Ansibleの求人・案件一覧

Ansibleのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

65.0万円

中央値単価

65万円

最高単価

160万円

最低単価

24万円

全393件中1-50件を表示中

全393件中1-50件を表示中

Ansibleのフリーランス案件に関するよくある質問

Ansibleのフリーランス案件は高単価ですか?

Ansibleのフリーランス案件の最高単価は160万円で、平均単価は65.0万円です。 Ansibleのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は780~1,920万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のAnsibleの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるAnsibleのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Ansibleのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Ansibleの募集中フリーランス案件数は85件、累計掲載案件は393件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のAnsibleのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Ansibleのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Ansibleの募集中リモート案件数は36件、累計掲載案件は108件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるAnsibleのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Ansibleのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Ansibleのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが94件、パーソルテクノロジースタッフが46件、TechStockが21件、SEES(シーズ)が17件、1 on 1 Freelanceが12件、Midworksが10件、FREE-DAが9件、テックリーチが9件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が6件、スカイアーチが6件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Ansibleのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、パーソルテクノロジースタッフ、TechStockであることがわかります。
Ansibleのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、パーソルテクノロジースタッフ、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Ansibleのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Ansibleのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが21件、パーソルテクノロジースタッフが5件、アットエンジニアが3件、Midworksが2件、TechStockが1件、E-agentが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Ansibleのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、パーソルテクノロジースタッフ、アットエンジニアであることがわかります。
Ansibleのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、パーソルテクノロジースタッフ、アットエンジニアを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Ansibleのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Ansibleのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとハイパフォコンサルが95万円、アットエンジニアが85万円、テクフリが85万円、FREE-DAが79.4万円、TechStockが78.7万円、meetX FREELANCEが77.1万円、ビズリンクが76.5万円、1 on 1 Freelanceが75万円、テックリーチが73.3万円、indecoが72.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
月額単価の高いAnsibleのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはハイパフォコンサル、アットエンジニア、テクフリであることがわかります。
Ansibleのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はハイパフォコンサル、アットエンジニア、テクフリを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Ansibleのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Ansibleのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が58件、週4日が12件、週3日が9件、週2日が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Ansibleのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるAnsibleのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Ansibleのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Ansibleのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が216件、神奈川県が20件、大阪府が9件、兵庫県が6件、千葉県が1件、愛媛県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)
Ansibleのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
Ansibleのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

Ansibleのフリーランス求人・案件数の推移

Ansibleの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が50件、2022年8月が33件、2022年9月が51件、2022年10月が64件、2022年11月が78件、2022年12月が83件となっています。Ansibleのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、5件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ansibleのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Ansibleの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年7月が24件、2022年8月が19件、2022年9月が21件、2022年10月が29件、2022年11月が29件、2022年12月が35件となっています。Ansibleのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、6件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ansibleのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Ansibleのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年7月が66.9万円、2022年8月が66.7万円、2022年10月が66.1万円、2022年11月が66.5万円、2022年12月が66.4万円となっています。Ansibleのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.1万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ansibleのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Ansibleのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年7月が803.2万円、2022年8月が800.1万円、2022年10月が793.4万円、2022年11月が797.6万円、2022年12月が796.9万円となっています。Ansibleのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.7万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ansibleの常駐案件・リモートワーク案件割合

Ansibleの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が35件(47.9%)、常駐案件が38件(52.1%)となっており、Ansibleフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Ansibleのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Ansibleのフリーランス求人・案件について

Ansibleのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
Ansibleのフリーランス求人・案件の平均単価は65.0万円、中央値単価は65万円、最高単価は160万円、最低単価は24万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年12月)

Ansibleのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Ansible経験1年未満:33万円前後 (年収390万円)
・Ansible経験1年~2年:39万円前後 (年収468万円)
・Ansible経験2年~3年:55万円前後 (年収663万円)
・Ansible経験3年~5年:65万円前後 (年収780万円)
・Ansible経験5年以上:78万円前後 (年収936万円)

Ansibleについて

Ansibleは、RedHat社が開発しているオープンソースの構成管理ツールです。サーバを起動する際、事前に用意した設定ファイルに従い、ソフトウェアのインストールと設定を自動的に行う事が出来ます。主に大規模コンピュータ・クラスターを構築する時に、短時間で出来たりミスの減少に繋がります。構成管理の他にソフトウェアデプロイメント・オーケストレーションの機能を搭載しています。
Ansibleの特徴は、一連の処理内容を記述するPlaybookがYAML形式のテキストファイルであり、プログラミング言語を使う他の構成管理ツールと比較して学習が簡単なことや管理対象サーバーにエージェントのインストールが不必要であることなど、シンプルな構成ということが挙げられます。
なお、Ansibleは元々Ansible, Inc.により開発されていたが、2015年10月にRedHat社に買収されています。他の構成管理ツールはChef・Puppetなどがあります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではAnsibleのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでAnsibleのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。