C言語の求人・案件一覧

C言語のフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

56.6万円

中央値単価

55万円

最高単価

140万円

最低単価

20万円

C言語のフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、45~65万円程度です。
C言語のフリーランス求人・案件の平均単価は56.6万円、中央値単価は55万円、最高単価は140万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
C言語のフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

C言語のフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

C言語のフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとSEES(シーズ)が105件、レバテックフリーランスが77件、PE-BANKが68件、TechStockが31件、スキルコネクトが27件、techtreeが22件、Juntoが21件、フォスターフリーランスが18件、indecoが17件、at-engineerが13件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
C言語のフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはSEES(シーズ)、レバテックフリーランス、PE-BANKであることがわかります。
C言語のフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はSEES(シーズ)、レバテックフリーランス、PE-BANKを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

C言語のフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

C言語のフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が371件、神奈川県が110件、大阪府が43件、埼玉県が25件、福岡県が17件、千葉県が16件、愛知県が12件、兵庫県が7件、栃木県が5件、岡山県が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)
C言語のフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
C言語のフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

C言語のフリーランス求人・案件数の推移

C言語の募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2020年9月が330件、2020年10月が304件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)

C言語のフリーランス求人・案件の平均単価の推移

C言語のフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2020年9月が56.6万円、2020年10月が56.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年10月)

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

C言語のフリーランス求人・案件について

C言語について
C言語は、1972年のAT&Tベル研究所でブライアン・カーニハンとデニス・リッチーによって開発されたコンパイル型の汎用プログラミング言語です。
C言語の特徴としては移植性の高いプログラムを書くことが可能であり、処理速度も最速でコンパクトプログラムが実現できることです。
C言語はOS等の構築・OS周りのシステム・組み込み・IoT・ハードウェアの分野で使用します。
また、C言語にオブジェクト指向の仕様を追加してできたプログラミング言語がC++言語です。

-業務系C言語と組み込みC言語の種類について
業務系C言語は製薬会社の顧客管理システム・銀行の債権管理システム等のアプリケーション開発の業務サポートをするソフトウェア開発に使用する事を指します。
組み込みC言語は電子回路や機器を制御する知識を用いて産業用電子機器・電化製品等の製品開発に使用する事を指します。

-C言語に対するC++・C#の関係性とは
C++はC言語にオブジェクト指向を取り入れた言語です。C言語と互換性があります。両者はソフトウェア開発の際に同時に使用されることが多いです。
C#はMicrosoftが開発した「C++」と「Java」をもとに作られた全く別のプログラミング言語です。C#はC言語やC++と互換性はなく同時に使うことも出来ません。

C言語フリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・C言語自体での開発経験年数
・業務系システム・組み込み制御系・IoT系での開発経験年数
・ネットワークやハードウェアの知識
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではC言語のフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでC言語フリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■C言語習得難易度・勉強方法について
C言語は、2020年5月、TIOBEのランキングで1位と、非常に人気のある言語です。
C言語はさらに日本だけでなく海外でも非常に人気のある言語です。
しかし、C言語は初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめできない言語です。
C言語は人間よりも機械に近い言語であり、構文もPHPやRubyなど他言語と比較して読みづらいこと、ポインタやメモリ管理などといった概念の理解が必要であること、他言語であれば自動的に実行されるような処理もコードの記述が必要であること、プログラミングを始める前の開発環境を整えることが難しいこと、CPUやメモリの制御系など、ネットワークやOS知識も必要であることなどの理由により非常に難易度が高いプログラミング言語です。

C言語学習コストや学習時間について、他言語と比較して大幅な時間がかかります。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でC言語を始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
しかし、C言語は学習範囲が広くC言語の仕組みを理解するだけではなく、ネットワークやOSなどの周辺知識を同時に理解する必要があり、オンライン学習サイトも全ての範囲を網羅しづらくなっています。
また、C言語を実践レベルまで学習出来るサービスは現状ほとんどありません。そのため、膨大な時間が必要になったり、複数の参考書を購入しなければいけない可能性もあります。

上述のことを考慮すると、C言語習得に関して初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめできない言語です。

なお、C言語習得を希望するエンジニアは、まず周辺でC言語に精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみる、機械工学や電子工学、情報処理工学について学習してみると良いでしょう。

C言語はWebアプリ、スマホアプリ、組み込み/制御、IoT、人工知能(AI)関連などフリーランス求人・案件数も他言語と比較して、非常に豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他プログラミング言語の習得も比較的習得しやすくなるでしょう。
特にC++、PHP、Python、Perl、Objective-C、Java、JavaScriptなどの多くの開発言語はC言語習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■C言語の市場動向やニーズについて
C言語は汎用性の高い言語のある為、安定した需要があります。
主にオープンソース(Linux・windows)でのC言語構築・業務系の大規模システム・モバイルアプリケーション開発で多く使用しています。
また、IT業界以外にも車の自動運転開発などのIoT系・組込み系システム・ゲーム内部の各種制御開発でもよく使用されているため、製造業をはじめとした他業界への進出も可能な言語です。
しかし、最初に学ぶ言語としては言語以外にもネットワーク・ハードウェア系の幅広い知識や経験が必要とされる為、難易度の高い言語です。
C言語は今後活用する業界が多く見込めるため、他言語よりも市場価値が高いプログラミング言語の一つと言えるでしょう。

全1702件中1-30件を表示中

全1702件中1-30件を表示中