JavaScriptの求人・案件一覧

JavaScriptのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

65.6万円

中央値単価

70万円

最高単価

200万円

最低単価

5万円

全22915件中1-50件を表示中

全22915件中1-50件を表示中

JavaScriptのフリーランス案件に関するよくある質問

JavaScriptのフリーランス案件は高単価ですか?

JavaScriptのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は65.6万円です。 JavaScriptのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は780~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のJavaScriptの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるJavaScriptのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

JavaScriptのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

JavaScriptの募集中フリーランス案件数は4,349件、累計掲載案件は22,915件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のJavaScriptのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

JavaScriptのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

JavaScriptの募集中リモート案件数は2,123件、累計掲載案件は8,374件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるJavaScriptのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

JavaScriptのフレームワークの公開案件数

JavaScriptのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとReactが10740件、Vue.jsが6832件、Node.jsが2055件、jQueryが1488件、ReactNativeが666件、AngularJSが505件、NuxtJSが63件、Backbone.jsが50件、Knockout.jsが11件、PhoneGapが9件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
React、Vue.js、Node.jsはJavaScriptの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
JavaScriptの技術を有するフリーランスの方はReact、Vue.js、Node.jsを中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

JavaScriptのフレームワークの月額平均単価

JavaScriptのフレームワークの月額平均単価を分析するとReactが75.1万円、NuxtJSが74.7万円、Vue.jsが73.1万円、Node.jsが72.3万円、ReactNativeが71.3万円、AngularJSが68.3万円、Backbone.jsが63.3万円、jQueryが62.8万円、Knockout.jsが61.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
React、NuxtJS、Vue.jsはJavaScriptのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
JavaScriptの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はReact、NuxtJS、Vue.jsなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

JavaScriptのフレームワークの月額最高単価

JavaScriptのフレームワークの月額最高単価を分析するとReactが200万円、AngularJSが200万円、Node.jsが180万円、Vue.jsが150万円、ReactNativeが140万円、NuxtJSが110万円、jQueryが100万円、Backbone.jsが90万円、Knockout.jsが70万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
React、AngularJS、Node.jsはJavaScriptのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
JavaScriptのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはReact、AngularJS、Node.jsなどのフレームワークがおすすめです。

JavaScriptのフレームワーク別募集中案件数推移

JavaScriptのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年2月がReact1,630件/Vue.js1,406件/Node.js465件/jQuery269件/ReactNative117件/AngularJS93件/NuxtJS17件/Backbone.js16件/Knockout.js3件、2022年3月がReact1,859件/Vue.js1,479件/Node.js514件/jQuery263件/ReactNative150件/AngularJS92件/NuxtJS20件/Backbone.js16件/Knockout.js3件、2022年4月がReact1,647件/Vue.js1,015件/Node.js408件/jQuery220件/ReactNative141件/AngularJS85件/NuxtJS13件/Backbone.js14件/Knockout.js3件、2022年5月がReact1,786件/Vue.js991件/Node.js390件/jQuery191件/ReactNative174件/AngularJS85件/NuxtJS18件/Backbone.js12件/Knockout.js4件、2022年6月がReact2,137件/Vue.js1,138件/Node.js431件/jQuery210件/ReactNative184件/AngularJS112件/NuxtJS21件/Backbone.js15件/Knockout.js4件、2022年7月がReact2,183件/Vue.js1,444件/Node.js488件/jQuery199件/ReactNative166件/AngularJS120件/NuxtJS27件/Backbone.js13件/Knockout.js4件となっています。
JavaScriptのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しReactは46件(2%)の増加、Vue.jsは306件(26%)の大幅な増加、Node.jsは57件(13%)の大幅な増加、jQueryは11件(-6%)の大幅な減少、ReactNativeは18件(-10%)の大幅な減少、AngularJSは8件(7%)の大幅な増加、NuxtJSは6件(28%)の大幅な増加、Backbone.jsは2件(-14%)の大幅な減少、Knockout.jsは0件(0%)で前月から変化なしとなっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

JavaScriptのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

JavaScriptのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが6082件、レバテックフリーランスが1421件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が967件、Midworksが781件、テックビズフリーランスが596件、TechStockが555件、キャリアプラスが525件、パーソルテクノロジースタッフが492件、techtreeが456件、フォスターフリーランスが363件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
JavaScriptのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
JavaScriptのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

JavaScriptのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

JavaScriptのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが809件、FLEXY(フレキシー)が300件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が119件、テックリーチが67件、Midworksが65件、テックビズフリーランスが52件、パーソルテクノロジースタッフが44件、レバテックフリーランスが40件、PE-BANKが27件、Findy Freelance(ファインディフリーランス)が22件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
JavaScriptのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、FLEXY(フレキシー)、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
JavaScriptのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、FLEXY(フレキシー)、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

JavaScriptのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

JavaScriptのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとFindy Freelance(ファインディフリーランス)が129.9万円、DATA SOLUTIONが110万円、ハイパフォコンサルが93.2万円、techtreeが90.2万円、スカイアーチが85万円、キャリアプラスが82.9万円、Relance(リランス)が82.1万円、DYMテックが80.8万円、joBeetが80.5万円、フィジオが80万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
月額単価の高いJavaScriptのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはFindy Freelance(ファインディフリーランス)、DATA SOLUTION、ハイパフォコンサルであることがわかります。
JavaScriptのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はFindy Freelance(ファインディフリーランス)、DATA SOLUTION、ハイパフォコンサルを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

JavaScriptのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

JavaScriptのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が5893件、週4日が2368件、週3日が1810件、週2日が401件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
JavaScriptのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるJavaScriptのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

JavaScriptのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

JavaScriptのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が14004件、大阪府が1112件、福岡県が542件、神奈川県が286件、兵庫県が263件、愛知県が132件、北海道が107件、埼玉県が107件、千葉県が95件、宮城県が49件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
JavaScriptのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、福岡県に最も集中している事がわかります。
JavaScriptのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、福岡県あたりが良いでしょう。

JavaScriptのフリーランス求人・案件数の推移

JavaScriptの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が4349件、2022年3月が4775件、2022年4月が3904件、2022年5月が3787件、2022年6月が4368件、2022年7月が4721件となっています。JavaScriptのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、353件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

JavaScriptのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

JavaScriptの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が1872件、2022年3月が2087件、2022年4月が1355件、2022年5月が1633件、2022年6月が1683件、2022年7月が2507件となっています。JavaScriptのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、824件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

JavaScriptのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

JavaScriptのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年2月が69.5万円、2022年3月が70.3万円、2022年4月が71.4万円、2022年5月が71.9万円、2022年6月が66.1万円、2022年7月が66.2万円となっています。JavaScriptのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

JavaScriptのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

JavaScriptのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年2月が834.4万円、2022年3月が844.1万円、2022年4月が856.2万円、2022年5月が863.3万円、2022年6月が793.6万円、2022年7月が793.9万円となっています。JavaScriptのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.3万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

JavaScriptの常駐案件・リモートワーク案件割合

JavaScriptの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が2453件(49.5%)、常駐案件が2502件(50.5%)となっており、JavaScriptフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

JavaScriptのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

JavaScriptのフリーランス求人・案件について

JavaScriptのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
JavaScriptのフリーランス求人・案件の平均単価は65.6万円、中央値単価は70万円、最高単価は200万円、最低単価は5万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

JavaScriptのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・JavaScript経験1年未満:35万円前後 (年収420万円)
・JavaScript経験1年~2年:42万円前後 (年収504万円)
・JavaScript経験2年~3年:60万円前後 (年収714万円)
・JavaScript経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・JavaScript経験5年以上:84万円前後 (年収1008万円)

JavaScriptはオブジェクト指向のスクリプト言語のひとつです。
JavaScriptと名前の似ているJavaは、名前が似ているだけで全く別のプログラミング言語です。
JavaScriptは、PYPL IndexのGoogle検索エンジンにおいて話題になったプログラミング言語として3位に位置しており、人気のプログラミング言語であることなどが挙げられます。

現在ほとんどのWebシステム開発に用いられ、動きのあるリッチなUIを実現する際に、HTML/CSSだけでなくJavaScriptを用います。世界のWebサイトの約80%にJavaScriptやJavaScriptのライブラリであるjQueryが用いられています。
今後JavaScriptの進化によりWebサイトだけでなく、スマートフォンアプリの開発などにも用いられるようになり、さらなるニーズが生まれることが予想されます。

