JavaScriptの求人・案件一覧

JavaScriptのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

66.8万円

中央値単価

65万円

最高単価

140万円

最低単価

25万円

JavaScriptのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

JavaScriptのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

JavaScriptのフリーランス求人・案件について

JavaScriptについて
JavaScriptはオブジェクト指向のスクリプト言語のひとつです。
現在ほとんどのWebシステム開発に用いられ、動きのあるリッチなUIを実現する際に、HTML/CSSだけでなくJavaScriptを用います。
今後JavaScriptの進化によりWebサイトだけでなく、スマートフォンアプリの開発などにも用いられるようになり、さらなるニーズが生まれることが予想されます。
ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではJavaScriptのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでJavaScript求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■JavaScript求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域について
JavaScript案件数を分析すると東京都1246件、神奈川県56件、大阪府29件、福岡県27件、広島県10件、北海道7件、埼玉県7件、千葉県7件、愛知県7件、京都府5件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年5月)
JavaScriptは東京・神奈川など中心に関東エリアに最もフリーランス向け案件が集中している事がわかります。
その他の地域では、関西は大阪や京都、東海は名古屋、中国は広島、九州は福岡、北海道などの各地方都市にJavaScript案件があります。
フリーランスエンジニアとしてJavaScriptの仕事に携わるには東京・神奈川・大阪あたりが良いでしょう。


■JavaScript求人・案件の給与・単価金額相場について
JavaScript案件の給与・単価金額は非常に幅広いです。
JavaScriptの業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~80万円程度です。
ホームページの改修からゲーム開発、最近流行りのチャットボット開発まで様々な案件があり、その分で単価の幅も広いと言えるでしょう。
フリーランスエンジニアとしてJavaScript開発未経験で参画可能な案件は非常に稀です。
JavaScript案件の平均単価は67.9万円、中央値単価は65万円、最高単価は140万円、最低単価は25万円です。
(※フリーランススタート調べ/2020年5月)

JavaScript案件の単価を決定する要因は、
・JavaScript自体での開発経験年数
・Node.js、Vue.js、React(React Native)、Angular(AngularJS)などのフレームワークを用いた経験
・JavaScriptをスクラッチで書いた経験がある
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に通常と比べて比較的高単価での受注が可能になる場合が多いです。


■JavaScript習得難易度・勉強方法について
JavaScriptは、2020年5月、TIOBEのランキングで7位と、比較的人気のある言語です。
JavaScriptはさらに日本だけでなく海外でも非常に人気のある言語です。
JavaScriptは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては比較的習得しやすい言語です。
JavaScriptは実行環境の構築が不要であること、サンプルソースコードも多数公開されていることなどが理由として挙げられます。

JavaScriptの学習についてもう少し具体的に説明すると、
Internet ExprolerやGoogle Chromeなどのブラウザとテキストエディタで、記述したJavaScriptのプログラムを動かすことが可能です。
JavaScriptの学習をはじめる場合、PCの基本的な機能で動作可能であるため、実行環境の構築が必要ないということは学習者にとって大きなメリットでしょう。
サンプルコートが多く、入力チェックやパスワードの入力照合など簡単なコードであれば、検索すればすぐに探すことが出来るため独学でも比較的学びやすいでしょう。
JavaScript学習コストについて、他プログラミング言語と比較して多少必要である可能性もありますが、習得しやすいでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でJavaScriptを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
しかし、HTML/CSSも合わせて学ぶ必要があることやJavaScriptから影響を受けたNode.js、React.js、Vue.js、AngularJS、TypeScript、jQuery、Nuxt(NuxtJS)などの言語、フレームワーク、ライブラリが多数あり、情報が非常に多過ぎること、オブジェクト指向について理解が必須であることなどを考慮すると、最初に学ぶプログラミング言語としては習得に時間が多少かかってしまう可能性があります。
上述のことを総合的に考慮すると、JavaScript習得に関して初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては比較的習得しやすいためおすすめ出来る言語です。

なお、JavaScript習得を希望するエンジニアは、まず周辺でJavaScriptに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみると良いでしょう。

JavaScriptは求人・案件数も他言語と比較して、非常に豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他プログラミング言語の習得も比較的習得しやすくなるでしょう。
特にTypeScript、CoffeeScript、C言語などのプログラミング言語はJavaScript習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■JavaScript求人・案件を見つけやすいフリーランスエージェントについて
JavaScriptのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析してみるとフリエンが886件、techtreeが340件、ギークスジョブが137件、A-STARが135件、レバテックフリーランスが134件、テクフリが127件、フューチャリズムが75件、FREE-DAが70件、スキルコネクトが63件、at-engineerが52件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年5月)
JavaScriptフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはフリエン、techtree、ギークスジョブであることがわかります。
JavaScript求人・案件を希望しているフリーランスの方はフリエン、techtree、ギークスジョブを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。


■JavaScriptの市場動向やニーズについて
現在ほとんどのWebシステム開発の求人・案件で、JavaScriptは必要とされます。
JavaScriptは、開発環境の構築をしなくても、Webブラウザ上で実行できる手軽さが魅力のひとつです。
Webサイトを動きのあるものにしたり、チャットのようなシステムを作ったり、スマホアプリを作ったり、ゲームを作ったりと広く利用されます。
非常にニーズも高く、簡単に動作させることができ、学習コストが低いことから、これからWeb系の案件に携わりたいフリーランスエンジニアは学習しておいて損はないでしょう。
JavaScriptはNode.js、Vue.js、React(React Native)、Angular(AngularJS)などの人気のフレームワークがあり、それらJavaScriptフレームワークを用いて開発することも多いです。JavaScriptのフレームワークはトレンドの移り変わりが非常に早いため、常に最新のJavaScript動向を追いかけて行く必要があるでしょう。
2020年では、Nuxt(NuxtJS)というVue.jsのフレームワークも人気が出てきています。

全3020件中1-10件を表示中

全3020件中1-10件を表示中