Scalaの求人・案件一覧

Scalaのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

83.0万円

中央値単価

85万円

最高単価

160万円

最低単価

32万円

全1465件中1-50件を表示中

全1465件中1-50件を表示中

Scalaのフリーランス案件に関するよくある質問

Scalaのフリーランス案件は高単価ですか?

Scalaのフリーランス案件の最高単価は160万円で、平均単価は83.0万円です。 Scalaのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は996~1,920万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のScalaの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるScalaのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Scalaのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Scalaの募集中フリーランス案件数は64件、累計掲載案件は1,465件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のScalaのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Scalaのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Scalaの募集中リモート案件数は25件、累計掲載案件は292件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるScalaのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Scalaのフレームワークの公開案件数

Scalaのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとPlayFrameworkが392件、Liftが21件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
PlayFramework、LiftはScalaの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
Scalaの技術を有するフリーランスの方はPlayFramework、Liftを中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

Scalaのフレームワークの月額平均単価

Scalaのフレームワークの月額平均単価を分析するとLiftが107万円、PlayFrameworkが78.3万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Lift、PlayFrameworkはScalaのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
Scalaの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はLift、PlayFrameworkなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

Scalaのフレームワークの月額最高単価

Scalaのフレームワークの月額最高単価を分析するとLiftが113万円、PlayFrameworkが100万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Lift、PlayFrameworkはScalaのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
Scalaのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはLift、PlayFrameworkなどのフレームワークがおすすめです。

Scalaのフレームワーク別募集中案件数推移

Scalaのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2023年12月がPlayFramework45件/Lift0件、2024年1月がPlayFramework32件/Lift2件、2024年2月がPlayFramework44件/Lift0件、2024年3月がPlayFramework48件/Lift0件、2024年4月がPlayFramework38件/Lift0件、2024年5月がPlayFramework60件/Lift0件となっています。
Scalaのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しPlayFrameworkは22件(57%)の大幅な増加、Liftは0件(0%)で前月から変化なしとなっています。
(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Scalaのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Scalaのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが351件、techtreeが144件、アットエンジニアが110件、ギークスジョブが80件、ビズリンクが32件、TechStockが24件、PE-BANKが16件、エンジニアルーム(Engineer Room)が15件、テックリーチが11件、Relance(リランス)が7件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Scalaのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、techtree、アットエンジニアであることがわかります。
Scalaのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、techtree、アットエンジニアを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Scalaのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Scalaのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとギークスジョブが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Scalaのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはギークスジョブであることがわかります。
Scalaのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はギークスジョブを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Scalaのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Scalaのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとtechtreeが109万円、ビズリンクが101.1万円、Relance(リランス)が94.3万円、TechStockが93.3万円、GEEK JOB フリーランスが90万円、レバテックフリーランスが87.7万円、ギークスジョブが87.1万円、1 on 1 Freelanceが85万円、テックビズフリーランスが81.3万円、マノア・リノが80万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
月額単価の高いScalaのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはtechtree、ビズリンク、Relance(リランス)であることがわかります。
Scalaのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はtechtree、ビズリンク、Relance(リランス)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Scalaのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Scalaのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が413件、週4日が201件、週3日が167件、週2日が12件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Scalaのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるScalaのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Scalaのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Scalaのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1030件、大阪府が32件、神奈川県が11件、群馬県が3件、秋田県が1件、富山県が1件、京都府が1件、兵庫県が1件、長崎県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
Scalaのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
Scalaのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

Scalaのフリーランス求人・案件数の推移

Scalaの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が196件、2024年1月が154件、2024年2月が119件、2024年3月が181件、2024年4月が112件、2024年5月が177件となっています。Scalaのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、65件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Scalaのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Scalaの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が43件、2024年1月が38件、2024年2月が43件、2024年3月が46件、2024年4月が45件、2024年5月が45件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Scalaのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Scalaのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2023年12月が82.8万円、2024年1月が82.9万円、2024年2月が82.9万円、2024年3月が82.9万円、2024年4月が83.0万円、2024年5月が83.0万円となっています。Scalaのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Scalaのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Scalaのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2023年12月が994.0万円、2024年1月が995.3万円、2024年2月が995.3万円、2024年3月が994.4万円、2024年4月が996.5万円、2024年5月が996.4万円となっています。Scalaのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.1万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Scalaの常駐案件・リモートワーク案件割合

