Salesforceの求人・案件一覧

Salesforceのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

67.7万円

中央値単価

70万円

最高単価

200万円

最低単価

20万円

全1616件中1-50件を表示中

全1616件中1-50件を表示中

Salesforceのフリーランス案件に関するよくある質問

Salesforceのフリーランス案件は高単価ですか?

Salesforceのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は67.7万円です。 Salesforceのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は804~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のSalesforceの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるSalesforceのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Salesforceのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Salesforceの募集中フリーランス案件数は178件、累計掲載案件は1,616件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のSalesforceのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Salesforceのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Salesforceの募集中リモート案件数は99件、累計掲載案件は773件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるSalesforceのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Salesforceのフレームワーク別募集中案件数推移

Salesforceのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年4月がApex24件、2022年5月がApex22件、2022年6月がApex26件、2022年7月がApex24件、2022年8月がApex13件、2022年9月がApex19件となっています。
Salesforceのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しApexは6件(46%)の大幅な増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Salesforceのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Salesforceのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが174件、レバテックフリーランスが135件、TechStockが100件、ハイパフォコンサルが85件、Midworksが79件、アットエンジニアが66件、テックリーチが66件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が55件、エンジニアルーム(Engineer Room)が51件、PE-BANKが39件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Salesforceのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、TechStockであることがわかります。
Salesforceのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Salesforceのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Salesforceのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが9件、Midworksが7件、レバテックフリーランスが6件、ハイパフォコンサルが5件、TechStockが5件、テックリーチが5件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が4件、エンジニアルーム(Engineer Room)が4件、テックビズフリーランスが4件、PE-BANKが2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Salesforceのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、Midworks、レバテックフリーランスであることがわかります。
Salesforceのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、Midworks、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Salesforceのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Salesforceのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとバチグマが117.3万円、ハイパフォコンサルが113.8万円、TechStockが103.5万円、1 on 1 Freelanceが103.3万円、フリーランスのミカタが95.6万円、Relance(リランス)が88万円、ギークスジョブが85.9万円、アットエンジニアが84.9万円、テックリーチが84.4万円、SKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)が80万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
月額単価の高いSalesforceのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはバチグマ、ハイパフォコンサル、TechStockであることがわかります。
Salesforceのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はバチグマ、ハイパフォコンサル、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Salesforceのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Salesforceのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が422件、週4日が160件、週3日が118件、週2日が41件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Salesforceのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるSalesforceのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Salesforceのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Salesforceのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が754件、大阪府が62件、神奈川県が21件、埼玉県が11件、兵庫県が9件、広島県が6件、福岡県が4件、愛知県が3件、宮崎県が3件、北海道が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Salesforceのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
Salesforceのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

Salesforceのフリーランス求人・案件数の推移

Salesforceの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年4月が335件、2022年5月が317件、2022年6月が364件、2022年7月が380件、2022年8月が253件、2022年9月が349件となっています。Salesforceのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、96件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Salesforceのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Salesforceの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年4月が138件、2022年5月が164件、2022年6月が174件、2022年7月が209件、2022年8月が187件、2022年9月が211件となっています。Salesforceのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、24件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Salesforceのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Salesforceのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年4月が74.9万円、2022年5月が74.8万円、2022年6月が69.1万円、2022年7月が69.2万円、2022年8月が69.7万円、2022年9月が70.1万円となっています。Salesforceのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.4万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Salesforceのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Salesforceのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年4月が899.4万円、2022年5月が897.6万円、2022年6月が828.9万円、2022年7月が829.9万円、2022年8月が836.0万円、2022年9月が841.0万円となっています。Salesforceのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し5.0万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Salesforceの常駐案件・リモートワーク案件割合

Salesforceの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が152件(54.3%)、常駐案件が128件(45.7%)となっており、Salesforceフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

Salesforceのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Salesforceのフリーランス求人・案件について

Salesforceのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
Salesforceのフリーランス求人・案件の平均単価は67.7万円、中央値単価は70万円、最高単価は200万円、最低単価は20万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Salesforceのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Salesforce経験1年未満:35万円前後 (年収420万円)
・Salesforce経験1年~2年:42万円前後 (年収504万円)
・Salesforce経験2年~3年:60万円前後 (年収714万円)
・Salesforce経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・Salesforce経験5年以上:84万円前後 (年収1008万円)

