Redshiftの求人・案件一覧

Redshiftのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

74.7万円

中央値単価

70万円

最高単価

130万円

最低単価

60万円

Redshiftのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
Redshiftのフリーランス求人・案件の平均単価は74.7万円、中央値単価は70万円、最高単価は130万円、最低単価は60万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
Redshiftのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Redshiftのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Redshift経験1年未満:35万円前後 (年収420万円)
・Redshift経験1年~2年:42万円前後 (年収504万円)
・Redshift経験2年~3年:60万円前後 (年収714万円)
・Redshift経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・Redshift経験5年以上:84万円前後 (年収1008万円)

Redshiftのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Redshiftのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとTechStockが8件、レバテックフリーランスが5件、Midworksが3件、フォスターフリーランスが2件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が2件、テクフリが1件、Goorilla GameAgentが1件、ビズリンクが1件、IT人材/IT案件が1件、ハイパフォコンサルが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
Redshiftのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはTechStock、レバテックフリーランス、Midworksであることがわかります。
Redshiftのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はTechStock、レバテックフリーランス、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Redshiftのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Redshiftのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとIT人材/IT案件が1件、TechStockが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
Redshiftのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはIT人材/IT案件、TechStockであることがわかります。
Redshiftのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はIT人材/IT案件、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Redshiftのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Redshiftのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとBIGDATA NAVIが95万円、TechStockが94.5万円、FREE-DAが90万円、フォスターフリーランスが83.5万円、ハッピーエンジニアが82.5万円、IT人材/IT案件が80万円、A-STAR(エースター)が79万円、スキルコネクトが76.3万円、レバテックフリーランスが70.4万円、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が70万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
月額単価の高いRedshiftのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはBIGDATA NAVI、TechStock、FREE-DAであることがわかります。
Redshiftのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はBIGDATA NAVI、TechStock、FREE-DAを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Redshiftのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Redshiftのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が30件、大阪府が5件、長野県が1件、広島県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
Redshiftのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、長野県に最も集中している事がわかります。
Redshiftのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、長野県あたりが良いでしょう。

Redshiftのフリーランス求人・案件数の推移

Redshiftの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2020年9月が10件、2020年10月が12件、2020年11月が7件、2020年12月が9件、2021年1月が12件となっています。Redshiftのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、3件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

Redshiftのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Redshiftのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2020年9月が74.9万円、2020年10月が74.8万円、2020年11月が74.8万円、2020年12月が74.5万円、2021年1月が74.7万円となっています。Redshiftのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.1万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

Redshiftのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Redshiftのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2020年9月が899.0万円、2020年10月が897.3万円、2020年11月が897.5万円、2020年12月が894.5万円、2021年1月が896.3万円となっています。Redshiftのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し1.8万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

Redshiftの常駐案件・リモートワーク案件割合

Redshiftの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1件(9.1%)、常駐案件が10件(90.9%)となっており、Redshiftフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Redshiftのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Redshiftのフリーランス求人・案件について

Redshift(Amazon Redshift)について

Redshiftは、AWSのクラウド型DWH(データウェアハウスサービス)のことです。従来のDWHの管理には多大な時間とリソースと拡張・メンテナンスに対して費用が必要でしたが、Redshiftは、DWHの費用が軽減されるだけでなく、ペタバイド級の規模で高速分析が可能です。そのため、蓄積された大量のデータ集計処理に特に向いています。
Redshiftクラスターは、リーダーノード・複数のコンピューティングノードから構成される一連のノードです。必要なコンピューティングノードの数やタイプは、実行するクエリの数・データサイズ・必要なクエリ実行のパフォーマンスに対してそれぞれ異なります。
Redshiftの特徴は、クラスターのアクセスとセキュリティに関するいくつか機能があることなどが挙げられます。これらの機能は、クラスターへのアクセスのコントロール・データや接続の暗号化・接続ルールの定義に便利です。また、これらの機能はRedshiftのデータベースアクセス・セキュリティに関する機能に追加されています。

続きを見る

全72件中1-30件を表示中

全72件中1-30件を表示中