After Effectsの求人・案件一覧

After Effectsのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

55.5万円

中央値単価

55万円

最高単価

100万円

最低単価

22万円

全1749件中1-50件を表示中

全1749件中1-50件を表示中

After Effectsのフリーランス案件に関するよくある質問

After Effectsのフリーランス案件は高単価ですか?

After Effectsのフリーランス案件の最高単価は100万円で、平均単価は55.5万円です。 After Effectsのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は660~1,200万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のAfter Effectsの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるAfter Effectsのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

After Effectsのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

After Effectsの募集中フリーランス案件数は49件、累計掲載案件は1,749件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のAfter Effectsのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

After Effectsのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

After Effectsの募集中リモート案件数は3件、累計掲載案件は241件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるAfter Effectsのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

After Effectsのフレームワークの公開案件数

After Effectsのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとIllustratorが7124件、Photoshopが4955件、Blenderが974件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Illustrator、Photoshop、BlenderはAfter Effectsの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
After Effectsの技術を有するフリーランスの方はIllustrator、Photoshop、Blenderを中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

After Effectsのフレームワークの月額平均単価

After Effectsのフレームワークの月額平均単価を分析するとBlenderが68.6万円、Illustratorが60.9万円、Photoshopが56.9万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Blender、Illustrator、PhotoshopはAfter Effectsのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
After Effectsの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はBlender、Illustrator、Photoshopなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

After Effectsのフレームワークの月額最高単価

After Effectsのフレームワークの月額最高単価を分析するとIllustratorが100万円、Blenderが100万円、Photoshopが90万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Illustrator、Blender、PhotoshopはAfter Effectsのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
After Effectsのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはIllustrator、Blender、Photoshopなどのフレームワークがおすすめです。

After Effectsのフレームワーク別募集中案件数推移

After Effectsのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2023年12月がIllustrator213件/Photoshop93件/Blender30件、2024年1月がIllustrator245件/Photoshop168件/Blender90件、2024年2月がIllustrator246件/Photoshop331件/Blender195件、2024年3月がIllustrator552件/Photoshop557件/Blender280件、2024年4月がIllustrator639件/Photoshop778件/Blender379件、2024年5月がIllustrator135件/Photoshop73件/Blender14件となっています。
After Effectsのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しIllustratorは504件(-79%)の大幅な減少、Photoshopは705件(-91%)の大幅な減少、Blenderは365件(-97%)の大幅な減少となっています。
(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

After Effectsのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

After Effectsのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが1525件、レバテックフリーランスが81件、ビズリンクが4件、TechStockが4件、ギークスジョブが3件、HiPro Tech(ハイプロテック)が2件、案件ユートピアが2件、techtreeが1件、プロエンジニア(ProEngineer)が1件、Relance(リランス)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
After Effectsのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ビズリンクであることがわかります。
After Effectsのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ビズリンクを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

After Effectsのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

After Effectsのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが134件、案件ユートピアが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
After Effectsのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、案件ユートピアであることがわかります。
After Effectsのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、案件ユートピアを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

After Effectsのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

After Effectsのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとtechtreeが80万円、TechStockが72.3万円、フリエンが66.4万円、HiPro Tech(ハイプロテック)が65万円、案件ユートピアが60万円、ギークスジョブが60万円、レバテッククリエイターが55.9万円、レバテックフリーランスが50.5万円、プロエンジニア(ProEngineer)が50万円、ビズリンクが50万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
月額単価の高いAfter Effectsのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはtechtree、TechStock、フリエンであることがわかります。
After Effectsのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はtechtree、TechStock、フリエンを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

After Effectsのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

After Effectsのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が142件、週4日が24件、週3日が17件、週2日が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
After Effectsのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるAfter Effectsのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

After Effectsのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

After Effectsのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1486件、大阪府が135件、兵庫県が37件、三重県が18件、群馬県が5件、埼玉県が2件、広島県が2件、京都府が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
After Effectsのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、兵庫県に最も集中している事がわかります。
After Effectsのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、兵庫県あたりが良いでしょう。

After Effectsのフリーランス求人・案件数の推移

After Effectsの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が75件、2024年1月が241件、2024年2月が616件、2024年3月が999件、2024年4月が1420件、2024年5月が54件となっています。After Effectsのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1366件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

After Effectsのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

After Effectsの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が5件、2024年1月が30件、2024年2月が63件、2024年3月が123件、2024年4月が185件、2024年5月が3件となっています。After Effectsのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、182件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

After Effectsのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

After Effectsのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2023年12月が53.0万円、2024年1月が53.8万円、2024年2月が54.9万円、2024年3月が55.2万円、2024年4月が55.4万円、2024年5月が55.5万円となっています。After Effectsのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

After Effectsのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

After Effectsのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2023年12月が636.3万円、2024年1月が645.6万円、2024年2月が658.2万円、2024年3月が662.3万円、2024年4月が664.8万円、2024年5月が666.3万円となっています。After Effectsのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し1.5万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

After Effectsの常駐案件・リモートワーク案件割合

After Effectsの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が3件(5.7%)、常駐案件が50件(94.3%)となっており、After Effectsフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

After Effectsのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

After Effectsのフリーランス求人・案件について

After Effectsのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、45~65万円程度です。
After Effectsのフリーランス求人・案件の平均単価は55.5万円、中央値単価は55万円、最高単価は100万円、最低単価は22万円です。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

After Effectsのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・After Effects経験1年未満:28万円前後 (年収330万円)
・After Effects経験1年~2年:33万円前後 (年収396万円)
・After Effects経験2年~3年:47万円前後 (年収561万円)
・After Effects経験3年~5年:55万円前後 (年収660万円)
・After Effects経験5年以上:66万円前後 (年収792万円)

AfterEffectsは、アドビシステムズが販売している映像のデジタル合成やモーション・グラフィックス、タイトル制作などを目的としたソフトウェアです。
After Effectsは主に映画やテレビ番組の映像加工、CM制作、ゲーム、アニメ、Webなどのコンテンツ制作に広く活用されています。
基本は2Dの映像加工ソフトですが、3D空間も持っているため、2Dの映像だけでなく3Dのモデリングデータや、カメラ、ライトもその空間内に配置可能です。
AfterEffectsの特徴は、
・映像加工(VFX)
・モーショングラフィックス
・アニメーション
・トラッキング
・アドビのアプリ間でシームレスに連携

AfterEffectsとAdobe Premiereとの違いは?
After Effestsは、何もないところにゼロからアニメーション作成が可能であること、素材を重ね、複雑な動きを付けれること、映像に特殊効果を付けることが出来ることを得意としています。
Adobe Premiereは既存の撮影されている映像を切り貼りしたり、それにテロップを付けたりすることを得意とするソフトウェアです。
After EffectsとPremiereは、どちらもアドビシステムズが開発したソフトであるため連携して作業を行うことが可能です。After EffectsとPremiereを連携させることによって、効率的かつ高速に映像の編集が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではAfterEffectsのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでAfterEffects求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■AfterEffectsを使うメリット

AfterEffectsにはどのようなメリットがあるのかしっかり理解しましょう。

・高度な映像制作が可能
AfterEffectsを活用するメリットとして、高度な映像制作が可能であることが挙げられます。AfterEffectsは、アニメーションやVFX、モーショングラフィックスなど、多彩な映像表現を手軽に実現できるツールです。

・豊富なプラグインとスクリプト
AfterEffectsを活用するメリットとして、豊富なプラグインとスクリプトが利用できることが挙げられます。これにより、独自の効果や機能を追加し、作業効率を向上させることができます。

・Adobe製品との連携性
AfterEffectsを活用するメリットとして、Adobe製品との連携性が高いことが挙げられます。PhotoshopやIllustratorなどと簡単にデータのやり取りができ、クリエイティブワークフローをスムーズに進めることができます。


■AfterEffectsを使うデメリット

AfterEffectsの習得を検討しているフリーランスエンジニアやデザイナーの方などは参考にしてみましょう。

・学習コストが高い
AfterEffectsを活用するデメリットとして、学習コストが高いことが挙げられます。多機能であるため、初心者には使いこなすまでに時間がかかることがあります。

・システム要件が高い
AfterEffectsを活用するデメリットとして、システム要件が高いことが挙げられます。高品質な映像制作には十分なパフォーマンスを持つコンピュータが必要であり、古い機種や低スペックな機器では作業が困難になることがあります。

