ファイヤーウォールの求人・案件一覧

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

72.1万円

中央値単価

67.5万円

最高単価

120万円

最低単価

28万円

全471件中1-30件を表示中

全471件中1-30件を表示中

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとMidworksが43件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が32件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が27件、フューチャリズムが5件、TechStockが4件、パーソルテクノロジースタッフが4件、レバテックフリーランスが3件、レバテッククリエイターが3件、ハイパフォコンサルが1件、FREE-DAが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはMidworks、ランサーズエージェント(Lancers Agent)、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)であることがわかります。
ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はMidworks、ランサーズエージェント(Lancers Agent)、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとMidworksが43件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が27件、TechStockが3件、レバテッククリエイターが3件、フューチャリズムが2件、レバテックフリーランスが2件、FREE-DAが1件、PE-BANKが1件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が1件、パーソルテクノロジースタッフが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはMidworks、ランサーズエージェント(Lancers Agent)、TechStockであることがわかります。
ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はMidworks、ランサーズエージェント(Lancers Agent)、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが96万円、レバテッククリエイターが85万円、FREE-DAが80万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が80万円、レバテックフリーランスが75万円、TechStockが74万円、PE-BANKが70万円、Midworksが69万円、テックリーチが67万円、フューチャリズムが65万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
月額単価の高いファイヤーウォールのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、レバテッククリエイター、FREE-DAであることがわかります。
ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、レバテッククリエイター、FREE-DAを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が90件、大阪府が8件、神奈川県が5件、福井県が2件、兵庫県が2件、千葉県が1件、長野県が1件、京都府が1件、鳥取県が1件、広島県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件数の推移

ファイヤーウォールの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年1月が123件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

ファイヤーウォールのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

ファイヤーウォールの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年1月が41件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年1月が72.1万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年1月が865.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

ファイヤーウォールの常駐案件・リモートワーク案件割合

ファイヤーウォールの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が40件(32.5%)、常駐案件が83件(67.5%)となっており、ファイヤーウォールフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

ファイヤーウォールのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件について

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、57.5~77.5万円程度です。
ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件の平均単価は72.1万円、中央値単価は67.5万円、最高単価は120万円、最低単価は28万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

ファイヤーウォールのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・ファイヤーウォール経験1年未満:34万円前後 (年収405万円)
・ファイヤーウォール経験1年~2年:41万円前後 (年収486万円)
・ファイヤーウォール経験2年~3年:57万円前後 (年収689万円)
・ファイヤーウォール経験3年~5年:68万円前後 (年収810万円)
・ファイヤーウォール経験5年以上:81万円前後 (年収972万円)

ファイヤーウォール(Firewall)とは?
ファイヤーウォール(Firewall)は、外部ネットワークからのサイバー攻撃や不正アクセスを防ぐセキュリティ機能です。
ファイヤーウォール(Firewall)は「防火壁」という日本語訳になり、インターネットと自社サーバーネットワークの間に設置し、外部からの攻撃を監視・制御し、内部ネットワークを保護する役割を果たします。
ファイヤーウォール(Firewall)は、大きく「パケットフィルタリング型」「アプリケーションゲートウェイ型」「サーキットレベルゲートウェイ型」の3つに分類出来ます。

「パケットフィルタリング型」とは通信を細分化したパケットを監視するファイアウォールです。
「アプリケーションゲートウェイ型」とは内部コンピュータの代わりに通信を行うファイアウォールです。
「サーキットレベルゲートウェイ型」とは従来のパケットフィルタリング機能にポート制御機能を追加したファイアウォールです。

ファイヤーウォール(Firewall)機能をつけることにより、外部からの不正アクセス、情報の漏洩や改ざん、ウィルス感染の可能性などの危険から守ってくれるることが最大のメリットでしょう。
一方ファイヤーウォール(Firewall)はあくまでも基礎的な役割りを果たすものであり、ウイルスが含まれているかまで精査できないことがデメリットでしょう。


■ファイヤーウォール(Firewall)とIDS/IPS、WAFとの違い
ファイヤーウォール(Firewall)は、通信の発信元や宛先情報を元にしたパケットフィルタリングなどの機能で外部ネットワークからの不正アクセスを防ぎます。ネットワークそのものと、ルータ・スイッチ・サーバーといったインフラ設備を防御対象としています。

IDS(Intrusion Detection System:侵入検知システム)と、IPS(Intrusion Prevention System:侵入防止システム)は、ネットワーク上の不正アクセスを検知・防御するシステムです。
ファイヤーウォール(Firewall)は、通信の送信元/宛先のみを監視しており、通信内容はみていませんが、IDS/IPSは通信内容を監視している点が異なります。

またWAF(Web Application Firewall)は、Webアプリケーションに対するセキュリティ機能です。アプリケーションへのアクセスを監視し、事前に許可されたパターンと照合し、不正な通信を遮断します。
ファイヤーウォール(Firewall)とWAFでは、防御の対象が異なります。ファイアウォールは内部ネットワークが対象であるのに対し、WAFはWebアプリケーションを防御の対象としています。


■ファイヤーウォール(Firewall)の市場動向
2021年8月、REPORTOCEANが発表したレポートによると、世界のネットワークセキュリティファイアウォール市場は、2019年には約30億9,000万米ドルとなり、2020年から2027年の予測期間中に22.90%以上の健全な成長率で推移すると予想されています。

また、日経xTECHが2018年5月~6月にかけて1,010人に対して行った調査によるとUTM/ファイアウォールの利用度ランキング1位はフォーティネット社、2位はパロアルトネットワークス、3位はシスコシステムズという結果です。

ITフリーランスエンジニア向け求人・案件検索サイト-フリーランススタート-ではファイヤーウォール(Firewall)のフリーランス求人・案件が掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでファイヤーウォール(Firewall)のフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。