After Effectsの求人・案件一覧

After Effectsのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

52.5万円

中央値単価

55万円

最高単価

100万円

最低単価

20万円

全1665件中1-50件を表示中

全1665件中1-50件を表示中

After Effectsのフリーランス案件に関するよくある質問

After Effectsのフリーランス案件は高単価ですか?

After Effectsのフリーランス案件の最高単価は100万円で、平均単価は52.5万円です。 After Effectsのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は624~1,200万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のAfter Effectsの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるAfter Effectsのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

After Effectsのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

After Effectsの募集中フリーランス案件数は48件、累計掲載案件は1,665件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のAfter Effectsのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

After Effectsのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

After Effectsの募集中リモート案件数は4件、累計掲載案件は55件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるAfter Effectsのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

After Effectsのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

After Effectsのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが1531件、レバテックフリーランスが33件、Midworksが4件、TechStockが4件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が4件、meetX FREELANCEが4件、ギークスジョブが3件、ビズリンクが3件、ハックスペックが3件、フォスターフリーランスが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
After Effectsのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、Midworksであることがわかります。
After Effectsのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

After Effectsのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

After Effectsのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテッククリエイターが204件、レバテックフリーランスが1件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
After Effectsのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
After Effectsのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテッククリエイター、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

After Effectsのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

After Effectsのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとtechtreeが80万円、meetX FREELANCEが78.8万円、TechStockが72.3万円、ハックスペックが65万円、ギークスジョブが60万円、フォスターフリーランスが60万円、レバテッククリエイターが53万円、Midworksが51.7万円、i-common tech(アイコモン テック)が50万円、ビズリンクが50万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
月額単価の高いAfter Effectsのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはtechtree、meetX FREELANCE、TechStockであることがわかります。
After Effectsのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はtechtree、meetX FREELANCE、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

After Effectsのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

After Effectsのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が62件、週4日が42件、週3日が26件、週2日が6件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
After Effectsのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるAfter Effectsのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

After Effectsのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

After Effectsのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1349件、大阪府が189件、神奈川県が26件、広島県が5件、大分県が5件、兵庫県が3件、埼玉県が2件、群馬県が1件、富山県が1件、京都府が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
After Effectsのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
After Effectsのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

After Effectsのフリーランス求人・案件数の推移

After Effectsの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が87件、2022年3月が92件、2022年4月が47件、2022年5月が54件、2022年6月が48件、2022年7月が47件となっています。After Effectsのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件減少しており、下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

After Effectsのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

After Effectsの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が6件、2022年3月が11件、2022年4月が3件、2022年5月が5件、2022年6月が3件、2022年7月が4件となっています。After Effectsのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

After Effectsのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

After Effectsのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年2月が51.1万円、2022年3月が52.3万円、2022年4月が52.7万円、2022年5月が52.9万円、2022年6月が53.0万円、2022年7月が53.0万円となっています。After Effectsのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

After Effectsのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

After Effectsのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年2月が612.8万円、2022年3月が627.3万円、2022年4月が632.5万円、2022年5月が635.1万円、2022年6月が635.9万円、2022年7月が635.6万円となっています。After Effectsのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.3万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

After Effectsの常駐案件・リモートワーク案件割合

After Effectsの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が4件(8.2%)、常駐案件が45件(91.8%)となっており、After Effectsフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

After Effectsのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

After Effectsのフリーランス求人・案件について

After Effectsのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、45~65万円程度です。
After Effectsのフリーランス求人・案件の平均単価は52.5万円、中央値単価は55万円、最高単価は100万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

After Effectsのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・After Effects経験1年未満:28万円前後 (年収330万円)
・After Effects経験1年~2年:33万円前後 (年収396万円)
・After Effects経験2年~3年:47万円前後 (年収561万円)
・After Effects経験3年~5年:55万円前後 (年収660万円)
・After Effects経験5年以上:66万円前後 (年収792万円)

AfterEffects(Adobe AfterEffects)について
AfterEffectsは、アドビシステムズが販売している映像のデジタル合成やモーション・グラフィックス、タイトル制作などを目的としたソフトウェアです。
After Effectsは主に映画やテレビ番組の映像加工、CM制作、ゲーム、アニメ、Webなどのコンテンツ制作に広く活用されています。
基本は2Dの映像加工ソフトですが、3D空間も持っているため、2Dの映像だけでなく3Dのモデリングデータや、カメラ、ライトもその空間内に配置可能です。
AfterEffectsの特徴は、
・映像加工(VFX)
・モーショングラフィックス
・アニメーション
・トラッキング
・アドビのアプリ間でシームレスに連携

AfterEffectsとAdobe Premiereとの違いは?
After Effestsは、何もないところにゼロからアニメーション作成が可能であること、素材を重ね、複雑な動きを付けれること、映像に特殊効果を付けることが出来ることを得意としています。
Adobe Premiereは既存の撮影されている映像を切り貼りしたり、それにテロップを付けたりすることを得意とするソフトウェアです。
After EffectsとPremiereは、どちらもアドビシステムズが開発したソフトであるため連携して作業を行うことが可能です。After EffectsとPremiereを連携させることによって、効率的かつ高速に映像の編集が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではAfterEffectsのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでAfterEffectsのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。