FastAPIの求人・案件一覧

FastAPIのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

35.0万円

中央値単価

35万円

最高単価

35万円

最低単価

35万円

FastAPIのフリーランス案件に関するよくある質問

FastAPIのフリーランス案件は高単価ですか?

FastAPIのフリーランス案件の最高単価は35万円で、平均単価は35.0万円です。 FastAPIのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は420~420万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のFastAPIの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるFastAPIのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

FastAPIのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

FastAPIの募集中フリーランス案件数は0件、累計掲載案件は1件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のFastAPIのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

FastAPIのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

FastAPIの募集中リモート案件数は0件、累計掲載案件は1件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるFastAPIのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

FastAPIのフレームワーク別募集中案件数推移

FastAPIのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年7月がPython2,200件/Django372件/Flask132件、2022年8月がPython1,514件/Django297件/Flask87件、2022年9月がPython2,010件/Django362件/Flask108件、2022年10月がPython1,882件/Django326件/Flask97件、2022年11月がPython2,308件/Django390件/Flask124件、2022年12月がPython2,400件/Django402件/Flask128件となっています。
FastAPIのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しPythonは92件(3%)の増加、Djangoは12件(3%)の増加、Flaskは4件(3%)の増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

FastAPIのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

FastAPIのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
FastAPIのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフであることがわかります。
FastAPIのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

FastAPIのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

FastAPIのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
FastAPIのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフであることがわかります。
FastAPIのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

FastAPIのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

FastAPIのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとパーソルテクノロジースタッフが35万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
月額単価の高いFastAPIのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフであることがわかります。
FastAPIのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

FastAPIのフリーランス求人・案件数の推移

FastAPIの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年11月が1件、2022年12月が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

FastAPIのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

FastAPIの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年11月が1件、2022年12月が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

FastAPIのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

FastAPIのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年11月が35.0万円、2022年12月が35.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

FastAPIのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

FastAPIのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年11月が420.0万円、2022年12月が420.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

FastAPIの常駐案件・リモートワーク案件割合

FastAPIの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1件(100%)、常駐案件が0件(0%)となっており、FastAPIフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

FastAPIのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

FastAPIのフリーランス求人・案件について

FastAPIのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、25~45万円程度です。
FastAPIのフリーランス求人・案件の平均単価は35.0万円、中央値単価は35万円、最高単価は35万円、最低単価は35万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

FastAPIのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・FastAPI経験1年未満:18万円前後 (年収210万円)
・FastAPI経験1年~2年:21万円前後 (年収252万円)
・FastAPI経験2年~3年:30万円前後 (年収357万円)
・FastAPI経験3年~5年:35万円前後 (年収420万円)
・FastAPI経験5年以上:42万円前後 (年収504万円)

FastAPIについて
FastAPIとはPythonの標準である型ヒントに基づきPython 3.6以降でWebAPIを構築する目的で開発されたモダンなPythonフレームワークです。FastAPIは2018年にリリースされ、最新のバージョンは0.77.1です。またFastAPIは、Stack Overflow 2021 Developer Surveyにおいて 3番目に人気のあるWebフレームワークとなっています。

FastAPIの特徴として高速でコーディングが可能であること、シンプルかつソースコード量がすくないため開発が比較的簡単であること、型付けを行うためバグを少なく開発できること、日本語での公式ドキュメントがあることなどが挙げられます。
ただし、FastAPIは2018年にリリースされた新しいPythonフレームワークであるため、コミュニティーが他Pythonを代表とするフレームワークよりも小さいことが懸念点でしょう。

なお、FastAPIはUberやNetflixなどの大企業がアプリ開発に活用されています。
Python自体が現在人気の開発言語になっていることから、注目が集まり始めているFastAPIは今後も人気が加熱してくる可能性が高いでしょう。

FastAPIフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、

・FastAPIの開発経験
・Pythonの開発経験
・中〜大規模まで様々な規模での開発経験
・Python開発周辺で頻繁に使用するスキル
・参画するフリーランス求人・案件の商流
・チームリーダーやチームマネジメント経験
・Pythonフレームワークやライブラリの利用経験

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではFastAPIのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでFastAPIのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■FastAPI習得難易度・勉強方法について
FastAPIの人気について日本はもちろんのこと、世界で年々注目を集め始めているフレームワークの1つです。
FastAPIはPython習得者がフレームワークを習得する場合習得難易度は低いでしょう。FastAPIはシンプルかつソースコード量が少ないためです。
また、FastAPIは近年人気が加熱しているフレームワークであり、数年前と比較し日本語の情報も多くなっています。FastAPIフリーランス求人・案件は年々増加しているため、Pythonフリーランスエンジニアとして習得すべきフレームワークとして検討してみても良いでしょう。

FastAPIを始めとするフレームワークやプログラミング言語を学習するにあたって、FastAPIに関する情報をインターネットで収集したり、参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かることを念頭に置いておきましょう。

なお、FastAPI習得を希望するフリーランスエンジニアは、まず周辺でFastAPIに精通したフリーランスエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Pythonから習得してみる、FastAPI関連の記事を読んでみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。


■FastAPIの市場動向やニーズについて
FastAPIの需要は今後も拡大していくことが予想されます。
FastAPIの人気について日本はもちろんのこと、世界で年々注目され始めているPythonフレームワークです。

FastAPIは中〜大規模なSaaSサービス開発、Webアプリ/サービス開発、Webシステム開発、業務システム開発など幅広く活用できるPythonフレームワークでありFastAPIフリーランス求人・案件も増加傾向です。
また、FastAPIはUberやNetflixなど世界的優良企業の大規模なアプリ開発に活用されています。

年々ニーズが増しており、かつ学習コストも比較的低いことから、FastAPIフリーランスエンジニアの求人・案件に携わりたいPythonフリーランスエンジニアはFastAPIを習得しておいて損はないでしょう。
重宝されるフリーランスエンジニアになるためニーズや市場のトレンドを抑えることは重要ですが、IT業界は日々新しい技術が開発されていますので、FastAPIを含む開発スキルに関して定期的にアップデートを行うことをおすすめします。