JIRAの求人・案件一覧

JIRAのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

60.4万円

中央値単価

54万円

最高単価

160万円

最低単価

3万円

全1012件中1-50件を表示中

全1012件中1-50件を表示中

JIRAのフリーランス案件に関するよくある質問

JIRAのフリーランス案件は高単価ですか?

JIRAのフリーランス案件の最高単価は160万円で、平均単価は60.4万円です。 JIRAのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は720~1,920万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のJIRAの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるJIRAのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

JIRAのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

JIRAの募集中フリーランス案件数は94件、累計掲載案件は1,012件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のJIRAのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

JIRAのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

JIRAの募集中リモート案件数は49件、累計掲載案件は620件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるJIRAのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

JIRAのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

JIRAのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが701件、レバテックフリーランスが51件、TechStockが37件、techtreeが35件、ハイパフォコンサルが27件、Midworksが12件、PE-BANKが9件、テックリーチが8件、レバテッククリエイターが7件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が7件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
JIRAのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、TechStockであることがわかります。
JIRAのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

JIRAのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

JIRAのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが17件、レバテックフリーランスが12件、ハイパフォコンサルが3件、TechStockが2件、アットエンジニアが2件、ビズリンクが1件、SEES(シーズ)が1件、FLEXY(フレキシー)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
JIRAのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、ハイパフォコンサルであることがわかります。
JIRAのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、ハイパフォコンサルを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

JIRAのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

JIRAのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが103.5万円、techtreeが102.4万円、TechStockが91.9万円、フリーランスのミカタが90万円、DYMテックが90万円、1 on 1 Freelanceが90万円、HiPro Tech(ハイプロテック)が80.5万円、meetX FREELANCEが80万円、テックビズフリーランスが80万円、indecoが80万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
月額単価の高いJIRAのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、techtree、TechStockであることがわかります。
JIRAのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、techtree、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

JIRAのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

JIRAのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が66件、週4日が29件、週3日が10件、週2日が5件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
JIRAのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるJIRAのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

JIRAのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

JIRAのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が170件、大阪府が9件、神奈川県が6件、埼玉県が5件、千葉県が2件、秋田県が1件、兵庫県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
JIRAのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
JIRAのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

JIRAのフリーランス求人・案件数の推移

JIRAの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が148件、2022年8月が22件、2022年9月が109件、2022年10月が112件、2022年11月が107件、2022年12月が98件となっています。JIRAのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、9件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

JIRAのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

JIRAの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が96件、2022年8月が68件、2022年9月が60件、2022年10月が58件、2022年11月が49件、2022年12月が48件となっています。JIRAのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件減少しており、下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

JIRAのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

JIRAのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年7月が58.8万円、2022年8月が59.2万円、2022年10月が58.9万円、2022年11月が59.1万円、2022年12月が59.5万円となっています。JIRAのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.5万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

JIRAのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

JIRAのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年7月が705.4万円、2022年8月が710.7万円、2022年10月が706.4万円、2022年11月が709.0万円、2022年12月が714.5万円となっています。JIRAのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し5.5万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

JIRAの常駐案件・リモートワーク案件割合

JIRAの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が48件(52.7%)、常駐案件が43件(47.3%)となっており、JIRAフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

JIRAのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

JIRAのフリーランス求人・案件について

JIRAのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、44~64万円程度です。
JIRAのフリーランス求人・案件の平均単価は60.4万円、中央値単価は54万円、最高単価は160万円、最低単価は3万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

JIRAのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・JIRA経験1年未満:27万円前後 (年収324万円)
・JIRA経験1年~2年:32万円前後 (年収389万円)
・JIRA経験2年~3年:46万円前後 (年収551万円)
・JIRA経験3年~5年:54万円前後 (年収648万円)
・JIRA経験5年以上:65万円前後 (年収778万円)

JIRAについて
JIRAはアトラシアン社が開発した企業向け課題管理ツール(プロジェクト管理ツール)です。企業のプロジェクト全般に関わる課題(タスク管理・スケジュール管理・工数管理、進捗管理など)を効率的に分類します。なお、世界122カ国25,000以上の顧客により使用しています。
JIRAはJavaで構成されており、OFBiz・Pico IoCのエンジン全体やwebwork 1のテクノロジースタックに使用しており、Subversion・Clearcase・CVS・Visual SourceSafe・Perforce・Mercurialなどのソースコントロールプログラム・ソフトウェア構成管理 (SCM)を統合出来ます。また2015年11月に利用形態ごとに⁠JIRA Software・JIRA Core・⁠JIRA Service Desk ライセンス3つに分かれ,アドオンとして提供していたスクラム開発・アジャイル開発に利用する機能がJIRA Softwareの標準として機能が追加されてます。なお、旧JIRAの機能をそのまま残しているのはJIRA Softwarです。
JIRA Coreは基本的な機能があり各部門(営業マーケティング・総務・人事)などの非技術系の業務プロセスを可視化することで生産性の向上が見込めます。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではJIRAのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでJIRAのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。