Swiftの求人・案件一覧

Swiftのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

72.8万円

中央値単価

70万円

最高単価

160万円

最低単価

30万円

全2390件中1-30件を表示中

全2390件中1-30件を表示中

Swiftのフレームワークの公開案件数

Swiftのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとReactが3769件、Objective-Cが1073件、Flutter が354件、ReactNativeが270件、Firebaseが119件、Xcodeが73件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
React、Objective-C、Flutter はSwiftの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
Swiftの技術を有するフリーランスの方はReact、Objective-C、Flutter を中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

Swiftのフレームワークの月額平均単価

Swiftのフレームワークの月額平均単価を分析するとXcodeが75.1万円、Flutter が75.1万円、ReactNativeが74.7万円、Firebaseが74.7万円、Reactが73.7万円、Objective-Cが68.8万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
Xcode、Flutter 、ReactNativeはSwiftのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
Swiftの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はXcode、Flutter 、ReactNativeなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

Swiftのフレームワークの月額最高単価

Swiftのフレームワークの月額最高単価を分析するとReactが160万円、Flutter が160万円、ReactNativeが120万円、Objective-Cが110万円、Xcodeが110万円、Firebaseが110万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
React、Flutter 、ReactNativeはSwiftのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
Swiftのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはReact、Flutter 、ReactNativeなどのフレームワークがおすすめです。

Swiftのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Swiftのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとアットエンジニアが500件、レバテックフリーランスが253件、TechStockが127件、techtreeが91件、キャリアプラスが78件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が61件、エンジニアルーム(Engineer Room)が59件、Midworksが56件、FREE-DAが47件、フォスターフリーランスが35件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
Swiftのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはアットエンジニア、レバテックフリーランス、TechStockであることがわかります。
Swiftのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はアットエンジニア、レバテックフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Swiftのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Swiftのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとキャリアプラスが32件、レバテックフリーランスが12件、プロマチが12件、パーソルテクノロジースタッフが7件、Midworksが6件、Stylee(スタイリー)が6件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が5件、アットエンジニアが3件、ギークスジョブが2件、スマートキャリアが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
Swiftのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはキャリアプラス、レバテックフリーランス、プロマチであることがわかります。
Swiftのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はキャリアプラス、レバテックフリーランス、プロマチを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Swiftのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Swiftのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが100万円、テックビズフリーランスが99万円、フリーランスのミカタが90万円、ポテパンが88.8万円、techtreeが88.4万円、レバテッククリエイターが88.3万円、FREE-DAが88.1万円、キャリアプラスが82万円、REA techが81.9万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が81.7万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
月額単価の高いSwiftのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、テックビズフリーランス、フリーランスのミカタであることがわかります。
Swiftのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、テックビズフリーランス、フリーランスのミカタを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Swiftのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Swiftのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1641件、大阪府が64件、神奈川県が18件、広島県が9件、愛知県が8件、埼玉県が7件、福岡県が7件、京都府が6件、北海道が3件、兵庫県が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)
Swiftのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
Swiftのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

Swiftのフリーランス求人・案件数の推移

Swiftの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年7月が453件、2021年8月が440件、2021年9月が526件、2021年10月が510件、2021年11月が587件、2021年12月が672件となっています。Swiftのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、85件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

Swiftのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Swiftの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年7月が77件、2021年8月が84件、2021年9月が117件、2021年10月が107件、2021年11月が147件、2021年12月が175件となっています。Swiftのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、28件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

Swiftのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Swiftのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年7月が72.2万円、2021年8月が72.2万円、2021年9月が72.2万円、2021年10月が72.2万円、2021年11月が72.1万円、2021年12月が72.3万円となっています。Swiftのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.2万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

Swiftのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Swiftのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年7月が867.0万円、2021年8月が866.0万円、2021年9月が866.0万円、2021年10月が866.5万円、2021年11月が865.7万円、2021年12月が867.5万円となっています。Swiftのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し1.8万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

Swiftの常駐案件・リモートワーク案件割合

Swiftの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が180件(24.5%)、常駐案件が554件(75.5%)となっており、Swiftフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Swiftのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Swiftのフリーランス求人・案件について

Swiftのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
Swiftのフリーランス求人・案件の平均単価は72.8万円、中央値単価は70万円、最高単価は160万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年12月)

Swiftのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Swift経験1年未満:35万円前後 (年収420万円)
・Swift経験1年~2年:42万円前後 (年収504万円)
・Swift経験2年~3年:60万円前後 (年収714万円)
・Swift経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・Swift経験5年以上:84万円前後 (年収1008万円)

