BigQueryの求人・案件一覧

BigQueryのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

80.1万円

中央値単価

80万円

最高単価

140万円

最低単価

35万円

BigQueryのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~90万円程度です。
BigQueryのフリーランス求人・案件の平均単価は80.1万円、中央値単価は80万円、最高単価は140万円、最低単価は35万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
BigQueryのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

BigQueryのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・BigQuery経験1年未満:40万円前後 (年収480万円)
・BigQuery経験1年~2年:48万円前後 (年収576万円)
・BigQuery経験2年~3年:68万円前後 (年収816万円)
・BigQuery経験3年~5年:80万円前後 (年収960万円)
・BigQuery経験5年以上:96万円前後 (年収1152万円)

BigQueryのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

BigQueryのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが20件、techtreeが14件、テクフリが12件、TechStockが10件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が2件、ギークスジョブが1件、ビズリンクが1件、レバテッククリエイターが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
BigQueryのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、techtree、テクフリであることがわかります。
BigQueryのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、techtree、テクフリを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

BigQueryのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

BigQueryのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとTechStockが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
BigQueryのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはTechStockであることがわかります。
BigQueryのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はTechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

BigQueryのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

BigQueryのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとTechStockが102.7万円、A-STAR(エースター)が96.7万円、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が90万円、Job is engineerが85万円、ギークスジョブが85万円、スキルコネクトが83万円、フューチャリズムが80万円、テクフリが79.3万円、BIGDATA NAVIが77.8万円、レバテックフリーランスが76万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
月額単価の高いBigQueryのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはTechStock、A-STAR(エースター)、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)であることがわかります。
BigQueryのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はTechStock、A-STAR(エースター)、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

BigQueryのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

BigQueryのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が46件、京都府が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
BigQueryのフリーランス求人・案件数は東京都、京都府に最も集中している事がわかります。
BigQueryのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、京都府あたりが良いでしょう。

BigQueryのフリーランス求人・案件数の推移

BigQueryの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2020年9月が9件、2020年10月が20件、2020年11月が5件、2020年12月が3件、2021年1月が4件となっています。BigQueryのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

BigQueryのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

BigQueryのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2020年9月が78.4万円、2020年10月が78.3万円、2020年11月が78.0万円、2020年12月が78.2万円、2021年1月が80.1万円となっています。BigQueryのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し1.9万円上昇し、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

BigQueryのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

BigQueryのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2020年9月が940.9万円、2020年10月が940.2万円、2020年11月が935.7万円、2020年12月が938.3万円、2021年1月が960.8万円となっています。BigQueryのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し22.5万円上昇し、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

BigQueryの常駐案件・リモートワーク案件割合

BigQueryの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が2件(50%)、常駐案件が2件(50%)となっており、BigQueryフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

BigQueryのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

BigQueryのフリーランス求人・案件について

BigQueryについて

BigQueryは、Google Cloud Platformが提供しているビッグデータ解析サービスです。いわゆる"ビッグデータ解析サービスやソフトウェア"は多数存在しますが、BigQueryは数TB(テラバイト)・PB(ペタバイト)のデータセットに対し、SQLに類似したクエリを実行し、数秒〜数十秒という非常に短い時間で結果を返すというサービスです。処理対象のデータは、RDB(リレーショナルデータベース)と同様にテーブルとしてBigQueryに保持されます。つまり、事前にデータ構造をスキーマとして定義しておき、それに従ったデータが独立したレコードとして登録されます。
BigQueryの特徴は、内部的にカラム指向データ構造を搭載しているという点です。一般的なRDBは、性質の違うカラムを並べ、1件のレコードを1つとして格納するレコード指向データ構造です。しかしBigQueryは、レコードを分解し、カラムごとに格納します。カラム指向データ構造には、性質が同様のデータを束ねることにより圧縮効率が高まる他、クエリに対し必要なカラムにだけアクセスが可能であるため、データアクセスが最小限に抑えられます。

続きを見る

全94件中1-30件を表示中

全94件中1-30件を表示中