Scalaの求人・案件一覧

Scalaのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

75.0万円

中央値単価

80万円

最高単価

160万円

最低単価

32万円

全1177件中1-50件を表示中

全1177件中1-50件を表示中

Scalaのフリーランス案件に関するよくある質問

Scalaのフリーランス案件は高単価ですか?

Scalaのフリーランス案件の最高単価は160万円で、平均単価は75.0万円です。 Scalaのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は900~1,920万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のScalaの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるScalaのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Scalaのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Scalaの募集中フリーランス案件数は108件、累計掲載案件は1,177件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のScalaのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Scalaのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Scalaの募集中リモート案件数は25件、累計掲載案件は205件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるScalaのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Scalaのフレームワークの公開案件数

Scalaのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとPlayFrameworkが232件、Liftが12件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
PlayFramework、LiftはScalaの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
Scalaの技術を有するフリーランスの方はPlayFramework、Liftを中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

Scalaのフレームワークの月額平均単価

Scalaのフレームワークの月額平均単価を分析するとPlayFrameworkが72.4万円、Liftが64万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
PlayFramework、LiftはScalaのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
Scalaの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はPlayFramework、Liftなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

Scalaのフレームワークの月額最高単価

Scalaのフレームワークの月額最高単価を分析するとPlayFrameworkが115万円、Liftが68万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
PlayFramework、LiftはScalaのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
Scalaのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはPlayFramework、Liftなどのフレームワークがおすすめです。

Scalaのフレームワーク別募集中案件数推移

Scalaのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年7月がPlayFramework51件/Lift0件、2022年8月がPlayFramework30件/Lift0件、2022年9月がPlayFramework35件/Lift0件、2022年10月がPlayFramework29件/Lift0件、2022年11月がPlayFramework45件/Lift0件、2022年12月がPlayFramework39件/Lift0件となっています。
Scalaのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しPlayFrameworkは6件(-14%)の大幅な減少、Liftは0件(0%)で前月から変化なしとなっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Scalaのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Scalaのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが159件、techtreeが144件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が116件、アットエンジニアが87件、テクフリが75件、ギークスジョブが47件、TechStockが24件、ビズリンクが22件、エンジニアルーム(Engineer Room)が15件、FREE-DAが12件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Scalaのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、techtree、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
Scalaのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、techtree、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Scalaのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Scalaのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが75件、アットエンジニアが23件、Midworksが3件、ギークスジョブが1件、TechStockが1件、Relance(リランス)が1件、FLEXY(フレキシー)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Scalaのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、アットエンジニア、Midworksであることがわかります。
Scalaのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、アットエンジニア、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Scalaのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Scalaのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとtechtreeが109万円、Relance(リランス)が104.7万円、ビズリンクが101.6万円、FREE-DAが96.3万円、TechStockが93.3万円、ギークスジョブが87.7万円、テックビズフリーランスが86万円、レバテックフリーランスが85.8万円、スマートソーシャルが85万円、Midworksが84.3万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
月額単価の高いScalaのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはtechtree、Relance(リランス)、ビズリンクであることがわかります。
Scalaのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はtechtree、Relance(リランス)、ビズリンクを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Scalaのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Scalaのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が335件、週4日が164件、週3日が135件、週2日が12件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Scalaのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるScalaのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Scalaのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Scalaのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が793件、大阪府が28件、神奈川県が8件、群馬県が3件、秋田県が1件、富山県が1件、京都府が1件、兵庫県が1件、愛媛県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Scalaのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
Scalaのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

Scalaのフリーランス求人・案件数の推移

Scalaの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が133件、2022年8月が67件、2022年9月が78件、2022年10月が70件、2022年11月が106件、2022年12月が108件となっています。Scalaのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、2件増加しており、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Scalaのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Scalaの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が33件、2022年8月が28件、2022年9月が22件、2022年10月が14件、2022年11月が22件、2022年12月が25件となっています。Scalaのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、3件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Scalaのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Scalaのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年7月が76.8万円、2022年8月が76.5万円、2022年9月が76.7万円、2022年10月が76.7万円、2022年11月が76.8万円、2022年12月が77.2万円となっています。Scalaのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.4万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Scalaのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Scalaのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年7月が921.1万円、2022年8月が918.5万円、2022年9月が920.4万円、2022年10月が920.7万円、2022年11月が921.5万円、2022年12月が926.4万円となっています。Scalaのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し4.9万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Scalaの常駐案件・リモートワーク案件割合

