SAPの求人・案件一覧

SAPのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

108.9万円

中央値単価

110万円

最高単価

210万円

最低単価

25万円

全6577件中1-50件を表示中

全6577件中1-50件を表示中

SAPのフリーランス案件に関するよくある質問

SAPのフリーランス案件は高単価ですか?

SAPのフリーランス案件の最高単価は210万円で、平均単価は108.9万円です。 SAPのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は1,296~2,520万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のSAPの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるSAPのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

SAPのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

SAPの募集中フリーランス案件数は834件、累計掲載案件は6,577件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のSAPのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

SAPのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

SAPの募集中リモート案件数は461件、累計掲載案件は1,793件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるSAPのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

SAPのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

SAPのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとハイパフォコンサルが2254件、TechStockが1396件、Midworksが301件、レバテックフリーランスが251件、パーソルテクノロジースタッフが246件、エンジニアルーム(Engineer Room)が55件、SEES(シーズ)が51件、PE-BANKが47件、indecoが42件、アットエンジニアが40件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
SAPのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、TechStock、Midworksであることがわかります。
SAPのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、TechStock、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SAPのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

SAPのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとハイパフォコンサルが37件、パーソルテクノロジースタッフが34件、レバテックフリーランスが24件、IT@JOBが21件、Midworksが18件、HiPro Tech(ハイプロテック)が7件、ビースタイル バリューテクノロジーズが6件、TechStockが4件、Pro-Assignが4件、アットエンジニアが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
SAPのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、パーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランスであることがわかります。
SAPのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、パーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SAPのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

SAPのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとTech Choiceが148.3万円、ハイパフォコンサルが136.3万円、SKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)が130万円、TechStockが119.8万円、techtreeが117.8万円、フリーランスのミカタが113.3万円、テックリーチが111.6万円、indecoが108.7万円、アットエンジニアが104.1万円、テックビズフリーランスが103.9万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
月額単価の高いSAPのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはTech Choice、ハイパフォコンサル、SKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)であることがわかります。
SAPのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はTech Choice、ハイパフォコンサル、SKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SAPのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

SAPのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が688件、週4日が256件、週3日が217件、週2日が150件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
SAPのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるSAPのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

SAPのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

SAPのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1532件、大阪府が234件、神奈川県が132件、兵庫県が58件、愛知県が54件、福岡県が29件、千葉県が23件、埼玉県が16件、北海道が13件、佐賀県が11件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
SAPのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
SAPのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

SAPのフリーランス求人・案件数の推移

SAPの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年5月が717件、2022年6月が807件、2022年7月が882件、2022年8月が563件、2022年9月が777件、2022年10月が832件となっています。SAPのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、55件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

SAPのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

SAPの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年5月が374件、2022年6月が411件、2022年7月が484件、2022年8月が389件、2022年9月が441件、2022年10月が462件となっています。SAPのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、21件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

SAPのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

SAPのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年5月が109.3万円、2022年6月が109.2万円、2022年7月が109.0万円、2022年8月が108.7万円、2022年9月が108.7万円、2022年10月が108.4万円となっています。SAPのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.3万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

SAPのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

SAPのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年5月が1311.3万円、2022年6月が1309.9万円、2022年7月が1307.9万円、2022年8月が1304.9万円、2022年9月が1304.6万円、2022年10月が1300.5万円となっています。SAPのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し4.1万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

SAPの常駐案件・リモートワーク案件割合

SAPの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が462件(55.6%)、常駐案件が369件(44.4%)となっており、SAPフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

SAPのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

SAPのフリーランス求人・案件について

SAPのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、100~120万円程度です。
SAPのフリーランス求人・案件の平均単価は108.9万円、中央値単価は110万円、最高単価は210万円、最低単価は25万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

SAPのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・SAP経験1年未満:55万円前後 (年収660万円)
・SAP経験1年~2年:66万円前後 (年収792万円)
・SAP経験2年~3年:94万円前後 (年収1122万円)
・SAP経験3年~5年:110万円前後 (年収1320万円)
・SAP経験5年以上:132万円前後 (年収1584万円)