JavaScriptの特徴として、ブラウザに実行環境が搭載されていること、フロントエンド・サーバーサイド両方開発が可能であること、JavaScriptフレームワークが豊富であること、初心者でも比較的学習や習得しやすいこと、オブジェクト指向であることなどが挙げられます。

JavaScriptの特徴を具体的に見ていきましょう。
JavaScriptは、ブラウザに実行環境が搭載されています。Ruby、PHP、Pythonなど他の言語は実行環境を自分で整える必要がありますが、JavaScriptは必要ありません。
JavaScriptは、Internet Explorer、Microsoft Edge、Chrome、Firefox、Safari、Operaなど、ほぼすべてのブラウザにおいて最初から実行可能です。

JavaScriptを活用したフロントエンドの場合、Angular.js、React.js、Vue.jsというJavaScriptフレームワークを用いた開発を行い、よりモダンで高機能なWebサイト作成が可能です。
JavaScriptを活用したバックエンドの場合、Node.jsというサーバーサイドJavaScriptエンジンを用いて、非同期通信の根幹となるsocket操作を軸にシステム処理を実行します。

JavaScriptはフレームワークが豊富です。
JavaScriptを学習する上でフロント開発であればAngular.js、React.js、Vue.js、jQueryの習得に挑戦しましょう。
JavaScriptを学習する上でバックサイド開発であればNode.jsの習得に挑戦しましょう。
JavaScriptを学習する上でネイティブアプリ開発であればReact(React.js)の習得に挑戦しましょう。

JavaScriptはオブジェクト指向を主体とするプログラミング言語です。
しかし、JavaScriptのオブジェクト指向はJavaと比較すると実装方法が違います。
JavaScriptはプロトタイプベースであるのに対して、Javaがクラスベースです。継承の方法などに違いがあるため、学習する際は注意しましょう

JavaScriptはWebサイト、Webアプリ、バックエンド、デスクトップアプリ、モバイルアプリなど、ブラウザ、サーバー、デスクトップ、スマートフォンまで様々な開発に活用することができます。
JavaScriptを使って開発されたサービスは、はてなブログ、ビズリーチ、メルカリ、グノシー、CAMPFIREなどがあります。


■JavaScriptフリーランス求人・案件動向
JavaScriptはフロントやサーバーサイド開発両方出来る特徴も持っていたり、人気のプログラミング言語です。
JavaScriptのフリーランス求人・案件において、代表的な求人・案件を説明します。

Webサイト開発
JavaScriptは、世界中のWebサイトで活用されています。
JavaScript以外にも、HTML/CSS、jQuery、PHP、WordPressを組み合わせて、ユーザビリティが高く売上が最大化されるWebサイトを作成します。
JavaScriptはWebサイト開発で使用するため、その周辺で関わっているフロントエンドエンジニア、マークアップエンジニア、Webデザイナー、Webディレクターなどが必要とするスキルです。

・スマホゲーム&スマホアプリ開発
JavaScriptは、スマホが世界的に普及してきたことによりWebサイト開発以外にも使われています。
主にスマホゲームやスマホアプリ開発などスマホ市場でJavaScript案件が増えています。
特に、React Native(ハイブリッドフレームワーク)を使用したJavaScriptフリーランス求人・案件がが増えています。
JavaScriptエンジニアとして、スマホゲームやスマホアプリ開発に興味/関心があるのであれば、挑戦してみることをおすすめします。

・Webシステム開発
JavaScriptは、SaaS開発、Webアプリ開発、ECサイト開発をすることができます。フリーランス求人・案件によっては、高単価の獲得できるものもあります。
しかし、高単価を獲得する場合、JavaScript以外にもRuby、PHP、Python、Javaなど複数のプログラミング言語スキルや開発周辺で必要になる開発スキルを求められることがほとんどです。

