Ruby on Railsの求人・案件一覧

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

62.3万円

中央値単価

75万円

最高単価

200万円

最低単価

13万円

全9263件中1-50件を表示中

全9263件中1-50件を表示中

Ruby on Railsのフリーランス案件に関するよくある質問

Ruby on Railsのフリーランス案件は高単価ですか?

Ruby on Railsのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は62.3万円です。 Ruby on Railsのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は744~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のRuby on Railsの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるRuby on Railsのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Ruby on Railsのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Ruby on Railsの募集中フリーランス案件数は2,171件、累計掲載案件は9,263件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のRuby on Railsのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Ruby on Railsのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Ruby on Railsの募集中リモート案件数は925件、累計掲載案件は3,729件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるRuby on Railsのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Ruby on Railsのフレームワーク別募集中案件数推移

Ruby on Railsのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年7月がRuby2,446件、2022年8月がRuby1,590件、2022年9月がRuby2,047件、2022年10月がRuby2,013件、2022年11月がRuby2,554件、2022年12月がRuby2,666件となっています。
Ruby on Railsのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しRubyは112件(4%)の増加となっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが1194件、Midworksが671件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が654件、アットエンジニアが527件、テクフリが339件、テックリーチが242件、TechStockが193件、ギークスジョブが192件、FLEXY(フレキシー)が191件、techtreeが173件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Ruby on Railsのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、Midworks、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
Ruby on Railsのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、Midworks、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが531件、アットエンジニアが152件、Midworksが146件、テックビズフリーランスが12件、株式会社mijicaが10件、FLEXY(フレキシー)が9件、ビズリンクが8件、ビットエーパートナーズが8件、techtreeが7件、Relance(リランス)が7件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Ruby on Railsのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、アットエンジニア、Midworksであることがわかります。
Ruby on Railsのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、アットエンジニア、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとトゥーズワークスが110万円、バチグマが100万円、Findy Freelance(ファインディフリーランス)が97.7万円、株式会社mijicaが89.1万円、フリーランスのミカタが88.4万円、Tech Choiceが87.6万円、ビットエーパートナーズが86.9万円、ギークスジョブが86.6万円、Relance(リランス)が85.4万円、スマートソーシャルが84.4万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
月額単価の高いRuby on Railsのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはトゥーズワークス、バチグマ、Findy Freelance(ファインディフリーランス)であることがわかります。
Ruby on Railsのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はトゥーズワークス、バチグマ、Findy Freelance(ファインディフリーランス)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が3220件、週4日が1541件、週3日が1062件、週2日が187件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Ruby on Railsのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるRuby on Railsのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が6205件、大阪府が146件、福岡県が105件、神奈川県が61件、広島県が48件、兵庫県が44件、愛知県が31件、京都府が23件、埼玉県が20件、北海道が17件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Ruby on Railsのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、福岡県に最も集中している事がわかります。
Ruby on Railsのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、福岡県あたりが良いでしょう。

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件数の推移

Ruby on Railsの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が1958件、2022年8月が1369件、2022年9月が1731件、2022年10月が1693件、2022年11月が2128件、2022年12月が2158件となっています。Ruby on Railsのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、30件増加しており、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ruby on Railsのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Ruby on Railsの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が892件、2022年8月が840件、2022年9月が879件、2022年10月が787件、2022年11月が864件、2022年12月が935件となっています。Ruby on Railsのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、71件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年7月が66.9万円、2022年8月が66.6万円、2022年9月が66.8万円、2022年10月が67.1万円、2022年11月が67.2万円、2022年12月が67.5万円となっています。Ruby on Railsのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.3万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年7月が803.3万円、2022年8月が798.9万円、2022年9月が801.8万円、2022年10月が804.9万円、2022年11月が806.5万円、2022年12月が810.3万円となっています。Ruby on Railsのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し3.8万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ruby on Railsの常駐案件・リモートワーク案件割合

Ruby on Railsの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が935件(46.2%)、常駐案件が1087件(53.8%)となっており、Ruby on Railsフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Ruby on Railsのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件について