SAPについて
SAPはドイツにあるSAP社が出している企業の業務を効率良くするためのERPパッケージの名称です。
特徴は主に5つあり高いシェア(SAPは世界で57%のシェア、日本では49%のシェア)を誇っている・業務効率化・30種以上の言語対応可能・主要なオープンソースに対応している為動作環境を選ばない・出来上がっているパッケージソフトのため、少しの開発のみでコスト削減可能ということが挙げられます。SAPのシステム自体の開発はABAPという専用言語があり、また一緒にSQLを使用することが多いです。

案件は戦略系・IT系・業務系の大規模プロジェクトのPMOや導入コンサルが多いです。業務分析・改善提案・導入支援・導入後の業務改善などの業務を一貫して行います。


■SAPのモジュールについて
SAP ERPは業務分野を担当するモジュール群で構成されています。一般的に「基本モジュール」は下記4つのモジュールに分類されています。さらに細かく分けると8つの領域に分類出来ます。
1.会計モジュール
会計モジュールは、「管理会計:CO」と「財務会計:FI」があります。
管理会計(CO)は内部会計モジュールを担当します。企業全体の調整、管理、最適化を簡単にする目的があります。

財務会計(FI)は外部会計モジュールを担当し、他のモジュールで発生した財務データを財務会計(FI)モジュールに集約され、管理してくれます。故に表計算ソフトへのデータ入力等を自動化が可能であるため人件費や時間的コストの削減につながります。


2.ロジスティックモジュール
ロジスティックモジュールは、「在庫管理:MM」と「販売管理:SD」があります。
在庫管理(MM)モジュールは、購買管理を担当するモジュールです。品目マスタ、商品マスタ部門表、メインテナンスなどの項目は常に変動するため、手作業だと誤入力が発生しやすくなります。そのため在庫管理(MM)モジュールを使い棚卸し業務の効率化を図っています。

販売管理(SD)モジュールは、販売管理を担当します。これにより、販売データ入力を不必要にするだけでなく、各部門への引き継ぎの自動化を行えるため、業務効率化に最適です。


3.人事モジュール
人事モジュールは「人事管理:HR」のみです。採用から退職までの従業員のライフサイクルを管理し、部署の変更や勤務時間も一元管理します。詳細については契約・職種・報酬・転勤・職務記述書・トレーニング・リクルーティングの変更が含まれてます。このような様々なデータも表計算ソフトで作成されることが多いですが、SAPモジュールを導入することで大幅な人件費削減を実現出来ます。


4.その他のモジュール
その他のモジュールは「プロジェクト管理:PS」・「生産管理:PP」・「プラント保全:PM」の3つのモジュールです。
プロジェクト管理(PS)モジュールは、プロジェクトが効率よく時間・予定通りに進行しているかなどのプロジェクトに関わる全ての管理をするためのモジュールです。プロジェクト管理(PS)モジュールは、あらゆる視点から詳細を洗い出し、継続的にプロジェクトを監視することができるようになります。

生産管理(PP)モジュールは、生産をする上での詳細な計画とセットにされていることが多いです。生産においてのリソース(経営資源)計画・内製や外部調達の提案登録・オーダー日時の最適化を行った上で計画します。
そのため処理能力の向上・在庫コストの削減・オーダー日時の計画などの作業を最適化することができ、リードタイムの圧倒的な短縮につながります。

プラント保全(PM)モジュールは、プラント保全(生産整備保全)を担当するモジュールです。機能場所の登録・変更や整備マスタなどを行います。主に技術対象管理に要する所要時間の削減・保全処理の簡略化・明確で迅速な保全データによる評価などのメリットがあります。


SAPのフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・SAPのコンサル業務での経験年数
・戦略・IT・業務系でのコンサル業務の経験年数
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではSAPのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでSAPのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■SAPのリモート・在宅求人・案件について
SAPのフリーランス求人・案件の中には、リモート・在宅求人・案件も豊富にあります。

