Kotlinの求人・案件一覧

Kotlinのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

77.7万円

中央値単価

80万円

最高単価

177万円

最低単価

7万円

全4822件中1-50件を表示中

全4822件中1-50件を表示中

Kotlinのフリーランス案件に関するよくある質問

Kotlinのフリーランス案件は高単価ですか?

Kotlinのフリーランス案件の最高単価は177万円で、平均単価は77.7万円です。 Kotlinのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は924~2,124万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のKotlinの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるKotlinのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Kotlinのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Kotlinの募集中フリーランス案件数は320件、累計掲載案件は4,822件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のKotlinのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Kotlinのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Kotlinの募集中リモート案件数は156件、累計掲載案件は1,916件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるKotlinのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Kotlinのフレームワークの公開案件数

Kotlinのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとReactが51310件、Androidが16433件、Flutter が4827件、ReactNativeが3366件、Firebaseが1666件、AndroidSDKが60件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
React、Android、Flutter はKotlinの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
Kotlinの技術を有するフリーランスの方はReact、Android、Flutter を中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

Kotlinのフレームワークの月額平均単価

Kotlinのフレームワークの月額平均単価を分析するとAndroidSDKが87.5万円、Firebaseが82.5万円、ReactNativeが81.1万円、Flutter が80.6万円、Androidが77.6万円、Reactが76.8万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
AndroidSDK、Firebase、ReactNativeはKotlinのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
Kotlinの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はAndroidSDK、Firebase、ReactNativeなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

Kotlinのフレームワークの月額最高単価

Kotlinのフレームワークの月額最高単価を分析するとReactNativeが180万円、Reactが150万円、Flutter が150万円、Androidが130万円、Firebaseが110万円、AndroidSDKが100万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
ReactNative、React、Flutter はKotlinのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
Kotlinのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはReactNative、React、Flutter などのフレームワークがおすすめです。

Kotlinのフレームワーク別募集中案件数推移

Kotlinのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2023年12月がReact5,301件/Android1,912件/Flutter 660件/ReactNative265件/Firebase173件/AndroidSDK9件、2024年1月がReact4,532件/Android1,284件/Flutter 581件/ReactNative224件/Firebase103件/AndroidSDK2件、2024年2月がReact5,964件/Android1,466件/Flutter 606件/ReactNative207件/Firebase131件/AndroidSDK5件、2024年3月がReact7,434件/Android1,875件/Flutter 710件/ReactNative220件/Firebase153件/AndroidSDK4件、2024年4月がReact6,266件/Android1,241件/Flutter 541件/ReactNative155件/Firebase93件/AndroidSDK4件、2024年5月がReact5,279件/Android1,611件/Flutter 694件/ReactNative204件/Firebase102件/AndroidSDK4件となっています。
Kotlinのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しReactは987件(-16%)の大幅な減少、Androidは370件(29%)の大幅な増加、Flutter は153件(28%)の大幅な増加、ReactNativeは49件(31%)の大幅な増加、Firebaseは9件(9%)の大幅な増加、AndroidSDKは0件(0%)で前月から変化なしとなっています。
(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Kotlinのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Kotlinのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが1081件、アットエンジニアが268件、テックリーチが258件、プロエンジニア(ProEngineer)が157件、TechStockが125件、PE-BANKが124件、ギークスジョブが122件、エンジニアルーム(Engineer Room)が117件、techtreeが116件、ビズリンクが93件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Kotlinのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、アットエンジニア、テックリーチであることがわかります。
Kotlinのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、アットエンジニア、テックリーチを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Kotlinのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Kotlinのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとプロエンジニア(ProEngineer)が15件、IT@JOBが9件、レバテッククリエイターが6件、PE-BANKが3件、Midworksが2件、ギークスジョブが2件、TechStockが2件、Relance(リランス)が2件、1 on 1 Freelanceが1件、HiPro Tech(ハイプロテック)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Kotlinのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはプロエンジニア(ProEngineer)、IT@JOB、レバテッククリエイターであることがわかります。
Kotlinのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はプロエンジニア(ProEngineer)、IT@JOB、レバテッククリエイターを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Kotlinのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Kotlinのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとMidworksが100万円、techtreeが98.6万円、Relance(リランス)が97.7万円、1 on 1 Freelanceが96.8万円、フリーランスのミカタが92.5万円、ギークスジョブが89.6万円、案件ユートピアが88.8万円、ハイパフォコンサルが83.3万円、HiPro Tech(ハイプロテック)が82.6万円、ビズリンクが81.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
月額単価の高いKotlinのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはMidworks、techtree、Relance(リランス)であることがわかります。
Kotlinのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はMidworks、techtree、Relance(リランス)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Kotlinのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Kotlinのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が1964件、週4日が727件、週3日が574件、週2日が44件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Kotlinのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるKotlinのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Kotlinのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Kotlinのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が2988件、兵庫県が110件、大阪府が106件、愛知県が75件、埼玉県が35件、神奈川県が30件、福岡県が18件、千葉県が12件、京都府が8件、北海道が7件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Kotlinのフリーランス求人・案件数は東京都、兵庫県、大阪府に最も集中している事がわかります。
Kotlinのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、兵庫県、大阪府あたりが良いでしょう。