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、65~85万円程度です。
Ruby on Railsのフリーランス求人・案件の平均単価は62.3万円、中央値単価は75万円、最高単価は200万円、最低単価は13万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ruby on Railsのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Ruby on Rails経験1年未満:38万円前後 (年収450万円)
・Ruby on Rails経験1年~2年:45万円前後 (年収540万円)
・Ruby on Rails経験2年~3年:64万円前後 (年収765万円)
・Ruby on Rails経験3年~5年:75万円前後 (年収900万円)
・Ruby on Rails経験5年以上:90万円前後 (年収1080万円)

Railsについて

Rails(Ruby on Rails)はRubyのWebアプリケーション開発のための「フレームワーク」です。
近年自社サービスがある企業・ベンチャー企業での使用が多くなっています。
Rails(Ruby on Rails)はコードのひな形の自動設定機能・特定の機能の使用を容易に出来るあらかじめ設定された記述形式等により、簡単で迅速にコーディングが記述可能です。記述が必要なコードは他プログラミング言語と比較して極端に少なくすることが出来ます。
また、Ajaxのライブラリが最初から組み込まれており、RIA(Rich Internet Applications)が容易に構築できるという特徴もあります。さらにMVCアーキテクチャをサポートしており、データベース関連の処理を行うモデル・データを表示するビューなどコントロールするテンプレートを自動生成する機能も搭載しています。
Rails(Ruby on Rails)はオープンソースソフトウェア(OSS)で開発されており、公式サイトなどから無償で入手することができます。Rails(Ruby on Rails)の他にもPHP・Python・Perなどの他言語もRails(Ruby on Rails)を受け継いだフレームワークが登場しています。尚、Rails(Ruby on Rails)のコードをスマホ用に変えるツール(Ruby Motion)があります。
Rails(Ruby on Rails)の案件はスマホアプリ開発・ゲーム開発・Webサービス開発・業務システム開発等様々です。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではRails(Ruby on Rails)のフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでRails(Ruby on Rails)のフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Rails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件動向
Rails(Ruby on Rails)はRubyを代表するWebアプリケーションフレームワークです。
Rails(Ruby on Rails)のフリーランス求人・案件において、代表的な求人・案件を説明します。

・WebアプリやWebシステム開発
Rails(Ruby on Rails)はWebアプリ開発、SaaS開発、業務システム開発などに活用されています。例えば教育系や飲食系、金融系、建築系などのシステム開発、医療/ヘルスケア系Webサービス開発、広告配信ツール開発などのフリーランス求人・案件が豊富にあります。

Rails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件によっては、100万円以上の高単価の獲得できるものもあります。
しかし、高単価を獲得する場合、Rails(Ruby on Rails)以外にもJava、JavaScript、PHP、Pythonなど開発言語スキルやデータベースやソース管理ツールやクラウドなど、システム開発で必要になる開発スキルを要求されることがほとんどです。


・Webサイト制作
Rails(Ruby on Rails)は、ECやポータルなどのWebサイト制作のフリーランス求人・案件があります。
Rails(Ruby on Rails)以外にもRuby、JavaScript、jQuery、PHP、WordPress、CMSなどWebサイト開発で必要なスキルが要求されます。
また、自走できるスキルやコミュニケーションスキルが備わっているかなど、開発現場で働くに当たって必要最低限なスキルも要求されやすいです。

その他、SEOを含むSEMやマーケティングスキル、UI・UXの知見があるとよりRails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして仕事の幅が広がります。


・機械学習やAI(人工知能)開発
Rails(Ruby on Rails)は機械学習やAI(人工知能)開発にも活用されています。
機械学習やAI(人工知能)開発と言えば、主にPythonを活用しますが、Rails(Ruby on Rails)やRubyを活用しても開発できます。
しかし、2022年ではRails(Ruby on Rails)を使った機械学習を含むAI(人工知能)開発のフリーランス求人・案件は多くないです。


■Rails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件のリモートワーク・在宅・持ち帰り状況
Rails(Ruby on Rails)はゲーム開発やWebサービス開発・業務システム開発などに活用されているRubyのフレームワークです。

ゲーム開発・Webサービス開発・業務システム開発など、多くの現場において徐々にリモートワークや在宅・持ち帰りのRails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件が増えています。

