Flutter の求人・案件一覧

Flutter のフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

77.2万円

中央値単価

80万円

最高単価

160万円

最低単価

7万円

全2426件中1-50件を表示中

全2426件中1-50件を表示中

Flutter のフリーランス案件に関するよくある質問

Flutter のフリーランス案件は高単価ですか?

Flutter のフリーランス案件の最高単価は160万円で、平均単価は77.2万円です。 Flutter のフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は924~1,920万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のFlutter の経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるFlutter のフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Flutter のフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Flutter の募集中フリーランス案件数は367件、累計掲載案件は2,426件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のFlutter のフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Flutter のフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Flutter の募集中リモート案件数は111件、累計掲載案件は1,100件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるFlutter のフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Flutter のフレームワーク別募集中案件数推移

Flutter のフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2023年12月がDart81件、2024年1月がDart63件、2024年2月がDart112件、2024年3月がDart121件、2024年4月がDart94件、2024年5月がDart124件となっています。
Flutter のフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しDartは30件(31%)の大幅な増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Flutter のフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Flutter のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが636件、プロエンジニア(ProEngineer)が212件、ギークスジョブが97件、PE-BANKが93件、テックリーチが92件、TechStockが77件、ビズリンクが53件、Midworksが51件、アットエンジニアが51件、マノア・リノが40件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Flutter のフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、プロエンジニア(ProEngineer)、ギークスジョブであることがわかります。
Flutter のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、プロエンジニア(ProEngineer)、ギークスジョブを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Flutter のフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Flutter のフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとMidworksが43件、プロエンジニア(ProEngineer)が39件、ビズリンクが3件、ギークスジョブが2件、テックリーチが2件、株式会社mijicaが2件、アットエンジニアが1件、PE-BANKが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Flutter のフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはMidworks、プロエンジニア(ProEngineer)、ビズリンクであることがわかります。
Flutter のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はMidworks、プロエンジニア(ProEngineer)、ビズリンクを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Flutter のフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Flutter のフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが110万円、ギークスジョブが92.5万円、E-agentが90万円、1 on 1 Freelanceが88.7万円、Midworksが87.5万円、案件ユートピアが86.7万円、ビズリンクが85.1万円、プロエンジニア(ProEngineer)が84.1万円、TechStockが82.3万円、indecoが81.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
月額単価の高いFlutter のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、ギークスジョブ、E-agentであることがわかります。
Flutter のフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、ギークスジョブ、E-agentを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Flutter のフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Flutter のフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が1037件、週4日が379件、週3日が293件、週2日が39件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Flutter のフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるFlutter のフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Flutter のフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Flutter のフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1346件、大阪府が100件、神奈川県が35件、京都府が18件、秋田県が9件、千葉県が9件、埼玉県が8件、愛知県が8件、兵庫県が6件、福岡県が5件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Flutter のフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
Flutter のフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

Flutter のフリーランス求人・案件数の推移

Flutter の募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が660件、2024年1月が581件、2024年2月が606件、2024年3月が710件、2024年4月が541件、2024年5月が694件となっています。Flutter のフリーランス求人・案件数は前月と比較し、153件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Flutter のリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Flutter の募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が299件、2024年1月が264件、2024年2月が302件、2024年3月が326件、2024年4月が289件、2024年5月が297件となっています。Flutter のリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、8件増加しており、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Flutter のフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Flutter のフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2023年12月が75.8万円、2024年1月が75.9万円、2024年2月が76.2万円、2024年3月が76.4万円、2024年4月が77.1万円、2024年5月が77.3万円となっています。Flutter のフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Flutter のフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Flutter のフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2023年12月が910.2万円、2024年1月が910.5万円、2024年2月が913.9万円、2024年3月が916.6万円、2024年4月が925.5万円、2024年5月が927.2万円となっています。Flutter のフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し1.7万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Flutter の常駐案件・リモートワーク案件割合

Flutter の募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が297件(51.5%)、常駐案件が280件(48.5%)となっており、Flutter フリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

Flutter のフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Flutter のフリーランス求人・案件について