Kotlinのフリーランス求人・案件数の推移

Kotlinの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が1051件、2024年1月が726件、2024年2月が921件、2024年3月が1052件、2024年4月が671件、2024年5月が808件となっています。Kotlinのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、137件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Kotlinのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Kotlinの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が422件、2024年1月が314件、2024年2月が436件、2024年3月が475件、2024年4月が402件、2024年5月が405件となっています。Kotlinのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、3件増加しており、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Kotlinのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Kotlinのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2023年12月が76.9万円、2024年1月が76.9万円、2024年2月が76.9万円、2024年3月が77.0万円、2024年4月が77.7万円、2024年5月が77.7万円となっています。Kotlinのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Kotlinのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Kotlinのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2023年12月が923.3万円、2024年1月が922.4万円、2024年2月が922.9万円、2024年3月が924.0万円、2024年4月が932.0万円、2024年5月が932.1万円となっています。Kotlinのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Kotlinの常駐案件・リモートワーク案件割合

Kotlinの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が405件(54.9%)、常駐案件が333件(45.1%)となっており、Kotlinフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

Kotlinのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Kotlinのフリーランス求人・案件について

Kotlinのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~90万円程度です。
Kotlinのフリーランス求人・案件の平均単価は77.7万円、中央値単価は80万円、最高単価は177万円、最低単価は7万円です。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Kotlinのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Kotlin経験1年未満:40万円前後 (年収480万円)
・Kotlin経験1年~2年:48万円前後 (年収576万円)
・Kotlin経験2年~3年:68万円前後 (年収816万円)
・Kotlin経験3年~5年:80万円前後 (年収960万円)
・Kotlin経験5年以上:96万円前後 (年収1152万円)

Kotlinについて
Kotlinとは、JVM(Java仮想マシン)上で実行される静的型付けオブジェクト指向言語です。
Java/Androidと相互運用可能・Javaよりシンプルな記述・安全性が高い等の特徴によりAndroidの正式な開発言語に採用されています。
JavaのWebアプリケーション・Androidモバイルゲームアプリ・その他Androidアプリ等の開発の際に活用します。
2018年日本におけるスマートフォンの利用者が8割に達していることや日々新しいアプリケーションが登場している為、モバイルゲーム・スマホアプリ開発エンジニアのニーズは高いです。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではKotlinフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでKotlinフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。

Kotlinフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・Kotlin自体での開発経験年数
・Javaを用いたAndroidでの開発経験年数
・個人でリリースしたアプリの実績
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。


■Kotlinを活用するメリット
Kotlinを活用するメリットをご説明します。
Kotlinにはどのようなメリットがあるのかしっかり理解しましょう。


・Javaよりもシンプルな構文
Kotlinを活用するメリットとしてJavaよりもシンプルな構文であることが挙げられます。
Kotlinは複雑な記述ルールではないため、可読性も高く記述しやすく、作業効率を向上させることも可能です。


・Javaとの互換性がある
Kotlinを活用するメリットとしてJavaとの100%の互換性があることが挙げられます。
JavaのコードがあればそのままKotlinに変換し記述することができます。
そのため、KotlinはJavaを習得しているエンジニアの人は扱いやすさを実感できるでしょう。


・安全性が高い
Kotlinを活用するメリットとして安全性が高いことが挙げられます。
Kotlinは静的な安全が保証されているため、NullPointerExceptionが起きにくく、Javaよりも安全なサービスが開発できます。


