AWSの求人・案件一覧

AWSのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

77.6万円

中央値単価

75万円

最高単価

200万円

最低単価

1万円

全17620件中1-50件を表示中

全17620件中1-50件を表示中

AWSのフリーランス案件に関するよくある質問

AWSのフリーランス案件は高単価ですか?

AWSのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は77.6万円です。 AWSのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は924~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のAWSの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるAWSのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

AWSのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

AWSの募集中フリーランス案件数は1,420件、累計掲載案件は17,620件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のAWSのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

AWSのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

AWSの募集中リモート案件数は269件、累計掲載案件は7,447件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるAWSのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

AWSのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

AWSのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとテックビズフリーランスが2647件、レバテックフリーランスが2419件、プロエンジニア(ProEngineer)が1208件、テックリーチが698件、TechStockが687件、エンジニアルーム(Engineer Room)が478件、ギークスジョブが439件、PE-BANKが433件、Midworksが420件、techtreeが405件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
AWSのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはテックビズフリーランス、レバテックフリーランス、プロエンジニア(ProEngineer)であることがわかります。
AWSのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はテックビズフリーランス、レバテックフリーランス、プロエンジニア(ProEngineer)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

AWSのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

AWSのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとMidworksが279件、プロエンジニア(ProEngineer)が159件、テックビズフリーランスが82件、PE-BANKが19件、IT@JOBが18件、Relance(リランス)が10件、ギークスジョブが7件、TechStockが5件、HiPro Tech(ハイプロテック)が5件、ビズリンクが4件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
AWSのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはMidworks、プロエンジニア(ProEngineer)、テックビズフリーランスであることがわかります。
AWSのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はMidworks、プロエンジニア(ProEngineer)、テックビズフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

AWSのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

AWSのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが110.5万円、techtreeが109.1万円、HiPro Tech(ハイプロテック)が90.6万円、プロエンジニア(ProEngineer)が89.8万円、ギークスジョブが89.8万円、TechStockが88.2万円、Relance(リランス)が87万円、Pro-Assignが86.5万円、ビズリンクが85.3万円、フリーランスのミカタが84.1万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
月額単価の高いAWSのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、techtree、HiPro Tech(ハイプロテック)であることがわかります。
AWSのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、techtree、HiPro Tech(ハイプロテック)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

AWSのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

AWSのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が8080件、週4日が1809件、週3日が1286件、週2日が353件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
AWSのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるAWSのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

AWSのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

AWSのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が9745件、大阪府が447件、神奈川県が356件、北海道が149件、兵庫県が137件、福岡県が86件、埼玉県が70件、広島県が68件、愛知県が61件、京都府が39件となっています。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)
AWSのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
AWSのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

AWSのフリーランス求人・案件数の推移

AWSの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が3281件、2024年1月が2657件、2024年2月が3058件、2024年3月が3236件、2024年4月が1608件、2024年5月が3169件となっています。AWSのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1561件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

AWSのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

AWSの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2023年12月が1449件、2024年1月が1200件、2024年2月が1568件、2024年3月が1473件、2024年4月が787件、2024年5月が1390件となっています。AWSのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、603件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

AWSのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

AWSのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2023年12月が76.7万円、2024年1月が76.7万円、2024年2月が76.7万円、2024年3月が76.8万円、2024年4月が77.5万円、2024年5月が77.6万円となっています。AWSのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

AWSのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

AWSのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2023年12月が920.2万円、2024年1月が919.8万円、2024年2月が920.6万円、2024年3月が922.0万円、2024年4月が929.7万円、2024年5月が931.2万円となっています。AWSのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し1.5万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

AWSの常駐案件・リモートワーク案件割合

AWSの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1393件(54.8%)、常駐案件が1150件(45.2%)となっており、AWSフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

AWSのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

AWSのフリーランス求人・案件について

AWSのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
AWSのフリーランス求人・案件の平均単価は77.6万円、中央値単価は75万円、最高単価は200万円、最低単価は1万円です。(※フリーランススタート調べ/2024年05月)

AWSのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・AWS経験1年未満:38万円前後 (年収450万円)
・AWS経験1年~2年:45万円前後 (年収540万円)
・AWS経験2年~3年:64万円前後 (年収765万円)
・AWS経験3年~5年:75万円前後 (年収900万円)
・AWS経験5年以上:90万円前後 (年収1080万円)

AWSはAmazon Web Serviceの略称であり、Amazon.comが提供しているインターネット上で利用できるクラウドコンピューティングのプラットフォームです。
コスト・セキュリティ・スピード・拡張性・パフォーマンスの高さなど世界18の地域で提供され、世界クラウドIaaS市場ではシェア5割弱を誇っている世界No,1の巨大なプラットフォームです。
元々、Amazonのショッピングサイトのインフラや商品データなど外部に公開したもので、WebサイトやWebサービスのエンジニアが必要とするインフラ系のクラウドサービスを主に提供しています。
安定したWEBサービス構築に使用されることが多く、エンジニアやプログラマーはより多くのAWSの機能や設計構築を経験し、市場価値を高めていきましょう。

AWSフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・AWS環境での開発経験年数
・Linux、Oracle等を使ったインフラ業務経験年数
・ネットワーク、仮想化、他クラウド環境での知識・経験年数
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではAWSのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでAWSのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■AWSのメリットについて

AWSを活用するメリットをご説明します。
AWSにはどのようなメリットがあるのかしっかり理解しましょう。

・スケーラビリティ
AWSを活用するメリットとして、スケーラビリティであることが挙げられます。AWSは、需要が増えた際に迅速にリソースを増やすことができ、また需要が減った際にも適切に縮小することが可能です。この柔軟性により、効率的なコスト管理とパフォーマンス向上が期待できます。

・堅牢なセキュリティ
AWSを活用するメリットとして、堅牢なセキュリティであることが挙げられます。AWSは、物理的なデータセンターのセキュリティやネットワークアーキテクチャのセキュリティに重点を置いており、世界中の企業から信頼されています。これにより、安心してクラウド環境でのシステム構築やデータ管理が可能です。

・豊富なサービスラインナップ
AWSを活用するメリットとして、豊富なサービスラインナップであることが挙げられます。AWSはコンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーク、データ分析、AI、IoTなど幅広い領域のサービスを提供しており、あらゆるニーズに対応できるため、システム開発や運用の効率化が図れます。


■AWSのデメリットについて

AWSを活用するデメリットをご説明します。
AWSの習得を検討しているフリーランスエンジニアの方などは参考にしてみましょう。

・コスト管理の難しさ
AWSを活用するデメリットとして、コスト管理の難しさであることが挙げられます。AWSは、利用したリソースやサービスに応じて課金されるため、コストの把握や予算管理が複雑になることがあります。これを解消するためには、適切なモニタリングやアラート設定が重要です。

・学習コスト
AWSを活用するデメリットとして、学習コストであることが挙げられます。AWSには多くのサービスがあり、それぞれの使い方や設定が異なるため、習得に時間がかかることがあります。しかし、AWSのドキュメントやコミュニティによるサポートが充実しているため、効率的に学習することが可能です。

・インターネット接続が必須
AWSを活用するデメリットとしてインターネット接続が必須であることが挙げられます。
AWSはクラウドベースのサービスであり、インターネット接続が必要となります。そのため、インターネット接続が不安定な環境では、システムの運用やデータアクセスに影響が出ることがあります。これを解消するためには、冗長化されたネットワーク環境の構築や、オンプレミス環境との併用が考慮されることがあります。

以上の点を考慮し、AWSのメリットとデメリットを理解した上で、最適なシステム構築や運用方法を選択することが重要です。


■AWSスキルを活用するフリーランス求人・案件例

・クラウドインフラ構築・運用案件
AWSスキルを活用するフリーランス求人・案件の中で、クラウドインフラの構築や運用が多く見られます。AWSを用いたシステムアーキテクチャ設計、ネットワーク構築、セキュリティ対策、自動化や監視の導入など、AWSの豊富なサービスを駆使してクラウド基盤を構築・運用する案件が増えています。

