Swiftの求人・案件一覧

Swiftのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

75.2万円

中央値単価

75万円

最高単価

140万円

最低単価

35万円

Swiftのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
Swiftのフリーランス求人・案件の平均単価は75.2万円、中央値単価は75万円、最高単価は140万円、最低単価は35万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Swiftのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Swiftのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Swiftのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとat-engineerが156件、レバテックフリーランスが110件、techtreeが56件、A-STAR(エースター)が55件、テクフリが49件、FREE-DAが44件、TechStockが36件、ビズリンクが20件、フォスターフリーランスが13件、スキルコネクトが12件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Swiftのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはat-engineer、レバテックフリーランス、techtreeであることがわかります。
Swiftのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はat-engineer、レバテックフリーランス、techtreeを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Swiftのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Swiftのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が617件、大阪府が19件、神奈川県が14件、広島県が6件、埼玉県が4件、京都府が3件、静岡県が1件、愛知県が1件、兵庫県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Swiftのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
Swiftのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Swiftのフリーランス求人・案件について

Swiftについて
Swiftは、2014年にApple社が発表したObjective-Cに代わるOS XやiOS向け開発のための新しいプログラミング言語です。いわゆるiOSアプリを開発するための言語です。

特徴としてはObjective-Cと比べて、カンタンにプログラミングが可能で汎用性と安定性が高いことが挙げられます。
2018年現在、Objective-CからSwiftにiOSアプリの開発におけるスタンダードが変化し、新規で立ち上げられるiOSアプリはObjective-CではなくSwiftで作られる事がほとんどです。(ReactNativeなどを除く)
Objective-Cで作られたアプリをSwiftにリプレイスするなどのフリーランス求人・案件もありますので、Objective-Cをメインの開発言語とするiOSエンジニアもSwiftフリーランス求人・案件に携わるチャンスがあった場合は積極的にチャレンジしましょう。

Swiftフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・Swiftでの開発経験年数
・チームでの開発経験
・個人でリリースしたアプリの実績
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではSwiftフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでSwiftフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Swift習得難易度・勉強方法について
Swiftは、2020年5月、TIOBEのランキングで11位ですが、1年前は18位であったため、年々人気が出てきている言語です。
Swiftはさらに日本だけでなく海外でも人気のある言語です。
Swiftは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来る言語です。
Swiftは、2014年にApple社によって開発されたiOS、MacOS、Linuxで利用可能なネイティブアプリを開発するためのオープンソースプログラミング言語です。
Swiftが対象としているOSは、MacOSとiOSです。iPhoneやiPadなどの端末で使えるアプリ、もしくはMacアプリ開発に適しています。

まず、Swift習得においてiOSアプリケーション開発環境は、Mac OSが備わっているMacが必須です。
iOS開発に必要なXcodeというソフトウェアはAppleから無償ですが、開発環境はMac上でのみ動作する仕様です。
iOS開発にはSwiftは2015年にオープンソース化され、WindowsやLinuxでも動作するようになっていますが、環境構築のための手順が複雑であるため初心者はMac環境をおすすめします。
SwiftはWindowsやLinuxでも動作するようになっていますが、環境構築のための手順が複雑であるため初心者はMac環境をおすすめします。

SwiftはPythonなどの言語の良い部分を参考に開発されているため、少ないコード量で記述できること、Xcodeという統合開発環境(IDE)があること、RubyやJavaなど他言語と比較して覚えることが少ないことなどの理由により初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめの言語です。
Swift以外にiOS開発はObjective-Cを使うことも出来ます。しかし、Objective-CはC言語をベースにオブジェクト指向された言語であり、初心者には非常に習得難易度が高い言語です。

Swiftの学習についてもう少し具体的に説明すると、
Swiftを使用する上でXcodeがアプリ開発を簡単にしています。
Xcodeには、強力なコード編集機能があります。コードの補完、検索機能は動作も速く非常にコーディングしやすいです。また、画面の自動表示、分割機能などもあります、現在編集しているファイルと関連性が高いファイルを自動で表示します。画面の部品をドラッグ&ドロップでコードと関連づけることもできるため非常に直感的で開発がスムーズです。
そのため、Swiftは、初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ言語です。

Swift学習コストや学習時間について、JavaやC言語など他言語と比較して時間は掛からないでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でiOSで必要なSwiftやObjective-Cを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
Swiftを始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、Swiftに関する参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かってきます。
さらにSwift習得にはMacを保有していることが必要であるため、他プログラミング言語よりもコストが掛かるでしょう。
上述のことを総合的に考慮すると、Swift習得に関して初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来ます。

さらにSwift習得するにあたり、Appleの公式ドキュメントを熟読することをおすすめします。
Apple製品向けのアプリを公開する場合は「Appleの審査を通過する必要がある」ためです。Appleの規約に違反するアプリ、推奨されない作り方をしたアプリは審査に通らないです。
さらにAppleの公式ドキュメントにはiOSアプリがスムーズに使いやすく設計されるための基礎知識が紹介されています。

もしSwift習得を希望するエンジニアは、まず、Appleの公式ドキュメントを読み込む、周辺でSwiftやiOS開発に精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Swiftに関する記事を読んでみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。


■Swiftの市場動向やニーズについて
2018年現在、iOSアプリの開発言語の主流はObjective-CからSwiftに変化しました。
習得の難易度やアプリ作成の難易度が高かった「Objective-C」に対し、「Swift」はアプリ開発未経験者にもなじみやすく、Webサイトのアプリ化がSwiftの登場によって加速しました。
また今後IoTの普及を考えると、必然とIoTデバイスの操作にiPhoneやAndroidが利用されることが想像できるます。
ますますSwiftフリーランス求人・案件は増加し、Swiftエンジニアの需要も高まることが予想されます。
今後も非常に注目度の高いプログラミング言語の一つとしてニーズがあるでしょう。

全941件中1-10件を表示中

全941件中1-10件を表示中