SpringBootの求人・案件一覧

SpringBootのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

67.7万円

中央値単価

70万円

最高単価

140万円

最低単価

33万円

全3022件中1-50件を表示中

全3022件中1-50件を表示中

SpringBootのフリーランス案件に関するよくある質問

SpringBootのフリーランス案件は高単価ですか?

SpringBootのフリーランス案件の最高単価は140万円で、平均単価は67.7万円です。 SpringBootのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は804~1,680万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のSpringBootの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるSpringBootのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

SpringBootのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

SpringBootの募集中フリーランス案件数は894件、累計掲載案件は3,022件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のSpringBootのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

SpringBootのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

SpringBootの募集中リモート案件数は508件、累計掲載案件は1,295件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるSpringBootのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

SpringBootのフレームワーク別募集中案件数推移

SpringBootのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年2月がJava7,210件、2022年3月がJava8,165件、2022年4月がJava7,915件、2022年5月がJava6,641件、2022年6月がJava9,009件、2022年7月がJava8,915件となっています。
SpringBootのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しJavaは94件(-2%)の減少となっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

SpringBootのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

SpringBootのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが248件、テックビズフリーランスが201件、Midworksが185件、テックリーチが163件、TechStockが156件、PE-BANKが117件、フォスターフリーランスが114件、アットエンジニアが102件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が63件、マノア・リノが54件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
SpringBootのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、テックビズフリーランス、Midworksであることがわかります。
SpringBootのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、テックビズフリーランス、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SpringBootのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

SpringBootのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとテックリーチが40件、Midworksが21件、テックビズフリーランスが18件、PE-BANKが13件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が13件、アットエンジニアが7件、フォスターフリーランスが5件、indecoが5件、1 on 1 Freelanceが5件、SEES(シーズ)が5件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
SpringBootのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはテックリーチ、Midworks、テックビズフリーランスであることがわかります。
SpringBootのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はテックリーチ、Midworks、テックビズフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SpringBootのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

SpringBootのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとi-common tech(アイコモン テック)が88.3万円、ハイパフォコンサルが86.3万円、joBeetが86.3万円、meetX FREELANCEが83.3万円、Relance(リランス)が81.9万円、FREE-DAが80.5万円、SKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)が80万円、フィジオが80万円、キャリアプラスが80万円、ビズリンクが78.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
月額単価の高いSpringBootのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはi-common tech(アイコモン テック)、ハイパフォコンサル、joBeetであることがわかります。
SpringBootのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はi-common tech(アイコモン テック)、ハイパフォコンサル、joBeetを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

SpringBootのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

SpringBootのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が815件、週4日が117件、週3日が85件、週2日が34件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
SpringBootのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるSpringBootのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

SpringBootのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

SpringBootのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1639件、大阪府が135件、神奈川県が71件、福岡県が22件、兵庫県が15件、北海道が10件、広島県が8件、京都府が7件、秋田県が6件、福島県が6件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
SpringBootのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
SpringBootのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

SpringBootのフリーランス求人・案件数の推移

SpringBootの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が753件、2022年3月が862件、2022年4月が818件、2022年5月が795件、2022年6月が1036件、2022年7月が1148件となっています。SpringBootのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、112件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

SpringBootのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

SpringBootの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が315件、2022年3月が363件、2022年4月が338件、2022年5月が450件、2022年6月が563件、2022年7月が686件となっています。SpringBootのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、123件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

SpringBootのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

SpringBootのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年2月が68.8万円、2022年3月が70.0万円、2022年4月が71.6万円、2022年5月が72.1万円、2022年6月が68.7万円、2022年7月が68.4万円となっています。SpringBootのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.4万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

SpringBootのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

SpringBootのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年2月が825.0万円、2022年3月が840.6万円、2022年4月が858.7万円、2022年5月が865.6万円、2022年6月が824.7万円、2022年7月が820.4万円となっています。SpringBootのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し4.3万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

SpringBootの常駐案件・リモートワーク案件割合

SpringBootの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が635件(58.9%)、常駐案件が444件(41.1%)となっており、SpringBootフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

SpringBootのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

SpringBootのフリーランス求人・案件について

SpringBootのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
SpringBootのフリーランス求人・案件の平均単価は67.7万円、中央値単価は70万円、最高単価は140万円、最低単価は33万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

SpringBootのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・SpringBoot経験1年未満:35万円前後 (年収420万円)
・SpringBoot経験1年~2年:42万円前後 (年収504万円)
・SpringBoot経験2年~3年:60万円前後 (年収714万円)
・SpringBoot経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・SpringBoot経験5年以上:84万円前後 (年収1008万円)

SpringBootについて
SpringBootはJavaフレームワークのSpringの各種フレームワークを高速システム開発という観点で統合して、使いやすくしたものがSpringBootフレームワークです。
SpringBootの特徴は下記のような点が挙げられます。
・XML設定ファイルの記述が不要
Spring FrameworkはXML形式の設定ファイルを定義することで設定を外部化することが可能ですが、Spring Frameworkではこの設定ファイルの設定の煩雑さが指摘されています。
Spring Bootではこの設定ファイルの複雑さを可能な限り排除しており、必要最低限の設定を行うだけでアプリケーションの起動・実行を行えます。

・Webコンテナを内含
Webコンテナをjar(Java ARchive)ファイルに含め、jarファイル単体でWebアプリケーション作成が出来ます。
SpringBootは、デフォルトでTomcatコンテナを含んでいます。ある程度開発に必要なものをあらかじめ設定し、素早く開発することができる機能がSpringBootには備わっています。

・コーディング量の削減
アノテーションを記述することにより機能を実装することが可能なため、コーディング量が削減可能です。アノテーション(annotation)とは注釈を意味する言葉で、記述することで特定の意味をつけるものです。Javadocでもアノテーションを書きドキュメント生成をしています。

SpringBootでの開発を行う際はSpring Tool Suite(STS)を利用するのが最適です。STSはSpring Framwrowkの開発元が提供しているEclipseを基にして作成された統合開発環境(IDE)であり、Spring Frameworkを利用した開発に適した機能が多数備わっています。
なお、SpringBoot以外のJavaフレームワークはSeasar2・Play Framework・JSF・Struts・Wicektがあります。

SpringBootのフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・SpringBootやSpring Frameworkでの開発経験年数
・大規模システムでの開発や運用保守経験年数
・大規模なチームでの開発経験
・Javaでの開発経験
・サーバー、ネットワーク、仮想化環境等のインフラ知識・経験年数
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではSpringBootのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでSpringBootのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■SpringBootの市場動向やニーズについて
SpringBootはWebサービス、銀行、証券、保険、メーカー、流通、小売、SIerなど幅広い業界で需要があるスキルの1つです。
主にWebアプリ開発や業務系システム開発、運用保守、改修の求人・案件が多くあります。また多く案件がSpringBootの他にJava、TypeSciptでの開発言語スキル、Play Framework・JSF・Strutsなどのフレームワークスキル、DB、仮想化環境での業務経験等のスキルを活用します。今後急速に変わり続けていくIT市場に対してJava以外にも周辺で必要になるPlay FrameworkやStrutsなどのJavaフレームワークやサーバーやインフラなどバックエンド側の開発スキルを習得しておくのも武器になるでしょう。