Swiftについて
Swiftは、2014年にApple社が発表したObjective-Cに代わるOS XやiOS向け開発のための新しいプログラミング言語です。いわゆるiOSアプリを開発するための言語です。

特徴としてはObjective-Cと比べて、カンタンにプログラミングが可能で汎用性と安定性が高いことが挙げられます。
2021年Objective-CからSwiftにiOSアプリの開発におけるスタンダードが変化し、新規で立ち上げられるiOSアプリはObjective-CではなくSwiftで作られる事がほとんどです。(ReactNativeなどを除く)
Objective-Cで作られたアプリをSwiftにリプレイスするなどのフリーランス求人・案件もありますので、Objective-Cをメインの開発言語とするiOSエンジニアもSwiftフリーランス求人・案件に携わるチャンスがあった場合は積極的にチャレンジしましょう。

Swiftフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・Swiftでの開発経験年数
・React、React Native、Flutter、Firebaseなどの開発経験年数
・チームでの開発経験
・個人でリリースしたアプリの実績
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではSwiftフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでSwiftフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Swiftのリモート・在宅求人・案件について
Swiftのフリーランス求人・案件は、リモート・在宅求人・案件は多少あります。

Swiftを用いたモバイルアプリ開発やソーシャルゲーム開発現場の案件はリモートワーク・在宅可能な企業が多数あり、スタートアップやベンチャーから大手企業まで多様な規模の企業があります。

Swiftスキルを活用してリモート・在宅のフリーランス求人・案件での参画を希望しているエンジニアは探してみましょう。
なお、SwiftスキルやiOS開発の実務経験がないフリーランスエンジニアは、リモート・在宅のフリーランス求人・案件を見つけることは難しいでしょう。

実務未経験のエンジニアは、まず常駐でSwift開発やiOS開発を数年ほど経験し、リモート・在宅のフリーランス求人・案件に切り替えられる準備をしておきましょう。
これからSwiftのプログラミング言語学習を開始しようとしている方は、まずSwiftというプログラミング言語を学習するため、プログラミングスクールやオンラインで学習できるサービスを検討してみましょう。


■Swiftフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

Swiftフリーランスエンジニアにとって、高収入を獲得するため必要なスキルを解説していきます。

・プログラミング言語スキル
Swiftフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、Swift自体の開発経験、iOSやAndroid開発経験やその周辺で必要になる開発知識/スキルです。
SwiftフリーランスエンジニアとしてSwift(プログラミング言語)以外にもObjective-C、Kotlin、Java、PHP、JavaScriptなどのプログラミング言語を習得しておくと良いでしょう。
Swift開発周辺で頻繁に用いられるスキルを多く持ち合わせておくと希少性の高いSwiftエンジニアとして企業側に評価されやすいでしょう。
例えばXcodeなどの総合開発環境スキル/知識、React、React Native、Flutter、FirebaseなどのiOSやAndroid開発でよく使用されるスキル/知識、AWS、Azureを用いた実務経験/知識などがあります。
また、Slack、Github、Redmine、Backlogなどのツールの使用経験や知識があるとより歓迎されます。
さらにSwiftフリーランスエンジニアとしてその他、チームリーダーやPM(プロジェクトマネージャー)など上流工程での経験、チームマネジメント経験があることが望ましいでしょう。


・論理的思考力
Swiftフリーランスエンジニアとして活躍をするにあたって必要になるスキルは、論理的思考力です。
ここでいう論理的思考力とは様々な種類の情報を重要度や意味によって分類したり、情報同士の間に「全体と部分」や「原因と結果」などの関係を見いだしたりする「構造化」の能力を指します。
この論理的思考力はSwiftフリーランスエンジニアにとって、必要ではなく、システム開発を行うエンジニア全てに必要なスキルになります。
システム構造は、順序立てられており設計するために論理的な考え方が必要です。
つまりシステム開発において、システム間の関係を把握したり、効率的な実行フローを考察したりすることは大切なことです。
そのため、Swiftフリーランスエンジニアとして論理的思考力は必要なスキルになるのです。


・設計スキル
Swiftフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては設計スキルです。
Swiftフリーランスエンジニアとしてアプリ開発の工程は当然身に付けておくべき知識です。
iOSのアプリを制作する際にはHIGと呼ばれる、Appleが定めたUI設計のガイドラインに従わなければなりません。