・ブロックチェーン開発
Javascriptは様々なブロックチェーンのライブラリが多数出ており、Ripple、Bitcoin、Ethereum等数多くのブロックチェーンのトランザクションへの署名・アドレス生成処理などで活用されています。
2020年現在、JavaScriptを活用したブロックチェーン自体の開発求人・案件はあまりないです。
多くのフリーランス求人・案件は、ブロックチェーン関連のシステム開発や仮想通貨(暗号通貨)取引所の開発などです。
JavaScriptを活用したブロックチェーン開発のフリーランス求人・案件に参画を希望している場合、ブロックチェーン技術や仮想通貨に知見がある人を求められる傾向にあります。

JavaScriptフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、

・JavaScript自体での開発経験年数
・Node.js、Vue.js、React(React Native)、Angular(AngularJS)などのフレームワークを用いた経験
・JavaScriptをスクラッチで書いた経験がある

などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に通常と比べて比較的高単価での受注が可能になる場合が多いです。


ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではJavaScriptのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでJavaScriptのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■JavaScriptのフレームワーク
JavaScriptのフレームワークは、React、jQuery、AngularJS、Vue.js、Backbone.js、Knockout.jsがあり、簡単に解説します。気に入っている/興味や関心があるJavaScriptフレームワークは積極的に活用していきましょう。

JavaScriptのフレームワークを紹介する前にフレームワークについて解説します。
フレームワークは、プログラミングにおいて、特定のOSのためのアプリケーション標準構造を実装することに使用されるライブラリやクラスの集合体を指します。
JavaScriptフレームワークを使うことにより短期間で効率良く開発を行うことができ、かつコスト削減やバグ減少なども効果もあります。


・React
Reactは、2015年3月に登場し、Facebookで開発されたJavaScriptライブラリです。また、Reactをフレームワークと称されることも多いです。
ReactはReact.jsやReact.JSと呼称されることもあります。

Reactの特徴として、MVCのViewに特化して、状態を保持するUIコンポーネントを簡単に作成できます。
Reactはレンダリングが高速、管理がラク、見やすい設計であり、かつカスタマイズ性も長けており、大規模なアプリケーション開発に適しています。
その他Reactは高速で動作するため、SPAが十分動作可能なライブラリという特徴もあります。
Reactは、Facebook、Instagram、Airbnb、Atomなどで採用されています。


・jQuery
jQueryは、JavaScriptのライブラリです。JavaScriptのライブラリでも歴史が古く、現在も人気があります。
jQueryは、主にWebサイト制作やWebアプリケーション開発に頻繁に使用されます。

jQueryは、JavaScriptよりも短いコードで実装できるため、簡易版として使用出来ることが最大の特長です。
その他、豊富なプラグインがあることや、ブラウザごとの挙動を吸収するため、各ブラウザの対応が不要などの特長もあります。


・AngularJS
AngularJSは、Googleが開発した多機能なJavaScriptフレームワークです。
JavaScriptフレームワークで、多くのJavaScriptエンジニアが利用しています。

なお、Angularは、Googleと個人や企業のコミュニティにより開発されているTypeScriptベースのフレームワークです。

AngularJSの特長は、複数のコンポーネントとしてWebアプリケーションを組み立てるコンポーネント指向で、機能単位で実装を分離が簡単であることなどが挙げられます。
AngularJSは、サーバーと連携する機能もあり、Webアプリ開発はおおよそ何でも可能です。
特にシステムの管理画面系アプリケーションやページ数が多くないWebアプリケーションに向いているでしょう。


・Vue.js
Vue.jsはEvan Youさんが開発したUI構築のためのJavaScriptフレームワークです。AngularJSやReactと比較してフレームワークの規模が小さく、学習コストが低いため多くのエンジニアに重宝されています。

Vue.jsは、MVVMを採用しレンダリングが高速かつ、ファイルサイズが軽量などの特長があります。
Vue.jsはパフォーマンスの良さからSPA開発で使用されることが多く、DeNAやGMOペパボなど企業のWebサイトなどで採用されています。


・Backbone.js
Backbone.jsは、2010年に公開されたJavaScriptフレームワークです。
Backbone.jsはシンプルなJavaScriptフレームワークであり、AngularJSがフルスタックフレームワークとは大きく異なります。

Backbone.jsは、 jQueryなどと併用して活用することが多く、他JavaScriptフレームワークと比較して設計の自由度が高い特長があります。
Backbone.jsは、LinkedIn、Groupon、WordPress.com、Trelloなどで活用されています。


