Unityの求人・案件一覧

Unityのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

71.4万円

中央値単価

70万円

最高単価

140万円

最低単価

30万円

Unityのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Unityのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Unityのフリーランス求人・案件について

Unityについて
Unityとは、統合開発環境を内蔵の複数プラットホームに対応したゲームエンジンです。
MacOS、Linux、Windowsなどの開発環境に対応しています。
開発ツールとして非常に人気の高く、プログラミング初級者から上級エンジニアまで幅広いユーザーに支持されており、200万人近くの開発者が利用していると言われています。
誰でも簡単にノンプログラミングで3Dゲームを開発できることが裾野を広げている理由でしょう。Unity以外にも多数のゲームエンジンはありますが、Unityは一番人気です。
iOS、Android、NintendoSwitch、PS4、Xboxなどの開発にもUnityは対応可能です。
また、近年では2Dや3Dゲームだけでなく、3D映像の制作やVR・ARの開発にも利用されています。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではUnityのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでUnityフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Unity求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域について
Unityフリーランス求人・案件数を分析すると東京都930件、神奈川県47件、大阪府8件、福岡県7件、愛知県4件、秋田県3件、京都府3件、北海道1件、埼玉県1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年5月)
Unityは東京・神奈川を中心に関東エリアに最もフリーランス向け求人・案件が集中している事がわかります。
その他の地域では、関西は大阪や京都、東海は名古屋、九州は福岡、東北は秋田、北海道などの各地方都市にUnityフリーランス求人・案件があります。
フリーランスエンジニアとしてUnityの仕事に携わるには東京・神奈川・大阪あたりが良いでしょう。


■Unity求人・案件の給与・単価金額相場について
Unityフリーランス求人・案件の給与・単価金額は他のプログラミング言語と比べて非常に高単価です
Unityフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安
を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~90万円程度です。
フリーランスエンジニアとしてUnity開発未経験で参画可能なフリーランス求人・案件は非常に稀です。
Unityフリーランス求人・案件の平均単価は71.4万円、中央値単価は70万円、最高単価は140万円、最低単価は30万円です。
(※フリーランススタート調べ/2020年5月)

Unityフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・Unityでの開発経験年数
・大規模なソーシャルゲームの開発経験
・ゲーム好きであること
・個人でリリースしたアプリの実績
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。


■Unity習得難易度・勉強方法について
Unityは、統合開発環境を内蔵の複数プラットホームに対応したゲームエンジンです。
近年、VR/ARなど3DゲームなどでUnity技術が注目されつつあります。
Unityは初心者や最初に学ぶ開発スキルとしてあまりおすすめ出来ません。

Unityの学習時間や学習コストについて、JavaやC#などと同等もしくはそれ以上の時間が掛かる可能性はあり得ます。
近年、オンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でUnityを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
Unityはオンライン学習サービスやプログラミングスクールや日本語の参考書など非常に豊富であり独学で学習することも可能で、簡単なゲームであればプログラミング言語が必要なくても出来ます。
しかし、実践でUnityを使用するとなると、Unity自体の仕組みを理解していることはもちろんのことJavaやC#、C++、Booなどのプログラミング言語を習得していることやiOSやAndroid開発経験が必要があります。
Unityの習得時間について個人差は大きくありますが、Unityを習得し実践で活用できるレベルに達するまで、ある程度の時間が掛かることを事前に覚えておきましょう。

Unity習得難易度や学習コスト、学習時間などを考慮すると、習得に関して初心者が最初に学ぶ開発スキルとしておすすめ出来ません。
UnityはJavaやC#、C++、Boo習得者であれば、比較的早く実践でも活躍出来るでしょう。

なお、Unity習得を希望するエンジニアは、まず、JavaやC#、C++、Booなどプログラミング言語を習得する、周辺でUnityに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Unity関連の記事を読んでみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。

UnityはUnityはWindows、Mac、Linuxなどのデスクトップゲーム開発、iOS、Android対応ゲーム開発、PlayStation 3/4、Xbox 360、Wii Uなどの家庭用ゲーム開発、AR/VRなどのゲーム開発など、フリーランス求人・案件数も豊富であり、習得出来るとゲームエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するでしょう。


■Unity求人・案件を見つけやすいフリーランスエージェントについて
Unityのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析してみるとフリエンが154件、レバテックフリーランスが117件、テクフリが116件、at-engineerが108件、レバテッククリエイターが107件、A-STAR(エースター)が103件、ギークスジョブが72件、FREE-DAが66件、techtreeが50件、フォスターフリーランスが24件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年5月)
Unityフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはフリエン、レバテックフリーランス、テクフリであることがわかります。
Unityフリーランス求人・案件を希望しているフリーランスの方はフリエン、レバテックフリーランス、テクフリを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。


■Unityの市場動向やニーズについて
2017年以前Unityフリーランス求人・案件のほとんどがゲーム会社のものでした。
当時、ゲーム会社の規模は大小問わず様々な企業が参入しましたが、ソーシャルゲームを1つ開発するための予算が数億規模までに拡大した現在では、大手のゲーム企業にフリーランス求人・案件元が集約され、募集企業数は減少しました。
ですが、Unityフリーランス求人・案件数自体が減少したかというとむしろ増加傾向にあり、Unityエンジニアのニーズは高まり続け、非常に高単価です。

2018年以降はソーシャルゲームだけでなく、Unityを使ったAR/MR/VRフリーランス求人・案件の増加が予想され、Unityエンジニアの需要はますます増加していくでしょう。
AR/MR/VR領域でのフリーランス求人・案件が増えることで、ゲームに興味のなかったUnityエンジニアもフリーランス求人・案件に参画しやすくなるのではないでしょうか。

全1270件中1-10件を表示中

全1270件中1-10件を表示中