UIやUXは使いやすいアプリを制作するために欠かせないスキルなので、身に付けておけばよいアピールポイントとなるでしょう。


・コミュニケーションスキル
Swiftフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしてはコミュニケーションスキルです。
Swiftフリーランスエンジニアは、他エンジニアやチームリーダー、PM(プロジェクトマネージャー)とのコミュニケーションが大切な職業です。つまり開発チームに所属しながら、協調して働くことが求められます。
Swiftフリーランスエンジニアとして、Swiftのフリーランス求人・案件に参画するにあたってコミュニケーションスキルを向上させることが必要です。


■SwiftのフリーランスエンジニアにおすすめのSwiftフレームワークについて

SwiftのフリーランスエンジニアとしてSwiftフレームワークの取得はフリーランス求人・案件の参画確度を高めます。
代表的なSwiftフレームワークを解説するので、SwiftのフリーランスエンジニアはSwiftフレームワークを習得しましょう。

perfect
perfectは、Swiftと同時期に登場したSwift開発で活用可能なWebフレームワークです。
perfectの最新版は4.0.1です。
Perfectの登場によってSwiftでフロントエンドとバックエンドの双方を開発することが出来ます。
Perfectの特徴として、シンプルな構造であること、開発における生産性と効率性を向上させること案件できます。


Swifton
Swiftonは、LinuxとMax OSで動作し、Ruby on Railsに影響を受けたSwift開発で活用可能なWebフレームワークです。Swiftonの最大の特長はRuby on Railsのようにコードを書くことが出来るため、コードがシンプルということです。


Slimane
Slimaneは、Expressに影響を受けたSwift3で記述されているマイクロフレームワークです。
Slimaneの特徴として高速であること、Master/workerパターンによるマルチスレッド対応であること、Core Fundationに依存しないことなどが挙げられます。
Slimaneは個人開発や小規模開発に適しているSwiftのマイクロフレームワークです。


Kitura
Kituraは、2016年にIBM社が開発したWebフレームワークです。
BluemixというIBM社のクラウド環境上で動作するWebアプリケーションやWebサーバーを開発することが可能です。
2019年12月、IBMはKituraフレームワークの開発開発中止を発表し、現在はコミュニティが運営するプロジェクトに移行しています。


Express
Expressは、Swiftフレームワークの中でも軽量かつ最速に動作するフレームワークです。Ruby on RailsやLaravelと同じ拡張性に優れたMVCによる開発がサポートされています。


React Native
React NativeはFacebookが開発したオープンソースのモバイルアプリケーションフレームワークです。
React Nativeはモバイルアプリ開発において代表的なフレームワークであり、かつ代表的なiOSフレームワークでもあります。
React Nativeの特徴として迅速な開発ができることやクロスプラットフォームアプリ開発が可能であることをはじめとしドキュメントが豊富で学習コストが低いことなど挙げられます。

React Nativeと混同しやすいReactについて簡単に違いを説明します。
・React NativeはFacebookが開発したオープンソースのモバイルアプリケーションフレームワークです。
・ReactはUIとサーバー上で実行されるWebアプリケーションを構築するために使われるライブラリです。


■Swiftフリーランスエンジニアにおすすめの資格について

Swiftフリーランスエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

システムアーキテクト試験
システムアーキテクト試験はIT系国家資格の1つです。システム開発に必要となる要件を定義し、要件を実現するためのアーキテクチャを設計する能力を認定する資格です。
システムアーキテクト試験は要件定義、外部設計、システムテスト関連の知識や理解を出題されます。
システムアーキテクト試験を取得することにより、システム開発の上流工程を深い部分まで理解している証明になるため、Swiftフリーランスエンジニアとしておすすめの資格です。


App Development with Swift
App Development with Swiftは、Appleが提供するSwift、Xcode、App開発ツールの基礎知識を証明する資格です。
Swiftの基礎知識を証明する資格「App Development with Swift」を株式会社オデッセイ コミュニケーションズより(日本国内)で受験することが出来ます。

App Development with Swiftの資格はApple Software Development Kitの基礎、Playgrounds, Xcode, Simulator, Interface Builderなどの開発ツールの利用、Swiftを利用したiOSアプリケーションの作成/実行などSwiftを使ったiOSアプリ開発に必要な知識やスキルが身につきます。
Swiftフリーランスエンジニアとして将来検討している方が取得しておいて良い資格でしょう。