・サーバーレスアプリ開発案件
AWSスキルを活用するフリーランス求人・案件には、サーバーレスアプリケーション開発も含まれます。AWS LambdaやAmazon API Gatewayなどのサーバーレス技術を用いて、リソース管理やスケーラビリティに優れたアプリケーション開発が可能です。

・データ分析・機械学習案件
AWSスキルを活用するフリーランス求人・案件では、データ分析や機械学習の分野も注目されています。Amazon S3やAmazon Redshiftなどのデータストレージや分析ツールを活用し、大量のデータを高速に処理することが可能です。また、Amazon SageMakerなどの機械学習サービスを利用して、AIを活用したシステム開発も行われています。

・IoTシステム開発案件
AWSスキルを活用するフリーランス求人・案件において、IoTシステム開発も増えています。AWS IoT CoreやAWS IoT AnalyticsなどのIoT関連サービスを利用して、センサーデータの収集・解析やデバイス管理など、IoTシステムを効率的に開発・運用することができます。

・データバックアップ・災害復旧案件
AWSスキルを活用するフリーランス求人・案件では、データバックアップや災害復旧ソリューションも求められます。Amazon S3やAmazon Glacierを用いて、データのバックアップや長期アーカイブを実現することが可能です。また、AWSのリージョン間でのデータレプリケーションやAmazon Route 53を活用したDNSルーティングなど、災害時の復旧を迅速かつ効率的に行うことができます。

・マイクロサービスアーキテクチャ開発案件
AWSスキルを活用するフリーランス求人・案件では、マイクロサービスアーキテクチャの開発もよく見られます。Amazon ECSやAmazon EKSなどのコンテナ管理サービスを利用し、独立したマイクロサービスを構築・運用することができます。これにより、システム全体のスケーラビリティや耐障害性が向上し、迅速なリリースサイクルを実現することが可能です。

AWSスキルを活用するフリーランス求人・案件は多岐にわたり、クラウドインフラ構築・運用、サーバーレスアプリ開発、データ分析・機械学習、IoTシステム開発、データバックアップ・災害復旧、マイクロサービスアーキテクチャ開発など、様々な分野でAWSの豊富なサービスが活用されています。


■AWSフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況

AWSは、クラウドインフラの構築・運用、サーバーレスアプリ開発、データ分析・機械学習、IoTシステム開発など、多様な分野で活用されているクラウドサービスです。

AWSを利用したクラウドインフラ構築・運用、サーバーレスアプリ開発、データ分析・機械学習、IoTシステム開発など、多くの現場において徐々にリモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件が増えています。
しかし、AWSを活用した金融や医療などの業界ではセキュリティや機密情報保持の観点からリモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件はあまり増えていません。

今後、AWSを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していく可能性が高いでしょう。その理由として、現在世界中で蔓延しているコロナの影響が挙げられるでしょう。
さらにSlack、Chatwork、Zoom、Google Hangouts、Boxなどのクラウド技術の発達や5Gの到来など、IT業界全体の技術的進歩のおかげでリモートワーク・在宅・持ち帰りをしても自宅で仕事が出来る環境が整っていることも理由の1つとして挙げられるでしょう。

AWSフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、クラウドインフラ構築・運用、サーバーレスアプリ開発、データ分析・機械学習、IoTシステム開発を探してみることをおすすめします。


■AWSでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について

AWSにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

AWSの週2日、週3日フリーランス求人・案件は一定数存在します。
また、2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にAWSフリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

さらに週2日や週3日稼働でも月額100万円を超える高単価なAWSフリーランス案件・求人も増えています。複数のAWSフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトやサービス開発に携われたり、多種多様なエンジニアとコミュニケーションを取れます。
AWSエンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐案件・求人と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

AWSエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■AWSフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

AWSフリーランスエンジニアにとって、高収入を獲得するために必要なスキルを解説していきます。

・AWS関連スキル
AWSフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、AWSサービスに関する知識や実務経験が不可欠です。AWSには多くのサービスが存在しますが、主要なものにはAmazon EC2、Amazon S3、Amazon RDS、AWS Lambda、Amazon VPC、Amazon CloudFront、Amazon CloudWatchなどがあります。

