Rustの求人・案件一覧

Rustのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

65.8万円

中央値単価

69万円

最高単価

95万円

最低単価

40万円

Rustのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Rustのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが3件、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が2件、i-common tech(アイコモン テック)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
Rustのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、i-common tech(アイコモン テック)であることがわかります。
Rustのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)、i-common tech(アイコモン テック)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Rustのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Rustのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
Rustのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはレバテックフリーランスであることがわかります。
Rustのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Rustのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Rustのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとレバテックフリーランスが83.3万円、i-common tech(アイコモン テック)が70万円、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)が64万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
月額単価の高いRustのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、i-common tech(アイコモン テック)、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)であることがわかります。
Rustのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、i-common tech(アイコモン テック)、ITプロパートナーズ(ITPRO PARTNERS)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Rustのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Rustのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が3件、福島県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)
Rustのフリーランス求人・案件数は東京都、福島県に最も集中している事がわかります。
Rustのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、福島県あたりが良いでしょう。

Rustのフリーランス求人・案件数の推移

Rustの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年9月が2件、2021年10月が5件、2021年11月が6件、2021年12月が6件、2022年1月が9件となっています。Rustのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、3件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

Rustのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Rustの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年9月が2件、2021年10月が4件、2021年11月が3件、2021年12月が4件、2022年1月が6件となっています。Rustのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、2件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

Rustのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Rustのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年9月が68.0万円、2021年10月が64.0万円、2021年11月が67.9万円、2021年12月が64.4万円、2022年1月が65.8万円となっています。Rustのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し1.4万円上昇し、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

Rustのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Rustのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年9月が816.0万円、2021年10月が768.0万円、2021年11月が814.3万円、2021年12月が772.5万円、2022年1月が789.8万円となっています。Rustのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し17.3万円上昇し、上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

Rustの常駐案件・リモートワーク案件割合

Rustの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1件(25%)、常駐案件が3件(75%)となっており、Rustフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Rustのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Rustのフリーランス求人・案件について

Rustのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、59~79万円程度です。
Rustのフリーランス求人・案件の平均単価は65.8万円、中央値単価は69万円、最高単価は95万円、最低単価は40万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年01月)

Rustのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Rust経験1年未満:35万円前後 (年収414万円)
・Rust経験1年~2年:41万円前後 (年収497万円)
・Rust経験2年~3年:59万円前後 (年収704万円)
・Rust経験3年~5年:69万円前後 (年収828万円)
・Rust経験5年以上:83万円前後 (年収994万円)

■Rustについて
Rustについて説明します。

Rustとは、マルチパラダイムのプログラミング言語です。
RustはC言語やC++に代わるプログラミング言語を目指しており、構文はC++に類似しています。
そのためRustは​​手続き型、オブジェクト指向、関数型などのマルチパラダイムプログラミング言語としてさまざまな手法をサポートしています。
2021年8月時点Rustの最新バージョンは1.54.0です。
2020HackerRankDeveloperSkills Reportという調査の「What languages do you plan on learning next?」では8位です。
Rustの特徴として、「安全性、速度、並行性」の3つに注力されて開発されていること、C言語やC++と同等の処理速度を持っていること、マルチスレッドプログラミングに対応し、バグが発生してもシステムエラーを起こさない設計になっていることなどが挙げられます。

Rustは既存のプログラム言語が抱えていた「null」「メモリーリーク」「データ競合」の問題を解決しているため、安全性は他プログラミング言語よりも優れており、クラウドストレージサービスやメッセージアプリ、ブラウザなどの大規模接続に対する高速な処理と、保持するデータに対する堅牢性、システム運用上の安全性が要求されるシステム開発やアプリケーション開発に適しています。

Java、PHPなど他主要プログラミング言語と比較して日本語のドキュメントは多くないため、日本語のドキュメントはほとんど目を通しておくと良いでしょう。

Rustはactix-web、Rocket、​Tide​、Gotham、warp、Thruster、Salvo、Yew、Seed、Sycamoreなど豊富なフレームワークがあります。

Rustを学習する上でactix-webの習得に挑戦しましょう。
Rustのフリーランス求人・案件はRust(プログラミング言語)スキルの他にactix-webなどを要求されることもあります。
そのため、Rust(プログラミング言語)スキルと同時にactix-webの習得をしておくとエンジニアとして活躍出来る仕事の幅が広がります。