Flutter のフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~90万円程度です。
Flutter のフリーランス求人・案件の平均単価は77.2万円、中央値単価は80万円、最高単価は160万円、最低単価は7万円です。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Flutter のフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Flutter 経験1年未満:40万円前後 (年収480万円)
・Flutter 経験1年~2年:48万円前後 (年収576万円)
・Flutter 経験2年~3年:68万円前後 (年収816万円)
・Flutter 経験3年~5年:80万円前後 (年収960万円)
・Flutter 経験5年以上:96万円前後 (年収1152万円)

Flutterについて
Flutterは、Googleによって開発されたオープンソースのモバイルアプリケーションのSDKです。
SDKとはSoftware Development Kitの略で、システムで使えるソフトウェアを作るために必要なサンプルプログラムや技術文書がまとめられたものです。
FlutterはAndroidやiOS向けのアプリケーションの開発に利用します。Fuchsiaではアプリケーションの開発は主にFlutterが活用されています。

Flutterの特徴として、クロスプラットフォーム開発が可能であること、Hot Reloadを使い、高速に開発が可能であること、Dartという開発言語で構築されていること、JIT(Just In Time)とAOT(Ahead Of Time)両方のコンパイラで効率的な開発が出来ることなどが挙げられます。
Dartは、Googleにより開発されたWeb向けのプログラミング言語で、Webブラウザ組み込みのスクリプト言語であるJavaScriptの代替となることを目的に開発されています。
しかし、Flutterは日本語の資料が少ないことやオープンソースライブラリが少ないことなどのデメリットとなり得る特徴もあります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではFlutterのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでFlutterフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Flutterを活用するメリット

Flutterを活用するメリットをご説明します。
Flutterにはどのようなメリットがあるのかしっかり理解しましょう。

・クロスプラットフォーム対応
Flutterを活用するメリットとして、クロスプラットフォーム対応であることが挙げられます。これにより、一つのコードベースでiOSとAndroidの両方のアプリを開発することが可能です。

・高速開発
Flutterを活用するメリットとして、高速開発であることが挙げられます。Hot Reload機能により、コードの変更がすぐに反映されるため、効率的にアプリ開発が行えます。

・豊富なウィジェット
Flutterを活用するメリットとして、豊富なウィジェットが提供されていることが挙げられます。これにより、デザインのカスタマイズが容易になり、独自のUIを実現できます。


■Flutterを活用するデメリット

Flutterを活用するデメリットをご説明します。
Flutterの習得を検討しているフリーランスエンジニアの方などは参考にしてみましょう。

・ネイティブAPIへのアクセス制限
Flutterを活用するデメリットとして、ネイティブAPIへのアクセス制限があることが挙げられます。そのため、一部のネイティブ機能を利用する際には、追加のプラグインが必要となる場合があります。

・学習コスト
Flutterを活用するデメリットとして、独自のフレームワークであるため学習コストがかかることが挙げられます。特に、Dartに慣れていない場合、学習に時間がかかることがあります。

・アプリのサイズが大きくなる
Flutterを活用するデメリットとして、アプリのサイズが大きくなる傾向があることが挙げられます。これは、クロスプラットフォーム開発の特性上、どうしても避けられない問題であり、アプリの軽量化が求められる場合には注意が必要です。


■Flutterフリーランスエンジニアとして携わることができるフリーランス求人・案件例

・クロスプラットフォームアプリ開発求人・案件
Flutterフリーランスエンジニアとして、クロスプラットフォームアプリ開発求人・案件はFlutterフリーランス求人・案件の中でも携わることが多いでしょう。FlutterはiOSとAndroidの両方のアプリを一つのコードベースで開発できるため、効率的にアプリ開発が可能です。

・Webアプリ開発求人・案件
Flutterフリーランスエンジニアとして、Webアプリ開発求人・案件に携わることができるでしょう。Flutter for Webを利用することで、同じコードでWebアプリケーションも開発でき、デバイス間の一貫したUIと高いパフォーマンスを実現します。

・デザイン重視のアプリ開発求人・案件
Flutterフリーランスエンジニアとして、デザイン重視のアプリ開発求人・案件に携わることができるでしょう。豊富なウィジェットとカスタマイズが容易な設計により、美しいUIや独自のデザインを追求するプロジェクトに適しています。

・プロトタイプ開発求人・案件
Flutterフリーランスエンジニアとして、プロトタイプ開発求人・案件に携わることができるでしょう。高速な開発サイクルを実現するHot Reload機能により、短期間でプロトタイプの制作が可能であり、アイデアの検証やデモ作成に適しています。

