Javaの求人・案件一覧

Javaのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

63.9万円

中央値単価

65万円

最高単価

180万円

最低単価

25万円

Javaのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
Javaのフリーランス求人・案件の平均単価は63.9万円、中央値単価は65万円、最高単価は180万円、最低単価は25万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年08月)
Javaのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Javaのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Javaのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが1090件、techtreeが711件、at-engineerが697件、FREE-DAが488件、ギークスジョブが469件、TechStockが451件、PE-BANKが432件、スキルコネクトが373件、フォスターフリーランスが307件、ビズリンクが295件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年08月)
Javaのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、techtree、at-engineerであることがわかります。
Javaのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、techtree、at-engineerを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Javaのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Javaのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が7724件、大阪府が759件、神奈川県が569件、福岡県が221件、埼玉県が120件、千葉県が82件、愛知県が58件、北海道が44件、兵庫県が36件、京都府が31件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年08月)
Javaのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
Javaのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Javaのフリーランス求人・案件について

Javaについて
JavaはSun Microsystem(サンマイクロシステム)社が開発したプログラミング言語です。
Javaのスローガンは「Write once, run anywhere」という言葉です。つまり一度描けば、どこでも実行出来るという意味です。
文字通り、JavaはWeb、デスクトップ、スマートフォンなどアプリケーション開発、Webサイト作成、ソフトウェア開発、組み込み/制御システム開発やIoT開発、金融機関の基幹システム開発など、様々な開発に活用されているプログラミング言語です。
Googleが開発に用いている「Google三大言語(Java、C++、Python)」の1つです。

Javaと類似したプログラミング言語に、JavaScriptがあります。
JavaとJavaScriptは全く異なるプログラミング言語であることを覚えておきましょう。
Javaは業務システム、基幹システム、Webサービス、Androidアプリ開発などに適しています。JavaScriptはインターネット上のWebページを記述するプログラム言語であり、Webページ制作、Webアプリ開発、スマホアプリ開発、ゲーム開発などに適しています。

JavaとC言語の違いについて簡単に解説します。
JavaはC言語をベースにして開発されたオブジェクト指向のプログラミング言語です。
そのためJavaとC言語は文法が類似している特徴があります。
C言語は、コンパイル型の汎用プログラミング言語です。
JavaとC言語の違いは、Javaは、オブジェクト指向言語であり、C言語はコンパイル言語であるという点です。


またJavaは、Windows・Mac・LinuxなどのOSで汎用的に動作する点、マルチスレッドを活用した並行開発が容易、型の制約により不具合が発見されやすい、言語自体の信頼性が高いなどの理由から、金融系、決済系、生産管理など、特に大手企業の大規模なプロジェクトで採用されることが多いです。
Javaの特徴として、Javaはオブジェクト指向であること、Javaはコンパイラ型言語であるため処理速度が速いこと、Javaのライブラリが充実していること、Play Framework、Struts2、SpringなどJavaフレームワークが充実していること、JVM(Java Virtual Machine)で動いていること、セキュリティ性が高いこと、Androidでの開発をすることが出来ること、Javaは他プログラミング言語と比較して圧倒的にフリーランス求人・案件数が多いことなどが挙げられます。

JavaのフレームワークはSpring Framework、Java EE(Java Platform, Enterprise Edition)、Apache Struts、Apache Wicket、Play Framework、Spark Framework、JSF(JavaServer Faces)、SAStruts (Super Agile Struts)などがあります。
JavaのフレームワークもJavaの習得同様に学習したいエンジニアの方は、Java EE(Java Platform, Enterprise Edition)やSpring Framework、Apache Strutsがおすすめです。
Javaを活用しているサービスは、Google、Twitter、Evernote、楽天、MINECRAFT、リクナビ、SUUMO(スーモ)、ビズリーチ、スマートニュースなどが挙げられます。


Javaフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、

・Java自体での開発経験年数
・大規模なチームでの開発経験
・Javaフレームワークの利用経験
・Java周辺で頻繁に使用する開発スキル
・参画するフリーランス求人・案件の商流

などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価なJavaフリーランス求人・案件の受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではJavaのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでJavaフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Javaフリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況
Javaは、基幹システム、業務システム、Webサービス開発、Android開発、IoT開発まで幅広く活用されているプログラミング言語です。

Javaを用いたWebサービス開発、業務システム開発、Webアプリ開発、Android開発など、多くの現場において徐々にリモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件が増えています。
しかし、Javaを活用した基幹システム系の開発現場ではセキュリティや機密情報保持の観点からリモートワークや在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件はあまり増えていません。

今後、Javaを含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していく可能性が高いでしょう。
その理由として、現在世界中で蔓延しているコロナの影響が挙げられるでしょう。

さらにSlack、Chatwork、Zoom、Google Hangouts、Boxなどのクラウド技術の発達や5Gの到来など、IT業界全体の技術的進歩のおかげでリモートワーク・在宅・持ち帰りをしても自宅で仕事が出来る環境が整っていることも理由の1つとして挙げられるでしょう。

Javaフリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、Webサービス開発、業務システム開発、Webアプリ開発、Android開発を探してみることをおすすめします。


■Javaフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて
Javaフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、Java自体の開発経験、サーバーサイド開発経験やJava開発で頻繁に使用される周辺知識/スキルです。
Javaエンジニアとして、JavaScript、Scala、Python、Ruby、PHP、C#などサーバーサイド開発で必要になるプログラミング言語の知識/スキル、SQL、MySQL、SQL Server、shell、Oracle、DB2、Git、Eclipseなどの開発経験や知識、Windows、Linux、UNIXなどのOSの知識、AWS、AzureなどIaaSの知識、ハードウェア/ソフトウェアの設計の知識などがあるとよりフリーランス求人・案件に参画しやすいでしょう。
さらに、Javaフレームワーク(Spring Framework、Java EE(Java Platform, Enterprise Edition)、Apache Struts、Apache Wicket、Play Framework、Spark Framework、JSF(JavaServer Faces)、SAStruts (Super Agile Struts))も習得しているとよりフリーランス求人・案件の幅が広がります。

結論として、Javaスキルを活用してフリーランス求人・案件に参画するためには、Javaスキルの他に複数のスキルを習得し、幅広いフリーランス求人・案件に対応できるようにすることが肝心です。
なお、Javaエンジニアとして、高単価のフリーランス求人・案件に参画を希望している場合、上流工程での経験、チームマネジメント経験があることが望ましいでしょう。


■Java習得難易度・勉強方法について
Javaは、2020年5月、TIOBEのランキングで2位と人気のある言語です。
Javaはさらに日本だけでなく海外でも非常に人気のある言語です。
しかし、Javaは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめできない言語です。
Javaはハードウェアやネットワーク知識、オブジェクト指向などプログラミング基礎などの知識や経験が必要になること、他言語と比較しエラー対処の難易度が高いこと、設計難易度が高度であることなどの理由により非常に難易度が高いプログラミング言語です。

Javaの学習についてもう少し具体的に説明すると、
Javaの記述ルールは非常に厳格で、少しのミスでもコンパイルが出来なくなります。さらにコードを省略して記述をすることが出来ず、Javaのプログラムは文字数が非常に多いです。
Javaをコンパイルして動作しない場合、膨大なデータ内からエラー箇所を見つける必要があります。
また、Javaは設計の難易度も非常に高いです。
Javaは金融を始めとする大規模なシステムを構築する求人・案件などが多く、後から拡張出来ることを見据えた設計が要求されます。そのためJava習得に関して、実務レベルでの経験が要求されることが多いです。