・シンプルな構文
Kotlinを活用するメリットとしてシンプルな構文であることが挙げられます。
Kotlinは複雑な記述ルールではないため、可読性も高く記述しやすいです。


・充実したサポート
Kotlinを活用するメリットとして充実したサポートがあることが挙げられます。
GoogleがAndroid開発の公式言語に採用したことで、Android開発者向けにGoogleからのサポートが受けられます。


・Kotlinフリーランス求人・案件が豊富
Kotlinを活用するメリットとしてKotlinフリーランス求人・案件が豊富であることが挙げられます。
Kotlinは上記理由により多くのWeb開発などに活用されており、Kotlinフリーランス求人・案件が豊富です。Kotlinフリーランス求人・案件数が多いとその分案件に参画できる可能性も高まります。


■Kotlinを活用するデメリット
Kotlinを活用するデメリットをご説明します。
Kotlinの習得を検討しているフリーランスエンジニアの方などは参考にしてみましょう。


・日本語の情報量が少ない
Kotlinを活用するデメリットとして日本語の情報量が少ないことが挙げられます。
Kotlinは比較的最近にできたプログラミング言語であり、Javaの情報量と比較するとまだドキュメントや日本語での情報が少ない状態です。


・汎用的に開発ができない
Kotlinを活用するデメリットとして汎用的に開発ができないことが挙げられます。
現在、KotlinはAndroidアプリ開発やサーバーサイド開発がほとんどです。
Kotlinと互換性のあるJavaはWebアプリやサーバーサイド開発、基幹システムや組込みソフトウェアと多様な開発が可能です。


■Kotlinのリモート・在宅求人・案件について
Kotlinのフリーランス求人・案件は、リモート・在宅求人・案件はあります。

Kotlinを用いたモバイルアプリ開発やソーシャルゲーム開発現場、Webアプリ開発のフリーランス求人・案件はリモートワーク・在宅可能な企業が多数あり、スタートアップやベンチャーから大手企業まで多様な規模の企業があります。

Kotlinスキルを活用してリモート・在宅のフリーランス求人・案件での参画を希望しているエンジニアは探してみましょう。
なお、KotlinスキルやAndroid開発の実務経験がないフリーランスエンジニアは、リモート・在宅のフリーランス求人・案件を見つけることは難しいでしょう。

実務未経験のエンジニアは、まず常駐でKotlin開発やAndroid開発を数年ほど経験し、リモート・在宅のフリーランス求人・案件に切り替えられる準備をしておきましょう。
これからKotlinのプログラミング言語学習を開始しようとしている方は、まずKotlinというプログラミング言語を学習するため、プログラミングスクールやオンラインで学習できるサービスを検討してみましょう。


■Kotlinでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について
Kotlinにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

Kotlinの週2日、週3日フリーランス求人・案件はあります。
また、2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にKotlinフリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

また週2日、週3日でも月額単価90万円や100万円以上の高単価なKotlinフリーランス案件・求人も増えています。
複数のKotlinフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトやサービス開発に携われたり、多種多様なフリーランスエンジニアを含むエンジニアとコミュニケーションを取れます。

Kotlinフリーランスエンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

Kotlinフリーランスエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■Kotlinフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

Kotlinフリーランスエンジニアにとって、高収入を獲得するため必要なスキルを解説していきます。

・プログラミング言語スキル
Kotlinフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、Kotlin自体の開発経験、AndroidやiOS開発経験やその周辺で必要になる開発知識/スキルです。
KotlinフリーランスエンジニアとしてKotlin以外にもObjective-C、Kotlin、Java、PHP、JavaScript、TypeScript、Scalaなどのプログラミング言語を習得しておくと良いでしょう。

Kotlin開発周辺で頻繁に用いられるスキルを多く持ち合わせておくと希少性の高いKotlinフリーランスエンジニアとして企業側に評価されやすいでしょう。
例えばAndroidSDKやAndroid Studio、Eclipseなどのスキル/知識、React、React Native、Flutter、FirebaseなどのAndroidやiOS開発でよく使用されるスキル/知識、AWS、Azureを用いた実務経験/知識などがあります。

