Redshiftのフリーランス求人・案件一覧

Redshiftのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

77.7万円

中央値単価

70万円

最高単価

130万円

最低単価

60万円

Redshiftのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Redshiftのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Redshiftのフリーランス求人・案件について

Redshift(Amazon Redshift)について

Redshiftは、AWSのクラウド型DWH(データウェアハウスサービス)のことです。従来のDWHの管理には多大な時間とリソースと拡張・メンテナンスに対して費用が必要でしたが、Redshiftは、DWHの費用が軽減されるだけでなく、ペタバイド級の規模で高速分析が可能です。そのため、蓄積された大量のデータ集計処理に特に向いています。
Redshiftクラスターは、リーダーノード・複数のコンピューティングノードから構成される一連のノードです。必要なコンピューティングノードの数やタイプは、実行するクエリの数・データサイズ・必要なクエリ実行のパフォーマンスに対してそれぞれ異なります。
Redshiftの特徴は、クラスターのアクセスとセキュリティに関するいくつか機能があることなどが挙げられます。これらの機能は、クラスターへのアクセスのコントロール・データや接続の暗号化・接続ルールの定義に便利です。また、これらの機能はRedshiftのデータベースアクセス・セキュリティに関する機能に追加されています。
さらにRedshiftには、モニタリングに関する様々な機能もあります。興味の情報を追跡するイベント・ユーザーアクティビティログ生成・通知サブスクリプション設定のために、データベース監査ログ作成を使えます。
Redshift・Amazon CloudWatchでメトリクスを使い、データベースの状態・クラスター・パフォーマンスに関連する詳細を確認できます。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではRedshiftのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでRedshift求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Redshift求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域について

Redshift案件数を分析すると東京都13件となっています。(※フリーランススタート調べ/2019年2月)
Redshiftは東京に最もフリーランス向け案件が集中している事がわかります。

フリーランスエンジニアとしてRedshiftの仕事に携わるには東京がオススメです。


■Redshift求人・案件の給与・単価金額相場について
Redshift案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~80万円程度です。

フリーランスエンジニアとしてRedshift開発未経験で参画可能な案件は非常に稀です。

Redshift案件の平均単価は72.8万円、中央値単価は70万円、最高単価は125万円、最低単価は45万円です。(※フリーランススタート調べ/2019年2月)

全47件中1-10件を表示中

全47件中1-10件を表示中