・ライセンス費用が高い
AfterEffectsを活用するデメリットとして、ライセンス費用が高いことが挙げられます。Adobe製品はサブスクリプション制であり、継続的なコストがかかります。そのため、予算が限られている場合には負担になることがあります。


■AfterEffectsデザイナーとして携わることができるフリーランス求人・案件例

・映像制作求人・案件
AfterEffectsデザイナーとして、映像制作求人・案件はAfterEffectsフリーランス求人・案件の中でも携わることが多いでしょう。AfterEffectsは、アニメーションやVFX、モーショングラフィックスなど、多彩な映像表現を手軽に実現できるツールであり、映画やテレビ番組、企業広告など様々な映像制作に活用されています。

・広告・プロモーションビデオ制作求人・案件
AfterEffectsデザイナーとして、広告やプロモーションビデオ制作求人・案件に携わることができるでしょう。AfterEffectsを活用することで、迫力あるアニメーションやエフェクトを取り入れた広告やプロモーションビデオを制作することが可能です。

・Webデザイン・UIデザイン求人・案件
AfterEffectsデザイナーとして、WebデザインやUIデザイン求人・案件に携わることができるでしょう。AfterEffectsを使って、ユーザーにとって魅力的なインタラクティブなデザインやアニメーションをWebサイトやアプリのUIに取り入れることができます。

・イベント映像制作求人・案件
AfterEffectsデザイナーとして、イベント映像制作求人・案件に携わることができるでしょう。AfterEffectsを活用して、コンサートや展示会、セミナーなどのイベントで使用される映像素材やプレゼンテーションを制作することが可能です。

・教育用映像制作求人・案件
AfterEffectsデザイナーとして、教育用映像制作求人・案件に携わることができるでしょう。AfterEffectsを用いて、学習者にとってわかりやすく魅力的な教育用映像や教材を制作することができます。

・ソーシャルメディアコンテンツ制作求人・案件
AfterEffectsデザイナーとして、ソーシャルメディアコンテンツ制作求人・案件に携わることができるでしょう。AfterEffectsを活用して、インスタグラムやFacebook、YouTubeなどのソーシャルメディアプラットフォームで使用される短編動画やGIFアニメーションを制作することができます。これらのコンテンツは、企業や個人ブランディングのためのプロモーションや情報発信に非常に有効です。

これらのAfterEffectsを活用したフリーランス求人・案件は、映像制作、広告、Webデザイン、イベント映像制作、教育用映像制作、ソーシャルメディアコンテンツ制作など幅広い分野で活躍できるチャンスを提供しています。


■After Effectsフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況

After Effectsは、映像制作、アニメーション、モーショングラフィックス、視覚効果など、幅広い分野で活用されている映像編集ソフトウェアです。

After Effectsを用いた映像制作、アニメーション制作、モーショングラフィックス制作など、多くの現場において徐々にリモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件が増えています。
ただし、企業のプロモーションビデオやCM制作など、機密情報保持が求められる場合、リモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件は限られていることがあります。

今後、After Effectsを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していく可能性が高いでしょう。
その理由として、現在世界中で蔓延しているコロナの影響が挙げられます。

さらにSlack、Chatwork、Zoom、Google Hangouts、Boxなどのクラウド技術の発達や5Gの到来など、IT業界全体の技術的進歩のおかげでリモートワーク・在宅・持ち帰りをしても自宅で仕事ができる環境が整っていることも理由の1つとして挙げられます。

After Effectsフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、映像制作、アニメーション制作、モーショングラフィックス制作を探してみることをおすすめします。


■After Effectsでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について

After Effectsにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

After Effectsの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在します。
また、2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にAfter Effectsフリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

また週2日、週3日でも月収80万円など、高単価なAfter Effectsフリーランス案件・求人も増えています。
複数のAfter Effectsフリーランス求人・案件に参画できるため、様々な映像制作やアニメーション制作に携われたり、多種多様なデザイナーとコミュニケーションを取れます。
After Effectsデザイナーとして制作スキル向上に繋がったり常駐求人・案件と比較してより多くの制作実績/経験を積むことができます。

After Effectsデザイナーとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な制作実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■After Effectsフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

After Effectsフリーランスデザイナーにとって、高収入を獲得するために必要なスキルを解説していきます。

・動画編集・アニメーションスキル
After Effectsフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、After Effects自体の開発経験、動画編集やアニメーション制作経験やその周辺で必要になる制作知識/スキルです。

After EffectsデザイナーとしてAdobe Premiere Pro、Final Cut Pro、Davinci Resolveなど他の動画編集ソフトウェアを習得しておくと良いでしょう。
After Effects制作周辺で頻繁に用いられるスキルを多く持ち合わせておくと希少性の高いAfter Effectsフリーランスデザイナーとして企業側に評価されやすいでしょう。

例えばPhotoshop、Illustrator、Cinema 4D、Blenderなどのグラフィックデザイン・3Dモデリングソフトウェアの実務経験/知識、モーショングラフィックス、視覚効果(VFX)、タイポグラフィ、キャラクターアニメーションなどの制作経験/知識があります。

また、プロジェクト管理ツールの使用経験や知識があるとより歓迎されます。Slack、Trello、Asana、Basecampなどのツールを使いこなせると、チームとのコミュニケーションがスムーズになります。

・クリエイティブ思考力
After Effectsフリーランスデザイナーとして活躍をするにあたって必要になるスキルは、クリエイティブ思考力です。
クリエイティブ思考力とは、独自性や新しさを持ったアイデアを生み出す能力を指します。

このクリエイティブ思考力はAfter Effectsデザイナーにとって、制作物に魅力を与えるために重要なスキルです。

・コミュニケーションスキル
After Effectsフリーランスデザイナーにとって年収アップに必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。
After Effectsフリーランスデザイナーは、他デザイナーやチームリーダー、プロジェクトマネージャーとのコミュニケーションが大切な職業です。つまり制作チームに所属しながら、協調して働くことが求められます。

After Effectsフリーランスデザイナーとして、年収アップを望むのであればコミュニケーションスキルを向上させることが必要です。

・上流工程の実務経験
After Effectsフリーランスデザイナーとして、上流工程の実務経験はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。
一般的な動画制作やアニメーション制作には、企画・コンセプト設計、ストーリーボード作成、デザイン・アートワーク、アニメーション制作、ポストプロダクションといった工程があります。そのなかでも企画からデザインまでが上流工程です。

上流工程は動画やアニメーション制作においてクオリティやコスト、納期を決定する大切な工程です。上流工程がしっかりできていないと、制作工程での遅延やコストの増大、納品後のクオリティ低下など様々な問題を引き起こす可能性が高いです。
上流工程の実務経験があることによりAfter Effectsフリーランスデザイナーとして、参画できるフリーランス求人・案件の幅が広がり、高単価(稼げる)フリーランス求人・案件も参画しやすくなります。


■AfterEffectsフリーランスデザイナーとして開発経験年数別のアドバイス

✔開発経験1年未満のAfterEffectsフリーランスデザイナー
開発経験1年未満のAfterEffectsフリーランスデザイナーは、AfterEffects自体の操作方法やアニメーション技術を学ぶことが重要です。加えてPhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトも同時に学習しましょう。

AfterEffectsで作成されたアニメーションが使われるプロジェクトは多岐にわたりますので、ビデオ編集やグラフィックデザインの基本を身につけることが求められます。チュートリアルやオンライン講座を活用し、基本操作をマスターしましょう。

✔開発経験1〜4年のAfterEffectsフリーランスデザイナー
開発経験1〜4年のAfterEffectsフリーランスデザイナーは、様々なアニメーションテクニックやエフェクトを実際に試してみることが大切です。また、プラグインやスクリプトを利用して作業効率を上げることも重要です。

プロジェクトに適したアニメーション技術を習得し、ポートフォリオを充実させることで、より多くの案件に対応できるようになります。また、クライアントや他のデザイナーとのコミュニケーション能力も大切なスキルです。

✔開発経験5年以上のAfterEffectsフリーランスデザイナー
開発経験5年以上のAfterEffectsフリーランスデザイナーは、独自のスタイルを確立し、業界での評価を高めることが重要です。また、チームでのプロジェクト管理やディレクションも求められることがあります。