また、Spring Boot、wasabi、Ktor、Javalin、Vert.x、MicronautなどのKotlinのフレームワーク経験があると良いでしょう。
その他、Slack、Github、Redmine、Backlogなどのツールの使用経験や知識があるとより重宝されるKotlinフリーランスエンジニアになれるでしょう。


・論理的思考力
Kotlinフリーランスエンジニアとして活躍をするにあたって必要になるスキルは、論理的思考力です。
ここでいう論理的思考力とは様々な種類の情報を重要度や意味によって分類したり、情報同士の間に「全体と部分」や「原因と結果」などの関係を見いだしたりする「構造化」の能力を指します。

この論理的思考力はKotlinフリーランスエンジニアにとって、必要ではなく、システム開発を行うエンジニア全てに必要なスキルになります。
システム構造は、順序立てられており設計するために論理的な考え方が必要です。
つまりシステム開発において、システム間の関係を把握したり、効率的な実行フローを考察したりすることは大切なことです。

そのため、Kotlinフリーランスエンジニアとして論理的思考力は必要なスキルになるのです。


・設計スキル
Kotlinフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては設計スキルです。
Kotlinフリーランスエンジニアとしてアプリ開発の工程は当然身に付けておくべき知識です。
UIやUXは使いやすいアプリを制作するために欠かせないスキルなので、身に付けておけばよいアピールポイントとなるでしょう。


・コミュニケーションスキル
Kotlinフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしてはコミュニケーションスキルです。Kotlinフリーランスエンジニアは、他エンジニアやチームリーダー、PM(プロジェクトマネージャー)とのコミュニケーションが大切な職業です。つまり開発チームに所属しながら、協調して働くことが求められます。

Kotlinフリーランスエンジニアとして、Kotlinのフリーランス求人・案件に参画するにあたってコミュニケーションスキルを向上させることが必要です。


■Kotlinフリーランスエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件を獲得するには

・上流工程やPMでの実務経験を身につける
Kotlinフリーランスエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件を獲得するには上流工程やPMでの実務経験を身につけましょう。

上流工程はシステム開発において重要な工程であり、上流工程の小さなミスがその後の下流工程や運用工程で大きなトラブルを引き起こす要因となる可能性もあります。

そのためKotlinに限らず他のプログラミング言語も同様、Kotlinフリーランス求人・案件において上流工程のほうが単価は高く、参画できればKotlinフリーランスエンジニアも高単価になりやすいです。

また、開発チームを統括するPMも上流工程に携わる重要な存在であるため、高単価でのKotlinフリーランス求人・案件が多いです。
Kotlinフリーランスエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件に参画したい方は身につけましょう。


・市場動向を定期的に確認する
Kotlinフリーランスエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件を獲得するには市場動向を定期的に確認することです。
Kotlinフリーランス求人・案件の中でも高単価でのフリーランス求人・案件とそうでないフリーランス求人・案件が存在します。

高単価でのKotlinフリーランス求人・案件は上流工程での業務やチームマネジメントなど様々な要因が重なり高単価になっています。
それと同じくIT市場において需要が加熱しており供給が追いついていない場合や流行している技術が故にエンジニア人材が不足している場合などの要因もフリーランス求人・案件の単価に影響します。

Kotlinフリーランスエンジニアとして定期的に市場動向を確認することにより、どのKotlinフリーランス求人・案件が高単価であるのかを把握できるため、その分高単価フリーランス求人・案件を獲得しやすいと言えるでしょう。


・小〜大規模での開発経験
Kotlinフリーランスエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件を獲得するには小〜大規模での開発経験を身につけましょう。
スタートアップなどのスピード感ある小規模開発から大企業での大規模開発など様々な規模の開発経験があることにより、Kotlinフリーランスエンジニアとして臨機応変に動けるような対応力を身につけられます。
Kotlinフリーランスエンジニアは即戦力である必要があるため、臨機応変に対応できるスキルがあると高単価フリーランス求人・案件に参画しやすいでしょう。またKotlinフリーランスエンジニアとして重宝される人材になれるでしょう。


■KotlinのフリーランスエンジニアにおすすめのKotlinフレームワークについて

KotlinのフリーランスエンジニアとしてKotlinフレームワークの取得はフリーランス求人・案件の参画確度を高めます。
代表的なKotlinフレームワークを解説するので、KotlinのフリーランスエンジニアはKotlinフレームワークを習得しましょう。

