Webディレクターのフリーランス求人・案件一覧

Webディレクターのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

69.6万円

中央値単価

70.0万円

最高単価

200万円

最低単価

25万円

Webディレクターのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

Webディレクターのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

よく見られているITフリーランス求人・案件相場

Webディレクターのフリーランス求人・案件について

Webディレクターについて

Webディレクターは、Web業界のプロジェクトを指揮・管理する人のことです。
Webディレクターの主な仕事は、プロジェクトメンバーの人材配置・スケジュール進捗管理、・コンテンツ品質管理・現場スタッフ・クライアントの調整や折衝などです。他にもコンテンツ企画・クライアントに対しての提案を行うWebプランナーの仕事を同時に行うこともあります。なお、この場合企画書作成・取材・撮影・要件定義もWebディレクターの役目です。

スタートアップや社内の新規事業ではWebディレクターの経験がある人がPM的なポジションを担当したりするケースも多いです。そのためWebディレクターはプロダクトオーナーや事業責任者、プロジェクトマネージャーへのステップアップにもなる職種です。

Webディレクターは、Webサイト制作における監督のような仕事ですので、コミュニケーション能力・スケジュール管理能力などビジネスパーソンとしての総合力が要求されます。
またデザイナーやエンジニア・プログラマー等の様々な分野の専門的なスキルを持つスタッフとコミュニケーションを頻繁に行う必要があるため、技術的スキルへの理解が一定以上求められます。
Webディレクターとしてフリーランスで活躍をするためには、非常に広範囲のスキルを要求されます。

具体的には下記のようなスキルです。
・SEO、SEM、SNS運用、コンテンツマーケティングなどのWebマーケティングやデジタルマーケティングの分野への知見
・リスティングを始めとした広告運用の知見や広告代理店との折衝能力
・Google AnalyticsやGoogleタグマネージャーの基本的な操作方法
・Sketch/Photoshop/Illustrator/Figmaなどのデザインツールを使用できるスキル
・基本的なHTMLやJavaScriptなどのコーディングの知見

Webディレクターとしてすべてを完全に網羅する必要はありませんので、Webディレクターとしてどのような強みを持つべきかを把握しておくことがフリーランスのWebディレクターとして必要です。

ITフリーランスエンジニアの仕事検索サイト-フリーランススタート-ではWebディレクターのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでWebディレクター求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■Webディレクター求人・案件で仕事をしやすいエリア・地域
Webディレクター案件数を分析すると東京都424件、大阪府4件、兵庫県4件、神奈川県3件、福岡県3件、秋田県1件です。(※フリーランススタート調べ/2019年10月)
Webディレクターは東京・神奈川を中心に関東エリアに最もフリーランス向け案件が集中している事がわかります。その他の地域では、関西は大阪、中国は広島、九州は福岡などの各地方都市にWebディレクター案件があります。
フリーランスエンジニアとしてWebディレクターの仕事に携わるには東京・神奈川・大阪あたりが良いでしょう。


■Webディレクター求人・案件の給与・単価金額相場
Webディレクター案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、50~80万円程度です。フリーランスとしてWebディレクター未経験で参画可能な案件はコミュニケーション能力が高いことを前提にデザインやプログラミングの知識があれば可能でしょう。


Webディレクター求人・案件の平均単価はは68.5万円、中央値単価は70万円、最高単価は200万円、最低単価は20万円です。
2019年2月時点のWebディレクターのフリーランス求人・案件相場では61.1万円、中央値単価は60万円、最高単価は115万円、最低単価は3万円でしたので、フリーランス市場におけるWebディレクターの需要が上昇していることがわかります。
各業界のIT化や様々なスタートアップが立ち上がるにつれてWebディレクターのポジション募集も増えていることが要因でしょう。

Webディレクターの最高単価の案件は2019年10月時点では「【新規ソーシャルゲーム向け】リードデザイン/アートディレクション(業務委託)の求人・案件」となっており、デザインの知見が求められることがわかります。
Webディレクターがフリーランスとしての市場価値を高めるためにはディレクションスキル×デザインのような形で掛け合わせのスキルを保有することが非常に重要であることがわかります。


■Webディレクターの将来性や需要
Webディレクターは現在フリーランス需要の高い職種です。
企業が自社コーポレートサイト、ECサイト、採用サイトなどの様々なWebサイトを作成する機会が増加した事により、Web制作案件の需要が高まっています。
Webディレクター求人・案件はこれからもますます増加し、Webディレクター需要が業界全体で高まる事が予想されます。

全2190件中1-10件を表示中

全2190件中1-10件を表示中