プロフェッショナルとしてのスキルや知識をさらに深めるために、最新の技術やトレンドをキャッチアップし続けましょう。また、自分の知識や経験を後進に教えることで、さらなる成長が期待できます。


■After Effectsのフリーランス求人・案件の探し方

After Effectsフリーランスデザイナーとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。After Effectsフリーランスデザイナーとして独立したけど、他After Effectsフリーランスデザイナーの人がどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。

・フリーランスエージェントの活用
After Effectsフリーランスデザイナーとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。フリーランスエージェントに在籍している専門コーディネーターが、デザインスキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを手厚くサポートしてくれます。

After Effectsフリーランスデザイナーとして、After Effectsスキルの開発経験が浅い方から10年以上開発スキルがあるベテランの方まで、非常に幅広いフリーランスデザイナー層の方が活用しています。

フリーランス求人・案件探しを効率良く行いたい方や継続的にフリーランス求人・案件に参画をしたい方など登録しておくべきでしょう。また、フリーランスエージェントによっては正社員と同様の保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。

After Effectsフリーランスデザイナーだからこそ、万が一働けなくなった場合や保険が必要になる場合を想定し、保険や福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。

・クラウドソーシングサービスの活用
After Effectsフリーランスデザイナーとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。代表的なクラウドソーシングサービスはクラウドワークスやランサーズ、ココナラ、タイムチケットなどあります。

After Effectsフリーランスデザイナーとして、自分のデザインスキルを登録するだけでAfter Effectsを活用したフリーランス求人・案件を探せたり応募して参画できます。自分のデザインスキルに合ったもしくは希望するフリーランス求人・案件を探すことができ、ステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。

ただし、高単価フリーランス求人・案件はほとんどなく、また単発での仕事が豊富であるため半年や1年以上などの中長期的なフリーランス求人・案件への参画を検討している方はあまりおすすめしません。経験を積みたいもしくは実績をどんどん積んでいきたい比較的経験の浅いAfter Effectsフリーランスデザイナーには適しているでしょう。

・SNSを含むオンラインを活用
After EffectsフリーランスデザイナーとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSやWebサイトを自分で開設しオンライン上に経歴や実績、ポートフォリオを公開しておくことで、個人や企業から直接フリーランス求人・案件を受け取れる可能性もあります。

現在ではTwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを開設し、そこから即戦力になりそうなAfter Effectsフリーランスデザイナーを探している企業は非常に多いです。経歴や実績、ポートフォリオを公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力や希望に見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれる可能性もあるでしょう。

多角的に自分(After Effectsフリーランスデザイナーとして)の存在を発信し、フリーランス求人・案件を受注できる幅を広げましょう。

・知人など人脈を活用
After Effectsフリーランスデザイナーとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。知人や友人、前職がデザイナーとして働いている方の場合は前職の同僚も含め、After Effectsフリーランスデザイナーとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを伝えておけば、有益な情報をくれる可能性は高まるでしょう。

知人や友人、前職の同僚などからフリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントのように仲介手数料が掛からないため、比較的高単価で参画できる可能性があったり、場合によっては即日参画できるでしょう。ただし、知人や友人、前職の同僚の方から紹介されたフリーランス求人・案件ですので、ある程度の責任が伴います。そのため、誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。


■After Effectsフリーランスデザイナーは稼げないの?

このページにて表示されている「After Effectsのフリーランス求人・案件 月額単価相場」をご覧いただくとわかりますが、平均単価や中央値単価は55万円以上と比較的高い単価です。
そのためAfter Effectsフリーランスデザイナーとして稼げないことはありません。

しかし、最低でもデザイン経験1年以上や「After Effectsフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキル」でお伝えしたスキルが備わっていない方はAfter Effectsフリーランスデザイナーとして平均単価や中央値単価を稼ぐことはできないでしょう。

その理由として、After Effectsフリーランスデザイナーを含むフリーランスデザイナーを採用している企業は即戦力を求めているためです。フリーランスデザイナーは正社員デザイナーよりも稼げている方が多いですが、実力主義の市場です。