Swiftスキルは、資格を取得することによって、スキル証明をすることは可能ですが、フリーランス求人・案件参画において一番重要視すべきことは、Swiftの実務経験やiOSやAndroid開発経験、モバイルアプリ開発周辺で必要なスキルを保有していることです。
そのためSwift関連の資格は時間的に余裕がある方に特におすすめします。
Swiftフリーランスエンジニアとして実務未経験の場合、まず実務経験が積めるよう積極的に行動してみましょう。


■Swift習得難易度・勉強方法について
SwiftはA SMALL PLACE TO DISCOVER LANGUAGES IN GITHUBの2021年Q2で14位の位置にある人気のあるプログラミング言語です。
Swiftはさらに日本だけでなく海外でも人気のある言語です。
Swiftは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来る言語です。
Swiftは、2014年にApple社によって開発されたiOS、MacOS、Linuxで利用可能なネイティブアプリを開発するためのオープンソースプログラミング言語です。
Swiftが対象としているOSは、MacOSとiOSです。iPhoneやiPadなどの端末で使えるアプリ、もしくはMacアプリ開発に適しています。

まず、Swift習得においてiOSアプリケーション開発環境は、Mac OSが備わっているMacが必須です。
iOS開発に必要なXcodeというソフトウェアはAppleから無償ですが、開発環境はMac上でのみ動作する仕様です。
iOS開発にはSwiftは2015年にオープンソース化され、WindowsやLinuxでも動作するようになっていますが、環境構築のための手順が複雑であるため初心者はMac環境をおすすめします。
SwiftはWindowsやLinuxでも動作するようになっていますが、環境構築のための手順が複雑であるため初心者はMac環境をおすすめします。

SwiftはPythonなどの言語の良い部分を参考に開発されているため、少ないコード量で記述できること、Xcodeという統合開発環境(IDE)があること、RubyやJavaなど他言語と比較して覚えることが少ないことなどの理由により初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめの言語です。
Swift以外にiOS開発はObjective-Cを使うことも出来ます。しかし、Objective-CはC言語をベースにオブジェクト指向された言語であり、初心者には非常に習得難易度が高い言語です。

Swiftの学習についてもう少し具体的に説明すると、
Swiftを使用する上でXcodeがアプリ開発を簡単にしています。
Xcodeには、強力なコード編集機能があります。コードの補完、検索機能は動作も速く非常にコーディングしやすいです。また、画面の自動表示、分割機能などもあります、現在編集しているファイルと関連性が高いファイルを自動で表示します。画面の部品をドラッグ&ドロップでコードと関連づけることもできるため非常に直感的で開発がスムーズです。
そのため、Swiftは、初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ言語です。

Swift学習コストや学習時間について、JavaやC言語など他言語と比較して時間は掛からないでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でiOSで必要なSwiftやObjective-Cを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
Swiftを始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、Swiftに関する参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かってきます。
さらにSwift習得にはMacを保有していることが必要であるため、他プログラミング言語よりもコストが掛かるでしょう。
上述のことを総合的に考慮すると、Swift習得に関して初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来ます。

さらにSwift習得するにあたり、Appleの公式ドキュメントを熟読することをおすすめします。
Apple製品向けのアプリを公開する場合は「Appleの審査を通過する必要がある」ためです。Appleの規約に違反するアプリ、推奨されない作り方をしたアプリは審査に通らないです。
さらにAppleの公式ドキュメントにはiOSアプリがスムーズに使いやすく設計されるための基礎知識が紹介されています。

もしSwift習得を希望するエンジニアは、まず、Appleの公式ドキュメントを読み込む、周辺でSwiftやiOS開発に精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Swiftに関する記事を読んでみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。


■Swiftの市場動向やニーズについて
2021年、iOSアプリの開発言語の主流はObjective-CからSwiftに変化しました。
習得の難易度やアプリ作成の難易度が高かった「Objective-C」に対し、「Swift」はアプリ開発未経験者にもなじみやすく、Webサイトのアプリ化がSwiftの登場によって加速しました。
また今後IoTの普及を考えると、必然とIoTデバイスの操作にiPhoneやAndroidが利用されることが想像できるます。
​​
IT市場規模を分析し、Swiftの市場がどのように変化していくのかを見ていきましょう。

Research Nester Private Limitedによると、世界のモバイルアプリ市場は2019年から2027年の間に約14.3%の平均成長率を達成すると予測されているのです。
特に日本においては、iPhoneに代表されるApple製品が依然として人気なので、高い需要が続くでしょう。

上記を考慮するとSwiftフリーランス求人・案件は増加し、相対的にSwiftフリーランスエンジニアの需要も高まることが予想されます。
今後も非常に注目度の高いプログラミング言語の一つとしてニーズがあるでしょう。