Spring Boot
Spring Bootは、Java言語の環境化で使用できるWebアプリケーションの開発をサポートするフレームワークです。
Spring Frameworkの機能の使い分けが困難というデメリットの解消を目的に開発されたフレームワークです。
ちなみにSpring Frameworkは、JavaのWebフレームワークでWebアプリ開発の際に使用されます。

従来のWebアプリケーションにおける様々な問題を解決しており、非常に有力なフレームワークとして、長い間注目されています。
Spring Bootの特徴として、Bean定義・XML設定を自動化できることやTomcatを内包しているため デプロイが簡単であること、コーディング量を削減できることなどが挙げられます。
Kotlinフリーランスエンジニアとして習得しておくと良いでしょう。


Ktor
Ktorは、接続されたシステムを作成するための Web アプリケーションフレームワークです。Ktorを使うことによりサーバー側およびクライアント側のアプリケーションを作成できます。
Kotlinフリーランス求人・案件の中ではあまりありませんが、Kotlinフリーランスエンジニアとして興味/関心がある方は、習得してみてはいかがでしょうか。


Javalin
JavalinはJava/Kotlin用のシンプルなWebフレームワークです。
Spark FrameworkというWeb Frameworkからforkされ、2017年5月にバージョン0.0.1、2022年8月時点は4.6.4がリリースされています。
Kotlinフリーランス求人・案件の中ではほとんど見かけないコアなフレームワークですが、Kotlinフリーランスエンジニアとして興味/関心がある方は、習得してみてはいかがでしょうか。


wasabi
wasabiはJVM用にKotlinで構築された HTTP フレームワークです。
Wasabiの開発された目的はKtorと同様の目標を掲げており、Kotlinで構築されたJVM用のシンプルで拡張可能なHTTPフレームワークを定義することです。
Kotlinフリーランス求人・案件の中ではほとんど見かけないコアなフレームワークですが、Kotlinフリーランスエンジニアとして興味/関心がある方は、習得してみてはいかがでしょうか。


Vert.x
Vert.xは非同期でスケーラブルな並列処理アプリケーションのためのフレームワークです。Vert.xはJVM上で動作し、Node.jsの代わりになり得るフレームワークです。Javaなどの開発言語を使いフレームワーク向けのアプリケーションを開発できます。
Kotlinフリーランス求人・案件の中ではほとんど見かけないコアなフレームワークですが、Kotlinフリーランスエンジニアとして興味/関心がある方は、習得してみてはいかがでしょうか。


Micronaut
MicronautはJVMベースのフルスタックフレームワークです。
2018年5月にOSSとして公開されています。Micronautは、コンパイル時間のアプローチに基づいてクラウドネイティブJavaマイクロサービスを構築するための強固なインフラを提供しています。
Kotlinフリーランス求人・案件の中ではほとんど見かけないコアなフレームワークですが、Kotlinフリーランスエンジニアとして興味/関心がある方は、習得してみてはいかがでしょうか。


■Kotlinフリーランスエンジニアにおすすめの資格について

Kotlinフリーランスエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

Android技術者認定試験
Android技術者認定試験とは、アメリカ・Google社に起因する「Open Handset Alliance」(OHA)のAndroid Open Source Project(AOSP)が提供しているAndroid™を中心とした開発プラットフォームに関する試験です。

Android技術者認定試験は『アプリケーション技術者認定試験』と『プラットフォーム技術者認定試験』に分かれています。
Android技術者認定試験を習得することにより、Androidスキルを学べたり、合格後はAndroid技術者認定試験の合格者限定のAndroid Experts(Facebook Group)に入会することができます。
KotlinフリーランスエンジニアとしてAndroid技術者認定試験に興味/関心がある方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。


ETEC(組込み技術者試験制度)
ETEC(組込み技術者試験制度)は、一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)が総括している認定資格であり、組み込み系技術に関連する知識やスキルが問われます。
ETEC(組込み技術者試験制度)は「組込みソフトウェア技術者試験クラス2」と「組込みソフトウェア技術者試験クラス1」に分かれています。

Kotlinフリーランス求人・案件の中でも組込み関連開発に携わりたいKotlinフリーランスエンジニアはETEC(組込み技術者試験制度)に挑戦してみてはいかがでしょうか。