これらのサービスを熟知し、実際に使用した経験があることが、AWSフリーランスエンジニアとして求められるスキルの基本です。また、AWSの専門資格であるAWS認定ソリューションアーキテクトやAWS認定デベロッパーなどの取得も、企業によってはプラス評価されるでしょう。

・プログラミング言語スキル
AWSフリーランスエンジニアとして活躍するためには、プログラミング言語のスキルも必要です。Python、JavaScript、Java、Ruby、Go言語など、複数のプログラミング言語を習得していることが望ましいです。これらの言語を使いこなせることで、AWS環境でのシステム開発やインフラ構築がスムーズに行えます。

・インフラ構築・運用スキル
AWSフリーランスエンジニアは、クラウドインフラの構築や運用に関するスキルも求められます。IaC(Infrastructure as Code)ツールを使ったインフラのコード化(Terraform、AWS CloudFormationなど)やDocker、Kubernetesを用いたコンテナ技術、CI/CDパイプラインの構築、モニタリングやアラームの設定などが重要なスキルです。

・セキュリティスキル
AWSフリーランスエンジニアとして、クラウド環境におけるセキュリティ対策も重要なスキルとなります。AWSのセキュリティサービスやベストプラクティスを理解し、セキュリティ対策を適切に実装できる能力が求められます。

・コミュニケーションスキル
AWSフリーランスエンジニアには、チームメンバーやクライアントと円滑にコミュニケーションができる能力も求められます。他のエンジニアやPM(プロジェクトマネージャー)と連携して効率的な開発を進めるためには、明確なコミュニケーションが欠かせません。また、クライアントとの打ち合わせや報告などでも、わかりやすく説明できることが重要です。

・上流工程の実務経験
AWSフリーランスエンジニアとして、上流工程の実務経験も求人・案件に参画する上で重要なスキルです。システム開発プロセスにおいて、要件分析、要件定義、設計などの上流工程での経験があることで、参画できる案件の幅が広がり、高単価の案件にもアプローチしやすくなります。


■AWSフリーランスエンジニアとして開発経験年数別のアドバイス

✔開発経験1年未満のAWSフリーランスエンジニア
開発経験1年未満のAWSフリーランスエンジニアは、AWSの基本サービス(EC2、S3、RDS、Lambdaなど)の理解と使用方法を学びましょう。また、Amazon VPCやIAM(Identity and Access Management)の概念にも触れておくと役立ちます。

AWSに関するドキュメントやチュートリアル、公式のホワイトペーパーを参照しながら学習を進めていくことが重要です。また、AWSの公式ブログやフォーラム、オンラインコミュニティに参加して情報交換を行いましょう。

✔開発経験1〜4年のAWSフリーランスエンジニア
開発経験1〜4年のAWSフリーランスエンジニアは、AWSのマネージドサービスを活用したアプリケーション開発やインフラ構築に慣れていきましょう。サービス間の連携や、AWSのベストプラクティスに基づいた設計・実装が求められます。

この段階では、AWS公式のトレーニングコースやAWS認定ソリューションアーキテクト(Associateレベル)を目指すことをおすすめします。これにより、AWSの幅広いサービスとその活用方法を習得できるでしょう。

✔開発経験5年以上のAWSフリーランスエンジニア
開発経験5年以上のAWSフリーランスエンジニアは、AWSの専門知識を活かして、クラウドネイティブなアプリケーションの設計・実装や、セキュリティ・パフォーマンス・コスト最適化のアドバイスができるようになることが目標です。

AWS認定ソリューションアーキテクト(Professionalレベル)やAWS認定DevOpsエンジニアなどの高度な資格を取得することで、より高度なスキルを身につけ、高単価の案件にアプローチしやすくなります。また、自分の知識や経験をブログや講演、ワークショップなどでシェアすることで、業界内での評価や信頼を高めることができます。

さらに、オープンソースプロジェクトに参加して、AWSを活用した開発やインフラ設定のスキルを磨くこともおすすめです。GitHubなどで自分のプロジェクトを公開し、他のエンジニアとコラボレーションすることで、スキルの向上や新たなビジネスチャンスが広がります。


