Dartの求人・案件一覧

Dartのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

68.1万円

中央値単価

75万円

最高単価

99万円

最低単価

49万円

全54件中1-50件を表示中

全54件中1-50件を表示中

Dartのフリーランス案件に関するよくある質問

Dartのフリーランス案件は高単価ですか?

Dartのフリーランス案件の最高単価は99万円で、平均単価は68.1万円です。 Dartのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は816~1,188万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のDartの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるDartのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Dartのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Dartの募集中フリーランス案件数は26件、累計掲載案件は54件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のDartのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Dartのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Dartの募集中リモート案件数は17件、累計掲載案件は36件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるDartのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Dartのフレームワーク別募集中案件数推移

Dartのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年2月がFlutter 219件、2022年3月がFlutter 241件、2022年4月がFlutter 202件、2022年5月がFlutter 239件、2022年6月がFlutter 247件、2022年7月がFlutter 258件となっています。
Dartのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しFlutter は11件(4%)の増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Dartのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Dartのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが6件、フォスターフリーランスが5件、meetX FREELANCEが4件、1 on 1 Freelanceが3件、テックビズフリーランスが3件、TechStockが2件、アットエンジニアが2件、PE-BANKが2件、Stylee(スタイリー)が2件、テックリーチが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Dartのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、フォスターフリーランス、meetX FREELANCEであることがわかります。
Dartのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、フォスターフリーランス、meetX FREELANCEを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Dartのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Dartのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析すると1 on 1 Freelanceが2件、フォスターフリーランスが1件、レバテックフリーランスが1件、プロマチが1件、meetX FREELANCEが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Dartのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントは1 on 1 Freelance、フォスターフリーランス、レバテックフリーランスであることがわかります。
Dartのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方は1 on 1 Freelance、フォスターフリーランス、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Dartのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Dartのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとindecoが90万円、レバテックフリーランスが84.2万円、テックビズフリーランスが80万円、TechStockが75万円、meetX FREELANCEが74.3万円、アットエンジニアが73.3万円、フォスターフリーランスが72万円、テックリーチが70万円、Midworksが65万円、Stylee(スタイリー)が61.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
月額単価の高いDartのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはindeco、レバテックフリーランス、テックビズフリーランスであることがわかります。
Dartのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はindeco、レバテックフリーランス、テックビズフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Dartのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Dartのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が20件、週4日が3件、週3日が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Dartのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるDartのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Dartのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Dartのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が29件、神奈川県が1件、大阪府が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Dartのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
Dartのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

Dartのフリーランス求人・案件数の推移

Dartの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が15件、2022年3月が15件、2022年4月が15件、2022年5月が23件、2022年6月が22件、2022年7月が24件となっています。Dartのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、2件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Dartのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Dartの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が9件、2022年3月が7件、2022年4月が8件、2022年5月が17件、2022年6月が12件、2022年7月が16件となっています。Dartのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、4件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Dartのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Dartのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年2月が69.4万円、2022年3月が69.6万円、2022年4月が69.8万円、2022年5月が69.4万円、2022年6月が69.6万円、2022年7月が68.8万円となっています。Dartのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.8万円下降し、下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Dartのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Dartのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年2月が832.9万円、2022年3月が835.4万円、2022年4月が837.1万円、2022年5月が832.5万円、2022年6月が835.2万円、2022年7月が825.6万円となっています。Dartのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し9.6万円下降し、下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Dartの常駐案件・リモートワーク案件割合

Dartの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が15件(65.2%)、常駐案件が8件(34.8%)となっており、Dartフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

Dartのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Dartのフリーランス求人・案件について

Dartのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
Dartのフリーランス求人・案件の平均単価は68.1万円、中央値単価は75万円、最高単価は99万円、最低単価は49万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Dartのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Dart経験1年未満:38万円前後 (年収450万円)
・Dart経験1年~2年:45万円前後 (年収540万円)
・Dart経験2年~3年:64万円前後 (年収765万円)
・Dart経験3年~5年:75万円前後 (年収900万円)
・Dart経験5年以上:90万円前後 (年収1080万円)