システムアーキテクト試験
システムアーキテクト試験はIT系国家資格の1つです。システム開発に必要となる要件を定義し、要件を実現するためのアーキテクチャを設計する能力を認定する資格です。
システムアーキテクト試験は要件定義、外部設計、システムテスト関連の知識や理解が出題されます。

システムアーキテクト試験を取得することにより、システム開発の上流工程を深い部分まで理解している証明になるため、Kotlinフリーランスエンジニアとしておすすめの資格です。


Kotlinスキルは、資格を取得することによって、スキル証明をすることは可能ですが、フリーランス求人・案件参画において一番重要視すべきことは、Kotlinの実務経験やAndroidやiOS開発経験、モバイルアプリ開発周辺で必要なスキルを保有していることです。
そのためKotlin関連の資格は時間的に余裕がある方に特におすすめします。
Kotlinフリーランスエンジニアとして実務未経験の場合、まず実務経験が積めるよう積極的に行動してみましょう。


■Kotlin習得難易度・勉強方法について
KotlinはGitHubPullRequestにて2019年1月~3月統計にて第15位という結果であり、特に2017年にGoogle I/O 2017で公式言語をして発表されて以降、日本や世界で注目されている言語です。
Kotlinは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめできない言語です。

KotlinはJavaをベースに開発されたこと、Javaと同様オブジェクト指向言語であることなどの理由により初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめしない言語です。
しかし、KotlinはJavaと比較してコードの記述量が少ないこと、静的なnull安全が保証されているなどの使いやすい特長もあるため、Javaよりも習得難易度は低いです。

また、Kotlinの開発はAndroidの開発環境であるAndroid Studioを開発したJetBrainsなので、開発環境の準備も容易です。
AndroidStudio用のプラグインを導入するのみで、開発環境をセットアップ出来ます。

Kotlinの学習コストや学習時間について、JavaやC言語よりも学習時間は掛からないでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でKotlinなどプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。

Kotlinを始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、Kotlinの参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かってきます。

上述のことを総合的に考慮すると、Kotlin習得は初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめできない言語です。
Android開発においてJava(AndroidJava)とKotlin、両方ありますが、Kotlinを習得している場合、Java(AndroidJava)も比較的簡単に習得できる可能性があります。
その理由として、KotlinはJavaとの相互利用できること、Javaと高い互換性があるためです。

Kotlin習得を希望するエンジニアは、まず、周辺でKotlinやAndroid開発に精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Kotlinに関する記事を読んでみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。


■Kotlinのフリーランス求人・案件の探し方
Kotlinフリーランスエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
Kotlinフリーランスエンジニアとして独立したけど、他Kotlinフリーランスエンジニアの人がどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。


・フリーランスエージェントの活用
Kotlinフリーランスエンジニアとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
フリーランスエージェントに在職している専門コンサルタントが、開発スキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを全面的にサポートしてくれます。

フリーランスエージェントはKotlinスキルの開発経験が浅い方から7年以上開発スキルがあるベテランの方まで、幅広いKotlinフリーランスエンジニア層の方が登録しています。

フリーランスエージェントごとの独占のフリーランス求人・案件に参画したい方やフリーランス求人・案件探しを効率的に行いたい方、継続してフリーランス求人・案件に参画をしたい方などフリーランスエージェントに登録しておくべきでしょう。

また、フリーランスエージェントによっては保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。
Kotlinフリーランスエンジニアだからこそ、万が一働けなくなった場合に備えて、保険加入できるなど福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。


・クラウドソーシングサービスの活用
Kotlinフリーランスエンジニアとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
代表的なクラウドソーシングサービスはランサーズやクラウドワークス、タイムチケット、ココナラ、複業クラウドなどです。

Kotlinフリーランスエンジニアとして、自分の開発スキルを登録し、興味/関心のあるKotlinを活用したフリーランス求人・案件に応募して参画できます。
様々な開発ができるフリーランス求人・案件を探すことができるだけでなく、直接企業とコンタクトを取れたり、案件参画までのステップが短く魅力的です。

一方で、フリーランスエージェントが取り扱っているような高単価フリーランス求人・案件はほとんどなく、また単発でのフリーランス求人・案件が多く半年や1年以上など中長期のフリーランス求人・案件への参画を検討している方はおすすめしません。
Kotlinスキルがまだ浅い初心者のフリーランスエンジニアや実務経験がなく経験を積みたいもしくは実績をどんどん積んでいきたいKotlinフリーランスエンジニアには適しているでしょう。