Rustを活用している企業はMicrosoftが活用しており、WindowsやAzureの一部として使用しています。
またRust Foundationが2021年2月に設立されておりAWS、Google、Facebook、Microsoft、Mozilla、Huaweiが参加しています。
世界的巨大IT企業が支援しているため、将来的に多くのサービスやシステム開発で活用される可能性を秘めています。

Rustフリーランス求人・案件は参画する商流によって単価が大きく左右されます。
商流に介在する企業が増える事で手数料(中間マージン)が増えるため、10~20万単価が変動することもしばしばあります。
可能な限り浅い商流で上流から参画可能なRustフリーランス求人・案件を探すことが、高単価のRustフリーランス求人・案件に参画するコツと言えるでしょう。

Rustフリーランス求人・案件の単価を決定する要因としては、

・Rust自体での開発(実務)経験年数
・案件発注元の企業と同様のビジネスモデルの企業での開発経験がある
・案件発注元の企業と同様の開発環境やフレームワークの経験がある
・要件定義、機能定義、構成管理、計画立案など上流工程の実務経験/知識
・チームリーダーやPM(プロジェクトマネージャー)の実務経験

などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に通常と比べて比較的高単価でRustフリーランス求人・案件が受注できる場合が多いです。

フリーランスエンジニア専門の求人・案件一括検索サイト フリーランススタートではRustのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに応募することができます。ぜひ一度フリーランススタートでRustのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Rustフリーランス求人・案件動向
RustはRustフレームワークが充実してたり、C言語やC++に代わるプログラミング言語を目指しているマルチパラダイムのプログラミング言語です。です。
Rustのフリーランス求人・案件において、代表的な求人・案件を説明します。

・大規模Webシステム開発Rustフリーランス求人・案件
事業会社が社内でシステムを開発するケースが多いです。
服装はその事業会社の社風により私服の場合とビジネスカジュアル、スーツの場合があります。
Webサービス、銀行・証券・保険、EC、エンタメ、通信などの業界でのシステム開発などでRustが活用されています。

具体的には以下のようなフリーランス求人・案件があります。
・データ分析システム開発
・AIサービス開発
・広告プラットフォームのデータ環境開発
・組込みシステムインテグレーション作業


■Rustのリモート/在宅求人・案件について
Rustのフリーランス求人・案件は、リモート/在宅求人・案件は多少あります。

Rustを用いたクラウドシステム開発、データ分析業務、AI関連サービス開発現場の案件はリモートワーク/在宅可能な企業が多数あります。
Rustスキルを活用してリモート/在宅のフリーランス求人・案件での参画を希望しているエンジニアは探してみましょう。
なお、Rustスキルを実務で活用したことがないエンジニアは、リモート/在宅のフリーランス求人・案件を見つけることは難しいでしょう。

そのため、実務未経験のエンジニアはまず、常駐でRust開発もしくはC言語やC++開発を数年ほど経験し、リモート/在宅のフリーランス求人・案件に切り替えられる準備をしておきましょう。
これからRustのプログラミング言語学習を開始しようとしている方は、まずRustというプログラミング言語を学習するため、プログラミングスクールやオンラインで学習できるサービスを検討してみましょう。


■Rustフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルについて

Rustエンジニアにとって、高収入を獲得するため必要なスキルを解説していきます。

・プログラミング言語スキル
Rustフリーランスエンジニアがフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルとしては、Rust自体の開発経験、フロント開発やサーバーサイド開発経験やその周辺で必要になる開発知識/スキルです。
RustフリーランスエンジニアとしてRust(プログラミング言語)以外にもC言語、C++、Java、Go言語、TypeScript、Ruby、Pythonなど他プログラミング言語を習得しておくと良いでしょう。
Rust開発周辺で頻繁に用いられるスキルを多く持ち合わせておくと希少性の高いRustエンジニアとして企業側に評価されやすいでしょう。

具体的にはactix-web、Rocket、​Tide​、GothamなどのRustフレームワークを使用した実務経験/知識、サーバーサイド開発の実務経験/知識、Docker、CentOSなどのミドルウェア関連の実務経験/知識、Windows、UNIX、iOS、AndroidなどのOS知識、AWS、Azureを用いた実務経験/知識などがあるとフリーランス求人・案件に参画しやすいです。
またSlack、Github、Redmine、Backlogなどのツールの使用経験や知識があるとより歓迎されます。