SAPを用いたシステム導入支援や運用などのフリーランス求人・案件はリモートワーク・在宅可能な企業が多数あり、スタートアップやベンチャーから大手企業まで多様な規模の企業があります。

SAPスキルを活用してリモート・在宅のフリーランス求人・案件での参画を希望しているコンサルタントやエンジニアは探してみましょう。
なお、SAPスキルやコンサル経験がないフリーランスコンサルタントやエンジニアは、リモート・在宅のフリーランス求人・案件を見つけることは難しいでしょう。

コンサル未経験やSAPスキルがないコンサルタントやエンジニアは、まず常駐でSAP開発エンジニアやコンサルタントとして数年ほど経験し、リモート・在宅のフリーランス求人・案件に切り替えられる準備をしておきましょう。
これからSAPの学習/習得を開始しようとしている方は、まずSAPを学習するため、SAPや習得できるスクールやオンラインで学習できるサービスを検討してみましょう。


■SAPでの週2日、週3日フリーランス求人・案件について
SAPにおける週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

SAPの週2日、週3日フリーランス求人・案件はあります。
また、2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にSAPフリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

また週2日、週3日でも月額単価160万円や120万円以上など高単価なSAPフリーランス案件・求人も増えています。
複数のSAPフリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトや業界のコンサルや開発に携われたり、フリーランスコンサルタントやプロジェクトマネージャー(PM)、エンジニアなど多種多様な方とコミュニケーションを取れます。

SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとしてSAPスキル向上や業界知識の蓄積に繋がったり常駐求人・案件と比較してより多くの開発や導入支援などの実績/経験を積むことが出来ます。

SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方や、より豊富な開発や導入支援などの実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■SAPフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアにとって、高収入を獲得するため必要なスキルを解説していきます。

・SAPモジュールに関する専門知識
SAPフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、SAPモジュールに関する専門知識です。
上記でもお伝えモジュールのスキルや知識が必須です。
どの業務領域のSAPフリーランス求人・案件に参画するのかで習得するSAPモジュールは異なります。
ただし、SAPモジュールのなかでも、FIモジュールとCOモジュール、SDモジュール、MMモジュールは多くの企業が使用している可能性が高いため、これらの専門知識を身に付けておくことをおすすめします。
なお、SAPエンジニアの場合、システム開発経験や知識があることはもちろんのこと、SAPスキルやABAP、VBA、ACCESSなどのスキルも学習しておくと良いでしょう。


・論理的思考力
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして活躍をするにあたって必要になるスキルは、論理的思考力です。
SAPはコンサルタントとエンジニアに業務内容が分かれます。

SAPコンサルタントの場合、顧客が抱える課題を整理するとともに、具体的な解決策を提示し、顧客を納得させなければなりません。
また相手の立場に合わせた論理を展開しながら、互いの認識をそろえていくことも重要です。

例えば、相手にとっての問題、判断基準、提案がもたらす相手にとってのメリット、提案に潜むリスクへの対策などのポイントが互いの認識をそろえる上で重要になります。
そのためには、論理的思考力が大切となってきます。

論理的思考力を高めるために「なぜその結論に至ったのか?」などを日々考え、理由を深掘りしていくと良いでしょう。

また、SAPエンジニアの場合、論理的思考力とは様々な種類の情報を重要度や意味によって分類したり、情報同士の間に「全体と部分」や「原因と結果」などの関係を見いだしたりする「構造化」の能力を意味します。

この論理的思考力はSAPフリーランスエンジニアにとって、必要ではなくシステム開発を行うエンジニア全てに必要なスキルになります。
システム構造は、順序立てられており設計するために論理的な考え方が必要です。

つまりシステム開発において、システム間の関係を把握したり、効率的な実行フローを考察したりすることは大切なことです。
上記SAPコンサルタントとSAPエンジニアに分けて解説しましたが、SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして論理的思考力は必要なスキルになります。


