「Vue.jsフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキル」でお伝えしたスキルが備わっていない方はVue.jsフリーランスエンジニアとして平均単価や中央値単価を稼ぐことはできないでしょう。

その理由として、Vue.jsフリーランスエンジニアを含むフリーランスエンジニアを採用している企業は即戦力を求めているためです。フリーランスエンジニアは正社員エンジニアよりも稼げている方が多いですが、実力主義の市場です。

Vue.js開発経験の豊富なフリーランスエンジニアの方でも、常に変化する市場動向を定期的にキャッチアップしたり、最新スキルやトレンドスキルを自ら習得したりと継続的に努力を怠ると中長期的には稼げなくなるでしょう。

稼げるVue.jsフリーランスエンジニアになるため、まず以下のことを実践しましょう。

・スキルアップを行う
Vue.jsフリーランスエンジニアとして稼ぐためにはスキルアップを行いましょう。
前述した通り、フリーランスエンジニアは常にスキルアップを目指し、技術を磨いています。

特に技術系サイトやITニュースサイトの閲覧、オンライン学習できるWebサイトの活用は重要です。
またVue.jsフリーランスエンジニアとして、勉強会や交流会に参加し人脈を作ることもスキルアップの1つです。自分だけでは解決できない課題がある際に聞いたり、有益な情報を共有し合ったりできます。

高単価案件にはよく使われているVue.jsのフレームワークやVue.js関連スキルがあるはずです。
そのため、より効率よく高単価を獲得する方法は単価が高い案件の共通項を見つけると良いでしょう。稼げるVue.jsフリーランスエンジニアを目指すのであれば、スキルアップは重要な要素です。

・開発経験などの実績を積み上げる
Vue.jsフリーランスエンジニアとして稼ぐためには開発経験などの実績を積み上げましょう。
特にフリーランス市場は実力主義であるため、実績を積み上げないと、フリーランス求人・案件を獲得する土台には上がれません。

将来的にどのようなフリーランス求人・案件に参画したいのかを設定し、その開発案件で必要になるであろう実績を積んでいきましょう。
また、目標がまだ定まっていないフリーランスエンジニアの方は、最初のうちは報酬単価の低い簡単な仕事でも、とにかくやってみて経験や実績を積んでいきましょう。


■Vue.jsの市場動向やニーズについて

Vue.jsエンジニアは、今後もIT市場で活躍し続けるであろうと予測されます。その理由としては、Vue.jsが他のフレームワークと比較しても優れた柔軟性とパフォーマンスを持っていることや、Vue.jsのエコシステムが日々成長していることが挙げられます。以下では、これらの理由を具体的なデータと共に詳しく解説していきます。

まず、Vue.jsは他のフレームワーク(例えば、ReactやAngular)と比較して、独自の柔軟性とパフォーマンスを持っています。Vue.jsはエンジニアが簡単にアプリケーションを構築できるように、直感的なAPIとシンプルな構文を提供しています。また、Vue.jsは仮想DOMを利用しているため、アプリケーションの更新が高速で行えることが特徴です。このような特性から、Vue.jsは開発者にとって魅力的なフレームワークであり、ますます多くのプロジェクトで採用されていることが予想されます。

さらに、Vue.jsのエコシステムは日々成長しており、多くのプラグインやツールが開発されています。これにより、エンジニアはVue.jsを用いたアプリケーション開発をより効率的に行えるようになっています。また、Vue.jsはオープンソースであり、世界中のエンジニアがコミュニティに参加して機能の改善やバグの修正に貢献しています。このような活発なコミュニティとエコシステムがあることから、Vue.jsは今後もIT市場での競争力を維持していくことが期待されます。

具体的なデータとしては、GitHubでのスター数やnpmでのダウンロード数がVue.jsの普及と成長を示しています。例えば、2023年5月時点で、Vue.jsのGitHubリポジトリはスター数が203,000以上であり、これはReactでの207,000に近い数値です。また、npmでのダウンロード数も増加傾向にあり、2021年には月間300万回以上のダウンロードがあることが報告されています。

その他、AI(人工知能)、IoT、5G、ビッグデータ、ブロックチェーン、xRなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点より、Vue.jsエンジニアを含むITエンジニアは人材不足に陥る可能性が高いです。
2030年までに79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があるとも言われています。

この人材不足から、エンジニアの絶対数が足りていないことがわかります。
Vue.jsを含むエンジニアにおいてニーズが拡大していく可能性は高いです。