・eコマースアプリ開発求人・案件
Flutterフリーランスエンジニアとして、eコマースアプリ開発求人・案件に携わることができるでしょう。クロスプラットフォーム対応と美しいUIを実現することで、より広いユーザー層にアプローチするeコマースアプリの開発に貢献できます。

・IoTアプリ開発求人・案件
Flutterフリーランスエンジニアとして、IoTアプリ開発求人・案件に携わることができるでしょう。クロスプラットフォーム対応と統一されたUIデザインが求められるIoTアプリ開発において、Flutterはその特性を活かして効率的な開発ができます。また、豊富なパッケージやライブラリが利用できるため、IoTデバイスとの連携やデータの可視化にも対応しやすいでしょう。


■Flutterフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況

FlutterはiOS・Androidのクロスプラットフォームアプリ開発やWebアプリ開発に広く活用されているGoogle製の開発フレームワークです。

Flutterを用いたアプリ開発やWebアプリ開発の現場では、リモートワークや在宅・持ち帰りに対応したフリーランス求人・案件が増加傾向にあります。特にスタートアップ企業や中小企業の案件では、リモートワーク・在宅・持ち帰りが一般的になっています。

しかし、Flutterを活用した大規模な企業や金融系の開発現場では、セキュリティや機密情報保持の観点からリモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件は限定的であることがあります。

今後、Flutterを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化はさらに増加する可能性が高いでしょう。その理由として、新型コロナウイルスの影響やIT業界全体の技術的進歩が挙げられます。Slack、Chatwork、Zoom、Google Meet、Boxなどのクラウド技術の発達や、5Gの普及により、リモートワーク・在宅・持ち帰りでも効率的な開発が可能になっています。

Flutterフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、アプリ開発やWebアプリ開発の案件を探してみることをおすすめします。


■Flutterでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について

Flutterにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

Flutterの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在し、近年副業が解禁されたことにより、徐々にFlutterフリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

さらに、週2日、週3日でも月額単価90万円や100万円など、高単価なFlutterフリーランス案件・求人も増えています。複数のFlutterフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なアプリやサービス開発に携わることができ、多種多様なエンジニアとコミュニケーションを取ることが可能です。これにより、Flutterエンジニアとして開発スキルの向上や、より多くの開発実績・経験を積むことができます。

Flutterエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発実績・経験を積みたい方は、週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■Flutterフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

Flutterフリーランスエンジニアにとって、高収入を獲得するために必要なスキルを解説していきます。

・プログラミング言語スキル
Flutterフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、Flutter自体の開発経験、Dartの習得、フロント開発やサーバーサイド開発経験やその周辺で必要になる開発知識・スキルです。

Flutterフリーランスエンジニアとして、他プログラミング言語や技術を習得しておくと良いでしょう。例えばDart、Java、Swift、Kotlin、React Native、JavaScript、HTML/CSSなどのプログラミング言語や、Firebase、REST API、GraphQLなどのバックエンド技術を習得しておくと、より多くの求人・案件に対応できます。

Flutter開発周辺で頻繁に用いられるスキルを多く持ち合わせておくと希少性の高いFlutterフリーランスエンジニアとして企業側に評価されやすいでしょう。例えばProvider、Riverpod、GetX、BlocなどのFlutterアーキテクチャや、リッチなUI・UXデザイン、テスト駆動開発(TDD)などの開発手法や実務経験、Git、Docker、CI/CDパイプラインなどの開発環境やツールの知識・経験が求められます。

またSlack、Jira、GitHub、Backlogなどのコミュニケーションやプロジェクト管理ツールの使用経験や知識も歓迎されます。
さらに、Flutterフリーランスエンジニアとして、その他のチームリーダーやPM(プロジェクトマネージャー)など上流工程での経験、チームマネジメント経験があることが望ましいでしょう。

・論理的思考力
Flutterフリーランスエンジニアに求められるスキルのひとつに論理的思考力があります。構造化された思考を持ち、プログラムの流れやアプリケーションのアーキテクチャを理解することが求められます。これは、システム開発を行うエンジニア全体に必要なスキルです。効率的なアプリケーション構造やコンポーネント間の関係を把握し、最適な開発手法を選択するために論理的な考え方が必要です。そのため、Flutterフリーランスエンジニアとして論理的思考力は必要なスキルになります。