・コミュニケーションスキル
SAPフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしてはコミュニケーションスキルです。SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアは、他エンジニアやチームリーダー、PM(プロジェクトマネージャー)、経営者とのコミュニケーションが大切な職業です。つまり経営陣や開発チームとコミュニケーションを取りながら協調して働くことが求められます。

SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして、SAPのフリーランス求人・案件に参画するにあたってコミュニケーションスキルを向上させることが必要です。


■SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアにおすすめの資格について
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

・SAP認定コンサルタント資格
SAP認定コンサルタント資格とは、SAP社がSAPシステムに関する知識と技術を習得していることを公式に認定する資格です。
SAP認定コンサルタント資格はアソシエイト認定資格、スペシャリスト認定資格、プロフェッショナル認定資格と3つの種類に分かれています。

SAP導入関連のスキルやSAP関連開発のスキルなど上記3種類の中でも取得する種類によって、獲得できるスキルや知識は異なります。
SAPシステム導入やSAP S/4HANA関連などのSAPフリーランス求人・案件に参画する際、取得しておくと有利に働く可能性があります。

SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとしてSAP認定コンサルタント資格に興味/関心がある方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。


■SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件を獲得するには

・上流工程やPMでの実務経験を身につける
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件を獲得するには上流工程やPMでの実務経験を身につけましょう。

上流工程はシステム開発において重要な工程であり、上流工程の小さなミスがその後の下流工程や運用工程で大きなトラブルを引き起こす要因となる可能性もあります。
とくにSAPのフリーランスコンサルタント求人・案件においてはコンサルスキルや導入支援実績を含む上流工程やPMでの経験は必須スキルとなります。
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件に参画したい方は身につけましょう。


・業界知識
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件を獲得するには業界知識を身につけましょう。
特にSAPコンサルタントに当てはまりやすいですが、SAP導入を検討している企業は様々な分野です。その業界で使われている専門用語や前提知識があると、業務効率が向上しやすくなるでしょう。
そのため、フリーランス求人・案件に参画する業界の知識を身につけておくとSAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして高単価になれる可能性があります。


・市場動向を定期的に確認する
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件を獲得するには市場動向を定期的に確認することです。
SAPフリーランス求人・案件の中でも高単価でのフリーランス求人・案件とそうでないフリーランス求人・案件が存在します。

高単価でのSAPフリーランス求人・案件は導入支援実績や業界知識、SAPスキル、チームマネジメントなど様々な要因が重なり高単価になっています。
それと同じくSAPを活用している様々な市場において需要が加熱しており供給が追いついていない(SAPフリーランス求人・案件が多い)場合、コンサルタントやエンジニア人材が不足している場合などの要因もフリーランス求人・案件の単価に影響します。

SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして定期的に市場動向を確認することにより、どのSAPフリーランス求人・案件が高単価であるのかを把握できるため、その分高単価フリーランス求人・案件を獲得しやすいと言えるでしょう。


・小〜大規模の実務経験
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして高単価フリーランス求人・案件を獲得するには小〜大規模での実務経験を身につけましょう。
例えば、小規模開発から大企業での大規模開発など様々な規模の導入支援や開発経験があることにより、SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして臨機応変に動けるような対応力を身につけられます。
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアは即戦力である必要があるため、臨機応変に対応できるスキルがあると高単価フリーランス求人・案件に参画しやすいでしょう。またSAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして重宝される人材になれるでしょう。


■SAPのフリーランス求人・案件の探し方
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして独立したけど、他SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアの人がどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。


・フリーランスエージェントの活用
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
フリーランスエージェントに在職している専門コンサルタントが、開発スキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを全面的にサポートしてくれます。

フリーランスエージェントはSAPスキルの経験が浅い方から様々な業界や規模のSAP導入支援実績や業界知識があるベテランの方まで、幅広いSAPフリーランスコンサルタントやエンジニア層の方が登録しています。

フリーランスエージェントごとの独占のフリーランス求人・案件に参画したい方やフリーランス求人・案件探しを効率的に行いたい方、継続してフリーランス求人・案件に参画をしたい方などフリーランスエージェントに登録しておくべきでしょう。

