セキュリティエンジニアの求人・案件一覧

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件 月額単価相場

平均単価

57.8万円

中央値単価

50万円

最高単価

130万円

最低単価

28万円

全571件中1-30件を表示中

全571件中1-30件を表示中

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別公開案件数

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが268件、レバテックフリーランスが49件、TechStockが26件、フォスターフリーランスが15件、Midworksが7件、Juntoが6件、ビズリンクが5件、techtreeが3件、PE-BANKが3件、indecoが3件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件を豊富に保有しているフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、TechStockであることがわかります。
セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、TechStockを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別新規公開案件数

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件を先月新規公開したフリーランスエージェントを分析するとパーソルテクノロジースタッフが24件、レバテックフリーランスが2件、E-agentが2件、PE-BANKが1件、i-common tech(アイコモン テック)が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件を新規公開したフリーランスエージェントはパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、E-agentであることがわかります。
セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件に参画を希望するフリーランスの方はパーソルテクノロジースタッフ、レバテックフリーランス、E-agentを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件 エージェント別月額単価相場

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件のフリーランスエージェント別の月額単価相場を分析するとRelance(リランス)が120万円、ハイパフォコンサルが105万円、フリーランスのミカタが96.7万円、ビズリンクが91万円、アットエンジニアが90万円、techtreeが89.3万円、フォスターフリーランスが88.5万円、ランサーズエージェント(Lancers Agent)が86.7万円、TechStockが84.7万円、Midworksが81.1万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
月額単価の高いセキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件を保有しているフリーランスエージェントはRelance(リランス)、ハイパフォコンサル、フリーランスのミカタであることがわかります。
セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件のうち、単価の高い案件への参画を希望するフリーランスの方はRelance(リランス)、ハイパフォコンサル、フリーランスのミカタを中心に複数のフリーランスエージェントに登録することをおすすめします。

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件 都道府県別公開案件数

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件数を分析すると東京都が190件、大阪府が11件、神奈川県が10件、千葉県が3件、兵庫県が3件、福島県が1件、埼玉県が1件、愛知県が1件、広島県が1件、福岡県が1件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件数は東京都、大阪府、神奈川県に最も集中している事がわかります。
セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件に参画するには東京都、大阪府、神奈川県あたりが良いでしょう。

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別公開案件数

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの公開案件数を分析するとWindowsが77件、Juniperが48件、Ciscoが33件、AWSが18件、Excelが16件、Wordが15件、Google Cloud Platform(GCP)が11件、VMwareが11件、BIG-IPが11件、Linuxが9件となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
Windows、Juniper、Ciscoのスキルを求めているセキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件が豊富にあることが分かります。
Windows、Juniper、Ciscoの開発経験があるフリーランスはセキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件に参画し易いでしょう。

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件 開発言語別平均単価

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件で公開されている開発言語・スキルの平均単価を分析するとPythonが90.0万円、UNIXが89.0万円、Azureが83.3万円、Androidが83.0万円、AWSが82.1万円、C++が81.9万円、Rubyが80.0万円、Google Cloud Platform(GCP)が76.7万円、AWS RDSが75.0万円、PHPが73.3万円となっています。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)
高単価案件を求めているフリーランスはセキュリティエンジニアのPython、UNIX、Azureの求人・案件に参画すると良いでしょう。

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件数の推移

セキュリティエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が76件、2022年1月が91件、2022年2月が103件、2022年3月が109件、2022年4月が103件、2022年5月が81件となっています。セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、22件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

セキュリティエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数の推移

セキュリティエンジニアの募集中のリモートワークのフリーランス求人・案件数を分析すると2021年12月が42件、2022年1月が51件、2022年2月が56件、2022年3月が52件、2022年4月が56件、2022年5月が45件となっています。セキュリティエンジニアのリモートワークのフリーランス求人・案件数は前月と比較し、11件減少しており、大幅な下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価の推移

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価を分析すると2021年12月が59.9万円、2022年1月が60.0万円、2022年2月が59.6万円、2022年3月が58.6万円、2022年4月が58.3万円、2022年5月が57.8万円となっています。セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は前月と比較し0.4万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収の推移

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収を分析すると2021年12月が718.9万円、2022年1月が719.7万円、2022年2月が715.2万円、2022年3月が703.4万円、2022年4月が699.1万円、2022年5月が694.1万円となっています。セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件の想定年収は前月と比較し5.0万円下降し、やや下降傾向にあります。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

セキュリティエンジニアの常駐案件・リモートワーク案件割合

セキュリティエンジニアの募集中のフリーランス求人・案件数のリモートワーク案件・常駐案件の割合を分析するとリモートワーク案件が43件(57.3%)、常駐案件が32件(42.7%)となっており、セキュリティエンジニアフリーランス案件に関してはリモート案件が多いことがわかります。

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件について

セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件の業務委託における月額相場単価は、作業時間の目安を週5常駐で月140~180時間とした場合、40~60万円程度です。
セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件の平均単価は57.8万円、中央値単価は50万円、最高単価は130万円、最低単価は28万円です。(※フリーランススタート調べ/2022年05月)

セキュリティエンジニアは情報セキュリティに配慮したシステムを設計/構築したりシステム運用・サイバー攻撃を未然に防御するための調査・改善等を行うエンジニアのことです。
クライアントと意見を交えることが多く、人柄・コミュニケーション能力も必要な業務で、セキュリティエンジニアの仕事内容は多岐にわたります。特にプロジェクト・企業によって異なりますが、企画・提案の段階から設計・実装・テスト・運用まで一貫して業務をこなすこともあれば、1つの工程を専門に業務をすることもあります。
セキュリティエンジニアには幅広い知識が必要です。他にもサーバー・ネットワーク・アプリケーションなどの知識が必要になってきます。さらにISMS・不正アクセス禁止法・プライパーシーマーク等各種制度・法律に関連する深い知識を身に付けたり、CISSP・GIAC等の資格を取得することもキャリアを積んでいく上で必要になっていくでしょう。つまり、その仕事の知識や外部情報を常にアップデートするように心がけましょう。

ITフリーランスエンジニアのお仕事検索サイト-フリーランススタート-ではセキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件が多く掲載されており、カンタンに仕事を見つけることができます。ぜひ一度フリーランススタートでセキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件の仕事探しをしてみてください。


■セキュリティエンジニアの将来性や需要
セキュリティエンジニアは現在フリーランス需要の高い職種です。
セキュリティエンジニアはAI(人工知能)、IoT、ビッグデータの利活用などIT利用が拡大される現代で、今以上にサイバー攻撃に対するリスクを防ぐ必要があることにより、情報セキュリティの求人・案件の需要が高まっています。
今後、セキュリティエンジニアのフリーランス求人・案件は増加し、セキュリティエンジニアの需要が高まる事が予想されます。