Salesforce(セールスフォース)について

Salesforce(セールスフォース)は、Salesforce.com社が提供している世界最大のクラウド型CRMソリューションです。全世界で15万社以上が導入しており、多くの企業がコスト削減・業務効率化を実現し、業績を良くしています。
営業支援・カスタマーサービスなどのアプリケーションは、Webブラウザを介してアプリを購入し、どこからでも使用可能であり、顧客満足度の維持や顧客獲得を強力にサポートするSaaS型の業務システムです。また、自由自在に機能追加・変更が出来る為、低コストかつ短期間で運用が出来ます。Salesforce(セールスフォース)は標準で豊富な機能を搭載しています。豊富な機能は営業支援・顧客管理・案件管理・見積管理・商談・社内情報共有SNS・売上予測・B2Bマーケティング等様々なものがあります。広範囲にわたるビジネス要件に応えるためにより多くの機能が必要になることもあります。
また、Force.com上に構築されたアプリケーションは、Service Cloud・Sales Cloud・Community Cloudがあり、これらアプリケーション開発は、Javaに良く似たApex*1というプログラミング言語を使用します。ApexではSalesforce(セールスフォース)ユーザインターフェースのたくさんの機能にプログラムでアクセスが可能で、外部SOAP・REST Webサービスと統合出来ます。Apexコードは様々な手段を使い実行できます。

*1:Apexは、オブジェクト指向のプログラミング言語です。Salesforce(セールスフォース)サーバでフローやトランザクションの制御ステートメントをAPIへのコールと組み合わせ実行可能にしています。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではSalesforce(セールスフォース)のフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでSalesforce(セールスフォース)のフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Salesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況
多くの現場で徐々にリモートワークや在宅・持ち帰りのSalesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件が増えています。
今後、Salesforce(セールスフォース)を含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していく可能性が高いでしょう。その理由として、現在世界中で蔓延しているコロナの影響が挙げられるでしょう。

さらにSlack、Chatwork、Box、Zoom、Evernote、Google Workspace、Google Hangoutsなど生産性を維持できるようなサービスの登場や5Gの導入によりネット環境がある程度どこでもつながることなど、IT業界全体の技術的進歩のおかげでリモートワーク・在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件が増加しているとも推測できるでしょう。

Salesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合は探してみましょう。


■Salesforce(セールスフォース)での週2日、週3日フリーランス求人・案件について
Salesforce(セールスフォース)における週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

Salesforce(セールスフォース)の週2日、週3日フリーランス求人・案件はシステム構築や追加機能開発、導入支援関連など多く存在します。
2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にSalesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

また週2日、週3日でも月収90万や100万円など、常駐(週5日)稼働と同単価のSalesforce(セールスフォース)フリーランス案件・求人も存在します。週2日、週3日フリーランス求人・案件はシステム構築や追加機能開発、導入支援関連など常駐(週5日)のフリーランス求人・案件と変わりなく様々なものがあります。

週2日、週3日フリーランス求人・案件に参画することによって、複数のSalesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件に参画できるため、様々な業界や工程の異なるでのSalesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件に携われます。
Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐のフリーランス求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方やより豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアにおすすめの資格について
Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

・Salesforce認定資格
Salesforce認定資格は、Salesforce, Incにより運営されている認定資格です。
Salesforce認定資格は、Sales Cloudを通しての顧客管理や、Salesforce Platformを使ってのアプリケーション開発ができるスキルを持っていることなどを証明できます。

Salesforce認定資格は30以上の資格体系となっており、その中でもコンサルタントやエンジニアとして保有しておきたい資格は以下です。

CRMコンサルタント
・Salesforce認定 アドミニストレーター
・Salesforce認定 上級アドミニストレーター
・Salesforce認定 Sales Cloudコンサルタント
・Salesforce認定 Service Cloudコンサルタント

Salesforceエンジニア・アーキテクト
・Salesforce認定 Platformデベロッパー
・Salesforce認定 Platformアプリケーションビルダー

Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとして自分の目的や目標に適したSalesforce認定資格の取得をおすすめします。


■Salesforce(セールスフォース)のフリーランス求人・案件の探し方
Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとして独立したけど、他Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアの人がどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。

・フリーランスエージェントの活用
Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。フリーランスエージェントに在職している専門コーディネーターが、開発スキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを手厚くサポートしてくれます。

Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとして、Salesforce(セールスフォース)スキルの経験が浅い方からSalesforce(セールスフォース)はもちろんのこと、Salesforce(セールスフォース)関連フリーランス求人・案件に長年携わっているベテランの方まで、非常に幅広いフリーランスエンジニア層の方が活用しています。

フリーランス求人・案件探しを効率良く行いたい方や継続的にフリーランス求人・案件に参画をしたい方など登録しておくべきでしょう。
また、フリーランスエージェントによってはフリーランス向けの保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。

Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアだからこそ、万が一働けなくなった場合や保険が必要になる場合を想定し、保険や福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。


