Mayaの求人・案件一覧

Mayaのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

61.4万円

中央値単価

60万円

最高単価

120万円

最低単価

25万円

全7801件中1-50件を表示中

全7801件中1-50件を表示中

Mayaのフリーランス案件に関するよくある質問

Mayaのフリーランス案件は高単価ですか?

Mayaのフリーランス案件の最高単価は120万円で、平均単価は61.4万円です。 Mayaのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は732~1,440万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のMayaの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるMayaのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Mayaのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Mayaの募集中フリーランス案件数は293件、累計掲載案件は7,801件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のMayaのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Mayaのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Mayaの募集中リモート案件数は49件、累計掲載案件は280件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるMayaのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Mayaのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Mayaのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが7330件、レバテックフリーランスが66件、Midworksが52件、マノア・リノが23件、SEES(シーズ)が10件、ビズリンクが9件、FLEXY(フレキシー)が8件、フォスターフリーランスが7件、joBeetが6件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が6件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Mayaのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、Midworksであることがわかります。
Mayaのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Mayaのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Mayaのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが1247件、Midworksが11件、FLEXY(フレキシー)が8件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が2件、マノア・リノが2件、パーソルテクノロジースタッフが2件、i-common tech(アイコモン テック)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Mayaのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、Midworks、FLEXY(フレキシー)であることがわかります。
Mayaのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、Midworks、FLEXY(フレキシー)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Mayaのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Mayaのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとi-common tech(アイコモン テック)が80万円、キャリアプラスが80万円、Relance(リランス)が77万円、indecoが75万円、バチグマが70万円、テックリーチが70万円、アットエンジニアが70万円、フォスターフリーランスが70万円、meetX FREELANCEが66.7万円、FLEXY(フレキシー)が65万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
月額単価の高いMayaのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはi-common tech(アイコモン テック)、キャリアプラス、Relance(リランス)であることがわかります。
Mayaのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はi-common tech(アイコモン テック)、キャリアプラス、Relance(リランス)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Mayaのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Mayaのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が92件、週4日が22件、週3日が16件、週2日が6件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Mayaのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるMayaのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Mayaのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Mayaのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が6834件、神奈川県が337件、兵庫県が132件、大阪府が117件、福岡県が45件、京都府が15件、沖縄県が15件、秋田県が8件、群馬県が1件、富山県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Mayaのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、兵庫県に最も集中している事がわかります。
Mayaのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、兵庫県あたりが良いでしょう。

Mayaのフリーランス求人・案件数の推移

Mayaの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が311件、2022年3月が354件、2022年4月が249件、2022年5月が255件、2022年6月が260件、2022年7月が298件となっています。Mayaのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、38件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Mayaのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Mayaの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が16件、2022年3月が45件、2022年4月が37件、2022年5月が43件、2022年6月が36件、2022年7月が50件となっています。Mayaのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、14件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Mayaのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Mayaのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年2月が60.2万円、2022年3月が60.6万円、2022年4月が60.9万円、2022年5月が61.0万円、2022年6月が61.1万円、2022年7月が61.4万円となっています。Mayaのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.3万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Mayaのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Mayaのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年2月が722.1万円、2022年3月が727.6万円、2022年4月が730.5万円、2022年5月が731.7万円、2022年6月が733.1万円、2022年7月が736.5万円となっています。Mayaのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し3.4万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Mayaの常駐案件・リモートワーク案件割合

Mayaの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が49件(16.3%)、常駐案件が252件(83.7%)となっており、Mayaフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Mayaのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Mayaのフリーランス求人・案件について

Mayaのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~70万円程度です。
Mayaのフリーランス求人・案件の平均単価は61.4万円、中央値単価は60万円、最高単価は120万円、最低単価は25万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Mayaのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Maya経験1年未満:30万円前後 (年収360万円)
・Maya経験1年~2年:36万円前後 (年収432万円)
・Maya経験2年~3年:51万円前後 (年収612万円)
・Maya経験3年~5年:60万円前後 (年収720万円)
・Maya経験5年以上:72万円前後 (年収864万円)

Mayaは、Autodesk(オートデスク)社によるハイエンド3次元コンピュータグラフィックスソフトウェアです。対応OSは、バージョン2019時点でWindows 7/10、macOS、Linuxです。
Mayaは元々エイリアス・システムズ社の製品でしたが、2005年10月「3ds Max」Autodesk(オートデスク)社に買収されています。
Mayaの特徴は、構造自体が巨大なデータベースとなっている点です。様々な情報を直感的に接続することで高度な表現(アニメーション)が可能です。モデリング、マテリアル、テクスチャー、モーション、パーティクルなど、殆どのパラメーターの接続が可能です。
Mayaは、ハリウッドを含む多くの映像現場で使用されているプロ仕様のハイエンドソフトであり、映画・アニメ制作会社・テレビ番組・ゲーム・CMなどの制作に活用されています。業界シェアは、VFXで圧倒的です。建築ヴィジュアライゼーションでは3ds Maxが多く、ゲームでは3ds MaxとMayaは半々と言われております。
Mayaは、2016年1月末で、永久ライセンスの販売は終了しており、サブスクリプション型のライセンス制度に移行しています。
Mayaは主にゲーム開発やキャラクターアニメーション作成に適しています。
Mayaを活用している企業として有名なところがゲーム業界の任天堂・スクエア・エニックス・バンダイナムコゲームスなどです。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではMayaのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでMayaのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。