インフラエンジニアの求人・案件一覧

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

65.5万円

中央値単価

65万円

最高単価

200万円

最低単価

3万円

全21569件中1-50件を表示中

全21569件中1-50件を表示中

インフラエンジニアのフリーランス案件に関するよくある質問

インフラエンジニアのフリーランス案件は高単価ですか?

インフラエンジニアのフリーランス案件の最高単価は200万円で、平均単価は65.5万円です。 インフラエンジニアのフリーランス案件に1年参画した場合の年収想定は780~2,400万円となります。 ただし、こちらはあくまで目安の単価となり、個人のインフラエンジニアの経験年数や習熟度、商談時の対応などにより変化します。 まずは一度、気になるインフラエンジニアのフリーランス案件について話を聞いてみることをおすすめします。

インフラエンジニアのフリーランス案件は見つかりやすいですか?

インフラエンジニアの募集中フリーランス案件数は3,813件、累計掲載案件は21,569件です。 ご希望される方は案件応募時に非公開のインフラエンジニアのフリーランス案件も興味がある旨をお伝え下さい。

インフラエンジニアのフリーランス案件でリモートワーク・在宅は可能ですか?

インフラエンジニアの募集中リモート案件数は1,309件、累計掲載案件は4,517件です。 リモートワークに関しては、商談の中で条件交渉や、案件参画後に一定期間を経て可能になる場合などもございます。 まずは気になるインフラエンジニアのフリーランス案件に応募し、リモートワークに関する詳細をヒアリングすることをおすすめします。

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとレバテックフリーランスが1729件、SEES(シーズ)が1611件、TechStockが1452件、パーソルテクノロジースタッフが902件、Midworksが743件、PE-BANKが707件、techtreeが684件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が636件、テックビズフリーランスが579件、フォスターフリーランスが522件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
インフラエンジニアのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはレバテックフリーランス、SEES(シーズ)、TechStockであることがわかります。
インフラエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はレバテックフリーランス、SEES(シーズ)、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとFLEXY(フレキシー)が181件、パーソルテクノロジースタッフが91件、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が69件、テックビズフリーランスが68件、PE-BANKが64件、Midworksが61件、テックリーチが46件、レバテックフリーランスが39件、FREE-DAが26件、indecoが20件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
インフラエンジニアのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはFLEXY(フレキシー)、パーソルテクノロジースタッフ、ランサーズエージェント(Lancers Agent)であることがわかります。
インフラエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はFLEXY(フレキシー)、パーソルテクノロジースタッフ、ランサーズエージェント(Lancers Agent)を中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとバチグマが135万円、Findy Freelance(ファインディフリーランス)が120万円、フィジオが110万円、ハイパフォコンサルが106.8万円、techtreeが102.7万円、Relance(リランス)が96.6万円、DYMテックが90.7万円、カマテクワークス合同会社が90万円、UP DOORSが90万円、スマートソーシャルが86.7万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
月額単価の高いインフラエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはバチグマ、Findy Freelance(ファインディフリーランス)、フィジオであることがわかります。
インフラエンジニアのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はバチグマ、Findy Freelance(ファインディフリーランス)、フィジオを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件 稼働日数別公開案件数

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると週5日が3687件、週4日が1203件、週3日が924件、週2日が232件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
インフラエンジニアのフリーランス求人・案件は週5日の稼働が可能なフリーランスエンジニアのニーズが最も高いことがわかります。
稼働日数に関しては、商談時の条件交渉や案件に参画した後に一定期間を経て変更が可能な場合もあるため、まずは気になるインフラエンジニアのフリーランス案件にエントリーを行い、詳細を聞くことをおすすめします。

