Androidエンジニアの求人・案件一覧

Androidエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

71.4万円

中央値単価

70万円

最高単価

140万円

最低単価

3万円

Androidエンジニアのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、60~80万円程度です。
Androidエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は71.4万円、中央値単価は70万円、最高単価は140万円、最低単価は3万円です。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Androidエンジニアのフリーランス求人・案件の中でご自身に最適なものを選びましょう。

Androidエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Androidエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとtechtreeが618件、A-STAR(エースター)が473件、レバテックフリーランスが383件、テクフリが306件、at-engineerが269件、ギークスジョブが241件、TechStockが118件、スキルコネクトが116件、フォスターフリーランスが106件、ビズリンクが104件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Androidエンジニアのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはtechtree、A-STAR(エースター)、レバテックフリーランスであることがわかります。
Androidエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はtechtree、A-STAR(エースター)、レバテックフリーランスを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

Androidエンジニアのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

Androidエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が2873件、神奈川県が151件、大阪府が86件、埼玉県が56件、福岡県が32件、愛知県が13件、京都府が13件、広島県が11件、兵庫県が10件、千葉県が8件となっています。(※フリーランススタート調べ/2020年07月)
Androidエンジニアのフリーランス求人・案件数は東京都、神奈川県、大阪府に最も集中している事がわかります。
Androidエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、神奈川県、大阪府あたりが良いでしょう。

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Androidエンジニアのフリーランス求人・案件について

AndroidエンジニアはAndroidプラットフォームにおいてのアプリ開発者を指します。
Androidエンジニアの業務内容は、カーナビやIoTなどの組込み系・通信企業向けBtoB求人・案件やソーシャルゲーム・WebサービスのBtoC求人・案件もあります。
尚、Androidアプリ開発にはJava・Kotlinであり、Androidアプリ開発業務に携わるJavaエンジニア・Kotlinエンジニアが多く活躍しています。なお、Kotlinはオブジェクト指向プログラミング言語であり、2017年にAndroidの開発言語として正式に採用されてます。Java仮装マシン上で動作することやJavaと同じ速度でコンパイルできるなどJavaとの高い互換性を持ちます。
特にスタートアップ企業でUI(ユーザーインターフェイス)関連のデザインやグラフィックソフトを使用することもあるため、しっかりとしたビジネスアイディア構想力や事業全体の技術を俯瞰し、全体設計出来る能力を身に付けると良いでしょう。
また、Androidエンジニアとして参画するにはネイティブアプリ開発の実務経験を要求されることが多いですが、実務での開発経験が不十分な場合も個人でアプリを開発したり、独学でプログラミングを勉強するなどAndroidに強い興味関心や学習意欲などがあればAndroidエンジニアとして参画できるケースもあります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではAndroidエンジニアのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでAndroidエンジニアのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Android習得難易度・勉強方法について
Androidエンジニアとして必要な開発言語は、KotlinとJava(AndroidJava)です。
Javaは、2020年5月、TIOBEのランキングで2位と、日本だけではく世界でも人気のある言語です。
KotlinはGitHubPullRequestにて2019年1月~3月統計にて第15位という結果であり、特に2017年にGoogle I/O 2017で公式言語をして発表されて以降、日本や世界で注目されている言語です。
KotlinやJava(AndroidJava)は初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめできない言語です。
Javaはハードウェアやネットワーク知識、オブジェクト指向などプログラミング基礎などの知識や経験が必要になること、他言語と比較しエラー対処の難易度が高いこと、設計難易度が高度であることなどの理由により非常に難易度が高いプログラミング言語です。
Android開発に必要なKotlinはJavaをベースに開発されたこと、Javaと同様オブジェクト指向言語であることなどの理由により初心者が最初に学ぶプログラミング言語としておすすめしない言語です。
しかし、KotlinはJavaに比べてコードの記述量が少ないこと、静的なnull安全が保証されているなどの使いやすい特長もあるため、Javaよりかは習得難易度は低いです。
また、Kotlinの開発はAndroidの開発環境であるAndroid Studioを開発したJetBrainsなので、開発環境の準備も容易です。
AndroidStudio用のプラグインを導入するのみで、開発環境をセットアップ出来ます。

Android開発の学習時間について、JavaやC言語など他プログラミング言語と比較して時間は掛からないでしょう。
近年ではオンライン学習やプログラミングスクールなど、様々な場所でAndroidで必要なKotlinやJava(AndroidJava)などプログラミング言語を学習することが出来ます。オンライン学習を例に挙げると「ドットインストール」「Schoo」「Progate」など多種多様なサービスがあります。
KotlinやJava(AndroidJava)を始めとするプログラミング言語を学習するにあたって、ある一定の学習コストは掛かってきます。

上述のことを総合的に考慮すると、Android開発に必要なKotlinやJava(AndroidJava)習得は初心者や最初に学ぶプログラミング言語としておすすめできない言語です。
KotlinはJavaとの相互利用できること、Javaと高い互換性を持つため、Java習得者であれば比較的簡単に習得可能です。

Android開発に必要なKotlinやJava(AndroidJava)習得を希望するエンジニアは、まず、周辺でAndroid開発やKotlinやJava(AndroidJava)に精通したエンジニアを探してみる、勉強会に積極的に参加してみるなど調べて行動してみると良いでしょう。


■Androidエンジニアの将来性や需要
Androidエンジニアはフリーランス需要の高い職種です。
近年IoTの組込み系やソーシャルゲーム、自社WebサービスなどのBtoC業界におけるAndroid開発が増えたことにより、今後もAndroidエンジニアの需要が高まる事が予想されます。
一方リスクとしてはYappli(ヤプリ)などのアプリをクラウドサービスだけで作成できるSaasの出現によりアプリ開発の難易度が下がることなどが考えられます。

全5554件中1-10件を表示中

全5554件中1-10件を表示中