・Knockout.js
Knockout.jsはUI構築のためのJavaScriptフレームワークです。
Knockout.jsはJavaScriptの構文を引き継いだ形で記述可能です。

Knockout.jsマークアップの変更に長けていたり、冗長なidやclass設定が要らなくなるなどの特長があります。
その他Knockout.jsはAngularJSと比較すると機能がシンプルでかつ軽量という特長があります。


■JavaScriptのリモート・在宅求人・案件について
JavaScriptのフリーランス求人・案件は、基本的に常駐求人・案件であることが多いため、現段階ではリモート・在宅求人・案件はあまりないでしょう。
しかし、JavaScriptを用いたWebページ制作、Webアプリ開発、スマホアプリ開発、ゲーム開発などフリーランス求人・案件によっては、リモート・在宅求人・案件はあります。
JavaScriptスキルを活用してリモート・在宅求人・案件での参画を希望しているエンジニアは探してみましょう。
なお、JavaScriptスキルを実務で活用したことがないエンジニアは、リモート・在宅求人・案件を見つけることは難しいでしょう。
常駐でJavaScript開発を数年ほど経験し、徐々にリモート・在宅求人・案件に切り替えるようにしましょう。


■JavaScriptでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について
JavaScriptにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

JavaScriptの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在します。
また、2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にJavaScriptフリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

週2日、週3日でも月収70万円や80万円を超える、高単価なJavaScriptフリーランス案件・求人が多いです。
週2日、週3日稼働は、複数のJavaScriptフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトやサービス開発に携われたり、多種多様なエンジニアとコミュニケーションを取れます。
JavaScriptエンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

JavaScriptエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■JavaScriptフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて
JavaScriptフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、JavaScript自体の開発経験、フロント開発やサーバーサイド開発経験やその周辺知識です。
JavaScriptエンジニアとしてフロントエンド開発の場合、JavaScript以外に、HTML/CSS、jQuery、PHP、WordPressなどフロント開発知識が必要になります。
その他JavaScriptフレームワーク(Angular.js、React.js、Vue.js)などの経験やPhotoShop、Illustrator、Sketch、Dreamweaver、Adobe XDなどのデザインツールの知識があるとより良いでしょう。
JavaScriptエンジニアとしてサーバーサイド開発の場合、Ruby、PHP、Java、Python、Go言語、TypeScriptなどプログラミング言語を用いた開発知識が必要になります。その他、JavaScriptフレームワーク(Node.js)の経験やSQLのパフォーマンスチューニングの経験、サーバー関連知識ががあるとより良いでしょう。

JavaScriptスキルを活用してフリーランス求人・案件に参画するためには、JavaScriptスキルの他に複数のスキルを習得し、幅広い求人・案件に対応できるようにすることが肝心です。
なお、JavaScriptエンジニアとして、高単価求人・案件に参画を希望している場合、上流工程での経験、チームマネジメント経験があることが望ましいでしょう。


JavaScriptエンジニアとして開発経験年数別のアドバイスです。

・開発経験1年未満のJavaScriptエンジニア
ローカル環境でブラウザを実行し、スクリプトがしっかり動作するようにプログラミングを行いましょう。
JavaScriptをファイルでサーバ上に組み込んだり、HTMLファイルに書いたりして、実行してみることが大切です。
JavaScriptは万が一エラーになっても動作はするため開発経験がない/少ない方でも比較的とっつき易いです。

まずは、入力フォームを設置しメッセージを送ったり、画像を拡大表示したりと、ブラウザ上で実行できることを1つずつ試してみましょう。ローカル環境の場合、エラーが起こっても、問題ないです。

JavaScriptは、人気のプログラミング言語ですので、インターネットや参考書などサンプルコードが豊富に掲載されています。
コードをどのように記述されているのか、みてみることをおすすめします。またフルスクラッチでコード記述してみることも、今後実際に開発するために役立つ方法の1つです。


・開発経験1~4年のJavaScriptエンジニア
JavaScriptエンジニアとして実際に慣れてきた段階で、Webサイトを構築してみましょう。レンタルサーバーを借り、HTML/CSSやJavaScriptを活用し、UI/UXを意識したWebサイトを構築しましょう。