Java学習コストについて、他プログラミング言語と比較して大幅な時間がかかります。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でJavaを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
しかし、Javaは学習範囲が広くJavaの仕組みを理解するだけではなく、ネットワーク、データベース、サーバー、OSなどの周辺知識を同時に理解する必要があり、オンライン学習サイトも範囲を網羅しづらくなっています。
また、Javaを実践レベルまで学習出来るサービスは現状ほとんどありません。
そのため、Javaの実践レベルのスキル習得までに膨大な学習時間が必要になったり、複数のJavaの参考書を購入しなければいけない可能性もあります。
上述のことを考慮すると、Java習得に関して初心者が初めて独学で学ぶプログラミング言語としては非常に難易度が高い言語です。

なお、Java習得を希望するエンジニアは、まず周辺でJavaに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみると良いでしょう。
Javaは求人・案件数も他言語と比較して、非常に豊富であり習得出来るとエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他プログラミング言語の習得も比較的習得しやすくなるでしょう。
特にScalaやC#、Kotlinなどのプログラミング言語はJava習得者にとっては学習しやすいでしょう。


■Javaフリーランス求人・案件参画するために役立つ資格について
Javaフリーランス求人・案件の獲得に役立つ4つの資格をご紹介します。

・Oracle認定Javaプログラマ

Oracle認定javaプログラマ(Oracle Certified Java Programmer)は、Oracle社が主催する、Javaの知識と技能をレベル別に認定するベンダー試験です。
Oracle 認定javaプログラマ試験は、簡単な方からBronze、Silver、Goldの3種類あります。
Silver以上は全世界で通用する共通資格となっており、現在実施されているJava関連資格の中では最も人気の資格となっています。
Java言語を使用したオブジェクト指向プログラミングの基本的な知識/スキルからJava言語において、設計〜実装まで一貫して開発出来るような知識/スキルを習得出来ます。
そのため、Javaを習得するエンジニアにとって、取得しておきたい資格でしょう。

・Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験は、Javaに関する基本知識を有し、オブジェクト指向に基づくアプレットやアプリケーションプログラムを作成できる能力を認定する資格です。
Javaプログラミング能力認定試験は、3級、2級、1級の3種類あります。
Javaの基本的な知識からオブジェクト指向に基づく分析・設計(UML)により業務システムの流れを把握し、変更仕様に従ってプログラムの保守ができる知識/スキルまで幅広く知識が身につきます。
そのため、Java初心者エンジニアからハイスキルのJavaエンジニアまでおすすめの資格です。

・Android技術者認定試験

Android 技術者認定試験制度は、Androidのアプリケーションやプラットフォームの開発スキルを認定する試験です。この試験は日本のみならず、全世界160カ国に配信されており、日本語、英語、繁体中国語での受験が可能です。
Android技術者認定試験はアプリケーション技術者認定試験とプラットフォーム技術者認定試験の2つがあり、レベルはベーシックとプロフェッショナルに分かれています。
Android開発の知識や組み込み系開発の知識を習得することができるため、Javaを用いたAndroid向けアプリ開発や組み込み系開発を担当するJavaエンジニアにとって、おすすめの資格でしょう。

・応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位資格で、ワンランク上の知識・技能が問われます。
応用情報技術者試験を取得することにより、スキルや管理まで幅広い知識と応用力を身に付けたJavaエンジニアであることの証明になるため、Javaエンジニアとして取得しておいても良い資格でしょう。


Java関連の資格を習得することは良いことですが、Java求人・案件に参画するという目的を失わないようにしましょう。
Javaスキルを資格を取得することによって、証明することは可能ですが、一番重要視すべきことは、Javaの実務経験やJava周辺で必要な開発スキルを保有していることです。
そのためJavaの資格はある程度実務経験がある方、時間的に余裕がある方にとっておすすめします。
Javaエンジニアとして、実務未経験にも関わらずJava関連の資格の取得を最優先事項にすることはやめておきましょう。
どうしてもJava関連の資格の取得を希望している方は、まず行動するのではなく、様々な情報を見て、自分で熟考した上で行動に移すようにしましょう。