■AWSフリーランスエンジニアにおすすめの資格について

AWSフリーランスエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト
AWS認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトは、AWSの基本的なサービスとアーキテクチャに関する知識を証明する資格です。AWSフリーランスエンジニアにとっては、クラウドインフラ設計や実装の知識を持っている証明となるため、おすすめの資格です。

AWS認定デベロッパー – アソシエイト
AWS認定デベロッパー – アソシエイトは、AWSを活用したアプリケーション開発や運用の知識を証明する資格です。AWSフリーランスエンジニアとして、アプリケーション開発のスキルを証明できるため、取得しておいて損のない資格でしょう。

AWS認定SysOpsアドミニストレータ – アソシエイト
AWS認定SysOpsアドミニストレータ – アソシエイトは、AWSを活用したシステム運用や管理に関する知識を証明する資格です。AWSフリーランスエンジニアには、システム運用や管理のスキルが必要とされることが多いため、取得しておくと有利です。

AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナル
AWS認定DevOpsエンジニア – プロフェッショナルは、AWSのDevOpsツールや手法に関する深い知識を証明する資格です。この資格は、AWSフリーランスエンジニアがDevOps文化を取り入れたプロジェクトに参画する際に、高いスキルを証明できるためおすすめです。

AWS認定セキュリティ – スペシャリティ
AWS認定セキュリティ – スペシャリティは、AWS環境でのセキュリティ対策やデータ保護に関する知識を証明する資格です。セキュリティはクラウド環境において重要な要素であるため、AWSフリーランスエンジニアとしてこの資格を取得しておくと良いでしょう。

AWSスキルは、資格を取得することによって、スキル証明をすることは可能ですが、フリーランス求人・案件参画において一番重要視すべきことは、AWSの実務経験やAWSを活用したシステム開発周辺で必要な開発スキルを保有していることです。

そのためAWS関連の資格は時間的に余裕がある方に特におすすめします。
AWSフリーランスエンジニアとして実務未経験の場合、まず実務経験が積めるよう積極的に行動してみましょう。


■AWSのフリーランス求人・案件の探し方

AWSフリーランスエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
AWSフリーランスエンジニアとして独立したけど、他AWSフリーランスエンジニアの人がどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。

・フリーランスエージェントの活用
AWSフリーランスエンジニアとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
フリーランスエージェントに在籍している専門コーディネーターが、開発スキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを手厚くサポートしてくれます。

AWSフリーランスエンジニアとして、AWSスキルの開発経験が浅い方から10年以上開発スキルがあるベテランの方まで、非常に幅広いフリーランスエンジニア層の方が活用しています。

フリーランス求人・案件探しを効率良く行いたい方や継続的にフリーランス求人・案件に参画をしたい方など登録しておくべきでしょう。
また、フリーランスエージェントによっては正社員と同様の保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。

AWSフリーランスエンジニアだからこそ、万が一働けなくなった場合や保険が必要になる場合を想定し、保険や福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。

・クラウドソーシングサービスの活用
AWSフリーランスエンジニアとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。代表的なクラウドソーシングサービスはクラウドワークスやランサーズ、ココナラ、タイムチケットなどあります。

AWSフリーランスエンジニアとして、自分の開発スキルを登録するだけでAWSを活用したフリーランス求人・案件を探せたり応募して参画できます。
自分の開発スキルに合ったもしくは希望するフリーランス求人・案件を探すことができ、ステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。

ただし、高単価フリーランス求人・案件はほとんどなく、また単発での仕事が豊富であるため半年や1年以上などの中長期的なフリーランス求人・案件への参画を検討している方はあまりおすすめしません。
経験を積みたいもしくは実績をどんどん積んでいきたい比較的経験の浅いAWSフリーランスエンジニアには適しているでしょう。

・SNSを含むオンラインを活用
AWSフリーランスエンジニアとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSやWebサイトを自分で開設しオンライン上に経歴や実績、ポートフォリオを公開しておくことで、個人や企業から直接フリーランス求人・案件を受け取れる可能性もあります。