なお、サーバ上でのパスワード保管や個人情報など機密情報を取り扱う場合、流出する事のないようにセキュリティ面は細心の注意を払いましょう。
まずは自分の開発スキル向上や経験を積むために、自分で責任の取れる範囲内でWebサイト構築をしてみましょう。
JavaScriptエンジニアとしてサンプルコードを参考にした場合、開発スキル向上のため仕組みの理解や納得した上で開発を進めてみましょう。


・開発経験5年以上のJavaScriptエンジニア
ハイスキルになったら、Node.jsを活用してサーバサイド開発やReactを活用してネイティブアプリ開発など自分のスキル拡大のために挑戦してみましょう。
また、自分でサービス作りを行い、ソースコードを公開してみても良いのではないでしょうか。

JavaScriptはフロント側を動作させるプログラミング言語でしたが、Node.jsやReactの登場により多様なプログラミング言語になっています。
JavaScriptはフロントやサーバーサイド、ネイティブアプリと多様に活用出来ます。

ハイスキルを持つJavaScriptエンジニアとしてJavaScriptフレームワーク(AngularJS、React、Vue.js、Node.js、Backbone.js)などフル活用し高単価求人・案件に挑戦したり、自分のJavaScriptスキルを他JavaScriptエンジニアに教えてみるのも良いでしょう。


■JavaScript習得難易度・勉強方法について
JavaScriptは、2020年5月、TIOBEのランキングで7位と、比較的人気のある言語です。
JavaScriptはさらに日本だけでなく海外でも非常に人気のある言語です。
JavaScriptは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては比較的習得しやすい言語です。
JavaScriptは実行環境の構築が不要であること、サンプルソースコードも多数公開されていることなどが理由として挙げられます。

JavaScriptの学習についてもう少し具体的に説明すると、
Internet ExprolerやGoogle Chromeなどのブラウザとテキストエディタで、記述したJavaScriptのプログラムを動かすことが可能です。
JavaScriptの学習をはじめる場合、PCの基本的な機能で動作可能であるため、実行環境の構築が必要ないということは学習者にとって大きなメリットでしょう。
サンプルコートが多く、入力チェックやパスワードの入力照合など簡単なコードであれば、検索すればすぐに探すことが出来るため独学でも比較的学びやすいでしょう。
JavaScript学習コストについて、他プログラミング言語と比較して多少必要である可能性もありますが、習得しやすいでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でJavaScriptを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
しかし、HTML/CSSも合わせて学ぶ必要があることやJavaScriptから影響を受けたNode.js、React.js、Vue.js、AngularJS、TypeScript、jQuery、Nuxt.jsなどの言語、フレームワーク、ライブラリが多数あり、情報が非常に多過ぎること、オブジェクト指向について理解が必須であることなどを考慮すると、最初に学ぶプログラミング言語としては習得に時間が多少かかってしまう可能性があります。

上述のことを総合的に考慮すると、JavaScript習得に関して初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては比較的習得しやすいためおすすめ出来る言語です。

なお、JavaScript習得を希望するエンジニアは、まず周辺でJavaScriptに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみると良いでしょう。

JavaScriptは求人・案件数も他言語と比較して、非常に豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他プログラミング言語の習得も比較的習得しやすくなるでしょう。
特にTypeScript、CoffeeScript、C言語などのプログラミング言語はJavaScript習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■JavaScriptフリーランス求人・案件参画するために役立つ資格について
JavaScriptには、国家資格と民間資格があります。
JavaScript求人・案件の獲得に役立つ2つの資格をご紹介します。

・CIW JavaScript スペシャリスト
CIW JavaScriptスペシャリストは国家資格であり、世界で認められている資格です。受験料はおよそ150米ドルであり、JavaScript以外にもPerlやHTML5の資格も存在しています。
JavaScriptを使って仕事ができることを証明する資格となりますので、自分の能力をアピールしやすくなるでしょう。