今後、Rails(Ruby on Rails)を含むフリーランス求人・案件のリモートワークや在宅・持ち帰り化は増加していく可能性が高いでしょう。その理由として、現在世界中で蔓延しているコロナの影響が挙げられるでしょう。

さらにSlack、Chatwork、Box、Zoom、Evernote、Google Workspace、Google Hangoutsなど生産性を維持できるようなサービスの登場や5Gの導入によりネット環境がある程度どこでもつながることなど、IT業界全体の技術的進歩のおかげでリモートワーク・在宅・持ち帰りのフリーランス求人・案件が増加しているとも推測できるでしょう。

Rails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件でリモートワークや在宅・持ち帰りで仕事を行いたい場合、ゲーム開発やWebサービス開発・業務システム開発を探してみることをおすすめします。


■Rails(Ruby on Rails)での週2日、週3日フリーランス求人・案件について
Rails(Ruby on Rails)における週2日、週3日フリーランス求人・案件について解説していきます。

Rails(Ruby on Rails)の週2日、週3日フリーランス求人・案件は他フレームワークやライブラリと比較して多く存在します。
2018年に副業が解禁されてから現在に至るまで徐々にRails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件数が増加している傾向にあります。

また週2日、週3日でも月収100万円以上など、常駐(週5日)稼働と同単価のRails(Ruby on Rails)フリーランス案件・求人も存在します。週2日、週3日フリーランス求人・案件はスマホアプリ開発やゲーム開発・Webサービス開発・業務システム開発など常駐(週5日)のフリーランス求人・案件と変わりなく様々なものがあります。

週2日、週3日フリーランス求人・案件に参画することによって、複数のRails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件に参画できるため、様々なプロダクトやサービス開発に携われたり、多種多様なエンジニアやプロジェクトマネージャーなどとコミュニケーションを取れます。
Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして開発スキル向上に繋がったり常駐のフリーランス求人・案件と比較してより多くの開発実績/経験を積むことが出来ます。

Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして常駐フリーランス求人・案件以外に参画したい方やより豊富な開発実績/経験を積みたい方は週2日、週3日フリーランス求人・案件を探してみてはいかがでしょうか。


■Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアにおすすめの資格について
Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

・Ruby技術者認定試験
Ruby技術者認定試験は、非営利団体Ruby Associationにより運営されています。
Ruby技術者認定試験は、Rubyベースのシステムを設計、開発、運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師及びRubyを学ぶ学生などを対象とした認定試験制度です。

Ruby技術者認定試験はSilverとGoldの2つのレベルがあります。
Ruby技術者認定試験はRubyの基礎から実務レベルまで身に付けることが出来ます。
そのため、Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして取得することをおすすめする試験です。


■Rails(Ruby on Rails)のフリーランス求人・案件の探し方
Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとしてフリーランス求人・案件の探し方を説明します。
Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして独立したけど、他Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアの人がどのようにフリーランス求人・案件を獲得しているのか知りたい方は必読です。

・フリーランスエージェントの活用
Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとしてフリーランスエージェントを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。フリーランスエージェントに在職している専門コーディネーターが、開発スキルや要望に最適なフリーランス求人・案件探しを手厚くサポートしてくれます。

Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして、Rails(Ruby on Rails)スキルの開発経験が浅い方からRails(Ruby on Rails)はもちろんのこと、Rubyやサーバーサイド周辺の開発まで多様な開発に長年携わっているベテランの方まで、非常に幅広いフリーランスエンジニア層の方が活用しています。

フリーランス求人・案件探しを効率良く行いたい方や継続的にフリーランス求人・案件に参画をしたい方など登録しておくべきでしょう。
また、フリーランスエージェントによってはフリーランス向けの保険に加入できたり、確定申告サポートや技術向上のための勉強会や定期的な交流会など充実した福利厚生制度が整っています。

Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアだからこそ、万が一働けなくなった場合や保険が必要になる場合を想定し、保険や福利厚生が手厚いフリーランスエージェントを厳選しましょう。


・知人など人脈を活用
Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして知人など人脈を活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
前職がエンジニアとして働いている方や知人や友人がいる場合、Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして独立し、フリーランス求人・案件を探しているということを伝えておけば、有益な情報をくれる可能性はあるでしょう。