Scalaの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が25件(23.4%)、常駐案件が82件(76.6%)となっており、Scalaフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Scalaのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Scalaのフリーランス求人・案件について

Scalaのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~90万円程度です。
Scalaのフリーランス求人・案件の平均単価は75.0万円、中央値単価は80万円、最高単価は160万円、最低単価は32万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Scalaのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Scala経験1年未満:40万円前後 (年収480万円)
・Scala経験1年~2年:48万円前後 (年収576万円)
・Scala経験2年~3年:68万円前後 (年収816万円)
・Scala経験3年~5年:80万円前後 (年収960万円)
・Scala経験5年以上:96万円前後 (年収1152万円)

Scalaについて
Scalaは2003年にMartin Odersky氏によって開発が開始された新しいプログラミング言語です。
Martin Odersky氏はスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFLローザンヌ)の教授であり、これまでにJavacやJavaのGenericsの開発にも関与していることで知られています。

Scala最大の特徴は、Javaの強みを取り入れた上で、より拡張性の高いスケーラブルな開発言語を目指し、関数型言語とオブジェクト指向言語2つの要素を持っている点です。
Javaに遜色ない処理速度、かつ記述する際のコード量はJavaより少ないというメリットがあります。
フレームワークとしては、Play FrameworkやLiftなどがあります。

海外の企業ではTwitterやLinkedInで採用されており、国内でもSmartNews、ChatWork、ドワンゴ、ネクストビートを始めとするWebサービス系企業やマーベリック、セプテーニ・オリジナル、サイバーエージェントなどの広告配信システムを開発する企業での採用が進んでいるようです。
IT業界でも影響力、発信力のある企業での採用が進んでおり、これからも需要が高い言語であることが予想されます。

Scalaフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・Scala自体での開発経験年数
・大規模なチームでの開発経験
・Play FrameworkやLiftなどのフレームワークの利用経験
・Javaでの開発経験年数
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではScalaのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでScalaフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Scala習得難易度・勉強方法について
Scalaは、GitHubPullRequestにて2019年1月~3月統計にて第12位であり、比較的人気のある言語です。
Scalaは、米HackerRank社による「2020 Developer Skills Report」では今後学びたい言語ランキングで6位です。
Scalaは日本だけでなく海外でも人気のある言語ということがわかります。
しかし、Scalaは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめできない言語です。
ScalaはJavaの後継言語であること、オブジェクト指向かつ関数型という特徴があるプログラミング言語であること、規約が複雑であることなどの理由により非常に難易度が高いプログラミング言語です。
ScalaはJavaと互換性があります。しかし、ScalaはJavaよりもコードがシンプルであり、コード記述量が少なくJavaよりも習得難易度は低いでしょう。

Scala学習時間や学習コストについて、JavaやC言語よりも時間が掛からず習得できるでしょう。
Scalaは学習範囲が広くScala自体の仕組みを理解するだけではなく、Java同様ネットワーク、データベース、サーバー、OSなどの周辺知識を同時に理解する必要があります。
個人差が大きくありますが、Scalaを習得するためにはある程度の時間が掛かることを事前に覚えておきましょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でScalaを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Scalaプログラミング入門」「日本Scalaユーザーズグループ」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
Scalaを始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、Scalaに関する参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かります。

Scala習得難易度や学習コスト、学習時間などを考慮すると、Scala習得に関して初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来ません。

なお、Scala習得を希望するエンジニアは、まず周辺でScalaに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Javaを習得してみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。

Scalaは業務アプリ開発、Webアプリ開発、SaaS開発、データサイエンティストなどフリーランス求人・案件数も他言語と比較して、豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他プログラミング言語の習得も比較的習得しやすくなるでしょう。
特にJava、C言語、C++などの多くの開発言語はScala習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■Scalaの市場動向やニーズについて
ScalaはJavaとの互換性が高い事から大規模なフリーランス求人・案件でも採用されることがあります。
国内でのScalaエンジニアニーズは非常に高く、特に高額な単価のフリーランス求人・案件を発注するキャッシュリッチな企業での募集が多いです。
ScalaとJavaの互換性の高さから、Javaの開発経験のあるエンジニアでもScalaフリーランス求人・案件に受け入れる事例も多く、今後JavaからScalaへのスキルチェンジが進むと、一気にScalaフリーランス求人・案件が増加する可能性があり、非常に注目したい言語です。
Javaエンジニアは一度Scalaフリーランス求人・案件で仕事を行う検討してみることをおすすめします。