現在ではTwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを開設し、そこから即戦力になりそうなAWSフリーランスエンジニアを探している企業は非常に多いです。
経歴や実績、ポートフォリオを公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力や希望に見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれる可能性もあるでしょう。

多角的に自分(AWSフリーランスエンジニアとして)の存在を発信し、フリーランス求人・案件を受注できる幅を広げましょう。

・知人など人脈を活用
AWSフリーランスエンジニアとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
知人や友人、前職がエンジニアとして働いている方の場合は前職の同僚も含め、AWSフリーランスエンジニアとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを伝えておけば、有益な情報をくれる可能性は高まるでしょう。

知人や友人、前職の同僚などからフリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントのように仲介手数料が掛からないため、比較的高単価で参画できる可能性があったり、場合によっては即日参画できるでしょう。
ただし、知人や友人、前職の同僚の方から紹介されたフリーランス求人・案件ですので、ある程度の責任が伴います。そのため、誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。


■AWSフリーランスエンジニアは稼げないの?
このページにて表示されている「AWSのフリーランス求人・案件 月額単価相場」をご覧いただくとわかりますが、平均単価や中央値単価は75万円以上と比較的高い単価です。
そのためAWSフリーランスエンジニアとして稼げないことはありません。

しかし、最低でも開発経験1年以上や「AWSフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキル」でお伝えしたスキルが備わっていない方はAWSフリーランスエンジニアとして平均単価や中央値単価を稼ぐことはできないでしょう。

その理由として、AWSフリーランスエンジニアを含むフリーランスエンジニアを採用している企業は即戦力を求めているためです。フリーランスエンジニアは正社員エンジニアよりも稼げている方が多いですが、実力主義の市場です。

AWS開発経験の豊富なフリーランスエンジニアの方でも、常に変化する市場動向を定期的にキャッチアップしたり、最新スキルやトレンドスキルを自ら習得したりと継続的に努力を怠ると中長期的には稼げなくなるでしょう。

稼げるAWSフリーランスエンジニアになるため、まず以下のことを実践しましょう。

・スキルアップを行う
AWSフリーランスエンジニアとして稼ぐためにはスキルアップを行いましょう。
前述した通り、フリーランスエンジニアは常にスキルアップを目指し、技術を磨いています。

特に技術系サイトやITニュースサイトの閲覧、オンライン学習できるWebサイトの活用は重要です。
またAWSフリーランスエンジニアとして、勉強会や交流会に参加し人脈を作ることもスキルアップの1つです。自分だけでは解決できない課題がある際に聞いたり、有益な情報を共有し合ったりできます。

高単価案件にはよく使われているAWSのサービスやAWS関連スキルがあるはずです。
そのため、より効率よく高単価を獲得する方法は単価が高い案件の共通項を見つけると良いでしょう。稼げるAWSフリーランスエンジニアを目指すのであれば、スキルアップは重要な要素です。

・開発経験などの実績を積み上げる
AWSフリーランスエンジニアとして稼ぐためには開発経験などの実績を積み上げましょう。
特にフリーランス市場は実力主義であるため、実績を積み上げないと、フリーランス求人・案件を獲得する土台には上がれません。

将来的にどのようなフリーランス求人・案件に参画したいのかを設定し、その開発案件で必要になるであろう実績を積んでいきましょう。
また、目標がまだ定まっていないフリーランスエンジニアの方は、最初のうちは報酬単価の低い簡単な仕事でも、とにかくやってみて経験や実績を積んでいきましょう。


■AWSの市場動向やニーズについて
AWSは幅広い業界でニーズがあるため、常に募集がある状態です。
業界は様々な業界がありますが特にIT業界での案件が多く、バックエンド(サーバー・インフラ等)業務・PM案件等でもAWSのスキルが必要になります。開発環境がAWSを使用する企業も近年増加している為、エンジニア・PMとして身につけておくべきスキルです。
既存の大規模システム・Webサービス開発・IoT開発等の様々なニーズがありますが他クラウド環境での知識も必要とする案件が多い為、それらを積極的に習得すると今後の活躍の場はますます広がっていくことでしょう。