・HTML5プロフェッショナル認定試験
HTML5プロフェッショナル認定資格とは、LPI-Japan(特定非営利活動法人エルピーアイジャパン)が運営する、Webコンテンツ開発エンジニアを対象とした資格です。
HTML5プロフェッショナル認定試験は、知識を問うだけの資格ではなく、プロジェクトの実際の現場で活躍できるスキルを重視した資格試験です。そのため、ソースコードの分析力やスマートフォンを含めた最新技術に関する出題が多いことも特徴です。
JavaScriptの知識を保有していることを証明出来る資格となりますので、自分の能力をアピールしやすくなるでしょう。

・Microsoft 試験70-480 Programming in HTML5 with JavaScript and CSS3
JavaScriptとHTML5のスキルがこの資格取得において必要となります。また一定期間の実務経験がある人が受験するレベルの資格となっています。
具体的にはアプリケーション、ハードウェア、ソフトウェア開発に必要なビジネスロジックをプログラミングする経験が少なくとも1年はある開発者とMicrosoft社は定義しています。
JavaScriptエンジニアとして働いた経験がある人は、JavaScriptのスキルをある程度を保有していることを証明することができます。

JavaScript関連の資格を習得することは良いことですが、JavaScript求人・案件に参画するという目的を失わないようにしましょう。
JavaScriptスキルを資格を取得することによって、証明することは可能ですが、一番重要視すべきことは、JavaScriptの実務経験やJavaScript周辺で必要な開発スキルを保有していることです。
そのためJavaScriptの資格はある程度実務経験がある方、時間的に余裕がある方にとっておすすめします。
JavaScriptエンジニアとして、実務未経験にも関わらずJavaScript関連の資格の取得を最優先事項にすることはやめておきましょう。
どうしてもJavaScript関連の資格の取得を希望している方は、まず行動するのではなく、様々な情報を見て、自分で熟考した上で行動に移すようにしましょう。


■JavaScriptの市場動向やニーズについて
JavaScriptのニーズは短期的にみて、ニーズが増加してくるでしょう。
また、中・長期的にみて、ニーズがなくなることはないでしょう。
JavaScriptのニーズが安泰な理由としては、
JavaScriptは、Google、Facebook、Adobeなど、世界的優良企業でも使用されているVue.js、Angular、Reactなどのフレームワークを有するスクリプト言語です。
また、JavaScriptは、現在ほとんどのWebシステム開発のフリーランス求人・案件で必要とされます。
そのため、JavaScriptはWebサイト、Webアプリ、バックエンド、デスクトップアプリ、モバイルアプリなど、ブラウザ、サーバー、デスクトップ、スマートフォンまで様々な開発に活用することができます。

JavaScriptのニーズが安泰な理由をマクロ視点から分析してみましょう。
まず、スマートキャンプによるSaaS市場の動向をまとめた最新レポート「SaaS業界レポート2019」の調査では、人口減少、働き方改革、業務のデジタル化などを背景に、日本のSaaS市場は年平均成長率約12%の勢いで急成長しており、2023年には約8,200億円へ拡大する見込みです。
海外のSaaS市場は日本を上回る年平均成長率約16%で拡大しており、2022年までに約1,440億ドル(約15兆円)に到達する予測がされています。
次にJavaScriptは、PYPL IndexのGoogle検索エンジンにおいて話題になったプログラミング言語として3位に位置しており、人気のプログラミング言語であることなどが挙げられます。
最後に、IT業界全体を分析してみると、AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT、ブロックチェーン、xR、5Gなどによる飛躍的なIT領域の拡大が見込まれています。

上記分析や世界的優良企業でJavaScriptが使用されていることなどを考慮すると、JavaScriptは、短期的な視点から見て、ニーズは拡大していくでしょう。さらに、中・長期的に見て、ニーズが無くなることはないでしょう。
これからWeb系のフリーランス求人・案件に携わりたいフリーランスエンジニアはJavaScriptを習得しておいて損はないでしょう。
JavaScriptはいくつかの人気のフレームワークがあり(2018年ではAngularJS、React、Vue.js、Node.js、Backbone.jsなど)、それらを用いて開発することも多いです。JavaScriptのフレームワークはトレンドの移り変わりが非常に早いため、常に最新のJavaScript動向を追いかけて行く必要があるでしょう。
2020年では、Nuxt(NuxtJS)というVue.jsのフレームワークも人気が出てきています。