MVCの求人・案件一覧

MVCのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

66.0万円

中央値単価

65万円

最高単価

110万円

最低単価

35万円

全396件中1-50件を表示中

全396件中1-50件を表示中

MVCのフリーランス案件に関するよくある質問

MVCのフリーランス案件は高単価ですか?

MVCのフリーランス案件の最高単価は110万円で、平均単価は66.0万円です。 MVCのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は792~1,320万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のMVCの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるMVCのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

MVCのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

MVCの募集中フリーランス案件数は117件、累計掲載案件は396件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のMVCのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

MVCのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

MVCの募集中リモート案件数は16件、累計掲載案件は59件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるMVCのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

MVCのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

MVCのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとアットエンジニアが33件、テックリーチが30件、SEES(シーズ)が21件、スキルコネクトが19件、エンジニアルーム(Engineer Room)が14件、TechStockが13件、1 on 1 Freelanceが11件、IT@JOBが11件、Midworksが9件、FREE-DAが8件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
MVCのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはアットエンジニア、テックリーチ、SEES(シーズ)であることがわかります。
MVCのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はアットエンジニア、テックリーチ、SEES(シーズ)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

MVCのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

MVCのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとアットエンジニアが31件、レバテックフリーランスが3件、エンジニアルーム(Engineer Room)が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
MVCのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはアットエンジニア、レバテックフリーランス、エンジニアルーム(Engineer Room)であることがわかります。
MVCのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はアットエンジニア、レバテックフリーランス、エンジニアルーム(Engineer Room)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

MVCのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

MVCのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが80万円、テクフリが80万円、FREE-DAが79.4万円、TechStockが78.1万円、indecoが76.7万円、アットエンジニアが76.5万円、meetX FREELANCEが75万円、マノア・リノが75万円、テックビズフリーランスが74万円、Midworksが71.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
月額単価の高いMVCのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、テクフリ、FREE-DAであることがわかります。
MVCのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、テクフリ、FREE-DAを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

MVCのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

MVCのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が76件、週4日が6件、週3日が4件、週2日が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
MVCのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるMVCのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

MVCのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

MVCのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が213件、大阪府が8件、千葉県が4件、神奈川県が4件、秋田県が3件、埼玉県が3件、宮城県が1件、京都府が1件、兵庫県が1件、福岡県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
MVCのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、千葉県に最も集中している事がわかります。
MVCのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、千葉県あたりが良いでしょう。

MVCのフリーランス求人・案件数の推移

MVCの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が39件、2022年8月が19件、2022年9月が42件、2022年10月が57件、2022年11月が89件、2022年12月が119件となっています。MVCのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、30件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

MVCのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

MVCの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が21件、2022年8月が15件、2022年9月が17件、2022年10月が16件、2022年11月が16件、2022年12月が17件となっています。MVCのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、1件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

MVCのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

MVCのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年7月が64.5万円、2022年8月が64.3万円、2022年9月が64.3万円、2022年10月が64.1万円、2022年11月が64.7万円、2022年12月が65.8万円となっています。MVCのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し1.1万円上昇し、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

MVCのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

MVCのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年7月が774.1万円、2022年8月が771.9万円、2022年9月が771.4万円、2022年10月が769.3万円、2022年11月が776.1万円、2022年12月が789.6万円となっています。MVCのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し13.5万円上昇し、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

MVCの常駐案件・リモートワーク案件割合

MVCの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が17件(17.5%)、常駐案件が80件(82.5%)となっており、MVCフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

MVCのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

MVCのフリーランス求人・案件について

MVCのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
MVCのフリーランス求人・案件の平均単価は66.0万円、中央値単価は65万円、最高単価は110万円、最低単価は35万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

MVCのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・MVC経験1年未満:33万円前後 (年収390万円)
・MVC経験1年~2年:39万円前後 (年収468万円)
・MVC経験2年~3年:55万円前後 (年収663万円)
・MVC経験3年~5年:65万円前後 (年収780万円)
・MVC経験5年以上:78万円前後 (年収936万円)

MVCについて

MVCはソフトウェアの設計モデルの1つで、アプリケーション内の役割を明確に分離するためものです。
MVCは各技術者の分業が明確にして、仕様変更の影響が互いに減少させるため開発効率の向上ができます。
MVCは1980年代にSmalltalkでのGUIアプリケーションの設計のために考案されたモデルで、1995年にデザインパターンの書籍で紹介され、多くの開発者に知られております。
このように役割に応じて各要素を分離することにより、各要素の内部設計・開発において分業が容易になり、変更が他要素に影響するのを避けやすくします。例えば、内部的な機能や処理は変えずにUI(ユーザーインターフェース)のデザイン・操作方法だけを改良するということが可能になります。
Webシステムの応用は1999年のJSP Model 2でサーバ側プログラムの設計パターンとして使われたことから本格化しております。この実装ではModelがViewへ直接指示を行わず・ControllerからViewの制御を実施するようになっており、このような設計モデルをMVCと区別して"MVC2"と呼びます。しかしWebサーバの構造上はMVC2の方が自然なため、Webアプリケーション開発の現場などではこのことをMVCと呼ぶこともあります。
なお、MVCフレームワークは主にインターネット・Webサイト向けアプリによく使われ、単体テストの自動化が簡単であるという特徴があります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではMVCのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでMVCのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。