Subversionの求人・案件一覧

Subversionのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

63.7万円

中央値単価

65万円

最高単価

85万円

最低単価

28万円

Subversionのフリーランス案件に関するよくある質問

Subversionのフリーランス案件は高単価ですか?

Subversionのフリーランス案件の最高単価は85万円で、平均単価は63.7万円です。 Subversionのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は756~1,020万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のSubversionの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるSubversionのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Subversionのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Subversionの募集中フリーランス案件数は3件、累計掲載案件は41件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のSubversionのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Subversionのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Subversionの募集中リモート案件数は1件、累計掲載案件は4件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるSubversionのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Subversionのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Subversionのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが3件、レバテックフリーランスが2件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が2件、Midworksが1件、ハイパフォコンサルが1件、IT@JOBが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
Subversionのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
Subversionのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Subversionのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Subversionのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが1件、IT@JOBが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
Subversionのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、IT@JOBであることがわかります。
Subversionのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、IT@JOBを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Subversionのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Subversionのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとMidworksが80万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が68.8万円、レバテックフリーランスが67万円、フリエンが62.5万円、IT@JOBが58万円、ハイパフォコンサルが55万円、パーソルテクノロジースタッフが37万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
月額単価の高いSubversionのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはMidworks、ランサーズエージェント(Lancers Agent)、レバテックフリーランスであることがわかります。
Subversionのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はMidworks、ランサーズエージェント(Lancers Agent)、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Subversionのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Subversionのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が5件、週3日が1件、週4日が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
Subversionのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるSubversionのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Subversionのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Subversionのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が26件、神奈川県が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)
Subversionのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県に最も集中している事がわかります。
Subversionのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県あたりが良いでしょう。

Subversionのフリーランス求人・案件数の推移

Subversionの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年5月が2件、2022年6月が1件、2022年7月が1件、2022年8月が1件、2022年9月が3件、2022年10月が3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

Subversionのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Subversionの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年5月が1件、2022年9月が1件、2022年10月が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

Subversionのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Subversionのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年5月が63.9万円、2022年6月が63.9万円、2022年7月が63.9万円、2022年8月が64.3万円、2022年10月が63.5万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

Subversionのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Subversionのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年5月が766.8万円、2022年6月が766.8万円、2022年7月が766.8万円、2022年8月が771.4万円、2022年10月が761.6万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

Subversionの常駐案件・リモートワーク案件割合

Subversionの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1件(33.3%)、常駐案件が2件(66.7%)となっており、Subversionフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Subversionのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Subversionのフリーランス求人・案件について

Subversionのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
Subversionのフリーランス求人・案件の平均単価は63.7万円、中央値単価は65万円、最高単価は85万円、最低単価は28万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年10月)

Subversionのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Subversion経験1年未満:33万円前後 (年収390万円)
・Subversion経験1年~2年:39万円前後 (年収468万円)
・Subversion経験2年~3年:55万円前後 (年収663万円)
・Subversion経験3年~5年:65万円前後 (年収780万円)
・Subversion経験5年以上:78万円前後 (年収936万円)

SVNについて

SVN(Subversion)はCollabNet社により開発されたオープンソースのバージョン管理システムです。主にソフトウェア開発・Web開発現場において広く使われてます。長年バージョン管理システムの1つにCVSです。CVSにはネットワーク対応・ディレクトリの移動管理・不可分な更新等で使いづらかったが、このCVSの問題点を改善して開発されたのがSubversionです。そのため使い方はCVSに非常に似ています。コマンドラインで使用する際の主なコマンド名はCVSと一致するような構造であるため、クライアントはCVSからの移行がきわめて簡単です。
SVN(Subversion)の特徴は各種UNIX(Linux・Windows・Mac OS X)などの環境で利用可能・中央集権型のバージョン管理機能(ネットワーク経由で中央リポジトリにアクセスし、ソースコードを取り出すや変更点を記録する)があることが挙げられます。他にもディレクトリの移動や削除がサポートされていることなども特徴です。
SVN(Subversion)の案件はWeb系のフロントエンド・サーバーサイド開発やモバイルゲーム開発などがあります。