また、フリーランスエージェントによっては保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアだからこそ、万が一働けなくなった場合に備えて、保険加入できるなど福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。


・クラウドソーシングサービスの活用
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
代表的なクラウドソーシングサービスはランサーズやクラウドワークス、タイムチケット、ココナラ、複業クラウドなどです。

SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして、自分の開発スキルを登録し、興味/関心のあるSAPを活用したフリーランス求人・案件に応募して参画できます。
様々な開発ができるフリーランス求人・案件を探すことができるだけでなく、直接企業とコンタクトを取れたり、案件参画までのステップが短く魅力的です。

一方で、フリーランスエージェントが取り扱っているような高単価フリーランス求人・案件はほとんどなく、また単発でのフリーランス求人・案件が多く半年や1年以上など中長期のフリーランス求人・案件への参画を検討している方はおすすめしません。
SAPスキルがまだ浅い初心者のフリーランスコンサルタントやエンジニアや実務経験がなく経験を積みたいもしくは実績をどんどん積んでいきたいSAPフリーランスコンサルタントやエンジニアには適しているでしょう。


・SNSを含むオンラインを活用
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを開設してSAPフリーランスコンサルタントやエンジニアを探している企業は非常に多いです。

TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSの開設やWebサイトを自分で作成しオンライン上に経歴や実績を公開しておくことで、企業からフリーランス求人・案件を直接受け取れる可能性があります。

経歴や実績を公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力やスキルに見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれるでしょう。
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして活動していることを発信し、フリーランス求人・案件を受注できる経路を広げましょう。


・知人など人脈を活用
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを知人や友人、前職の同僚に伝えておけば、有益な情報や繋がりのある企業からのフリーランス求人・案件をくれる可能性があります。

知人や友人、前職の同僚などからフリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントのように仲介手数料が掛からないため、比較的高単価で参画できる可能性があったり、場合によっては即日参画できるでしょう。

ただし、知人や友人、前職の同僚の方から紹介されたフリーランス求人・案件ですので、ある程度の責任が伴います。誠実に業務をこなし、採用してくれた企業はもちろん、紹介してくれた知人を裏切らないように注意しましょう。


■SAPコンサルタントやエンジニアの副業について
SAPコンサルタントやエンジニアの副業について解説します。
現状SAPコンサルタントやエンジニアの人材は不足しています。SAPコンサルタントやエンジニアの需要は拡大傾向にあり、求人・案件が多く存在するため副業でもSAPコンサルタントやエンジニアの人材は活躍できるでしょう。

また、SAPの2027年問題も需要を高めている要因の1つでしょう。
SAPの2027年問題とはSAP社が「SAP ERP 6.0」の標準サポートを2027年で終了するに伴い、SAPを導入している約2,000社の企業がSAP S/4HANAへの移行を検討せざるを得ない問題です。

導入済みの企業は多額の資金をシステム導入に使用しています。この問題に対しての対応策が3つあり、1つ目が移行せずに継続してすること、2つ目が他社製品に変更すること、3つ目がSAP S/4HANAへ移行することです。保守基準料金に2%追加することで、保守期限を2030年末まで伸ばす延長保守サービスも用意されているため、移行せずに継続することも可能ですが、どの選択をとってもコストを要します。

SAPコンサルタントやエンジニア側からの観点では、上記を考慮するとまだまだ需要が無くなることはないでしょう。


■SAPコンサルタントやエンジニアの副業をするメリットについて

・SAPコンサルタントやエンジニアとして収入が増える
SAPコンサルタントやエンジニアの副業をするメリットとして収入が増えることが挙げられるでしょう。
副業を行った分だけ収入増が見込めます。現状の収入以外に収入源を確保したい方や現状の収入に満足していない方は副業を始めることをおすすめします。


