Objective-Cの求人・案件一覧

Objective-Cのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

65.3万円

中央値単価

70万円

最高単価

120万円

最低単価

30万円

全1083件中1-50件を表示中

全1083件中1-50件を表示中

Objective-Cのフリーランス案件に関するよくある質問

Objective-Cのフリーランス案件は高単価ですか?

Objective-Cのフリーランス案件の最高単価は120万円で、平均単価は65.3万円です。 Objective-Cのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は780~1,440万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のObjective-Cの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるObjective-Cのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

Objective-Cのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

Objective-Cの募集中フリーランス案件数は183件、累計掲載案件は1,083件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のObjective-Cのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

Objective-Cのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

Objective-Cの募集中リモート案件数は43件、累計掲載案件は166件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるObjective-Cのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

Objective-Cのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Objective-Cのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが76件、SEES(シーズ)が69件、アットエンジニアが66件、TechStockが38件、フォスターフリーランスが22件、Midworksが19件、ビズリンクが19件、techtreeが19件、PE-BANKが12件、プロマチが11件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Objective-Cのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、SEES(シーズ)、アットエンジニアであることがわかります。
Objective-Cのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、SEES(シーズ)、アットエンジニアを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Objective-Cのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

Objective-Cのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとFLEXY(フレキシー)が6件、Midworksが2件、TechStockが2件、プロマチが2件、フォスターフリーランスが1件、indecoが1件、i-common tech(アイコモン テック)が1件、マノア・リノが1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Objective-Cのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはFLEXY(フレキシー)、Midworks、TechStockであることがわかります。
Objective-Cのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はFLEXY(フレキシー)、Midworks、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Objective-Cのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

Objective-Cのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析すると1 on 1 Freelanceが85万円、テックリーチが81.9万円、テックビズフリーランスが80.6万円、joBeetが80.4万円、Stylee(スタイリー)が80万円、i-common tech(アイコモン テック)が80万円、indecoが80万円、キャリアプラスが79万円、meetX FREELANCEが77.5万円、ハックスペックが77.2万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
月額単価の高いObjective-Cのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントは1 on 1 Freelance、テックリーチ、テックビズフリーランスであることがわかります。
Objective-Cのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方は1 on 1 Freelance、テックリーチ、テックビズフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Objective-Cのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

Objective-Cのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が115件、週4日が43件、週3日が31件、週2日が10件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Objective-Cのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるObjective-Cのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

Objective-Cのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Objective-Cのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が529件、大阪府が53件、神奈川県が15件、福岡県が8件、埼玉県が6件、千葉県が4件、北海道が3件、兵庫県が2件、広島県が2件、宮城県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
Objective-Cのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
Objective-Cのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

Objective-Cのフリーランス求人・案件数の推移

Objective-Cの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が276件、2022年3月が320件、2022年4月が277件、2022年5月が167件、2022年6月が248件、2022年7月が225件となっています。Objective-Cのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、23件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Objective-Cのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

Objective-Cの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が65件、2022年3月が72件、2022年4月が55件、2022年5月が42件、2022年6月が57件、2022年7月が62件となっています。Objective-Cのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、5件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Objective-Cのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

Objective-Cのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年2月が65.9万円、2022年3月が66.1万円、2022年4月が66.3万円、2022年5月が66.2万円、2022年6月が65.3万円、2022年7月が65.3万円となっています。Objective-Cのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較しやや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Objective-Cのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

Objective-Cのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年2月が791.1万円、2022年3月が792.8万円、2022年4月が795.2万円、2022年5月が794.2万円、2022年6月が783.4万円、2022年7月が784.0万円となっています。Objective-Cのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し0.6万円上昇し、やや上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Objective-Cの常駐案件・リモートワーク案件割合

Objective-Cの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が53件(27%)、常駐案件が143件(73%)となっており、Objective-Cフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

Objective-Cのフリーランスがよく見ているITフリーランス求人・案件相場

Objective-Cのフリーランス求人・案件について

Objective-Cのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
Objective-Cのフリーランス求人・案件の平均単価は65.3万円、中央値単価は70万円、最高単価は120万円、最低単価は30万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

Objective-Cのフリーランス求人・案件の実務経験年数に応じた単価相場は以下の通りです。
・Objective-C経験1年未満:35万円前後 (年収420万円)
・Objective-C経験1年~2年:42万円前後 (年収504万円)
・Objective-C経験2年~3年:60万円前後 (年収714万円)
・Objective-C経験3年~5年:70万円前後 (年収840万円)
・Objective-C経験5年以上:84万円前後 (年収1008万円)

