COBOLのITフリーランス求人・案件相場

COBOL求人・案件の月額単価相場

平均単価

51.5万円

中央値単価

50万円

最高単価

200万円

最低単価

30万円

COBOL求人・案件のエージェント別公開案件数

COBOL求人・案件の都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

COBOLの求人・案件について

COBOLについて
COBOLは、1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語です。
金額計算や事務処理開発などで多く活用され、英文に近い構文やコマンド語彙を持っており、高い可読性且つ拡張性のある言語であるが特徴です。
コーディングにおける専門的知識を有していない方も、比較的容易に扱えるプログラミング言語です。
また、COBOLには汎用COBOLとOPEN COBOLと種類があります。

汎用COBOLは、メインフレームといわれる、データの移動・集計・計算をメインに行う大型のコンピューターを使用して開発を行うCOBOLのことを指します。
汎用機、富士通COBOL、IBM-COBOL、日立COBOLなど種類があります。

OPEN COBOLは、オープン環境で開発を行うCOBOLでを指します。
OPEN COBOL、UNIX-COBOL、Net COBOL(富士通)などがあります。

C言語にコンパイルされた後にGCCにより実行ファイルが作成される点が汎用COBOLとOPEN COBOLの最大の違いです。
この実行ファイルのおかげで、メインフレーム以外のUNIX、Linux、Windowsなどのシステム上で開発を行うことが出来ます。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではCOBOLのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでCOBOL求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■COBOL求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域について
COBOL案件数を分析すると東京都677件、大阪府109件、神奈川県70件、兵庫県24件、千葉県23件、埼玉県12件、福岡県4件となっています。(※フリーランススタート調べ/2019年2月)
COBOLは東京・神奈川・千葉を中心に関東エリアに最もフリーランス向け案件が集中している事がわかります。
その他の地域では、関西は大阪・兵庫、九州は福岡などの各地方都市にCOBOL案件があります。
フリーランスエンジニアとしてCOBOLの仕事に携わるには東京・神奈川・大阪あたりが良いでしょう。


■COBOL求人・案件の給与・単価金額相場について
COBOL案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安
を週5常駐で月140~180時間とした場合、40~60万円程度です。
フリーランスエンジニアとしてCOBOL開発未経験で参画可能な案件は非常に稀です。
COBOL案件の平均単価は51.4万円、中央値単価は50万円、最高単価は150万円、最低単価は30万円です。
(※フリーランススタート調べ/2019年2月)

COBOL案件の単価を決定する要因は、
・COBOL自体での開発経験年数
・開発環境(汎用系やOPEN系)や開発業界(金融・証券・保険)での開発経験年数
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。


■COBOLの市場動向やニーズについて
COBOLは現在でも銀行や各種保険会社など金融・証券・保険業界でのシステム構築・運用保守・監視・アプリケーション開発のニーズがあります。

COBOLエンジニア多くは40~50歳以上です。
しかしCOBOLを使用したシステムは銀行や各種保険会社など金融・証券・保険業界で未だに利用されており運用や改修を行う必要があります。
現在COBOLをメインとした若手エンジニアが年々減少傾向にある為、相対的にCOBOLエンジニアに対する市場価値が高くなっていきます。
COBOLは今後更に活躍が見込めるプログラミング言語の一つと言えるでしょう。


2179 件中 1 ~ 10 件を表示中
2179 件中 1 ~ 10 件を表示中