■Javaフリーランス求人・案件の未経験での参画について
Java未経験の場合、参画できるJavaフリーランス求人・案件は少ないでしょう。
Javaをはじめとするフリーランス求人・案件の場合、参画するプロジェクトや企業サイドは即戦力のエンジニアを必要としていることが多く、実務開発経験や開発スキルに注力してアサインしていることが理由として挙げられます。
Java未経験からJavaフリーランス求人・案件への参画を検討している方は、以下の行動をまず感上げてみましょう。
・Javaに特化したプログラミングスクールへの受講を検討してみる
・Java未経験として、派遣社員、契約社員、正社員などの求人・案件にエントリーし、2~3年ほど経験を積む
Javaに特化したプログラミングスクールへの受講を検討している方は、「プログラミングスクール Java」や「Java プログラミングスクール」などを検索すると良いでしょう。

Java未経験として、派遣社員、契約社員、正社員などの求人・案件にエントリーを検討している方は、派遣社員、契約社員、正社員のJava求人・案件を探すことが出来るJava求人・案件を豊富に保有している大手求人サイトやエンジニア転職実績が豊富な就職エージェントの活用が良いでしょう。
求人サイトは「転職サイト Java」や「Javaエンジニア 転職」などを検索をすると良いでしょう。

Javaのフリーランス求人・案件への参画を目指すにあたって、他プログラミング言語の知識も身につけておくと、担当領域の幅を広げルコとができ、フリーランス求人・案件の選択肢を増やせる可能性があります。例えば、フリーランススタートのフリーランス求人・案件ではJavaScriptやC#、PHP、Ruby、Python、Scalaなどの開発スキルを求められる傾向にあります。
Javaをはじめとする他プログラミング言語の知識/スキルが豊富であればJavaフリーランス求人・案件参画時のアピール材料にもなるため、日頃から勉強時間を確保してスキルアップを図りましょう。


■Javaの市場動向やニーズについて
Javaは大規模なフリーランス求人・案件が多いことから、フリーランス市場にもっとも数の多く存在するフリーランス求人・案件です。
その分開発エンジニアの数も多いのですが、ECサイト、金融システム、顧客管理システムなどの大規模システムや携帯電話・デジタルカメラなどの組込み系システムからAndroidアプリ開発まで非常に幅広い業界でニーズがあるため、常にJavaエンジニアの募集がある状態です。
また、期間に関しても長期〜短期求人・案件まで幅広く募集があります。

では、Javaエンジニアのニーズがある理由をIT市場動向から分析してみてみましょう。

スマートフォンの出荷台数を分析してみると、2019年にIDCが予測する2019年のスマートフォン世界出荷台数は13億7110万台です。今後年平均1.1%の伸び率で推移し、2023年には14億8450万台になると予測されています。2019年のOS別の出荷台数比率はAndroidが87%、iOSが13%です。2023年になってもこの比率に大きな変化はないと予測されています。
OS別の出荷台数比率において、Androidがかなりの比率を保っていることがわかります。そのため、Android向けのアプリ開発において使用されるJavaも相対的にニーズが拡大していく可能性が高いです。
また、AI(人工知能)、IoT、5G、ビッグデータ、ブロックチェーン、xRなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点より、Javaエンジニアを含むITエンジニアは人材不足に陥る可能性が高いです。2030年まで79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があるとも言われています。
この人材不足から、エンジニアの絶対数が足りていないことがわかります。
Javaを含むエンジニアにおいてニーズが拡大していく可能性は高いです。

その他、既存で動いている大規模システムの改修やIoT開発のニーズなど、Javaエンジニアの活躍の場は将来的に広がっていくことでしょう。
また大規模サイトや業務系のフリーランス求人・案件に携わっているJavaエンジニアが、Androidアプリ開発やIoT開発などのフリーランス求人・案件へ参画するなど、Javaフリーランス求人・案件内で人材の流動性が上がるとよりJavaフリーランス求人・案件の市場が活性化するはずです。

全18234件中1-30件を表示中

全18234件中1-30件を表示中