Objective-Cについて
Objective-Cとは、1983年にBrad Cox氏によって開始されC言語をベースにSmalltalk型のオブジェクト指向機能を持たせた言語です。
特徴としてはApple社のMac OS X・iOS(iPod・iPhone・iPad)のアプリケーション開発を際に活用する言語です。またC言語を習得している方は比較的容易に習得出来ます。
特に近年スマートフォンの利用者の中で6割強がiPhoneを利用していることや毎日新しいアプリケーションが登場している為、モバイルゲーム・スマホアプリ開発エンジニアのニーズは高いです。
しかし、iOS用アプリ以外の開発では活用する場面があまりないでしょう。

Objective-CとSwiftの違いとは
Objective-CはC言語をベースにオブジェクト指向化した言語です。
SwiftはObjective-Cにある課題・問題を無くし現代的に適した仕様を持つ言語です。

Objective-Cフリーランス求人・案件の単価を決定する要因は、
・Objective-C自体での開発経験年数
・iOS環境での開発経験年数
・Swift開発経験
などがあり、これらの条件をより多く満たす場合に、通常と比べて高単価での受注が可能になります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではObjective-Cフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでObjective-Cフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Objective-C習得難易度・勉強方法について
Objective-Cは、2020年5月、TIOBEのランキングで20位にランクされている言語です。
Objective-Cはさらに日本だけでなく海外でもある一定数人気がある言語です。
Objective-Cは初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来ない言語です。
Objective-Cは、AppleのMacOSの公式開発言語として採用されたことがきっかけで、広く認知されるようになりました。
Objective-Cに適している開発はiPhone・iPad・iPod touch、Apple watch、Macなど、Apple製品関連のiOSアプリ開発やWebアプリ開発です。

Objective-CはC言語をベースとした言語であること、オブジェクト指向を理解する必要があること、表記は独自のものを採用しており、初心者には理解が難しいこと、コード記述量が多くバグやエラーチェックが複雑になり時間が掛かること、Objective-C関連の情報がSwiftと比較して少ないことなどの理由により難易度が高いプログラミング言語です。
しかし、Objective-CもXcodeという統合開発環境(IDE)があることによりiOS開発を簡単にしています。
Xcodeには、強力なコード編集機能があります。コードの補完、検索機能は動作も速く非常にコーディングしやすいです。また、画面の自動表示、分割機能などもあります、現在編集しているファイルと関連性が高いファイルを自動で表示します。画面の部品をドラッグ&ドロップでコードと関連づけることもできるため非常に直感的で開発がスムーズです。

Objective-C学習コストや学習時間について、JavaやC言語と同等の学習時間が必要でしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でObjective-Cを始めとするプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
Objective-Cを始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、Objective-Cに関する参考書を購入したり、オンライン学習費用やプログラミングスクールの費用などある一定の学習コストは掛かります。

Objective-C習得難易度や学習コスト、学習時間などを考慮すると、Objective-C習得に関して初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめ出来ません。

さらにObjective-C習得するにあたり、言語自体の理解以外にAppleの公式ドキュメントを理解することが必要です。
Apple製品向けのアプリを公開する場合は「Appleの審査を通過する必要がある」ためです。Appleの規約に違反するアプリ、推奨されない作り方をしたアプリは審査に通らないです。
さらにAppleの公式ドキュメントにはiOSアプリがスムーズに使いやすく設計されるための基礎知識が紹介されています。

もしObjective-C習得を希望するエンジニアは、まず、Appleの公式ドキュメントを読み込む、周辺でObjective-CやiOS開発に精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみる、Objective-Cに関する記事を読んでみるなど、自ら行動してみると良いでしょう。


■Objective-Cの市場動向やニーズについて
iOS環境での開発に必要なObjective-Cのニーズは他の言語よりもあるでしょう。
2018年現在スマートフォンの利用者の中で6割強がiPhoneを利用していることやAppleにはiPod・iPad・Mac等数多く製品が存在するため、iOS環境での開発もある一定数あります。
尚、Objective-Cは近年SwiftにiOSアプリ開発におけるスタンダードが変化し、新規で立ち上げられるiOSアプリはObjective-CではなくSwiftで作られる事が多くなっています。
そのためObjective-Cで作られたアプリをSwiftにリプレイスするなどのフリーランス求人・案件もあり、Objective-Cをメインの開発言語とするiOSエンジニアもSwiftフリーランス求人・案件に携わるチャンスがあることから需要の幅はさらに拡大するでしょう。
今後Objective-C、Swiftは更に活用が見込めるため、ニーズのあるプログラミング言語の一つでしょう。