3ds Maxの求人・案件一覧

3ds Maxのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

80.0万円

中央値単価

80万円

最高単価

80万円

最低単価

80万円

3ds Maxのフリーランス案件に関するよくある質問

3ds Maxのフリーランス案件は高単価ですか?

3ds Maxのフリーランス案件の最高単価は80万円で、平均単価は80.0万円です。 3ds Maxのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は960~960万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人の3ds Maxの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になる3ds Maxのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

3ds Maxのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

3ds Maxの募集中フリーランス案件数は0件、累計掲載案件は1件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開の3ds Maxのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

3ds Maxのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

3ds Maxの募集中リモート案件数は0件、累計掲載案件は1件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になる3ds Maxのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

3ds Maxのフレームワークの公開案件数

3ds Maxのフレームワークの公開フリーランス案件数を分析するとMayaが7860件、Unityが5725件、Illustratorが3639件、Photoshopが2371件、After Effectsが1665件、MotionBuilderが122件、Blenderが38件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Maya、Unity、Illustratorは3ds Maxの中でも豊富な公開案件があることがわかります。
3ds Maxの技術を有するフリーランスの方はMaya、Unity、Illustratorを中心にフレームワークを習得し、案件に応募することをおすすめします。

3ds Maxのフレームワークの月額平均単価

3ds Maxのフレームワークの月額平均単価を分析するとUnityが70万円、Blenderが65.5万円、Mayaが62.8万円、MotionBuilderが60万円、Photoshopが59.3万円、Illustratorが59万円、After Effectsが54.7万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Unity、Blender、Mayaは3ds Maxのフレームワークの中でも高単価な案件が豊富であることがわかります。
3ds Maxの高単価な案件に興味のあるフリーランスの方はUnity、Blender、Mayaなどのフレームワークの案件に応募することをおすすめします。

3ds Maxのフレームワークの月額最高単価

3ds Maxのフレームワークの月額最高単価を分析するとUnityが130万円、Mayaが120万円、Photoshopが100万円、Illustratorが100万円、After Effectsが80万円、Blenderが80万円、MotionBuilderが70万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Unity、Maya、Photoshopは3ds Maxのフレームワークの中でも最も高額の案件が公開されていることが分かります。
3ds Maxのフリーランスの方で非常に高額な報酬を条件に案件探しをしているいる方にはUnity、Maya、Photoshopなどのフレームワークがおすすめです。

3ds Maxのフレームワーク別募集中案件数推移

3ds Maxのフレームワーク別募集中フリーランス案件数推移を分析すると2022年2月がUnity802件/Maya311件/Illustrator349件/Photoshop200件/After Effects87件/Blender0件/MotionBuilder3件、2022年3月がUnity923件/Maya354件/Illustrator345件/Photoshop236件/After Effects92件/Blender0件/MotionBuilder3件、2022年4月がUnity828件/Maya249件/Illustrator212件/Photoshop157件/After Effects47件/Blender0件/MotionBuilder5件、2022年5月がUnity885件/Maya255件/Illustrator208件/Photoshop154件/After Effects54件/Blender0件/MotionBuilder4件、2022年6月がUnity898件/Maya260件/Illustrator228件/Photoshop181件/After Effects48件/Blender5件/MotionBuilder4件、2022年7月がUnity859件/Maya298件/Illustrator178件/Photoshop169件/After Effects47件/Blender6件/MotionBuilder4件となっています。
3ds Maxのフレームワーク別募集中フリーランス案件数は前月と比較しUnityは39件(-5%)の大幅な減少、Mayaは38件(14%)の大幅な増加、Illustratorは50件(-22%)の大幅な減少、Photoshopは12件(-7%)の大幅な減少、After Effectsは1件(-3%)の減少、Blenderは1件(20%)の大幅な増加、MotionBuilderは0件(0%)で前月から変化なしとなっています。
(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

3ds Maxのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

1フリエン80万円

3ds Maxのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとフリエンが80万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
月額単価の高い3ds Maxのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはフリエンであることがわかります。
3ds Maxのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はフリエンを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

3ds Maxのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

3ds Maxのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
3ds Maxのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になる3ds Maxのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

3ds Maxのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

3ds Maxのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年7月が80.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

3ds Maxのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

3ds Maxのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年7月が960.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

3ds Maxのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

3ds Maxのフリーランス求人・案件について

3ds Maxのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、70~90万円程度です。
3ds Maxのフリーランス求人・案件の平均単価は80.0万円、中央値単価は80万円、最高単価は80万円、最低単価は80万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

3ds Maxのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・3ds Max経験1年未満:40万円前後 (年収480万円)
・3ds Max経験1年~2年:48万円前後 (年収576万円)
・3ds Max経験2年~3年:68万円前後 (年収816万円)
・3ds Max経験3年~5年:80万円前後 (年収960万円)
・3ds Max経験5年以上:96万円前後 (年収1152万円)

3ds Maxについて
3ds Maxとは、Autodesk社が提供する高機能な3DCGソフトであり、1990年「3D Studio DOS」として誕生して以降、30年以上の歴史があります。そのため個人から企業まで多くの利用者がいます。
映像業界やAR/VR業界、建築/設計業界など3Dを使う様々な業界で3ds Maxは使用されています。
CADやRevitなど建築系ソフトとの互換性が高いことが特徴で建築業界では人気の高い3DCGソフトです。
3ds MaxはアニメーションCGにも強く「鬼滅の刃」「君の名は。」「天気の子」などでも活用されています。

3ds Maxは以下のような特徴が挙げられます。

・豊富なプラグイン
・高品質にモデル化できる
・アニメーションCGに強い
・CADとの連携が可能
・操作にある程度の慣れが必要
・Macでのサポートは行なっていない
・ライセンス契約費用が発生

3ds MaxはよくMayaと比較されることが多いですが、大きな違いについてMayaはWindows、macOS、Linuxに対応していますが、3ds MaxははWindowsのみの対応です。また、得意分野でも3ds MaxとMayaは異なります。3ds Maxは3Dアニメーション制作や建築分野が得意であり、Mayaはアニメや映画、ゲーム分野が得意です。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-では3ds Maxのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートで3ds Maxフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。