CodePipelineの求人・案件一覧

CodePipelineのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

85.0万円

中央値単価

85万円

最高単価

85万円

最低単価

85万円

CodePipelineのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、75~95万円程度です。
CodePipelineのフリーランス求人・案件の平均単価は85.0万円、中央値単価は85万円、最高単価は85万円、最低単価は85万円です。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
CodePipelineのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

CodePipelineのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・CodePipeline経験1年未満:43万円前後 (年収510万円)
・CodePipeline経験1年~2年:51万円前後 (年収612万円)
・CodePipeline経験2年~3年:72万円前後 (年収867万円)
・CodePipeline経験3年~5年:85万円前後 (年収1020万円)
・CodePipeline経験5年以上:102万円前後 (年収1224万円)

CodePipelineのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

CodePipelineのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとTechStockが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
CodePipelineのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはTechStockであることがわかります。
CodePipelineのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はTechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

CodePipelineのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

CodePipelineのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとTechStockが85万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
月額単価の高いCodePipelineのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはTechStockであることがわかります。
CodePipelineのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はTechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

CodePipelineのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

CodePipelineのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)
CodePipelineのフリーランス求人・案件数は東京都に最も集中している事がわかります。
CodePipelineのフリーランス求人・案件に参画するには東京都あたりが良いでしょう。

CodePipelineのフリーランス求人・案件数の推移

CodePipelineの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2020年10月が1件、となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

CodePipelineのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

CodePipelineのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2020年10月が85.0万円、2020年11月が85.0万円、2020年12月が85.0万円、2021年1月が85.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

CodePipelineのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

CodePipelineのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2020年10月が1020.0万円、2020年11月が1020.0万円、2020年12月が1020.0万円、2021年1月が1020.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2021年01月)

CodePipelineの常駐案件・リモートワーク案件割合

CodePipelineの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が0件(0%)、常駐案件が2件(100%)となっており、CodePipelineフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

CodePipelineのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

CodePipelineのフリーランス求人・案件について

CodePipelineは、AWS CodePipelineの略で、継続的インテグレーションと継続的デリバリーのためのサービスです。
CodePipelineはアプリケーションとインフラストラクチャを短時間かつ信頼性の高い方法でアップデート出来たり、ソフトウェアのリリースプロセスの全面的なモデル化と自動化が出来ます。
CodePipelineでは、パイプラインのソースコードをAWS CodeCommit、GitHub、Amazon ECR、Amazon S3から直接取得可能です。ビルドとユニットのテストはAWS CodeBuildで実行できます。CodePipelineでは、AWS CodeDeploy、AWS Elastic Beanstalk、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)、AWS Fargateを使用し変更をデプロイできます。

CodePipelineはAWSマネージドのワークフローコントローラーであること、ソフトウェアのリリースプロセスを自動化するため、迅速な配信が可能であること、カスタムプラグインを統合出来ることなど特徴であり、構築、テスト、リリースのプロセスを自動化することにより、新しい変更を一貫した品質チェックを通して実行でき、ソフトウェア更新速度と品質を高めることが出来るというメリットがあります。

続きを見る