・SNSを含むオンラインを活用
KotlinフリーランスエンジニアとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを開設してKotlinフリーランスエンジニアを探している企業は非常に多いです。
TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSの開設やWebサイトを自分で作成しオンライン上に経歴や実績を公開しておくことで、企業からフリーランス求人・案件を直接受け取れる可能性があります。

経歴や実績を公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力やスキルに見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれるでしょう。
Kotlinフリーランスエンジニアとして活動していることを発信し、フリーランス求人・案件を受注できる経路を広げましょう。


・知人など人脈を活用
Kotlinフリーランスエンジニアとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
Kotlinフリーランスエンジニアとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを知人や友人、前職の同僚に伝えておけば、有益な情報や繋がりのある企業からのフリーランス求人・案件をくれる可能性があります。

知人や友人、前職の同僚などからフリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントのように仲介手数料が掛からないため、比較的高単価で参画できる可能性があったり、場合によっては即日参画できるでしょう。
ただし、知人や友人、前職の同僚の方から紹介されたフリーランス求人・案件ですので、ある程度の責任が伴います。誠実に業務をこなし、採用してくれた企業はもちろん、紹介してくれた知人を裏切らないように注意しましょう。


■Kotlinフリーランス求人・案件における未経験(初心者)エンジニアの参画について
実務未経験(初心者)のフリーランスエンジニアがKotlinフリーランス求人・案件に参画できる確率は極めて低く、さらに未経験(初心者)でもOKと記載しているKotlinフリーランス求人・案件も基本的にないでしょう。
フリーランスエンジニアを採用している企業は基本的に即戦力を期待しています。

どのKotlinフリーランス求人・案件でも実務経験1年以上は最低求められます。
また、プログラミングスクールやオンライン学習サイトでKotlinを学習している社会人や大学生などの学生は、何か自分でAndroidアプリ開発実績やモバイルアプリ開発経験がない限り、Kotlinのフリーランス求人・案件を獲得することは出来ないでしょう。

Kotlinフリーランスエンジニアの世界は実力主義であり実力や経験、今までの実績によってフリーランス求人・案件に参画できる難易度が異なります。さらに高単価Kotlinフリーランス求人・案件の場合はより、実績や経験業務を重点的に見られるでしょう。

Kotlinフリーランスエンジニアを目指している社会人や大学生などの学生は、実務経験をまず積み、実績や経験を積み上げましょう。


■Kotlinの市場動向やニーズについて
Android環境での開発に活用されるKotlinのニーズは非常に高く存在します。
近年、IoTの組込み系・ソーシャルゲーム・自社でのWebサービスなどのBtoC求人・案件におけるネイティブアプリ開発の需要は大きく、他業界(製造業等)の需要もあります。また世界的なクライアントOSはAndroidの利用も多く、Android環境で活用するKotlinの需要は一定以上存在し続けるでしょう。

今後もAndoridが一定数のニーズがあるため、相対的にKotlinもニーズのある言語の一つになるでしょう。

Kotlinの市場が将来的にどのようになるのかマクロ的観点からみてみましょう。
Mordor Intelligenceによると世界のスマートフォン市場は、2022年から2027年の間に4%成長すると予想されます。可処分所得の増加、通信インフラの開発、予算中心のスマートフォンの出現、製品の発売数の増加などの要因が、アジア諸国のスマートフォン市場の成長に貢献するとのことです。

StatCounterによると、Androidは2022年1月に世界で最も人気のあるモバイルオペレーティングシステムであり、市場シェアは70%近くとなっています。

また、モバイル開発においてよりシンプルかつ使いやすい開発言語や開発環境が日々開発されていることをはじめとし、AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT、ブロックチェーン、xR、5GなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点より、Kotlinエンジニアを含むITエンジニアは供給不足により人材不足に陥る可能性が高いです。
2030年まで79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があるとも言われています。

上記様々な分析を考慮すると、Kotlinエンジニアのニーズは短期的な視点から見て増加する可能性が高く、また5~10年程の中・長期的視点から見てニーズは続いていく可能性が高いでしょう。