Scalaの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が45件(31.5%)、常駐案件が98件(68.5%)となっており、Scalaフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Scalaのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Scalaのフリーランス求人・案件について

Scalaのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、75~95万円程度です。
Scalaのフリーランス求人・案件の平均単価は83.0万円、中央値単価は85万円、最高単価は160万円、最低単価は32万円です。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

Scalaのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Scala経験1年未満:43万円前後 (年収510万円)
・Scala経験1年~2年:51万円前後 (年収612万円)
・Scala経験2年~3年:72万円前後 (年収867万円)
・Scala経験3年~5年:85万円前後 (年収1020万円)
・Scala経験5年以上:102万円前後 (年収1224万円)

Scalaについて
Scalaは2003年にMartin Odersky氏によって開発が開始された新しいプログラミング言語です。
Martin Odersky氏はスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFLローザンヌ)の教授であり、これまでにJavacやJavaのGenericsの開発にも関与していることで知られています。

Scala最大の特徴は、Javaの強みを取り入れた上で、より拡張性の高いスケーラブルな開発言語を目指し、関数型言語とオブジェクト指向言語2つの要素を持っている点です。
Javaに遜色ない処理速度、かつ記述する際のコード量はJavaより少ないというメリットがあります。
フレームワークとしては、Play FrameworkやLiftなどがあります。

海外の企業ではTwitterやLinkedInで採用されており、国内でもSmartNews、ChatWork、ドワンゴ、ネクストビートを始めとするWebサービス系企業やマーベリック、セプテーニ・オリジナル、サイバーエージェントなどの広告配信システムを開発する企業での採用が進んでいるようです。
IT業界でも影響力、発信力のある企業での採用が進んでおり、これからも需要が高い言語であることが予想されます。

Scalaフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・Scala自体での開発経験年数
・大規模なチームでの開発経験
・Play FrameworkやLiftなどのフレームワークの利用経験
・Javaでの開発経験年数

などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではScalaのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでScalaフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Scalaを活用するメリット

Scalaを活用するメリットをご説明します。
Scalaにはどのようなメリットがあるのかしっかり理解しましょう。

・静的型付け
Scalaを活用するメリットとして静的型付けであることが挙げられます。静的型付けにより、コンパイル時に型エラーを検出できるため、実行時の予期しないエラーが減り、品質の高いコードを書くことが可能です。

・オブジェクト指向と関数型プログラミングの融合
Scalaを活用するメリットとしてオブジェクト指向と関数型プログラミングの融合があります。これにより、開発者は柔軟なコーディングスタイルを選択でき、効率的な開発が可能となります。

・Javaとの互換性
Scalaを活用するメリットとしてJavaとの互換性が挙げられます。ScalaはJavaと同じJVM上で動作し、Javaのライブラリを利用できるため、既存のJavaプロジェクトへの導入が容易です。


■Scalaを活用するデメリット

Scalaを活用するデメリットをご説明します。
Scalaの習得を検討しているフリーランス・副業エンジニアの方などは参考にしてみましょう。

・学習コスト
Scalaを活用するデメリットとして学習コストが高いことが挙げられます。Scalaは構文や概念が独特であり、他のプログラミング言語からの移行が難しい場合があります。

・コミュニティの規模
Scalaを活用するデメリットとして、コミュニティの規模が小さいことが挙げられます。これにより、情報やサポートが少なく、問題解決に時間がかかる場合があります。

・求人数や案件数の少なさ
Scalaを活用するデメリットとして、求人数やフリーランス・副業案件数が他のプログラミング言語に比べて少ないことが挙げられます。これにより、Scalaを専門とするエンジニアの市場価値や案件獲得の機会が限定的となる場合があります。


■Scalaフリーランスエンジニアとして携わることができるフリーランス求人・案件例

・Webアプリ開発求人・案件
Scalaフリーランスエンジニアとして、Webアプリ開発求人・案件に参画できます。ScalaはJavaと互換性が高く、より簡潔なコードで高速開発が可能なため、業界を問わず様々なWebアプリやシステム開発に活用されています。特に、PlayフレームワークやAkkaなどのScala向けフレームワークを使用した開発案件が多く見られます。

・分散システム開発求人・案件
Scalaフリーランスエンジニアとして、分散システム開発求人・案件に携わることができます。ScalaはAkkaやApache Sparkといった分散システム開発向けのライブラリやフレームワークが充実しており、大規模なデータ処理やリアルタイムストリーミング処理などを効率的に実現できます。