After Effectsデザイン経験の豊富なフリーランスデザイナーの方でも、常に変化する市場動向を定期的にキャッチアップしたり、最新スキルやトレンドスキルを自ら習得したりと継続的に努力を怠ると中長期的には稼げなくなるでしょう。

稼げるAfter Effectsフリーランスデザイナーになるため、まず以下のことを実践しましょう。

・スキルアップを行う
After Effectsフリーランスデザイナーとして稼ぐためにはスキルアップを行いましょう。
前述した通り、フリーランスデザイナーは常にスキルアップを目指し、技術を磨いています。

特に技術系サイトやデザインニュースサイトの閲覧、オンライン学習できるWebサイトの活用は重要です。
またAfter Effectsフリーランスデザイナーとして、勉強会や交流会に参加し人脈を作ることもスキルアップの1つです。自分だけでは解決できない課題がある際に聞いたり、有益な情報を共有し合ったりできます。

高単価案件にはよく使われているAfter Effectsのプラグインや関連スキルがあるはずです。
そのため、より効率よく高単価を獲得する方法は単価が高い案件の共通項を見つけると良いでしょう。稼げるAfter Effectsフリーランスデザイナーを目指すのであれば、スキルアップは重要な要素です。

・開発経験などの実績を積み上げる
After Effectsフリーランスデザイナーとして稼ぐためには開発経験などの実績を積み上げましょう。
特にフリーランス市場は実力主義であるため、実績を積み上げないと、フリーランス求人・案件を獲得する土台には上がれません。

将来的にどのようなフリーランス求人・案件に参画したいのかを設定し、その開発案件で必要になるであろう実績を積んでいきましょう。
また、目標がまだ定まっていないフリーランスデザイナーの方は、最初のうちは報酬単価の低い簡単な仕事でも、とにかくやってみて経験や実績を積んでいきましょう。


■After Effectsの市場動向やニーズについて

After Effectsデザイナーは今後もITやWeb/映像市場で活躍できます。
その理由として、特にAfter Effectsが映像制作業界で引き続き求められるツールであり、動画コンテンツの需要が増加していることなどが挙げられるでしょう。

After Effectsは映像制作業界において非常に人気があり、需要が高いツールです。映画やテレビ番組、広告などの映像コンテンツ制作で頻繁に使用されており、特にVFXやアニメーション、モーショングラフィックスなどの分野で優れた機能を搭載しています。また、デジタルマーケティング業界でも動画コンテンツが増加の一途をたどっており、その結果After Effectsデザイナーの需要も高まっています。

これに加えて、動画コンテンツ市場は今後も成長が見込まれる。Ciscoのレポートによれば、2022年までにインターネットトラフィックの82%が動画コンテンツによるものになると予測しています。これは現在の動画コンテンツ消費量が急速に増加していることを示しており、After Effectsデザイナーが持つスキルは引き続き市場で求められる可能性が高いでしょう。

さらにAfter Effectsデザイナーは、他デザインツールを活用するデザイナーと比較して独自のスキルセットを持っています。例えば、モーショングラフィックスやアニメーションの制作、VFXの構築などは、他のデザインツールでは困難である場合が多いです。そのためAfter Effectsデザイナーは競合他社と差別化できる高品質なコンテンツを作成可能です。

結論として、After Effects自体やAfter Effectsデザイナーは今後もITやWeb/映像市場で活躍し続けることができるでしょう。動画コンテンツ市場の成長やAfter Effectsの独自性、そしてAfter Effectsデザイナーが持つスキルセットが、他デザインツールを活用するデザイナーとの競争優位性を生み出しており、After Effectsデザイナーはフリーランスや求人市場でも引き続き高い需要が見込まれるでしょう。

また、After Effectsデザイナーが独自に持っているスキルや知識は、他のデザインツールを使ったデザイナーと比較しても優れている場合が多いです。例えば、コンポジションやレイヤー、エフェクトの応用、3D空間の操作、エクスプレッションやスクリプトの活用など、After Effectsでしかできない高度な技術があります。これらの技術は、ビデオ編集やグラフィックデザインだけでなく、インタラクティブなデジタルコンテンツやVR/ARの分野でも活用されており、After Effectsデザイナーは今後も多様な分野で活躍する機会があるでしょう。