Ciscoの求人・案件一覧

Ciscoのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

79.9万円

中央値単価

77.5万円

最高単価

130万円

最低単価

56万円

Ciscoのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、67.5~87.5万円程度です。
Ciscoのフリーランス求人・案件の平均単価は79.9万円、中央値単価は77.5万円、最高単価は130万円、最低単価は56万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Ciscoのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Ciscoのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Ciscoのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとTechStockが4件、PE-BANKが1件、レバテックフリーランスが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Ciscoのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはTechStock、PE-BANK、レバテックフリーランスであることがわかります。
Ciscoのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はTechStock、PE-BANK、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Ciscoのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Ciscoのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Ciscoのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
Ciscoのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Ciscoのフリーランス求人・案件について

Ciscoは、アメリカのカリフォルニア州サンノゼに本社を置く、ネットワーク機器の開発、販売会社です。日本法人は1992年に設立され、主に企業・通信事業者が利用するインターネットや、社内ネットワークに関する通信機器(ルーター・スイッチなど)を取り扱っています。
Ciscoという社名は、カリフォルニア州の都市「サンフランシスコ」から取ったとされており、ロゴマークは同地にあるゴールデンゲートブリッジを象ったものとなっています。

Ciscoの機器には管理用のシリアルポート(コンソールポート)が用意されており、PCとケーブルで直接接続出来ます。これを通じてターミナルソフトでアクセスし、文字ベースの操作画面(CLI:コマンドラインインターフェース)を用いて設定の変更や動作の制御などを行うことができます。
近年ではブラウザベースのGUIを備えるCisco機器も増加しています。

Ciscoは、特定の製品やソリューションの枠組みを超え、それらを連携した アーキテクチャとしてコラボレーション、セキュリティ、エンタープライズネットワーク、データセンターと仮想化、サービスプロバイダーなどがあります。

コラボレーション:
メッセージング・ビデオ、Web会議・電話をシームレスに連携し、クラウドやオンプレミスでコラボレーションを提供しています。クラウドサービスのCisco Webexやビデオ会議端末のCisco TelePresenceシリーズなどがあります。

セキュリティ:
標的型攻撃、DDoS攻撃、なりすましメール、Web不正アクセス、ランサムウェアなど、セキュリティ製品があります。

エンタープライズネットワーク:
スイッチのCatalystシリーズ、サービス統合型ルータのCisco ISRシリーズ、ワイヤレスアクセスポイントのCisco Aironetシリーズやクラウド管理型のCisco Merakiシリーズなどがあります。

データセンターと仮想化:
コンピューティング、ストレージ、そしてネットワークを統合したデータセンターソリューションを提供しています。UCSサーバ、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)のCisco HyperFlexなどがあります。

サービスプロバイダ―:
ネットワーク構築を可能にする製品を提供しています。コアルータNCS6000シリーズ、キャリアイーサネットプラットフォームのASR9000シリーズ、ケーブル事業者向けCCAP用コンバージドブロードバンドルータのcBRシリーズなどがああります。

Ciscoは、同社の製品を取り扱うための技術や知識を認定する資格試験の制度を独自に設けITプロフェッショナル認定を提供しており、エントリー(CCENT)、アソシエイト(CCNA/CCDA)、プロフェッショナル(CCNP/CCDP)、エキスパート(CCIE/CCDE)、アーキテクトの5つの認定レベルがあります。
IDC JAPANが2019年7月に発表した、国内ネットワーク機器市場の2018年度のシェア調査では、市場の47.9%がCiscoであるという結果が出ています。
Cisco製のネットワーク機器を使用している企業が多いため、特にネットワークエンジニアにとっては重要な資格でしょう。
Ciscoのスキルはネットワークエンジニア、インフラエンジニア、システムエンジニア(SE)、コンサルタント、セキュリティエンジニア、社内SEなど様々な職種で必要になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではCiscoのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでCiscoのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。