・システム改修・リプレイス求人・案件
Scalaフリーランスエンジニアとして、システム改修・リプレイス求人・案件に参画できます。ScalaはJavaとの互換性が高いため、Javaで構築された既存システムの改修やリプレイスにも適しています。また、Scalaは関数型プログラミングとオブジェクト指向プログラミングの両方をサポートしており、より柔軟で効率的な開発が可能です。

・データ分析・機械学習求人・案件
Scalaフリーランスエンジニアとして、データ分析・機械学習求人・案件に参画できます。ScalaはApache SparkやScalableのようなデータ分析や機械学習ライブラリが充実しており、ビッグデータの処理やAI開発にも適しています。また、Scalaは型安全性が高いため、複雑なデータ処理やアルゴリズム開発にも優れています。

・マイクロサービス開発求人・案件
Scalaフリーランスエンジニアとして、マイクロサービス開発求人・案件に参画できます。マイクロサービスアーキテクチャは、システムを小さな独立したサービスに分割し、それぞれのサービスを個別に開発・運用することができるアーキテクチャです。ScalaはAkkaやLagomといったマイクロサービス向けのフレームワークやライブラリが充実しており、柔軟かつスケーラブルなマイクロサービス開発に適しています。

・IoT開発求人・案件
Scalaフリーランスエンジニアとして、IoT開発求人・案件に携わることができます。IoT開発では、デバイスとクラウド間の通信やデータ処理が重要なポイントとなります。ScalaはAkkaやReactiveシステムといったリアルタイムデータ処理や並行性をサポートする技術が充実しており、IoT開発にも適しています。


■Scalaフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況

ScalaはWebサービス開発、業務システム開発、データ処理、マイクロサービス開発、IoT開発など多岐にわたるプロジェクトで使用されているプログラミング言語です。

Scalaを用いたWebサービス開発、業務システム開発、データ処理、マイクロサービス開発などの分野では、リモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件が徐々に増えています。ただし、Scalaを活用した基幹システム系の開発現場では、セキュリティや機密情報保持の観点からリモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件はまだあまり増えていません。

今後、Scalaを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していくことが予想されます。その理由としてコロナの影響や、Slack、Chatwork、Zoom、Google Hangouts、Boxなどのクラウド技術の発達や5Gの到来など、IT業界全体の技術的進歩がリモートワーク・在宅・持ち帰りを容易にしていることが挙げられます。

Scalaフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、Webサービス開発、業務システム開発、データ処理、マイクロサービス開発を探してみることをおすすめします。


■Scalaでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について

今回はScalaにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について詳しく解説していきます。Scalaフリーランスエンジニアとして活躍するためには、知識と実務経験が不可欠です。

Scalaの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在しており、近年、副業解禁以降、Scalaフリーランス求人・案件数は徐々に増加しており、フリーランスエンジニアにとって魅力的な選択肢となっています。

また週2日、週3日でも月額90万円や100万円など、高単価なScalaフリーランス案件・求人も増加傾向にあります。複数のScalaフリーランス求人・案件に参画することで、様々なプロダクトやサービス開発に携わることができ、多種多様なエンジニアとコミュニケーションを取る機会も得られます。これにより、Scalaフリーランスエンジニアとしての開発スキル向上や、常駐求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが可能となります。


■Scalaフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

Scalaフリーランスエンジニアにとって、高収入を獲得するために必要なスキルを解説していきます。ScalaフリーランスエンジニアとしてScalaフリーランス求人・案件へ参画するにあたって必要なスキルを身に付けておくことが重要です。

・プログラミング言語スキル
Scalaフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、Scala自体の開発経験、フロント開発やサーバーサイド開発経験やその周辺で必要になる開発知識/スキルです。

ScalaフリーランスエンジニアとしてScala以外にもJava、Python、Ruby、JavaScript、HTML/CSSなど、他プログラミング言語を習得しておくと良いでしょう。また、Scala開発周辺で頻繁に用いられるスキルを多く持ち合わせておくと、希少性の高いScalaフリーランスエンジニアとして企業側に評価されやすいでしょう。