・コミュニケーションスキル
Flutterフリーランスエンジニアにとって年収アップに必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。Flutterフリーランスエンジニアは、他エンジニアやチームリーダー、PM(プロジェクトマネージャー)とのコミュニケーションが大切な職業です。つまり開発チームに所属しながら、協調して働くことが求められます。

Flutterフリーランスエンジニアとして、年収アップを望むのであればコミュニケーションスキルを向上させることが必要です。良好なコミュニケーションがクライアントとの信頼関係を築くことにも繋がり、リピート案件や紹介などの機会を増やすことができます。

・上流工程の実務経験
Flutterフリーランスエンジニアとして、上流工程の実務経験はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。一般的なシステム/サービス開発には、要件分析、要件定義、設計、実装、テスト、保守・運用といった工程があります。そのなかでも要件分析から設計までが上流工程です。

上流工程はシステムやサービス開発において仕様やコスト、期間を決定する大切な工程です。上流工程がしっかりできていないと、開発工程での遅延や開発コストの増大、運用後のシステムトラブルなど様々な問題を引き起こす可能性が高いです。上流工程の実務経験があることによりFlutterフリーランスエンジニアとして、参画できるフリーランス求人・案件の幅が広がり、高単価(稼げる)フリーランス求人・案件も参画しやすくなります。

このように、Flutterフリーランスエンジニアに必要なスキルを身につけ、実務経験を積むことで、より多くの求人・案件に参画することが可能になります。

Flutterフリーランスエンジニアが求人・案件に参画するために必要なスキルは、プログラミング言語スキル、論理的思考力、コミュニケーションスキル、および上流工程の実務経験です。これらのスキルを習得し、実務経験を積むことで、より多くの案件に参加し、収入を向上させることができます。


■Flutterフリーランスエンジニアとして開発経験年数別のアドバイス

✔開発経験1年未満のFlutterフリーランスエンジニア
開発経験1年未満のFlutterフリーランスエンジニアは、まずはDartの基礎をしっかり身につけましょう。次に、Flutterのウィジェットやレイアウトシステム、アニメーションなどの基本的な機能を理解し、簡単なアプリケーションの開発を始めましょう。

インターネット上には多くのチュートリアルやサンプルコードがありますので、それらを参考に学習を進めていくと良いでしょう。また、Flutterの公式ドキュメントやフォーラムも活用し、わからないことがあれば質問や検索を通じて解決しましょう。

✔開発経験1〜4年のFlutterフリーランスエンジニア
開発経験1〜4年のFlutterフリーランスエンジニアは、独自のウィジェットやカスタムアニメーションの開発に挑戦し、アプリケーションのクオリティを向上させましょう。また、プラットフォーム固有の機能へのアクセスやプラグインの作成・使用も習得していくことが重要です。

さらに、実際のプロジェクトに参加し、チームでの開発やコードレビューを経験することで、コミュニケーション能力や協力性を向上させることができます。この段階では、バージョン管理システム(Gitなど)やCI/CDパイプラインの構築も学習しておくと良いでしょう。

✔開発経験5年以上のFlutterフリーランスエンジニア
開発経験5年以上のFlutterフリーランスエンジニアは、アーキテクチャパターンや設計原則を理解し、大規模なプロジェクトでの開発に対応できるようになると良いでしょう。また、パフォーマンスチューニングや最適化手法を習得し、より効率的で高品質なアプリケーションを作成できるようになることを目指しましょう。

さらに、オープンソースプロジェクトへの貢献や、Flutterのコミュニティでの活動を通じて、知識や経験を共有することも重要です。


■Flutterフリーランスエンジニアにおすすめの資格について

Flutterフリーランスエンジニアとして、自身のスキルを証明し、市場価値を向上させるための資格を紹介します。

AWS Certified Developer - Associate
AWS Certified Developer - Associateは、Amazon Web Services(AWS)に関する知識とスキルを証明する資格です。Flutterエンジニアとして、クラウドサービスを利用したアプリケーション開発の実践的な知識が求められることがあります。この資格を取得することで、AWSを利用した開発プロジェクトにおいて、自分のスキルをアピールすることができます。