前職の同僚や知人や友人などよりRails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件を受注できれば、フリーランスエージェントでは取られていた仲介手数料が一切掛からないため、高単価で参画できる可能性があったり、数日で受注できる場合もあり得るでしょう。
ただし前職の同僚や知人や友人から紹介されたフリーランス求人・案件のため、ある程度の責任が伴います。悪い印象を与えないように誠実に仕事を行い、周囲の期待を裏切らないように注意しましょう。


・クラウドソーシングサービスの活用
Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとしてクラウドソーシングサービスを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
代表的なクラウドソーシングサービスはクラウドワークスやランサーズ、ココナラ、タイムチケット、複業クラウドなどです。

Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして、自分の開発スキルを登録するだけでRails(Ruby on Rails)を活用したフリーランス求人・案件を探せたり応募して参画できます。
Rails(Ruby on Rails)など自分の開発スキルに見合うフリーランス求人・案件を探すことができ、ステップアップに繋げられる可能性もあり非常に魅力的です。

ただし、フリーランス求人・案件数は少なく、高単価かつ1年以上など中長期のフリーランス求人・案件は非常に少ないです。
単発での仕事が豊富ですので、経験を積みたいRails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアまたは実績をどんどん積んでいきたい比較的経験の浅いRails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアには適しているでしょう。


・SNSを含むオンラインを活用
Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとしてSNSを含むオンラインを活用しフリーランス求人・案件を獲得しましょう。
TwitterやFacebook、LinkedInなどのSNSやWebサイトを自分で開設しオンライン上に経歴や実績、ポートフォリオを公開しておくことで、企業から直接フリーランス求人・案件を受け取れる可能性もあります。
現在ではTwitterやFacebook、LinkedInなどSNSを開設し、そこから即戦力になりそうなRails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアを探している企業は非常に多いです。
経歴や実績、ポートフォリオを公開していることにより、企業の採用担当者がある程度スクリーニングしてくれるため、自分の実力や希望に見合ったフリーランス求人・案件を提案してくれる可能性もあるでしょう。
Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアとして多角的にRails(Ruby on Rails)スキルや開発実績を発信し、フリーランス求人・案件を受注できる幅を広げましょう。


■Rails(Ruby on Rails)習得難易度・勉強方法について
Rails(Ruby on Rails)は2020HackerRankDeveloperSkills Reportでの発表によると「Which frameworks do you plan on learning next?」においてRails(Ruby on Rails)が5位との結果が出ています。
Rails(Ruby on Rails)はさらに日本だけでなく海外でも人気のあるRubyのWebアプリケーションフレームワークです。
Rails(Ruby on Rails)はRubyを習得したエンジニアが習得すべきフレームワークです。

Rails(Ruby on Rails)はRubyを習得しているフリーランスを含むエンジニアの場合、習得難易度が低いでしょう。しかし、Rubyを習得または理解していないフリーランスを含むエンジニアの場合、習得難易度は高くなるでしょう。Rails(Ruby on Rails)の難易度が高いと感じるエンジニアは主に初心者や開発経験が浅いエンジニアが当てはまるでしょう。
その理由として、Rails(Ruby on Rails)にはRubyの理解が必須であることやHTML/CSSやSQL、Git、Command Lineなど開発における前提スキルの理解不足やWebの仕組みの理解不足などが挙げられます。

Rails(Ruby on Rails)学習コストや学習時間について、Rubyの理解有無により大幅に異なります。
そのため、Rails(Ruby on Rails)を活用したフリーランス求人・案件に参画したい場合、まずRubyの習得を目指しましょう。
またRubyを習得しており、その上でフレームワークの習得を目指しているフリーランスを含むエンジニアの方は、ぜひRails(Ruby on Rails)習得をおすすめします。

Rubyフリーランス求人・案件の中でもRails(Ruby on Rails)を活用するフリーランス求人・案件が約80%を占めていることや高単価で参画できるRails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件が他フレームワークよりも多いためです。
年々Rails(Ruby on Rails)を活用したRubyフリーランス求人・案件も増加しており、Rails(Ruby on Rails)は習得しておいて損はないRubyのフレームワークです。

