Subversionの求人・案件一覧

Subversionのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

65.1万円

中央値単価

65万円

最高単価

85万円

最低単価

35万円

Subversionのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
Subversionのフリーランス求人・案件の平均単価は65.1万円、中央値単価は65万円、最高単価は85万円、最低単価は35万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Subversionのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Subversionのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Subversionのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとテクフリが6件、A-STAR(エースター)が4件、スキルコネクトが2件、レバテックフリーランスが2件、Midworksが1件、ハイパフォコンサルが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Subversionのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはテクフリ、A-STAR(エースター)、スキルコネクトであることがわかります。
Subversionのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はテクフリ、A-STAR(エースター)、スキルコネクトを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Subversionのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Subversionのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が22件、神奈川県が2件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Subversionのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県に最も集中している事がわかります。
Subversionのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県あたりが良いでしょう。

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Subversionのフリーランス求人・案件について

SVNについて

SVN(Subversion)はCollabNet社により開発されたオープンソースのバージョン管理システムです。主にソフトウェア開発・Web開発現場において広く使われてます。長年バージョン管理システムの1つにCVSです。CVSにはネットワーク対応・ディレクトリの移動管理・不可分な更新等で使いづらかったが、このCVSの問題点を改善して開発されたのがSubversionです。そのため使い方はCVSに非常に似ています。コマンドラインで使用する際の主なコマンド名はCVSと一致するような構造であるため、クライアントはCVSからの移行がきわめて簡単です。
SVN(Subversion)の特徴は各種UNIX(Linux・Windows・Mac OS X)などの環境で利用可能・中央集権型のバージョン管理機能(ネットワーク経由で中央リポジトリにアクセスし、ソースコードを取り出すや変更点を記録する)があることが挙げられます。他にもディレクトリの移動や削除がサポートされていることなども特徴です。
SVN(Subversion)の案件はWeb系のフロントエンド・サーバーサイド開発やモバイルゲーム開発などがあります。

全34件中1-10件を表示中

全34件中1-10件を表示中