Dartについて
Dartについて説明します。

Dartとは、2011年11月Googleにより開発されたWeb向けのプログラミング言語です。

DartはWebブラウザ組み込み用スクリプト言語として、JavaScriptの後継言語を目的に設計されています。
DartはJava、JavaScript、C#、Erlangなどに影響を受けています。
つまりDart言語はJavaScript言語にある解決できない言語上の問題点を解決し、加えてJavaScriptより高パフォーマンスや高セキュリティ性を発揮し、大規模な開発にも活用できるような機能を備えたプログラミング言語です。

本来GoogleではDartをChromeに統合する計画でしたが、Dartの普及が進まず2015年に断念しています。以後はDartを使ったプログラムをJavaScriptにコンパイルして、JavaScriptエンジンを搭載するWebブラウザ上で動作するようになりました。
また2017年には、DartはGoogleにおいて重要な言語であるとしながらも、競合するTypeScriptがGoogle社内の標準プログラミング言語として承認されています。

2021年8月時点Dartの最新バージョンは2.13.4です。

Dartの特徴としてJavaScriptに変換可能であること、クラスベースのオブジェクト指向言語であること、高パフォーマンス性や高セキュリティ性能があること、シンプルな操作性であること、クライアントとサーバの両サイドのコーディングができることなどが挙げられます。
加えて学習コストに関してJavaScriptの後継言語であるためJavaScriptを習得しているフリーランスエンジニアであれば、比較的楽に習得可能でしょう。

Dartは2018年2月、Web環境やアプリケーションの多様化に対応するためDart2をリリースされています。
Dart2では型システムなど言語機能の強化が実施され、より大規模のWebサービスやシステム開発に適するプログラミング言語になっています。

DartはJavaやJavaScriptなど他主要プログラミング言語と比較して日本語のドキュメントは多くないため、日本語のドキュメントはほとんど目を通しておくと良いでしょう。

Dartフリーランス求人・案件の中でも頻繁にFlutterスキルを要求されることが多いですが、Flutterで使用されているプログラミング言語がDartであるためです。
FlutterとはGoogleによって開発されたオープンソースのモバイルアプリケーションのSDK(Software Development Kit)です。

DartはFlutter、Aqueduct、Awesome Dart、Jaguar、Startなど豊富なフレームワークがあります。

Dartを学習する上でFlutterの習得に挑戦しましょう。
Dartのフリーランス求人・案件の多くは、Dart(プログラミング言語)スキルの他にFlutter経験を必要とします。
そのため、Dart(プログラミング言語)スキルと同時にFlutterの習得をしておくとDartフリーランスエンジニアとして活躍出来る仕事の幅が広がります。

近年Dartが注目され始めています。
その理由としてFlutterが注目されていることが挙げられます。
アメリカや中国、インドなどIT大国を中心にFlutterは注目を集めており、クロスプラットフォーム対応アプリの開発に関する話題では、常にその名が挙げられます。
Flutterが注目されているため相対的にDartも注目を集め始めています。

Dartフリーランス求人・案件は参画する商流によって単価が大きく左右されます。
商流に介在する企業が増える事で手数料(中間マージン)が増えるため、10~20万単価が変動することもしばしばあります。
可能な限り浅い商流で上流から参画可能なDartフリーランス求人・案件を探すことが、高単価のDartフリーランス求人・案件に参画するコツと言えるでしょう。

Dartフリーランス求人・案件の単価を決定する要因としては、

・Dart自体での開発(実務)経験年数
・案件発注元の企業と同様のビジネスモデルの企業での開発経験がある
・案件発注元の企業と同様の開発環境やフレームワークの経験がある
・要件定義、機能定義、構成管理、計画立案など上流工程の実務経験/知識
・チームリーダーやPM(プロジェクトマネージャー)の実務経験

などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に通常と比べて比較的高単価でDartフリーランス求人・案件が受注できる場合が多いです。

フリーランスエンジニア専門の求人・案件一括検索サイト フリーランススタートではDartのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに応募することができます。ぜひ一度フリーランススタートでDartのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Dartフリーランス求人・案件動向
DartはFlutterをはじめとし、Dartフレームワークが充実してたり、JavaScriptの後継のプログラミング言語を目指しています。
Dartのフリーランス求人・案件において代表的な求人・案件を説明します。

・大規模Webサービス開発Dartフリーランス求人・案件
事業会社が社内でシステムを開発するケースが多いです。
服装はその事業会社の社風により私服の場合とビジネスカジュアル、スーツの場合があります。
Webサービス、銀行・証券・保険、メーカー、EC、ゲーム、エンタメ、広告などの業界でのWebシステムやWebサービス開発などでDartが活用されています。


・モバイルアプリ開発Dartフリーランス求人・案件
スタートアップ・ベンチャー企業・事業会社が社内や受託でWebアプリケーションを開発するケースが多いです。
スタートアップ・ベンチャー企業では服装の自由度が高いため、私服の場合が多く、事業会社ではその社風によりビジネスカジュアル・スーツの場合どちらもあります。
Dartを必要とするモバイルアプリ開発フリーランス求人・案件のほとんどでFlutterスキルも必要とします。
そのためモバイルアプリ開発フリーランス求人・案件に参画するフリーランスエンジニアはFlutterスキルを必ず習得しておきましょう。


■Dartのリモート/在宅求人・案件について
Dartのフリーランス求人・案件は、リモート/在宅求人・案件は多少あります。

Dartを用いたプラットフォーム開発、ネイティブアプリ開発、システム開発のフリーランス求人・案件はリモートワーク/在宅可能な企業が多数あります。
Dartスキルを活用してリモート/在宅のフリーランス求人・案件での参画を希望しているエンジニアは探してみましょう。
なお、Dartスキルをはじめとし、システム開発やFlutterを使用したアプリ開発の実務経験がないエンジニアは、リモート/在宅のフリーランス求人・案件を見つけることは難しいでしょう。

そのため、実務未経験のエンジニアはまず、常駐でDart開発もしくはSwiftやKotlin、Flutterなどのアプリ開発で使用するスキルやJavaScriptやJava、Pythonなどを使ったシステム開発を数年ほど経験し、リモート/在宅のフリーランス求人・案件に切り替えられる準備をしておきましょう。
これからDartのプログラミング言語学習を開始しようとしている方は、まずDartというプログラミング言語を学習するため、プログラミングスクールやオンラインで学習できるサービスを検討してみましょう。


■Dartフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

Dartエンジニアにとって、高収入を獲得するため必要なスキルを解説していきます。

・プログラミング言語スキル
Dartフリーランスエンジニアがフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、Dart自体の開発経験、サーバーサイド開発経験やその周辺で必要になる開発知識/スキルです。
DartフリーランスエンジニアとしてDart(プログラミング言語)以外にもJavaScript、TypeScript、Java、C#、Rubyなど他プログラミング言語を習得しておくと良いでしょう。
Dart開発周辺で頻繁に用いられるスキルを多く持ち合わせておくと希少性の高いDartエンジニアとして企業側に評価されやすいでしょう。

具体的にはFlutterやFirebase、Vue.jsなどDartで頻繁に使うスキルを使用した実務経験/知識、サーバーサイド開発の実務経験/知識、Docker、CentOS、Oracleなどのミドルウェア関連の実務経験/知識、iOSやAndroidなどのモバイルアプリでのOS知識、AWS、Azure、GCP(Google Cloud Platform)を用いた実務経験/知識などがあるとフリーランス求人・案件に参画しやすいです。
またSlack、Github、Redmine、Backlogなどのツールの使用経験や知識があるとより歓迎されます。

さらにDartフリーランスエンジニアとしてその他、チームリーダーやPM(プロジェクトマネージャー)など上流工程での経験、チームマネジメント経験があることが望ましいでしょう。