・SAPコンサルタントやエンジニアとして時間の有効活用が可能
SAPコンサルタントやエンジニアの副業をするメリットとして時間の有効活用が可能であることが挙げられるでしょう。
終業後の時間や土日を効率的に活用できていないと思う方もいるのではないでしょうか。
・SAPコンサルタントやエンジニアとして副業を行うことにより終業後や土日の時間を有効的に使いたい方はおすすめです。


・SAPコンサルタントやエンジニアとして実績を作れる
SAPコンサルタントやエンジニアの副業をするメリットとして実績を作れることが挙げられるでしょう。
副業でも・SAPコンサルタントやエンジニアとして稼働しているため、様々な実績が積めます。
幅広い実績を積むことによりフリーランスとして独立した際も、フリーランス求人・案件の幅を広く検索できたり、高単価で求人・案件に参画できる可能性もあります。


・SAPコンサルタントやエンジニアとして独立も視野に入れられる
SAPコンサルタントやエンジニアの副業をするメリットとして独立も視野に入れられることが挙げられるでしょう。
SAPコンサルタントやエンジニアとして副業を行っている方の中で独立を視野に入れている方も多いかと思います。しかし現状の状況を変え独立することはリスクを伴います。そのリスクを少しでも抑えることの施策として副業を行っているかと思います。

やはり経験や人脈が全くないもしくは多くない中、独立することは将来的にも不安があるため、ある程度の経験や人脈作りができる副業は今後独立を検討している・SAPコンサルタントやエンジニアにおすすめです。


■SAPコンサルタントやエンジニアの副業をするデメリットについて

・SAPコンサルタントやエンジニアとしてワークライフバランスが悪くなる
SAPコンサルタントやエンジニアの副業をするデメリットとしてワークライフバランスが悪くなることが挙げられるでしょう。
副業の場合は、基本的に本業をしていない時間に取り組むことが基本です。そのため、自身のマネジメント能力が不足している場合には休暇やプライベートな時間が無くなることもあり得ます。

結果的に睡眠時間なども削ることもあり得るため、ワークライフバランスが悪くなる可能性が大いにあります。


・SAPコンサルタントやエンジニアとして確定申告等の手続きが発生する
SAPコンサルタントやエンジニアの副業をするデメリットとして確定申告等の手続きが発生することが挙げられるでしょう。
年20万円以上の所得の場合、所得税の確定申告が必要となります。確定申告などの税金面の手続きは慣れていない方の場合、大きな労力となってしまいます。

副業を行うSAPコンサルタントやエンジニアは副業開始と同時に、確定申告を含む税金面の知識も覚えることをおすすめします。


■SAPフリーランス求人・案件における未経験(初心者)エンジニアの参画について
実務未経験(初心者)のフリーランスコンサルタントやエンジニアがSAPフリーランス求人・案件に参画できる確率は極めて低く、さらに未経験(初心者)でもOKと記載しているSAPフリーランス求人・案件も基本的にないでしょう。

フリーランスコンサルタントやエンジニアを採用している企業は基本的に即戦力を期待しています。
どのSAPフリーランス求人・案件でも実務経験1年以上は最低求められます。

SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアの世界は実力主義であり実力や経験、今までの実績によってフリーランス求人・案件に参画できる難易度が異なります。さらに高単価SAPフリーランス求人・案件の場合はより、実績や経験業務を重点的に見られるでしょう。

SAPフリーランスコンサルタントやエンジニアを目指している社会人や大学生などの学生は、実務経験をまず積み、実績や経験を積み上げましょう。


■SAPの市場動向やニーズについて
SAPは戦略・IT・業務系のコンサルでのニーズがあり、今後更に高まるでしょう。
世界で高いシェア持っていることや30種以上の言語対応可能等の理由もあり、戦略系・IT系・業務系の大規模プロジェクトのPMOや導入コンサルを中心に案件が今後も増えていくでしょう。
尚、戦略・IT系で5年以上コンサルタント経験あるエンジニアやコンサルファーム出身の方場合、高収入になりやすい傾向にあり今後の活躍の場はますます広がっていくことでしょう。