OpenStackの求人・案件一覧

OpenStackのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

59.3万円

中央値単価

60万円

最高単価

100万円

最低単価

30万円

全81件中1-50件を表示中

全81件中1-50件を表示中

OpenStackのフリーランス案件に関するよくある質問

OpenStackのフリーランス案件は高単価ですか?

OpenStackのフリーランス案件の最高単価は100万円で、平均単価は59.3万円です。 OpenStackのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は708~1,200万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のOpenStackの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるOpenStackのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

OpenStackのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

OpenStackの募集中フリーランス案件数は9件、累計掲載案件は81件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のOpenStackのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

OpenStackのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

OpenStackの募集中リモート案件数は1件、累計掲載案件は15件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるOpenStackのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

OpenStackのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

OpenStackのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが15件、パーソルクロステクノロジーが12件、Midworksが7件、エンジニアルーム(Engineer Room)が4件、スキルコネクトが3件、indecoが3件、SEES(シーズ)が3件、TechStockが2件、ビズリンクが1件、テックリーチが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
OpenStackのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、パーソルクロステクノロジー、Midworksであることがわかります。
OpenStackのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、パーソルクロステクノロジー、Midworksを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

OpenStackのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

OpenStackのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
OpenStackのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランスであることがわかります。
OpenStackのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

OpenStackのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

OpenStackのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとTechStockが80万円、テックリーチが75万円、indecoが68.3万円、レバテックフリーランスが67.3万円、Midworksが61.4万円、エンジニアルーム(Engineer Room)が61.3万円、スキルコネクトが60万円、フリエンが59.8万円、ビズリンクが45万円、パーソルクロステクノロジーが42.8万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
月額単価の高いOpenStackのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはTechStock、テックリーチ、indecoであることがわかります。
OpenStackのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はTechStock、テックリーチ、indecoを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

OpenStackのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

OpenStackのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が4件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
OpenStackのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるOpenStackのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

OpenStackのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

OpenStackのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が32件、神奈川県が7件、大阪府が2件、福岡県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)
OpenStackのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
OpenStackのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

OpenStackのフリーランス求人・案件数の推移

OpenStackの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年9月が13件、2022年10月が10件、2022年11月が12件、2022年12月が10件、2023年1月が10件、2023年2月が10件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

OpenStackのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

OpenStackの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年9月が2件、2022年10月が1件、2022年11月が3件、2022年12月が1件、2023年1月が1件、2023年2月が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

OpenStackのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

OpenStackのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年9月が60.3万円、2022年10月が60.3万円、2022年11月が59.9万円、2022年12月が59.1万円、2023年1月が59.6万円、2023年2月が59.5万円となっています。OpenStackのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.2万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

OpenStackのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

OpenStackのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年9月が723.9万円、2022年10月が723.9万円、2022年11月が718.7万円、2022年12月が709.7万円、2023年1月が715.5万円、2023年2月が713.6万円となっています。OpenStackのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し1.9万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

OpenStackの常駐案件・リモートワーク案件割合

OpenStackの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1件(10%)、常駐案件が9件(90%)となっており、OpenStackフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

OpenStackのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

OpenStackのフリーランス求人・案件について

OpenStackのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~70万円程度です。
OpenStackのフリーランス求人・案件の平均単価は59.3万円、中央値単価は60万円、最高単価は100万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2023年02月)

OpenStackのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・OpenStack経験1年未満:30万円前後 (年収360万円)
・OpenStack経験1年~2年:36万円前後 (年収432万円)
・OpenStack経験2年~3年:51万円前後 (年収612万円)
・OpenStack経験3年~5年:60万円前後 (年収720万円)
・OpenStack経験5年以上:72万円前後 (年収864万円)

OpenStackについて
OpenStackはIaaSつまり、クラウド基盤をオープンソースで実現するプロジェクト(ソフトウェア)の1つです。IaaSシステムの展開に必要な機能を提供することができ、自社システムを運用するプライベートクラウドを構築・パブリッククラウドを構築してクラウドサービスを提供することが出来ます。
OpenStackはNeutron・Nova・Horizon・Glance・Keystone・Cinder・Swiftの複数コンポーネントにより構成されています。各コンポーネント間をAMQP・REST APIによる非同期通信で接続させて分散型の共同作業を行う仕組みとなっています。また、OpenStackは多くの機能で構成されるが、各機能は簡単に統合・切り離しが可能なモジュール化されており、最適なモジュールのみを組み合わせることが可能です。
インフラ率の効率化や開発コストを減らすことが出来るOpenStackは、近年サービス・メディア業界/企業に多く導入されており、他にも様々な業界/企業に使われています。
OpenStackの案件は仮想化インフラ構築・ECサイトの開発クラウドサービス開発などがあります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではOpenStackのフリーランス求人・案件が掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでOpenStackのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。