SpringBootのフリーランス求人・案件一覧

SpringBootのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

73.6万円

中央値単価

70万円

最高単価

95万円

最低単価

50万円

SpringBootのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

SpringBootのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

SpringBootのフリーランス求人・案件について

SpringBootについて
SpringBootはJavaフレームワークのSpringの各種フレームワークを高速システム開発という観点で統合して、使いやすくしたものがSpringBootフレームワークです。
SpringBootの特徴は下記のような点が挙げられます。
・XML設定ファイルの記述が不要
Spring FrameworkはXML形式の設定ファイルを定義することで設定を外部化することが可能ですが、Spring Frameworkではこの設定ファイルの設定の煩雑さが指摘されています。
Spring Bootではこの設定ファイルの複雑さを可能な限り排除しており、必要最低限の設定を行うだけでアプリケーションの起動・実行を行えます。

・Webコンテナを内含
Webコンテナをjar(Java ARchive)ファイルに含め、jarファイル単体でWebアプリケーション作成が出来ます。
SpringBootは、デフォルトでTomcatコンテナを含んでいます。ある程度開発に必要なものをあらかじめ設定し、素早く開発することができる機能がSpringBootには備わっています。

・コーディング量の削減
アノテーションを記述することにより機能を実装することが可能なため、コーディング量が削減可能です。アノテーション(annotation)とは注釈を意味する言葉で、記述することで特定の意味をつけるものです。Javadocでもアノテーションを書きドキュメント生成をしています。

SpringBootでの開発を行う際はSpring Tool Suite(STS)を利用するのが最適です。STSはSpring Framwrowkの開発元が提供しているEclipseを基にして作成された統合開発環境(IDE)であり、Spring Frameworkを利用した開発に適した機能が多数備わっています。
なお、SpringBoot以外のJavaフレームワークはSeasar2・Play Framework・JSF・Struts・Wicektがあります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではSpringBootのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでSpringBoot求人・案件の仕事探しをしてみてください。


SpringBoot案件の単価を決定する要因は、
・SpringBootやSpring Frameworkでの開発経験年数
・大規模システムでの開発や運用保守経験年数
・大規模なチームでの開発経験
・Javaでの開発経験
・サーバー、ネットワーク、仮想化環境等のインフラ知識・経験年数
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。


■SpringBootの市場動向やニーズについて
SpringBootはWebサービス、銀行、証券、保険、メーカー、流通、小売、SIerなど幅広い業界で需要があるスキルの1つです。
主にWebアプリ開発や業務系システム開発、運用保守、改修の求人・案件が多くあります。また多く案件がSpringBootの他にJava、TypeSciptでの開発言語スキル、Play Framework・JSF・Strutsなどのフレームワークスキル、DB、仮想化環境での業務経験等のスキルを活用します。今後急速に変わり続けていくIT市場に対してJava以外にも周辺で必要になるPlay FrameworkやStrutsなどのJavaフレームワークやサーバーやインフラなどバックエンド側の開発スキルを習得しておくのも武器になるでしょう。

全89件中1-10件を表示中

全89件中1-10件を表示中