・論理的思考力
Dartフリーランスエンジニアがフリーランス求人・案件に参画するために必要になるスキルは、論理的思考力です。
ここでいう論理的思考力とは様々な種類の情報を重要度や意味によって分類したり、情報同士の間に「全体と部分」や「原因と結果」などの関係を見いだしたりする「構造化」の能力を指します。
この論理的思考力はDartエンジニアにとって、必要ではなく、システム開発を行うエンジニア全てに必要なスキルになります。
システム構造は、順序立てられており設計するために論理的な考え方が必要です。
つまりシステム開発において、システム間の関係を把握したり、効率的な実行フローを考察したりすることは大切なことです。
そのため、Dartエンジニアとして論理的思考力は必要なスキルになるのです。

・コミュニケーションスキル
Dartフリーランスエンジニアがフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。
Dartフリーランスエンジニアは大規模でのシステム開発やモバイルアプリ開発に参画することが多く、他エンジニアやチームリーダー、PM(プロジェクトマネージャー)とのコミュニケーションが必須になってきます。
Dartフリーランスエンジニアにとってそのため開発チームに所属しながら、協調して働くことが求められます。
また、年収アップを望むDartフリーランスエンジニアはコミュニケーションスキルを向上させることが必要です。


■DartのフリーランスエンジニアにおすすめのDartフレームワークについて

DartのフリーランスエンジニアとしてDartフレームワークの取得はフリーランス求人・案件の参画確度を高めます。
代表的なDartフレームワークを解説するので、DartのフリーランスエンジニアはDartフレームワークを習得しましょう。

Flutter
FlutterはGoogleが開発したフリーでオープンソースのUIのSDKです。
FlutterはAndroidやiOS向けのアプリケーションの開発に利用されることが多く、モバイルアプリフレームワークという位置付けて紹介されていることもあります。

Flutterの特徴として1つのソースコードでiOS/Android/Webアプリが同時に開発できること、高速なアプリ開発を実現できること、柔軟なUI表現が可能であること、クロスプラットフォーム対応であること、Firebaseとの相性が非常に良いことなどが挙げられます。

クロスプラットフォーム開発できるフレームワークとしてReact NativeやXamarinが挙げられます。

2021年3月3日、Flutter2がリリースされ、Microsoft、TOYOTA、CanonicalがFlutterを実装した次世代プロダクトの開発・検討を進めていることを公表しています。また、Fuchsiaではアプリケーションの開発は主にFlutterが活用されています。


■Dartフリーランスエンジニアにおすすめの資格について

Dart関連の資格は現状存在しませんが、システム開発という観点からDartフリーランスエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

・システムアーキテクト試験
システムアーキテクト試験はIT系国家資格の1つです。システム開発に必要となる要件を定義し、要件を実現するためのアーキテクチャを設計する能力を認定する資格です。

システムアーキテクト試験は、情報システムや組み込みシステムにおけるアーキテクチャーの設計をしたり、システム開発を主導したりするエンジニアを対象としています。

システムアーキテクト試験を取得することにより、システム開発の上流工程を深い部分まで理解している証明になるため、Dartフリーランスエンジニアとしておすすめの資格です。


・プロジェクトマネージャ試験(PM)
プロジェクトマネージャ試験(PM)はIPA(情報処理推進機構)が実施している情報処理系の国家資格です。

プロジェクト責任者として必要な知識として、IT技術全般の知識、プロジェクト管理や計画立案、予算、納期、品質などのプロジェクト全てに対応可能なスキルを図る試験です。

プロジェクトマネージメントの知識/スキルを客観的に証明できるため、将来的に、マネジメント業務に関わりたいDartフリーランスエンジニアは、取得しておくと良いでしょう。


・応用情報技術者試験
応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位資格で、ワンランク上の知識・技能が問われます。