また、AWSはクラウドサービス市場で圧倒的なシェアを持っており、多くの企業がAWSを利用しています。そのため、AWSのスキルを持っていることは、Flutterフリーランスエンジニアとして大きな強みとなります。

Flutterフリーランスエンジニアとしての市場価値を高めるためには、資格取得が有益です。ただし、実務経験と実践的なスキルが重要であるため、資格取得と並行して実務経験を積むことが大切です。資格取得を検討する際には、自分のキャリアプランに合わせて適切な資格を選ぶことが重要です。


■Flutterのフリーランス求人・案件の探し方

Flutterフリーランスエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
Flutterフリーランスエンジニアとして独立したけど、他Flutterフリーランスエンジニアの人がどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。

・フリーランスエージェントの活用
Flutterフリーランスエンジニアとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
フリーランスエージェントに在籍している専門コーディネーターが、開発スキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを手厚くサポートしてくれます。

Flutterフリーランスエンジニアとして、Flutterスキルの開発経験が浅い方から10年以上開発スキルがあるベテランの方まで、非常に幅広いフリーランスエンジニア層の方が活用しています。

フリーランス求人・案件探しを効率良く行いたい方や継続的にフリーランス求人・案件に参画をしたい方など登録しておくべきでしょう。
また、フリーランスエージェントによっては正社員と同様の保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。

Flutterフリーランスエンジニアだからこそ、万が一働けなくなった場合や保険が必要になる場合を想定し、保険や福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。

・クラウドソーシングサービスの活用
Flutterフリーランスエンジニアとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。代表的なクラウドソーシングサービスはクラウドワークスやランサーズ、ココナラ、タイムチケットなどあります。

Flutterフリーランスエンジニアとして、自分の開発スキルを登録するだけでFlutterを活用したフリーランス求人・案件を探せたり応募して参画できます。
自分の開発スキルに合ったもしくは希望するフリーランス求人・案件を探すことができ、ステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。

ただし、高単価フリーランス求人・案件はほとんどなく、また単発での仕事が豊富であるため半年や1年以上などの中長期的なフリーランス求人・案件への参画を検討している方はあまりおすすめしません。
経験を積みたいもしくは実績をどんどん積んでいきたい比較的経験の浅いFlutterフリーランスエンジニアには適しているでしょう。

・SNSを含むオンラインを活用
FlutterフリーランスエンジニアとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSやWebサイトを自分で開設しオンライン上に経歴や実績、ポートフォリオを公開しておくことで、個人や企業から直接フリーランス求人・案件を受け取れる可能性もあります。

現在ではTwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを開設し、そこから即戦力になりそうなFlutterフリーランスエンジニアを探している企業は非常に多いです。
経歴や実績、ポートフォリオを公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力や希望に見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれる可能性もあるでしょう。

多角的に自分(Flutterフリーランスエンジニアとして)の存在を発信し、フリーランス求人・案件を受注できる幅を広げましょう。

・知人など人脈を活用
Flutterフリーランスエンジニアとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
知人や友人、前職がエンジニアとして働いている方の場合は前職の同僚も含め、Flutterフリーランスエンジニアとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを伝えておけば、有益な情報をくれる可能性は高まるでしょう。

知人や友人、前職の同僚などからフリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントのように仲介手数料が掛からないため、比較的高単価で参画できる可能性があったり、場合によっては即日参画できるでしょう。
ただし、知人や友人、前職の同僚の方から紹介されたフリーランス求人・案件ですので、ある程度の責任が伴います。そのため、誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。

このように、Flutterフリーランスエンジニアに適した求人・案件を見つける方法は多岐にわたります。


■Flutterフリーランスエンジニアは稼げないの?

