Ciscoの求人・案件一覧

Ciscoのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

53.3万円

中央値単価

50万円

最高単価

700万円

最低単価

25万円

全2281件中1-50件を表示中

全2281件中1-50件を表示中

Ciscoのフリーランス案件に関するよくある質問

Ciscoのフリーランス案件は高単価ですか?

Ciscoのフリーランス案件の最高単価は700万円で、平均単価は53.3万円です。 Ciscoのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は636~8,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のCiscoの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるCiscoのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Ciscoのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Ciscoの募集中フリーランス案件数は152件、累計掲載案件は2,281件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のCiscoのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Ciscoのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Ciscoの募集中リモート案件数は40件、累計掲載案件は921件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるCiscoのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Ciscoのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Ciscoのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが938件、レバテックフリーランスが209件、エンジニアルーム(Engineer Room)が149件、TechStockが95件、Midworksが76件、SEES(シーズ)が62件、PE-BANKが27件、アットエンジニアが18件、パーソルエクセルHRパートナーズが12件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が11件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Ciscoのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、エンジニアルーム(Engineer Room)であることがわかります。
Ciscoのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、エンジニアルーム(Engineer Room)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Ciscoのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Ciscoのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが71件、レバテックフリーランスが9件、TechStockが5件、Midworksが4件、アットエンジニアが2件、PE-BANKが2件、エンジニアルーム(Engineer Room)が2件、SKILLRY FREELANCE(スキリーフリーランス)が2件、E-agentが1件、ケーアイディーが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Ciscoのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、TechStockであることがわかります。
Ciscoのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Ciscoのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Ciscoのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが102.2万円、DYMテックが90万円、ビズリンクが81.1万円、TechStockが74.4万円、テックビズフリーランスが72.6万円、ギークスジョブが72.3万円、HiPro Tech(ハイプロテック)が72万円、PE-BANKが70.4万円、1 on 1 Freelanceが70万円、FREE-DAが70万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
月額単価の高いCiscoのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、DYMテック、ビズリンクであることがわかります。
Ciscoのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、DYMテック、ビズリンクを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Ciscoのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Ciscoのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が300件、週4日が100件、週3日が77件、週2日が46件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Ciscoのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるCiscoのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Ciscoのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Ciscoのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が797件、神奈川県が63件、大阪府が33件、埼玉県が24件、千葉県が22件、兵庫県が11件、福岡県が9件、北海道が5件、愛知県が4件、広島県が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)
Ciscoのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
Ciscoのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

Ciscoのフリーランス求人・案件数の推移

Ciscoの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年4月が507件、2022年5月が264件、2022年6月が408件、2022年7月が392件、2022年8月が125件、2022年9月が316件となっています。Ciscoのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、191件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Ciscoのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Ciscoの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年4月が127件、2022年5月が112件、2022年6月が126件、2022年7月が134件、2022年8月が112件、2022年9月が124件となっています。Ciscoのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、12件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Ciscoのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Ciscoのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年4月が55.0万円、2022年5月が54.8万円、2022年6月が54.4万円、2022年7月が54.2万円、2022年8月が54.0万円、となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Ciscoのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Ciscoのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年4月が660.5万円、2022年5月が657.3万円、2022年6月が653.3万円、2022年7月が650.3万円、2022年8月が647.9万円、となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Ciscoの常駐案件・リモートワーク案件割合

Ciscoの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が112件(38.5%)、常駐案件が179件(61.5%)となっており、Ciscoフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Ciscoのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Ciscoのフリーランス求人・案件について

Ciscoのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、40~60万円程度です。
Ciscoのフリーランス求人・案件の平均単価は53.3万円、中央値単価は50万円、最高単価は700万円、最低単価は25万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年09月)

Ciscoのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Cisco経験1年未満:25万円前後 (年収300万円)
・Cisco経験1年~2年:30万円前後 (年収360万円)
・Cisco経験2年~3年:43万円前後 (年収510万円)
・Cisco経験3年~5年:50万円前後 (年収600万円)
・Cisco経験5年以上:60万円前後 (年収720万円)

Ciscoは、アメリカのカリフォルニア州サンノゼに本社を置く、ネットワーク機器の開発、販売会社です。日本法人は1992年に設立され、主に企業・通信事業者が利用するインターネットや、社内ネットワークに関する通信機器(ルーター・スイッチなど)を取り扱っています。
Ciscoという社名は、カリフォルニア州の都市「サンフランシスコ」から取ったとされており、ロゴマークは同地にあるゴールデンゲートブリッジを象ったものとなっています。

Ciscoの機器には管理用のシリアルポート(コンソールポート)が用意されており、PCとケーブルで直接接続出来ます。これを通じてターミナルソフトでアクセスし、文字ベースの操作画面(CLI:コマンドラインインターフェース)を用いて設定の変更や動作の制御などを行うことができます。
近年ではブラウザベースのGUIを備えるCisco機器も増加しています。

Ciscoは、特定の製品やソリューションの枠組みを超え、それらを連携した アーキテクチャとしてコラボレーション、セキュリティ、エンタープライズネットワーク、データセンターと仮想化、サービスプロバイダーなどがあります。

コラボレーション:
メッセージング・ビデオ、Web会議・電話をシームレスに連携し、クラウドやオンプレミスでコラボレーションを提供しています。クラウドサービスのCisco Webexやビデオ会議端末のCisco TelePresenceシリーズなどがあります。

セキュリティ:
標的型攻撃、DDoS攻撃、なりすましメール、Web不正アクセス、ランサムウェアなど、セキュリティ製品があります。

エンタープライズネットワーク:
スイッチのCatalystシリーズ、サービス統合型ルータのCisco ISRシリーズ、ワイヤレスアクセスポイントのCisco Aironetシリーズやクラウド管理型のCisco Merakiシリーズなどがあります。

データセンターと仮想化:
コンピューティング、ストレージ、そしてネットワークを統合したデータセンターソリューションを提供しています。UCSサーバ、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)のCisco HyperFlexなどがあります。

サービスプロバイダ―:
ネットワーク構築を可能にする製品を提供しています。コアルータNCS6000シリーズ、キャリアイーサネットプラットフォームのASR9000シリーズ、ケーブル事業者向けCCAP用コンバージドブロードバンドルータのcBRシリーズなどがああります。

Ciscoは、同社の製品を取り扱うための技術や知識を認定する資格試験の制度を独自に設けITプロフェッショナル認定を提供しており、エントリー(CCENT)、アソシエイト(CCNA/CCDA)、プロフェッショナル(CCNP/CCDP)、エキスパート(CCIE/CCDE)、アーキテクトの5つの認定レベルがあります。
IDC JAPANが2019年7月に発表した、国内ネットワーク機器市場の2018年度のシェア調査では、市場の47.9%がCiscoであるという結果が出ています。
Cisco製のネットワーク機器を使用している企業が多いため、特にネットワークエンジニアにとっては重要な資格でしょう。
Ciscoのスキルはネットワークエンジニア、インフラエンジニア、システムエンジニア(SE)、コンサルタント、セキュリティエンジニア、社内SEなど様々な職種で必要になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではCiscoのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでCiscoのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。