GitHubの求人・案件一覧

GitHubのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

72.8万円

中央値単価

75万円

最高単価

150万円

最低単価

30万円

全344件中1-30件を表示中

全344件中1-30件を表示中

GitHubのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

GitHubのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが60件、テクフリが31件、TechStockが23件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が20件、at-engineerが16件、フォスターフリーランスが13件、レバテッククリエイターが12件、Midworksが9件、ビズリンクが6件、indecoが3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年04月)
GitHubのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、テクフリ、TechStockであることがわかります。
GitHubのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、テクフリ、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

GitHubのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

GitHubのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが2件、REA techが2件、テクフリが1件、ハイパフォコンサルが1件、TechStockが1件、Humalanceが1件、エンジニアルーム(Engineer Room)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年04月)
GitHubのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、REA tech、テクフリであることがわかります。
GitHubのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、REA tech、テクフリを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

GitHubのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

GitHubのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとPMO NAVIが150万円、案件ナビが90万円、FREE-DAが90万円、TechStockが86.9万円、Next Career Freelanceが85万円、ハイパフォコンサルが85万円、Midworksが84.4万円、フォスターフリーランスが82.4万円、REA techが80万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が80万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年04月)
月額単価の高いGitHubのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはPMO NAVI、案件ナビ、FREE-DAであることがわかります。
GitHubのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はPMO NAVI、案件ナビ、FREE-DAを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

GitHubのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

GitHubのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が236件、大阪府が7件、神奈川県が6件、千葉県が2件、埼玉県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年04月)
GitHubのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
GitHubのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

GitHubのフリーランス求人・案件数の推移

GitHubの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2020年11月が51件、2020年12月が61件、2021年1月が65件、2021年2月が59件、2021年3月が60件、2021年4月が58件となっています。GitHubのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、2件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年04月)

GitHubのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

GitHubのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2020年11月が73.0万円、2020年12月が72.9万円、2021年1月が72.6万円、2021年2月が72.7万円、2021年3月が72.6万円、2021年4月が72.8万円となっています。GitHubのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.2万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年04月)

GitHubのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

GitHubのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2020年11月が876.2万円、2020年12月が874.5万円、2021年1月が871.6万円、2021年2月が872.9万円、2021年3月が871.3万円、2021年4月が874.0万円となっています。GitHubのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し2.7万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2021年04月)

GitHubの常駐案件・リモートワーク案件割合

GitHubの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が9件(15.5%)、常駐案件が49件(84.5%)となっており、GitHubフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

GitHubのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

GitHubのフリーランス求人・案件について

GitHubのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
GitHubのフリーランス求人・案件の平均単価は72.8万円、中央値単価は75万円、最高単価は150万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年04月)

GitHubのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・GitHub経験1年未満:38万円前後 (年収450万円)
・GitHub経験1年~2年:45万円前後 (年収540万円)
・GitHub経験2年~3年:64万円前後 (年収765万円)
・GitHub経験3年~5年:75万円前後 (年収900万円)
・GitHub経験5年以上:90万円前後 (年収1080万円)

GitHubについて

GitHubは、ソフトウェア開発のプラットフォームです。コードのバージョン管理システムにはGitを使用します。Ruby on Rails・Erlangで書かれており、米国サンフランシスコに拠点を置くGitHub社により保守されています。主な開発者はPJ Hyett・Chris Wanstrath・Tom Preston-Wernerです。
GitHubは、商用プラン・オープンソースプロジェクト用の無料アカウントを提供してます。
GitHubにソースコードをホスティングすることでソフトウェア開発者複数人で協力してコードをレビューしたり、プロジェクトを管理しながら開発をすることができます。なお、Gitはコマンドラインツールですが、GitHubはWeb上でグラフィカルなUI(ユーザインタフェイス)を提供したり、セキュリティのためのアクセス制御があります。
GitHubはGistと呼ばれるPastebinスタイルのサイトも運営しています。それらのコンテンツは、個々のリポジトリのためのWikipediaやWebページでありGitリポジトリを介して編集します。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではGitHubのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでGitHubのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。