例えばPlay Framework、Akka、Apache SparkなどのScalaフレームワークを使用した実務経験/知識、React、Vue.js、Angularなどフロント開発で用いられる実務経験/知識、Linux・Apache・MySQL・Scala(LAMS)環境を用いた実務経験/知識、Docker、Git、Kubernetes、Jenkins、Elasticsearchなどのミドルウェア関連の実務経験/知識、Windows、UNIX、iOS、AndroidなどのOS知識、AWS、GCP(Google Cloud Platform)、Azureを用いた実務経験/知識などがあります。

またSlack、GitLab、Jira、Trelloなどのツールの使用経験や知識があるとより歓迎されます。
さらにScalaフリーランスエンジニアとしてその他、チームリーダーやプロジェクトマネージャーなど上流工程での経験、チームマネジメント経験があることが望ましいでしょう。

・論理的思考力
Scalaフリーランスエンジニアとして活躍をするにあたって必要になるスキルは、論理的思考力です。ここでいう論理的思考力とは、様々な種類の情報を重要度や意味によって分類したり、情報同士の間に「全体と部分」や「原因と結果」などの関係を見いだしたりする「構造化」の能力を指します。

この論理的思考力はScalaフリーランスエンジニアにとって、必要ではなく、システム開発を行うエンジニア全てに必要なスキルになります。システム構造は、順序立てられており設計するために論理的な考え方が必要です。

つまりシステム開発において、システム間の関係を把握したり、効率的な実行フローを考察したりすることは大切なことです。そのため、Scalaフリーランスエンジニアとして論理的思考力は必要なスキルになるのです。

・コミュニケーションスキル
Scalaフリーランスエンジニアにとって年収アップに必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。Scalaフリーランスエンジニアは、他エンジニアやチームリーダー、プロジェクトマネージャーとのコミュニケーションが大切な職業です。つまり開発チームに所属しながら、協調して働くことが求められます。

Scalaフリーランスエンジニアとして、年収アップを望むのであればコミュニケーションスキルを向上させることが必要です。

・上流工程の実務経験
Scalaフリーランスエンジニアとして、上流工程の実務経験はフリーランス求人・案件に参画する上で必要なスキルです。一般的なシステム/サービス開発には、要件分析、要件定義、設計、実装、テスト、保守・運用といった工程があります。そのなかでも要件分析から設計までが上流工程です。

上流工程はシステムやサービス開発において仕様やコスト、期間を決定する大切な工程です。上流工程がしっかりできていないと、開発工程での遅延や開発コストの増大、運用後のシステムトラブルなど様々な問題を引き起こす可能性が高いです。上流工程の実務経験があることによりScalaフリーランスエンジニアとして、参画できるフリーランス求人・案件の幅が広がり、高単価(稼げる)フリーランス求人・案件も参画しやすくなります。


■Scalaフリーランスエンジニアとして開発経験年数別のアドバイス

✔開発経験1年未満のScalaフリーランスエンジニア
開発経験1年未満のScalaフリーランスエンジニアは、Scala自体のプログラミング言語の学習を進めることが大切です。また、JavaやPythonなど他のプログラミング言語も同時に学ぶことで、幅広い知識が身につきます。

Scalaの基本構文や関数型プログラミングの理解が深まると、より効率的なコーディングが可能になります。学習に困った場合は、オンラインのチュートリアルや書籍を活用しましょう。

✔開発経験1〜4年のScalaフリーランスエンジニア
開発経験1〜4年のScalaフリーランスエンジニアは、実際のプロジェクトに取り組むことが重要です。Scalaを用いたWebアプリケーション開発やデータ処理など、実践的なスキルを磨くことが求められます。

また、Play FrameworkやAkkaなどのScala用フレームワークを学ぶことで、開発効率が向上し、より多様なプロジェクトに参加できるようになります。

✔開発経験5年以上のScalaフリーランスエンジニア
開発経験5年以上のScalaフリーランスエンジニアは、システムアーキテクチャ設計や高度なアルゴリズムの開発など、より専門的な知識を習得することが求められます。また、コードの品質向上やチーム開発のスキルも重要です。

さらに、Scalaのコミュニティへの貢献やオープンソースプロジェクトへの参加を通じて、自身のスキルや知名度を高めることができます。


■Scalaフリーランスエンジニアにおすすめの資格について

Scalaフリーランスエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

・Lightbend Certified Scala Programmer
Lightbend Certified Scala Programmerは、Lightbend社が公式に認定するScalaプログラマーの資格です。Scalaの基礎知識から応用まで網羅した試験内容で、Scalaフリーランスエンジニアとしてのスキル証明に役立ちます。この資格を取得することで、Scalaの実務経験が少ない方でもスキルをアピールすることが可能です。