このページにて表示されている「Flutterのフリーランス求人・案件 月額単価相場」をご覧いただくとわかりますが、平均単価や中央値単価は75万円以上と比較的高い単価です。
そのためFlutterフリーランスエンジニアとして稼げないことはありません。

しかし、最低でも開発経験1年以上や「Flutterフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキル」でお伝えしたスキルが備わっていない方はFlutterフリーランスエンジニアとして平均単価や中央値単価を稼ぐことはできないでしょう。

その理由として、Flutterフリーランスエンジニアを含むフリーランスエンジニアを採用している企業は即戦力を求めているためです。フリーランスエンジニアは正社員エンジニアよりも稼げている方が多いですが、実力主義の市場です。

Flutter開発経験の豊富なフリーランスエンジニアの方でも、常に変化する市場動向を定期的にキャッチアップしたり、最新スキルやトレンドスキルを自ら習得したりと継続的に努力を怠ると中長期的には稼げなくなるでしょう。

稼げるFlutterフリーランスエンジニアになるため、まず以下のことを実践しましょう。

・スキルアップを行う
Flutterフリーランスエンジニアとして稼ぐためにはスキルアップを行いましょう。
前述した通り、フリーランスエンジニアは常にスキルアップを目指し、技術を磨いています。

特に技術系サイトやITニュースサイトの閲覧、オンライン学習できるWebサイトの活用は重要です。
またFlutterフリーランスエンジニアとして、勉強会や交流会に参加し人脈を作ることもスキルアップの1つです。自分だけでは解決できない課題がある際に聞いたり、有益な情報を共有し合ったりできます。

高単価案件にはよく使われているFlutterのフレームワークやFlutter関連スキルがあるはずです。
そのため、より効率よく高単価を獲得する方法は単価が高い案件の共通項を見つけると良いでしょう。稼げるFlutterフリーランスエンジニアを目指すのであれば、スキルアップは重要な要素です。

・開発経験などの実績を積み上げる
Flutterフリーランスエンジニアとして稼ぐためには開発経験などの実績を積み上げましょう。
特にフリーランス市場は実力主義であるため、実績を積み上げないと、フリーランス求人・案件を獲得する土台には上がれません。

将来的にどのようなフリーランス求人・案件に参画したいのかを設定し、その開発案件で必要になるであろう実績を積んでいきましょう。
また、目標がまだ定まっていないフリーランスエンジニアの方は、最初のうちは報酬単価の低い簡単な仕事でも、とにかくやってみて経験や実績を積んでいきましょう。


■Flutterの市場動向やニーズについて

Flutterの市場動向やニーズは今後も安泰である可能性が高いでしょう。
Flutterエンジニアは今後もIT市場で活躍でき、他のプログラミング言語を活用するITエンジニアと比較して優位性があると言えます。
まず、FlutterはGoogleが開発したオープンソースのUIツールキットであり、クロスプラットフォーム開発が可能です。これにより、iOSとAndroidの両方のアプリを一つのコードベースで開発することができます。このクロスプラットフォーム開発の需要は今後も増えると予想されており、Flutterエンジニアはこのニーズに対応できる優位性があります。

また、Flutterの開発言語であるDartも同様にGoogleが開発し、パフォーマンスの向上や開発効率の高さが評価されています。これにより、Flutterエンジニアは開発速度や品質面で他のプログラミング言語を活用するITエンジニアと比較して優れていると言えます。

さらに、FlutterはGoogleがバックアップしているため、今後も技術的なサポートが継続的に提供されることが期待されます。このような安定したサポートは、Flutterエンジニアにとって大きなメリットとなります。

このような理由から、Flutterフリーランスエンジニアは今後もIT市場で活躍できると言えます。また、他のプログラミング言語を活用するフリーランスエンジニアと比較して、クロスプラットフォーム開発や開発効率の面で優位性があると考えられます。

現在のIT市場動向や技術トレンドをキャッチアップしながら、FlutterもしくはFlutter開発時に使用する関連スキルや知識を磨き続けることが重要です。また、開発経験や実績を積み上げることで、より魅力的なFlutterエンジニアとして評価されることが期待できます。

さらに、Flutterのコミュニティも盛んであり、世界中の開発者が情報交換や技術サポートを行っています。このようなコミュニティに参加することで、最新の技術情報を得たり、他の開発者と繋がったりすることができます。このようなネットワーキングは、自分自身のスキルアップや仕事の獲得に役立つことでしょう。

その他IT業界を観察しFlutterの市場動向やニーズがあるかどうか見ていきましょう。
AI(人工知能)、IoT、ビッグデータ、ブロックチェーン、xR、5GなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点より、Flutterエンジニアやフリーランスエンジニアを含むITエンジニアは人材不足に陥る可能性が高いです。2030年までに最大で79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があるとも言われています。

上記理由により、Flutterフリーランスエンジニアのニーズも安泰であると言えるでしょう。