さらにRustフリーランスエンジニアとしてその他、チームリーダーやPM(プロジェクトマネージャー)など上流工程での経験、チームマネジメント経験があることが望ましいでしょう。


・論理的思考力
Rustフリーランスエンジニアがフリーランス求人・案件に参画するために必要になるスキルは、論理的思考力です。
ここでいう論理的思考力とは様々な種類の情報を重要度や意味によって分類したり、情報同士の間に「全体と部分」や「原因と結果」などの関係を見いだしたりする「構造化」の能力を指します。
この論理的思考力はRustエンジニアにとって、必要ではなく、システム開発を行うエンジニア全てに必要なスキルになります。
システム構造は、順序立てられており設計するために論理的な考え方が必要です。
つまりシステム開発において、システム間の関係を把握したり、効率的な実行フローを考察したりすることは大切なことです。
そのため、Rustエンジニアとして論理的思考力は必要なスキルになるのです。

・コミュニケーションスキル
Rustフリーランスエンジニアがフリーランス求人・案件に参画するために必要なスキルは、コミュニケーションスキルです。
Rustフリーランスエンジニアは特に大規模でのシステム開発に参画することが多く、他エンジニアやチームリーダー、PM(プロジェクトマネージャー)とのコミュニケーションが必須になってきます。
Rustフリーランスエンジニアにとってそのため開発チームに所属しながら、協調して働くことが求められます。
また、年収アップを望むRustフリーランスエンジニアはコミュニケーションスキルを向上させることが必要です。


■RustのフリーランスエンジニアにおすすめのRustフレームワークについて

RustのフリーランスエンジニアとしてRustフレームワークの取得はフリーランス求人・案件の参画確度を高めます。
代表的なRustフレームワークを解説するので、RustのフリーランスエンジニアはRustフレームワークを習得しましょう。

actix-web
actix-webはRust用のwebフレームワークです。
単体でHTTPサーバとして機能し、静的ファイルのやり取りやweb APIを実装することができます。
また、actix-webの特徴として高速で操作することが挙げられます。


Rocket
RocketはRust用のWebフレームワークです。
Rocketは柔軟性、使いやすさ、型安全性を損なうことなく、高速かつ安全なWebアプリケーションを簡潔に記述することが可能です。


Tide​
TideはRustで活用できるシンプルなWebアプリケーションフレームワークです。
Tideの特徴として、高速に動作すること、堅牢な機能を搭載していることなどが挙げられます。


Gotham
GothamはRustで活用できる柔軟性のあるWebアプリケーションフレームワークです。
Gothamの特徴として、安定性や堅牢性がありかつ高速に動作することが挙げられます。


■Rustフリーランスエンジニアにおすすめの資格について

Rustフリーランスエンジニアとして取得しておくと良い資格を紹介します。

・システムアーキテクト試験
システムアーキテクト試験はIT系国家資格の1つです。システム開発に必要となる要件を定義し、要件を実現するためのアーキテクチャを設計する能力を認定する資格です。

システムアーキテクト試験は、情報システムや組み込みシステムにおけるアーキテクチャーの設計をしたり、システム開発を主導したりするエンジニアを対象としています。

システムアーキテクト試験を取得することにより、システム開発の上流工程を深い部分まで理解している証明になるため、Rustフリーランスエンジニアとしておすすめの資格です。

・応用情報技術者試験
応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験の上位資格で、ワンランク上の知識・技能が問われます。

応用情報技術者試験を取得することにより、スキルや管理まで幅広い知識と応用力を身に付けたRustフリーランスエンジニアであることの証明になるため、Rustフリーランスエンジニアとしておすすめの資格です。

・ORACLE MASTER(オラクルマスター)
ORACLE MASTER(オラクルマスター)は、日本オラクル社が公式に運営する「Oracle Database」シリーズを扱う技術力を認定する資格です。

Oracle製品は日本国内のリレーショナルデータベース管理ソフトウェア(RDBMS)市場において約半数となる49.9%のシェアを占めており、22年連続首位です。

ORACLE MASTER(オラクルマスター)を取得しておくことによりデータベース技術の証明やRDBとSQLスキルの知識が身に付いたり、スキルを保有している証明として使用出来るため、Rustフリーランスエンジニアとして取得しておいて損のない資格でしょう。