・Oracle認定Javaプログラマ
Oracle認定Javaプログラマは、Oracle社が認定するJavaプログラマーの資格です。ScalaはJVM上で動作する言語であり、Javaとの連携が重要となるため、Javaの知識も持っていることが望ましいです。この資格は、Javaの基礎から応用までの知識を証明できるため、Scalaフリーランスエンジニアとして取得しておくと有利です。

・Apache Spark認定デベロッパー
Apache Spark認定デベロッパーは、Apache Sparkを使用した分散処理システムの開発スキルを認定する資格です。Scalaを用いたビッグデータ処理や機械学習の分野で活躍する場合、この資格が役立ちます。また、ScalaとApache Sparkの組み合わせは非常に一般的であるため、Scalaフリーランスエンジニアにはおすすめの資格です。

Scalaスキルは、資格を取得することによって、スキル証明をすることは可能ですが、フリーランス求人・案件参画において一番重要視すべきことは、Scalaの実務経験やScalaを活用したシステム開発周辺で必要な開発スキルを保有していることです。

そのため、Scala関連の資格は時間的に余裕がある方に特におすすめします。
Scalaフリーランスエンジニアとして実務未経験の場合、まず実務経験が積めるよう積極的に行動してみましょう。

本記事では、Scalaフリーランスエンジニアにおすすめの資格を紹介しました。これらの資格を取得することで、スキルの証明や案件獲得に役立ちます。


■Scalaのフリーランス求人・案件の探し方

Scalaフリーランスエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を解説します。他のScalaフリーランスエンジニアがどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているか知りたい方は必読です。

・フリーランスエージェントの活用
Scalaフリーランスエンジニアとして、フリーランスエージェントを活用して求人・案件を見つけましょう。専門コーディネーターが、開発スキルや要望に合った求人・案件探しをサポートしてくれます。

Scalaフリーランスエンジニアの幅広い層がエージェントを利用しています。効率良く求人・案件探しを行いたい方や継続的に参画したい方にはおすすめです。保険や確定申告サポートなど充実した福利厚生制度も魅力です。

・クラウドソーシングサービスの活用
Scalaフリーランスエンジニアとして、クラウドソーシングサービスを利用し求人・案件を獲得しましょう。クラウドワークスやランサーズ、ココナラ、タイムチケットなどが代表的です。

開発スキルを登録するだけで、Scalaを活用した求人・案件を探せたり応募できます。しかし、高単価案件は少なく、単発仕事が多いため、長期案件を検討している方には不向きです。

・SNSを含むオンラインを活用
Scalaフリーランスエンジニアとして、SNSやWebサイトを活用して求人・案件を獲得しましょう。TwitterやFacebook、LinkedInなどで経歴や実績、ポートフォリオを公開することで、個人や企業から直接案件を受け取れる可能性があります。

・知人など人脈を活用
Scalaフリーランスエンジニアとして、知人や友人、前職の同僚など人脈を活用してフリーランス求人・案件を獲得しましょう。独立して求人・案件を探していることを伝えると、有益な情報が得られる可能性が高まります。

知人や友人、前職の同僚から案件を受注できれば、仲介手数料がかからず、高単価で参画できることがあります。ただし、責任が伴うため、誠実に仕事を行い、周囲の期待に応えましょう。


■Scalaフリーランスエンジニアは稼げないの?

このページに表示されている「Scalaのフリーランス求人・案件 月額単価相場」をご覧いただくとわかりますが、平均単価や中央値単価は80万円以上と比較的高い単価です。
そのためScalaフリーランスエンジニアとして稼げないことはありません。

しかし、最低でも開発経験1年以上や「Scalaフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキル」でお伝えしたスキルが備わっていない方はScalaフリーランスエンジニアとして平均単価や中央値単価を稼ぐことはできないでしょう。

その理由として、Scalaフリーランスエンジニアを含むフリーランスエンジニアを採用している企業は即戦力を求めているためです。フリーランスエンジニアは正社員エンジニアよりも稼げている方が多いですが、実力主義の市場です。