学習方法について、近年オンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でRails(Ruby on Rails)を始めとするプログラミング言語を学習出来ます。オンライン学習を例に挙げると「Udemy」「ドットインストール」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
Rails(Ruby on Rails)を学習するにあたって、オンライン学習費用や複数のRails(Ruby on Rails)の参考書など、ある一定の学習コストは必要です。

Rails(Ruby on Rails)習得を希望する場合、まず周辺でRails(Ruby on Rails)に精通したフリーランスを含むエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Rails(Ruby on Rails)についての記事を読んでみる、など自ら行動をしてみると良いでしょう。

Rails(Ruby on Rails)はスマホアプリ開発・ゲーム開発・Webサービス開発・業務システム開発など様々なフリーランス求人・案件に活用されています。そのため、Rails(Ruby on Rails)を習得するとフリーランスエンジニアとして活躍出来る幅が拡大するだけでなく、他フレームワークの習得にも役に立つこともあるでしょう。


■Rails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件における未経験エンジニアの参画について
実務未経験のフリーランスエンジニアがRails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件に参画できる確率は極めて低く、さらに未経験でもOKと記載しているRails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件も基本的にないでしょう。

フリーランスエンジニアを採用している企業は基本的に即戦力を期待しています。
そのため、最低でも実務経験1年以上もしくは2年以上、サーバーサイド開発経験が求められます。

また、プログラミングスクールでRails(Ruby on Rails)を学習している方は、Rails(Ruby on Rails)のフリーランス求人・案件を獲得できますが、自分が希望している案件に参画できない可能性があることを念頭に置いておきましょう。

Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアの世界は実力主義に近く、実力や経験、今までの実績によってフリーランス求人・案件に参画できる難易度が異なります。さらに高単価Rails(Ruby on Rails)フリーランス求人・案件の場合はより、実績や経験業務を重点的に見られるでしょう。

Rails(Ruby on Rails)フリーランスエンジニアを目指している方は、実務経験をまず積み、実績や経験を蓄えましょう。


■Rails(Ruby on Rails)の市場動向やニーズについて
Rails(Ruby on Rails)のニーズはスマホアプリ開発・ゲーム開発・Webサービス開発・業務システム開発などに活用されていることから、短期的にみてニーズが増加してくるでしょう。
また、中・長期的な視点を考慮してもニーズがなくなることはないでしょう。
Rails(Ruby on Rails)のニーズが安泰な理由としては、Rubyフリーランス求人・案件の中で最も活用されているフレームワークであることや2020HackerRankDeveloperSkills Reportでの発表によると「Which frameworks do you plan on learning next?」においてRails(Ruby on Rails)が5位と上位であり、未だ人気があることなどが挙げられます。

Rails(Ruby on Rails)のニーズが安泰な理由をマクロ視点から分析してみましょう。
まず、スマートキャンプによるSaaS市場の動向をまとめた最新レポート「SaaS業界レポート2021」の調査では、国内SaaS市場はCAGR約13%を維持しており、2025年にはSaaS市場規模は2020年度実績の約2倍となる1兆5,000億円規模まで成長が見込まれています。

2022年3月、REPORTOCEANが発表したSaaS市場のレポートによると、2021年のSaaSの世界市場規模は1,441億7,000万米ドル。サービスとしてのソフトウェア(SaaS)の世界市場規模は、2022年から2030年までの予測期間において、CAGR18.83%で成長し、2030年には7031億9000万米ドルに達すると予測されます。

最後にIT業界全体を分析してみると、AI(人工知能)、ビッグデータ、IoT、ブロックチェーン、xR、5Gなどによる飛躍的なIT領域の拡大が見込まれています。

上記Rails(Ruby on Rails)が関連する開発の市場分析や世界で活躍しているエンジニアから未だ人気のあるフレームワークであることなどを考慮すると、Rails(Ruby on Rails)は短期的な視点から見て、ニーズは拡大していくでしょう。さらに、中・長期的に見て、ニーズが無くなることはないでしょう。
これからWeb系のフリーランス求人・案件に携わりたいフリーランスエンジニアはRails(Ruby on Rails)を習得しておいて損はないでしょう。