・SNSを含むオンラインを活用
Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSやWebサイトを自分で開設しオンライン上に経歴や実績、ポートフォリオを公開しておくことで、企業から直接フリーランス求人・案件を受け取れる可能性もあります。
現在ではTwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを開設し、そこから即戦力になりそうなSalesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアを探している企業は一定数存在します。
経歴や実績、ポートフォリオを公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力や希望に見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれる可能性もあるでしょう。
Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとして多角的にSalesforce(セールスフォース)スキルや開発実績を発信し、フリーランス求人・案件を受注できる幅を広げましょう。


・クラウドソーシングサービスの活用
Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
代表的なクラウドソーシングサービスはクラウドワークスやランサーズ、ココナラ、タイムチケット、複業クラウドなどです。

Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとして、自分の開発スキルを登録するだけでSalesforce(セールスフォース)を活用したフリーランス求人・案件を探せたり応募して参画できます。
Salesforce(セールスフォース)など自分の開発スキルに見合うフリーランス求人・案件を探すことができ、ステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。

ただし、フリーランス求人・案件数は少なく、高単価かつ1年以上など中長期のフリーランス求人・案件は非常に少ないです。
単発での仕事が豊富ですので、経験を積みたいSalesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアまたは実績をどんどん積んでいきたい比較的経験の浅いSalesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアには適しているでしょう。


・知人など人脈を活用
Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
前職がエンジニアとして働いている方や知人や友人がいる場合、Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを伝えておけば、有益な情報をくれる可能性はあるでしょう。

前職の同僚や知人や友人などよりSalesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントでは取られていた仲介手数料が一切掛からないため、高単価で参画できる可能性があったり、数日で受注できる場合もあり得るでしょう。
ただし前職の同僚や知人や友人から紹介されたフリーランス求人・案件のため、ある程度の責任が伴います。悪い印象を与えないように誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。


■Salesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件における未経験エンジニアの参画について
実務未経験のフリーランスエンジニアがSalesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件に参画できる確率は極めて低く、さらに未経験でもOKと記載しているSalesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件も基本的にないでしょう。

フリーランスエンジニアを採用している企業は基本的に即戦力を期待しています。
そのため、最低でも実務経験1年以上もしくは2年以上、さらに案件によっては導入支援や構築経験が求められます。

また、プログラミングスクールでSalesforce(セールスフォース)を学習している方は、Salesforce(セールスフォース)のフリーランス求人・案件を獲得できますが、自分が希望している案件に参画できない可能性があることを念頭に置いておきましょう。

Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアの世界は実力主義に近く、実力や経験、今までの実績によってフリーランス求人・案件に参画できる難易度が異なります。さらに高単価Salesforce(セールスフォース)フリーランス求人・案件の場合はより、実績や経験業務を重点的に見られるでしょう。

Salesforce(セールスフォース)フリーランスエンジニアを目指している方は、実務経験をまず積み、実績や経験を蓄えましょう。


■Salesforce(セールスフォース)の市場動向やニーズについて
Salesforce(セールスフォース)のニーズは短期的さらに中・長期的な視点を考慮してもニーズがなくなることはないでしょう。

Salesforce(セールスフォース)のニーズが安泰な理由をマクロ視点から分析してみましょう。
株式会社セールスフォース・ドットコムが2021年11月に発表したSalesforce エコノミーによると、
Salesforceとパートナーのエコシステムで形成される「Salesforce エコノミー」が、2021年から2026年の間に日本で44万300人(世界で933万人)の新規雇用と974億ドル(世界で1兆600億ドル)の新規事業収益を創出するとのことです。また、日本におけるSalesforceパートナーエコシステムの成長は著しく、2026年までにSalesforceが日本で創出する収益1ドルに対して、6.5ドルの収益をパートナーエコシステムにもたらすとのことです。

また、Salesforceの主軸市場であるSaaS市場の市場動向を確認してみましょう。
スマートキャンプによるSaaS市場の動向をまとめた最新レポート「SaaS業界レポート2021」の調査では、国内SaaS市場はCAGR約13%を維持しており、2025年にはSaaS市場規模は2020年度実績の約2倍となる1兆5,000億円規模まで成長が見込まれています。

2022年3月、REPORTOCEANが発表したSaaS市場のレポートによると、2021年のSaaSの世界市場規模は1,441億7,000万米ドル。サービスとしてのソフトウェア(SaaS)の世界市場規模は、2022年から2030年までの予測期間において、CAGR18.83%で成長し、2030年には7031億9000万米ドルに達すると予測されます。

最後にIT業界全体を分析してみると、AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT、ブロックチェーン、xR、5Gなどによる飛躍的なIT領域の拡大が見込まれています。

上記Salesforce(セールスフォース)による雇用創出やSalesforce自体の成長をはじめとし、SaaS市場動向などを考慮すると、Salesforce(セールスフォース)は短期的に見ても、さらに中・長期的に見てもニーズが無くなることはないでしょう。