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が10160件、大阪府が695件、神奈川県が481件、兵庫県が147件、埼玉県が139件、福岡県が110件、千葉県が105件、愛知県が92件、広島県が53件、北海道が49件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
インフラエンジニアのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
インフラエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとAWSが5464件、Linuxが3370件、WindowsServerが2914件、Azureが1180件、PHPが555件、VMwareが469件、Javaが434件、Rubyが387件、UNIXが313件、Oracleが311件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
AWS、Linux、WindowsServerのスキルを求めているインフラエンジニアのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
AWS、Linux、WindowsServerの開発経験があるフリーランスはインフラエンジニアのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとBacklogが145.0万円、Amazon VPCが110.0万円、Herokuが102.0万円、APLが100.0万円、Sinatraが100.0万円、CircleCIが99.0万円、SAPが96.9万円、Dockerが94.9万円、AngularJSが92.0万円、Fluentdが90.0万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)
高単価案件を求めているフリーランスはインフラエンジニアのBacklog、Amazon VPC、Herokuの求人・案件に参画すると良いでしょう。

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件数の推移

インフラエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が3941件、2022年3月が4363件、2022年4月が4115件、2022年5月が3155件、2022年6月が4304件、2022年7月が4296件となっています。インフラエンジニアのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、8件減少しており、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

インフラエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

インフラエンジニアの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2022年2月が1059件、2022年3月が1186件、2022年4月が1023件、2022年5月が1207件、2022年6月が1279件、2022年7月が1597件となっています。インフラエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、318件増加しており、大幅な上昇傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2022年2月が68.5万円、2022年3月が68.9万円、2022年4月が68.7万円、2022年5月が68.8万円、2022年6月が66.1万円、2022年7月が65.9万円となっています。インフラエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.2万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2022年2月が822.1万円、2022年3月が826.6万円、2022年4月が824.3万円、2022年5月が825.8万円、2022年6月が792.6万円、2022年7月が790.3万円となっています。インフラエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し2.3万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

インフラエンジニアの常駐案件・リモートワーク案件割合

インフラエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が1561件(36.6%)、常駐案件が2709件(63.4%)となっており、インフラエンジニアフリーランス案件に関しては常駐案件が多いことがわかります。

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件について

インフラエンジニアのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、55~75万円程度です。
インフラエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は65.5万円、中央値単価は65万円、最高単価は200万円、最低単価は3万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年07月)

インフラエンジニアは、企業の情報システムを構築するITエンジニアのカテゴリの1つで、日常的な管理・運用また必要に応じて調整等を実施する技術者です。システム設計・コンピュータ・サーバの設置や配線・OS等のソフトウェア導入や設定に従事しています。情報システムの構成要素には様々な技術が使用されているが、様々な領域を担当するのがインフラエンジニアであり、インフラエンジニアには各要素技術に精通したプラットフォーム・サーバー・データベース・セキュリティ・ネットワーク等があります。なお、インフラエンジニアが構築したシステムに、アプリケーションエンジニアが開発したソフトウェアを導入して業務システムが構築されます。
また、システム基盤にパッケージソフトウェアを導入したり、ITベンダーのアプライアンス製品を組み込んだりすることも多いです。また、IaaSなどクラウドコンピューティング・データセンターも主な業務範囲です。
インフラエンジニアは広範囲をカバーしなければいけないため、ネットワーク環境・システム管理の知識・プラットフォーム構築においてのプログラミング能力も必要になります。なお、インフラエンジニアへと転身した方も多くその後のキャリアパスとしては、テクニカルコンサルタント・シニアな技術者などのポジションへのキャリアアップもあります。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではインフラエンジニアのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでインフラエンジニアのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■インフラエンジニアの将来性や需要
インフラエンジニアはフリーランス需要の高い職種です。
インフラエンジニアは現在多くの企業が手軽にサーバ環境を利用できるようになった事、元々需要より人手不足であることにより、インフラの案件が高まっています。

今後、インフラエンジニア求人・案件は増加し、インフラエンジニアの需要が高まる事が予想されます。
インフラエンジニアにおいて必要とされるスキルは、以前とは異なります。そのためインフラエンジニアとして定期的なスキルアップを心がけましょう。