Rustスキルは、資格を取得することによって、スキル証明をすることは可能ですが、フリーランス求人・案件参画において一番重要視すべきことは、Rustの実務経験やC言語やC++の実務経験、システム開発周辺で必要な開発スキルを保有していることです。
そのためRust関連の資格は時間的に余裕がある方に特におすすめします。

Rustエンジニアとして実務未経験の場合、まず実務経験が積めるよう積極的に行動してみましょう。


■Rust習得難易度・勉強方法について
Rustは2020HackerRankDeveloperSkills Reportという調査の「What languages do you plan on learning next?」において8位と年々人気が出始めているプログラミング言語です。

Rust Foundationが2021年2月に設立されておりAWS、Google、Facebook、Microsoft、Mozilla、Huaweiが参加していることを考慮すると、Rustは日本よりも海外の方が人気があるプログラミング言語です。

Rustは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としては、習得することをおすすめしないプログラミング言語です。
Rustの構造がC++に類似していますが、C++自体の習得も初心者にはおすすめできないプログラミング言語であるためです。

加えてRust(プログラミング言語)自体の習得難易度はあまり高くないですが、フリーランス求人・案件に参画するレベルに達するにはRust以外にもOSのレイヤーも正確に理解している必要があります。
エンジニア初心者が一人前のエンジニアとして活躍できるレベルを目指すのであれば、個人差はありますが約1,000時間は必要になるでしょう。

Rustの学習時間やコストは多少発生しますが、オンライン学習やプログラミングスクールを活用すると比較的安価でRustを習得することができるでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でRustを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。
オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Udemy(ユーデミー)」など多種多様なサービスがあります。

上述のことを総合的に考慮すると、Rust習得に関して初心者や最初に学ぶプログラミング言語としてはおすすめしません。
しかしRustの習得を希望している方はオンライン学習サイトやプログラミングスクールなど積極的に活用し、最短で習得できるようにしましょう。

なお、Rust習得を希望するエンジニアは、まず周辺でRustに精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみると良いでしょう。

Rustはフリーランス求人・案件数も他プログラミング言語と比較して少ないです。
そのため少し回り道ですがC言語やC++などRustと類似しているプログラミング言語をまず習得し、その後フリーランス求人・案件に参画し、最終的に将来的にRust開発ができるフリーランス求人・案件に参画する方法もあります。

上記方法は開発経験も豊富になっている可能性が高く、様々な規模のフリーランス求人・案件にも参画できるのでエンジニアとしての希少性も上がるでしょう。
自分にとってRustを習得しどのようなフリーランスエンジニアになりたいのか、事前に決めておくと後悔が少なく目標にたどり着けます。


■Rustの市場動向やニーズについて
Rustの市場動向やニーズは将来的に増加する可能性が高いでしょう。
Rustのニーズが将来的に増加する理由として、
Rustは2020HackerRankDeveloperSkills Reportという調査の「What languages do you plan on learning next?」において8位と年々人気が出始めているプログラミング言語です。
またRustはAWS、Google、Facebook、Microsoftなど大手IT企業が支援していることもあり注目されています。

Rustは大規模なデータ分析業務やAI関連開発フリーランス求人・案件が多く、それらビッグデータやAI分野などは現在急速に成長しています。
そのため、Rustを活用しシステム開発やサービス開発などを行う企業も今後多く出てくるでしょう。

また、IT市場よりRustに関連のあるAI分野を分析してみましょう。
2021年2月IDCは、全世界のAI(人工知能)市場について発表しています。
同発表によると、AI市場全体の売上高は、2011年に2020年比16.4%増の3275億ドルに成長するという。

2024年までの5年間の年間平均成長率(CAGR)は17.5%となり、総売上高は5543億ドルに達すると予測をしています。

その他IT業界を観察しRustの市場動向やニーズがあるかどうか見ていきましょう。
IoT、ブロックチェーン、xR、5GなどによるIT業界の飛躍的な拡大やIT技術の急速な進歩、エンジニアの高齢化などの観点より、Rustエンジニアを含むITエンジニアは人材不足に陥る可能性が高いです。2030年まで最大で79万人のITエンジニア不足に陥る可能性があるとも言われています。
上記理由により、Rustエンジニアのニーズは将来的に増加する可能性があると言えるでしょう。