Swiftのフリーランス求人・案件一覧

Swift求人・案件の月額単価相場

平均単価

79.4万円

中央値単価

80万円

最高単価

140万円

最低単価

40万円

Swift求人・案件のエージェント別公開案件数

Swift求人・案件の都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Swiftの求人・案件について

Swiftについて
Swiftは、2014年にApple社が発表したObjective-Cに代わるOS XやiOS向け開発のための新しいプログラミング言語です。いわゆるiOSアプリを開発するための言語です。

特徴としてはObjective-Cと比べて、カンタンにプログラミングが可能で汎用性と安定性が高いことが挙げられます。
2018年現在、Objective-CからSwiftにiOSアプリの開発におけるスタンダードが変化し、新規で立ち上げられるiOSアプリはObjective-CではなくSwiftで作られる事がほとんどです。(ReactNativeなどを除く)
Objective-Cで作られたアプリをSwiftにリプレイスするなどの案件もありますので、Objective-Cをメインの開発言語とするiOSエンジニアもSwift案件に携わるチャンスがあった場合は積極的にチャレンジしましょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではSwiftのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでSwift求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Swift求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域について
Swift案件数を分析すると東京都311件、神奈川県14件、大阪府13件、埼玉県2件となっています。
(※フリーランススタート調べ/2019年2月)
Swiftは東京・神奈川・埼玉を中心に関東エリアに最もフリーランス向け案件が集中している事がわかります。
その他の地域では、関西は大阪にSwift案件があります。
フリーランスエンジニアとしてSwiftの仕事に携わるには東京・神奈川・大阪あたりが良いでしょう。


■Swift求人・案件の給与・単価金額相場について
Swift案件の給与・単価金額は他のプログラミング言語と比べて非常に高単価です。
Swift案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~90万円程度です。
フリーランスエンジニアとしてSwift開発未経験で参画可能な案件は非常に稀です。
Swift案件の平均単価は71.6万円、中央値単価は70万円、最高単価は120万円、最低単価は35万円です。
(※フリーランススタート調べ/2019年2月)

Swift案件の単価を決定する要因は、
・Swiftでの開発経験年数
・チームでの開発経験
・個人でリリースしたアプリの実績
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。


■Swiftの市場動向やニーズについて
2018年現在、iOSアプリの開発言語の主流はObjective-CからSwiftに変化しました。
習得の難易度やアプリ作成の難易度が高かった「Objective-C」に対し、「Swift」はアプリ開発未経験者にもなじみやすく、Webサイトのアプリ化がSwiftの登場によって加速しました。
また今後IoTの普及を考えると、必然とIoTデバイスの操作にiPhoneやAndroidが利用されることが想像できるます。
ますますSwift案件は増加し、Swiftエンジニアの需要も高まることが予想されます。
今後も非常に注目度の高いプログラミング言語の一つとしてニーズがあるでしょう。

全590件中1-10件を表示中

全590件中1-10件を表示中