Rubyの求人・案件一覧

Rubyのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

72.1万円

中央値単価

75万円

最高単価

150万円

最低単価

30万円

Rubyのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
Rubyのフリーランス求人・案件の平均単価は72.1万円、中央値単価は75万円、最高単価は150万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Rubyのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Rubyのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Rubyのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが174件、ギークスジョブが152件、テクフリが113件、A-STAR(エースター)が106件、techtreeが91件、フォスターフリーランスが47件、ビズリンクが43件、TechStockが40件、スキルコネクトが33件、Midworksが31件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Rubyのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、ギークスジョブ、テクフリであることがわかります。
Rubyのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、ギークスジョブ、テクフリを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Rubyのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Rubyのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1138件、大阪府が30件、福岡県が25件、神奈川県が18件、広島県が8件、埼玉県が3件、千葉県が3件、京都府が3件、長崎県が2件、宮城県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Rubyのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、福岡県に最も集中している事がわかります。
Rubyのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、福岡県あたりが良いでしょう。

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Rubyのフリーランス求人・案件について

Rubyについて
Rubyは、1993年にまつもとゆきひろ氏により開発初心者な方でも本格的なプログラミングが楽しめるようにと開発されたプログラミング言語です。
現在、最もメジャーに利用されているフレームワークは2005年にリリースされたRuby on Railsで、その他にもSinatra、Merb、Wavesなどがあります。
Rubyで開発された有名サービスとしては、クックパッド、食べログ、GitHubなどが挙げられます。
海外のサービスではGitHubでRubyが採用されており、国内でもクックパッド、食べログを始めとするWebサービス系企業や数多くのスタートアップ企業やベンチャー企業でRubyの利用が進んでいます。

Ruby求人・案件の単価を決定する要因は、
・Ruby自体での開発経験年数
・Ruby on Railsでの開発経験年数
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に通常と比べて比較的高単価での受注が可能になる場合が多いです。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではRubyのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでRuby求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Rubyの市場動向やニーズについて
Rubyは、柔軟な文法と強い拡張性を兼ね備え、可読性の高さや直感的に理解できるなど、他の言語と比べて短期間でシステムを開発することができます。
そのためベンチャー企業・スタートアップのシステム開発に用いられることが多いです。
未経験から独学、またはプログラミングスクールに通うなどして、スタートアップの創業者が自らシステムを開発するケースもあります。
Rubyエンジニアの数はニーズに対して少ない状態であるため、比較的経験年数が短いエンジニアでも高単価で案件を受注できることも多いです。
また、オブジェクト指向スクリプト言語のため、PHP、Python、Perlなどのスクリプト言語経験者がRubyを新たに学習しスキルチェンジをすることも多く見受けられます。


■Rubyの開発に関して
Ruby on Railsというフレームワークを用いて開発することが多いです。
Rubyは他の言語と比べて短期間で開発を行うことができるため、スタートアップやベンチャーの新規事業で採用されることが多い開発言語でもあります。
Rubyエンジニアは需要に対して、人数が少ないですが、スクリプト言語ですので、PHP、Python、Perlなどのエンジニアでチームを組み、開発を始めることもあります。
その際にRubyに関する知見の深いフリーランスエンジニアなどは重宝されるかもしれません。


■Ruby習得難易度・勉強方法について
Rubyは、侍エンジニア塾の2019年1番学ばれた人気プログラミング言語において2位を獲得しており人気のある言語です。
Rubyはさらに日本だけでなく海外でも比較的人気のある言語です。
Rubyは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては、比較的習得しやすくおすすめ出来る言語です。
Rubyは開発者が日本人であり、ポータルサイトが日本語で運営されていること、「書きやすく、読みやすく」をコンセプトとして開発されており、直感的に記述できること、サンプルコードが豊富にあること、日本語の情報を豊富に取り入れることが出来ることなどの理由が挙げられます。

Rubyの学習についてもう少し具体的に説明すると、
他のプログラミング言語と比較し、プログラミング特有の記号が最小限になっており、より少ない文字数でプログラムを組むことが可能です。また日本語や英語に近い文法であるとも言われており、学びやすいだけではなく、書いたコードを読みやすいという点も優れた特徴です。
サンプルコードが多く、簡単なコードであれば、検索すればすぐに探すことが出来るため独学でも比較的学びやすいでしょう。
その他、ポータルサイトが日本語で運営されており、学習初心者からCTOなどの一流エンジニアまで交流があることも、初心者には習得しやすい環境が整備されています。

Ruby学習コストについて、他プログラミング言語と比較して多少必要である可能性もありますが、習得しやすいでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でRubyを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Smalruby」など多種多様なサービスがあります。
また、RubyはRuby on Railsというフレームワークを使用して開発をすることが多いので、フレームワークの扱い方も併せて習得することでより実践に近いスキルが身につきます。
上述のことを総合的に考慮すると、Ruby習得に関して初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来る言語です。

なお、Ruby習得を希望するエンジニアは、まず周辺でRubyに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみると良いでしょう。毎年日本で開催されるRuby Kaigiというカンファレンスがあり、興味のある方は是非調べてみましょう。

Rubyは求人・案件数も他言語と比較して、非常に豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他プログラミング言語の習得も比較的習得しやすくなるでしょう。
特にPerl、C言語、Pythonなどの開発スキルはRuby習得者にとっては学習しやすいでしょう。

全1906件中1-10件を表示中

全1906件中1-10件を表示中