Scala開発経験の豊富なフリーランスエンジニアの方でも、常に変化する市場動向を定期的にキャッチアップしたり、最新スキルやトレンドスキルを自ら習得したりと継続的に努力を怠ると中長期的には稼げなくなるでしょう。

稼げるScalaフリーランスエンジニアになるため、まず以下のことを実践しましょう。

・スキルアップを行う
Scalaフリーランスエンジニアとして稼ぐためにはスキルアップを行いましょう。
前述した通り、フリーランスエンジニアは常にスキルアップを目指し、技術を磨いています。

特に技術系サイトやITニュースサイトの閲覧、オンライン学習できるWebサイトの活用は重要です。
またScalaフリーランスエンジニアとして、勉強会や交流会に参加し人脈を作ることもスキルアップの1つです。自分だけでは解決できない課題がある際に聞いたり、有益な情報を共有し合ったりできます。

高単価案件にはよく使われているScalaのフレームワークやScala関連スキルがあるはずです。
そのため、より効率よく高単価を獲得する方法は単価が高い案件の共通項を見つけると良いでしょう。稼げるScalaフリーランスエンジニアを目指すのであれば、スキルアップは重要な要素です。

・開発経験などの実績を積み上げる
Scalaフリーランスエンジニアとして稼ぐためには開発経験などの実績を積み上げましょう。
特にフリーランス市場は実力主義であるため、実績を積み上げないと、フリーランス求人・案件を獲得する土台には上がれません。

将来的にどのようなフリーランス求人・案件に参画したいのかを設定し、その開発案件で必要になるであろう実績を積んでいきましょう。
また、目標がまだ定まっていないフリーランスエンジニアの方は、最初のうちは報酬単価の低い簡単な仕事でも、とにかくやってみて経験や実績を積んでいきましょう。


■Scala習得難易度・勉強方法について

Scalaは、GitHubPullRequestにて2023年1~3月統計にて第14位であり、比較的人気のある言語です。
Scalaは、米HackerRank社による「2020 Developer Skills Report」では今後学びたい言語ランキングで6位です。

Scalaは日本だけでなく海外でも人気のある言語ということがわかります。
しかし、Scalaは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめできない言語です。

ScalaはJavaの後継言語であること、オブジェクト指向かつ関数型という特徴があるプログラミング言語であること、規約が複雑であることなどの理由により非常に難易度が高いプログラミング言語です。
ScalaはJavaと互換性があります。しかし、ScalaはJavaよりもコードがシンプルであり、コード記述量が少なくJavaよりも習得難易度は低いでしょう。

Scala学習時間や学習コストについて、JavaやC言語よりも時間が掛からず習得できるでしょう。
Scalaは学習範囲が広くScala自体の仕組みを理解するだけではなく、Java同様ネットワーク、データベース、サーバー、OSなどの周辺知識を同時に理解する必要があります。

個人差が大きくありますが、Scalaを習得するためにはある程度の時間が掛かることを事前に覚えておきましょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でScalaを始めとするプログラミング言語を学習出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Scalaプログラミング入門」「日本Scalaユーザーズグループ」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。

Scalaを始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、Scalaに関する参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かります。

Scala習得難易度や学習コスト、学習時間などを考慮すると、Scala習得に関して初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来ません。

なお、Scala習得を希望するエンジニアは、まず周辺でScalaに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Javaを習得してみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。

Scalaは業務アプリ開発、Webアプリ開発、SaaS開発、データサイエンティストなどフリーランス求人・案件数も他言語と比較して、豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他プログラミング言語の習得も比較的習得しやすくなるでしょう。
特にJava、C言語、C++などの多くの開発言語はScala習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■Scalaの市場動向やニーズについて

ScalaはJavaとの互換性が高い事から大規模なフリーランス求人・案件でも採用されることがあります。
国内でのScalaエンジニアニーズは非常に高く、特に高額な単価のフリーランス求人・案件を発注するキャッシュリッチな企業での募集が多いです。
ScalaとJavaの互換性の高さから、Javaの開発経験のあるエンジニアでもScalaフリーランス求人・案件に受け入れる事例も多く、今後JavaからScalaへのスキルチェンジが進むと、一気にScalaフリーランス求人・案件が増加する可能性があり、非常に注目したい言語です。
Javaエンジニアは一度Scalaフリーランス求人・案件で仕事を行うことを検討しましょう。