応用情報技術者試験を取得することにより、スキルや管理まで幅広い知識と応用力を身に付けたDartフリーランスエンジニアであることの証明になるため、Dartフリーランスエンジニアとしておすすめの資格です。


Dartスキルは、資格を取得することによって、スキル証明をすることは可能ですが、フリーランス求人・案件参画において一番重要視すべきことは、Dartの実務経験やiOSやAndroid開発経験、JavaScriptやTypeScriptなどを使った開発経験、加えてシステム開発周辺で必要な開発スキルを保有していることです。
そのためDart関連の資格は時間的に余裕がある方に特におすすめします。

Dartエンジニアとして実務未経験の場合、まず実務経験が積めるよう積極的に行動してみましょう。


■Dart習得難易度・勉強方法について
Dartとは、2011年11月Googleにより開発されたWeb向けのプログラミング言語です。
またA SMALL PLACE TO DISCOVER LANGUAGES IN GITHUBにおいて2018年Q2では23位でしたが、2021年Q2では13位に位置している注目され始めているプログラミング言語です。

Dartは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては、習得することをあまりおすすめしないプログラミング言語です。
その理由として現状Dartのフリーランス求人・案件が少ないことが挙げられます。

DartはJavaScriptの後継言語でありかつ注目され始めているプログラミング言語ですが、フリーランス求人・案件は非常に少なく、たとえ習得しても実務経験がなければ参画することはできません。
しかし、DartはJavaScriptなどを参考に開発されていることもあり比較的習得しやすい言語です。
エンジニア初心者としてDartを習得するエンジニアは上記市場を考慮して習得しましょう。
エンジニア初心者が一人前のエンジニアとして活躍できるレベルを目指すのであれば、個人差はありますが約500~1,000時間は必要になるでしょう。

Dartの学習時間やコストは多少発生しますが、オンライン学習やプログラミングスクールを活用すると比較的安価でDartを習得することができるでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でDartを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。
オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Udemy(ユーデミー)」など多種多様なサービスがあります。

上述のことを総合的に考慮すると、Dart習得に関して初心者や最初に学ぶプログラミング言語としてはおすすめしません。
しかしDartの習得を希望している方はオンライン学習サイトやプログラミングスクールなど積極的に活用し、最短で習得できるようにしましょう。

なお、Dart習得を希望するエンジニアは、まず周辺でDartに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみると良いでしょう。

Dartはフリーランス求人・案件数も他プログラミング言語と比較して少ないです。
そのため少し回り道ですがJavaScriptやTypeScriptなどDartと類似しているプログラミング言語をまず習得し、その後フリーランス求人・案件に参画し、最終的に将来的にDart開発ができるフリーランス求人・案件に参画する方法もあります。

上記方法は開発経験も豊富になっている可能性が高く、様々な規模のフリーランス求人・案件にも参画できるのでエンジニアとしての希少性も上がるでしょう。
自分にとってDartを習得しどのようなフリーランスエンジニアになりたいのか、事前に決めておくと後悔が少なく目標にたどり着けます。


■Dartの市場動向やニーズについて
Dartの市場動向やニーズは将来的に増加する可能性が高いでしょう。

Dartのニーズが将来的に増加する理由として、人気になり始めていることとIT業界が人材不足であることなどが挙げられます。
A SMALL PLACE TO DISCOVER LANGUAGES IN GITHUBにおいて2018年Q2では23位でしたが、2021年Q2では13位に位置しています。つまり注目され始めているのです。
Microsoft、TOYOTA、CanonicalがFlutterを活用したプロダクトの開発や検討を進めていますが、今後も巨大企業が使用する可能性は十分にあります。

つぎに、IT市場よりDartに関連のあるAI分野を分析してみましょう。
経済産業省のIT人材需給に関する調査によると2030年最大で79万人が不足すると言われています。この要因はAIやIoT、5GなどIT産業の飛躍的な発達やエンジニアの高齢化が挙げられます。

上記理由により、Dartフリーランスエンジニアのニーズは将来的に増加する可能性があると言えるでしょう。